開封率、クリック率の向上

開封率、クリック率の向上

開封率とクリック率は、メールキャンペーンの成功および到達の指標です。正しいやり方でマーケティングのアプローチをすれば、キャンペーンの開封率、クリック率は適切な数値になります。

開封率、クリック率の適切な基準値は、15%です。このレベルを下回ると、到達率の低下が見られる可能性があります。開封率とクリック率を向上するためのポイントは、次のとおりです:

HTML形式で作成した本文を使用する

開封率、クリック率を上げる前に、キャンペーンからできるだけ多くの情報を得ることが重要です。テキスト形式のメールでは、開封率やクリック率を管理できないため、HTML形式で作成したメール本文を使うことをお勧めします。これにより、開封率/クリック率を追跡し、成果のあるメール/ないメールを把握できます。 

追跡の仕組み:メールキャンペーンを配信するたびに、1ピクセルの隠し画像をメールの本文に埋め込んでいます。これは、Webビーコンまたはトラッキングピクセルと呼ばれています。受信者がキャンペーンメールを開封し、メール本文内のリンクをクリックすることを、「クリックスルー」といいます。メール本文がHTMLで作成されている場合、1ピクセルの画像が初期設定で埋め込まれます。

件名

開封率は、主にどのような件名をつけるかに依存します。件名は、メール本文よりも一目で分かりやすく、配信元の意図や組織について伝えます。メールキャンペーンを成功させるためには、クリックせずにいられないような、魅力的な件名にすることが重要です。 

件名を作成する際には、次のような一般的なミスをしないことをお勧めします:

  • 句読点が多すぎる(例:ようこそ!!!!!!)
  • 件名がすべて大文字
  • 一般的な迷惑メール語句の使用(例:デート、完全無料、独身など)
  • 冗長で誤解を与える内容

CTA(行動喚起)ボタン

ターゲットのWebページに正しく誘導する、明確なCTA(行動喚起)ボタンを、メール本文に設定します。ハイパーリンクではなくボタンを使用し、クリックすると、ちょっとしたアニメーションの動作があるものが望ましいです。ボタンは、受信者がスクロールせずに見える場所(折り返し前の位置)に配置することで、受信者が容易にクリックできます。お決まりの「こちらをクリック」ではなく、「購入する」「参照する」「取得する」「配信する」など受信者に実行して欲しいアクションを表す動詞を使うことで、よりCTA(行動喚起)ボタンに関心を持ってもらえます。

受信者のタイムゾーンを考慮する

連絡先の地域のタイムゾーンを把握することが、重要です。これにより、その地域に住むユーザーが、メールを開封する傾向がある時間帯を決定できます。受信者が実際にメールを見ているときにメッセージを配信すると、開封率が上がります。メッセージ配信先の地域に応じて、受信者のメール開封や受信トレイの確認の傾向は異なります。たとえば、アジアの国では、通常メールを確認するのは、午後の遅い時間です。配信ボタンをクリックする前に、ターゲットの地域内訳を考慮します。

ターゲット内訳の要素

もちろん、性別、職業、年齢、収入レベルなどの、ターゲット内訳の要素は、キャンペーンの内容に影響します。上記の要素を分析して、ターゲットの各グループに合った特定の内容をそれぞれ組み立てることで、反応率が上がります。たとえば、高価格商品のキャンペーンは、上級顧客をターゲットにします。

セグメント化

セグメント化とは、さまざまなターゲット内訳の要素に基づき、配信リストを分類することです。これにより、最も関連のあるターゲットに対してキャンペーンを配信でき、売上の向上につながります。

言語の問題

世界中に登録者がいる場合、各地域の言語にメッセージを翻訳することが、非常に有効です。連絡先に特定の言語のメールキャンペーンを配信すると、受信者のシステムにより、迷惑メールフォルダーに振り分けられる可能性があります。

休眠状態の連絡先の削除

興味がない休眠状態の連絡先は、開封率/クリック率の低下の最大の原因です。そのような連絡先を特定し、再エンゲージメントを試みるか、配信リストから削除してください。

配信の頻度

2通の連続するメールキャンペーンの間隔は、開封率/クリック率に大きな影響を与えます。配信頻度が高すぎると、連絡先を不快にさせてしまう可能性があります。一方で、メール配信の間隔を空けすぎると、連絡先から忘れられてしまう可能性もあります。市場や登録者に応じて、メッセージの最適な頻度を見つけることが重要です。配信頻度の適切な基準値は、週に2回です。

