Tip#16 【Zoho CRM】Word of the day「見込み客」

Tip#16 【Zoho CRM】Word of the day「見込み客」

みなさん、こんにちは。
今回のTips and Tricksでは、Zoho CRMの「見込み客」について改めて振り返ります。
Zoho CRMを使い始めた方も、Zoho CRMを長年ご利用いただいている方もぜひご覧ください!

Zoho CRMについて:https://www.zoho.com/jp/crm/
-----

◎「見込み客」とは?
Zoho CRMでは、まだ具体的な商談や売上の発生していない潜在顧客のことを「見込み客」と呼びます。例えば、企業の製品やサービスに関心を示し始めた段階の顧客も見込み客と定義づけられます。

◎見込み客タブの活用方法(見込み客タブは無料プランからご利用可能です。)
通常、Zoho CRMのシステム上において見込み客データは、最初に顧客個人の記録を登録、管理することになるタブです。これらは、Webサイト、自社のカタログ資料、展示会、セミナー、広告、その他のマーケティング活動から収集された信頼性の高い個人、および組織の情報になります。

見込み客は営業担当者によってフォローアップが行われ、具体的な取引が発生しそうな顧客であると判断された場合、見込み客の顧客情報は「連絡先」タブへ、見込み客が所属する会社情報は「取引先」に変換され、さらに細かく管理していきます。



見込み客管理に関する詳細はこちら

見込み客タブを利用するメリットについてはこちら

Global本社では見込み客について簡単に説明したビデオも公開していますので、こちらもご参考ください。(英語)


ユーザーのみなさまは見込み客タブをご利用ですか?見込み客タブがあって便利だと感じた場面や使ってみた感想など、ぜひ共有をお願いいたします!
今日のTipがお役に立てば嬉しいです。

このTipは以下原文を参考に作成しています:


    Zoho CRM Plus Resources

      Zoho Books Resources


        Zoho Subscriptions Resources

          Zoho Desk Resources

            Zoho Projects Resources


              Zoho Sprints Resources


                Zoho Orchestly Resources


                  Zoho Creator Resources