行や列の操作

行や列の操作

Zoho Analyticsでは、テーブル内のデータを簡単に操作することができます。MicrosoftのExcelやその他の表計算シートを操作するような感覚でデータを入力/管理することが可能です。テーブル内の列や行の追加/編集/削除などの操作を簡単に行うことができます。このページでは、テーブル内での行や列の操作方法について詳しく説明します。

メモ:テーブル内のデータを編集するには編集権限が必要です。編集権限は、管理者がテーブルを共有する際に設定できます。権限に関する詳細については、こちらをご参照ください。

テーブルへの行の追加

テーブルの作成後、テーブルに行を簡単に追加できます。追加するには、以下の手順を実施します:

  1. ワークスペースの画面左側のメニューから[一覧]をクリックし、対象のテーブルを選択します。
  2. 画面上部の[追加する]をクリックし、メニューから[行を追加する]を選択します。または、テーブル内の任意の列を右クリックし、[追加する]→[行を追加する]の順に選択します。



  3. テーブルの一番下の行にカーソルが自動で移動します。
  4. 行に値を入力します。Excelや他の表計算シートでの操作と同様に入力できます。キーボードの[Tab]キーを押すと、左から右にセル間を移動できます。同様に、キーボードの左右の矢印キーでもセル間を移動可能です。
  5. データの入力後、画面上部の[保存する]をクリックします。

上記の行の追加手順に加えて、行番号が「*」と表示されているテーブルの最終行に直接移動し、新しい行を追加することもできます。

ヒント:

セルにデータを入力するには、キーボードの[F2]キーを押すか、対象のセルでダブルクリックします。Excelや他の表計算シートでの操作と同様です。


行の編集

既存の行のデータを変更するには、対象のセルを選択してキーボードの[F2]キーを押すか、対象のセルをダブルクリックして、値を入力します。変更後、画面上部の[保存する]をクリックして、変更内容を保存します。



行の削除

必要に応じて、テーブルから行単位でデータを削除できます。複数の行をまとめて削除することも可能です。以下では、テーブルから1件の行を削除する手順と、複数の行をまとめて削除する手順についてそれぞれ説明します。

テーブルから1件の行を削除するには、以下の手順を実施します:

  1. 対象の行の見出し(番号)をクリックして行を選択します。または、削除する行内の任意のセルを選択します。
  2. 画面上部から[削除する]→[行を削除する]の順に選択します。

テーブルから、隣接する複数の行を同時に削除することもできます。

複数の行を削除するには、以下の手順を実施します:

  1. キーボードの[Shift]キーを押しながら対象の行を選択します。
  2. 画面上部から[削除する]→[行を削除する]の順に選択して、複数の行を削除します。 

列内のすべての行を削除する場合は、画面上部から[削除する]→[すべての行を削除する]の順に選択します。

メモ:削除した行は元に戻すことはできません。行を削除する前に、データのバックアップを取得することをお勧めします。



列の追加

テーブルに新しい列を追加するには、以下の手順を実施します:

  1. ワークスペースの画面左側のメニューから[一覧]をクリックし、対象のテーブルを選択します。
  2. 画面上部の[追加する]をクリックして、[列を追加する]を選択します。
  3. 列の追加画面が開きます。こちらから新しい列の詳細情報を設定できます。
  4. 以下の画面のように、列の名前を入力し、データの種類を選択します。Zoho Analyticsで使用できるデータの種類(列の種類)については、こちらをご参照ください。
  5. 列に入力するデータを個人情報として設定する場合は、[この列には個人情報が含まれます]を選択します。
  6. 新しい列がテーブルの右側に追加されます。
  7. 画面上部の[保存する]をクリックします。


ルックアップ列の追加

Zoho Analyticsのルックアップ列では、異なるテーブル間のデータを関連付けることができます(リレーショナルデータベースの外部キーと同様の機能です)。ルックアップ列として設定された列は、同じワークスペース内の異なるテーブルの列と関連付けることができます。これにより、ワークスペース内の異なるテーブル同士を関連付けることができます。

ルックアップ列のセルを編集しようとすると、別のテーブルで関連付けられている列の値が選択肢として表示されます。たとえば、「従業員」というテーブルに「部署ID」という列があり、この列をルックアップ列に設定したとします。この列の参照先は、「部署」というテーブルの「部署ID」という列に設定されています。この場合にテーブル「従業員」でルックアップ列(部署ID)のセルを編集しようとすると、以下の画像のようにテーブル「部署」の列「部署ID」の値が選択肢として表示されます。選択肢から、従業員が所属する部署IDを選択することができます。



ルックアップ列は、Zoho Analyticsのワークスペース内に複数のテーブルがある場合に設定できます。

テーブルにルックアップ列を追加するには、以下の手順を実施します:

  1. ルックアップ列を追加するテーブルを開きます。
  2. 画面上部から[追加する]→[ルックアップ列を追加する]の順に選択します。
  3. ルックアップ列の追加画面が開きます。[列名]にルックアップ列の名前を入力します。
  4. [参照先の列]の欄で、メニューから参照する列を選択します。
  5. 列に入力するデータを個人情報として設定する場合は、[この列には個人情報が含まれます]を選択します。

  1. [OK]をクリックしてルックアップ列を追加します。
メモ:テーブル内でルックアップ列を設定すると、Zoho Analyticsによってレポートの作成用にテーブルが自動で結合されます。たとえば、毎月の売上と毎年の売上のデータが保存されているテーブルがそれぞれあるとします。これらのテーブルでルックアップ列を使用してテーブル同士を関連付けると、Zoho Analyticsによって両方のテーブルが自動で結合されます。ルックアップ列の詳細については、「関連性の設計」「テーブルの結合」をそれぞれご参照ください。

列の削除

必要に応じて、テーブルから列を削除できます。複数の列をまとめて削除することも可能です。以下では、テーブルから1件の列を削除する手順と、複数の列をまとめて削除する手順について説明します。

メモ:レポートの作成に使用されている列は削除できません。また、削除した列は元に戻すことはできません。列を削除する前に、データのバックアップを取得することをお勧めします。

テーブルから1件の列を削除するには、以下の手順を実施します:

  1. 列の見出しをクリックして、削除する列を選択します。
  2. 画面上部から[削除する][列を削除する]の順に選択します。 

テーブルから、隣接する複数の列を同時に削除することもできます。

複数の列を削除するには、以下の手順を実施します:

  1. キーボードの[Shift]キーを押しながら対象の隣接する列を選択します。
  2. 画面上部から[削除する]→[列を削除する]の順に選択して、複数の列を削除します。



    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.