配信前のテスト

大勢にキャンペーンを配信する前に、いくつかテストを行い、何が有効で、何が有効でないのかをより詳細に見通すことができます。A/Bテストは、メールの内容の成否を判断できる優れた方法です。こちらをクリックして、メールを活用するためのテクニックをご参照ください。

パーソナライズ(個人向けにカスタマイズ)

メールを個人宛ての内容に変えます。連絡先を名前で呼んだり、誕生日に割引価格を配信したりすることで、より興味を引くことができます。

モバイル対応のメール

多くの人は、モバイル(携帯電話)でメールを確認します。そのため、メールキャンペーンはすべてのモバイル端末に対応していなければなりません。モバイル端末上のスペースは限られているため、件名やプレヘッダーの内容は簡潔にします。オンラインサービス(次の画像を参照)を利用して、受信者のモバイル端末でどのように見えるかを確認できます。


レイアウトに一貫性を持たせる

本文のレイアウトを標準化して、読み手に対して一貫性のある、身近な雰囲気を作成します。ホームページに似せて、ロゴを含めるなどしましょう。

未開封メールの再配信

メールが未開封の場合、件名とプレヘッダーテキストを変えて、再度配信してください。すでに開封した受信者には、配信しないように気をつけます。  

リンク切れの削除 

メール内のCTA(行動喚起)とリンクが確実に機能し、受信者が意図するページに移動することを確認します。





          Zoho CRM 管理者向けオンライントレーニング

          このトレーニングでは、Zoho CRM の運用をこれから始める管理者の方を対象に、その初期設定をZoho Japanのトレーナーとともに完了させてゆきます。また、基本的な機能についても紹介します。

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • 指標(開封率、クリック率)のトラッキングによるメールキャンペーンの調整

                            開封率とクリック率により、マーケティング担当者は、自分のアプローチが目的通りに機能したかどうかを把握できます。開封率やクリック率が高くなるほど、あなたのビジネスがより多くの人にリーチしています。 開封率:開封された配信済みメールの割合です。 クリック率(CTOR):受信者がリンクやボタンに反応した、配信済みメールの割合です。 開封率の測定方法 ...
                          • メール配信だけで終わらない、コンバージョン率向上のための取り組み

                            メールキャンペーンの計画や一括配信といった業務は、マーケティング担当者によって日常的に行われています。しかし、定期的にメールマガジンやニュースレターを配信したり、ときどき思い出したようにキャンペーンメールを配信するだけでは、目標とするコンバージョン率を達成することはできません。 これらの業務のみを続けると、次の問題が発生する可能性があります: コンバージョン率の目標値への未達 商品やサービスの売上の停滞 配信元アドレスの信頼性の低下、迷惑メール(スパム)判定 ...
                          • Apple TV向けZoho Campaignsアプリの機能

                            Apple TV向けZoho Campaignsアプリを使用すると、Apple TVからメールキャンペーンを手軽に管理できます。リアルタイムの配信データを色鮮やかな各種レポートで確認できます。たとえば、反応のあった受信者数、開封率、不達率、不達数などの配信結果を分析し、成果の高いキャンペーンを特定できます。このアプリでは、キャンペーンに関する情報と詳細な分析データを同一画面で確認できます。
                          • 高度なレポート

                            日ごとに配信するキャンペーンが増えるに従い、より詳細な方法で効果を監視する必要があります。Zoho Campaignsでは、トップ5のキャンペーン、最近配信したキャンペーン、年間レポート(キャンペーン別レポート)についての洞察を容易に得られる高度なレポートを利用できます。また、対象のリスト(リスト別レポート)を選択して、配信リストに配信したキャンペーンのレポートを表示することもできます。 高度なレポートを使用して、配信済みのキャンペーンについて把握できる内容を見てみましょう。 ...
                          • Apple TV向けZoho Campaignsアプリ

                            Zoho Campaignsには、キャンペーンのレポートを表示できるApple TVアプリが付属しています。組織として、配信済みのキャンペーンの成果を表示して分析することで、現在の状況を把握し、将来の目標を設定することもできます。 利用条件 Wi-Fi接続 アプリにログインするためのZoho Campaignsアカウント Apple TV ヒント 新規ユーザーの場合は、Zoho Campaignsアカウントを作成してから、アプリにログインしてください。 メモ:Apple TV向けZoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.