登録の種類

登録の種類

メールマーケティングでは、各連絡先(受信者)がサービスや商品についてのメールの受信を希望しているかどうかを正しく把握し、その内容を配信リストに的確に反映させることが大切です。Zoho Campaignsでは、連絡先情報の項目として、[登録の種類]があります。登録の種類の項目には、各連絡先がマーケティング対象であるか、対象外であるかについての情報を登録できます。

 登録の種類の項目 

この情報により、各連絡先が配信メールの受信を希望しているかどうかを判別できるため、必要な連絡先にのみメールを配信できます。また、マーケティング対象外の連絡先や、登録解除済みの連絡先の情報を参照することもできます。登録の種類には、3つの種類があります。
  1. マーケティング対象:配信メールの受信に興味を示した連絡先や、配信メールの受信意思を明確に表明した連絡先を、マーケティング対象として登録します。マーケティング対象の連絡先は、メール配信の対象となります。
  2. マーケティング対象外:配信メールの受信意思が確認できていない連絡先は、マーケティング対象外として登録します。
  3. 登録解除済み:今後、配信メールの受信を希望していないことが明らかな連絡先は、登録解除済みとして設定します。このような連絡先は、[登録解除した連絡先]のリストに手動で追加することもできます。また、登録解除した連絡先を、必要に応じて再有効化することもできます。 
メモ:再有効化できるのは、自分が登録解除した連絡先のみです。受信者自身が登録解除した場合は再有効化できません。登録解除済みの受信者が受信を再開したい場合は、受信者自身で再登録する必要があります。

登録の種類の設定方法

初期設定の登録の種類は、[マーケティング対象]です。複数のデータ元からインポートされた連絡先であっても、登録の種類は標準で[マーケティング対象]として設定されます。

登録の種類を変更するには:

  1. 連絡先をファイルからインポートする際は、設定画面の[登録の種類]の項目を利用して、登録の種類を設定します。
  2. 連絡先を手動で追加する際は、設定画面の[登録の種類]の項目を利用して、登録の種類を設定します。

    登録の種類の設定

メモ:連絡先の登録の種類は、連絡先がZoho Campaignsにインポートされた後に更新できます。また、Zoho CRMから連絡先を同期する際に、登録の種類を更新する方法については、こちらをご参照ください。

既存の連絡先の登録の種類を更新するには:

  1. 左側のメニューから[連絡先]をクリックし、[すべての連絡先]を選択します。[すべての連絡先]のページで、対象の連絡先を選択します。
  2. [登録設定を変更する]のアイコンをクリックします。

    登録の種類の変更

  3. 登録の種類を更新して、[変更する]をクリックします。  
手動で追加する連絡先やインポートする連絡先については、設定画面で登録の種類を選択できます。連絡先を追加したら、登録の種類を変更/更新できるのは、次回のサブスクリプションの更新日までに1回のみです。その後は、サブスクリプションの更新日を区切りとして1か月に1回のみ登録の種類を変更/更新できます。

使用例:
11月20日、Zoho Campaignsのアカウントに100件の連絡先をインポートしたとします。インポートした100件の連絡先のうち、20件の連絡先登録の種類の項目をマーケティング対象外として更新しました。 
この場合、
  1. 更新済みの20件の連絡先登録の種類は、12月20日以降(1か月後)にあらためて更新可能になります。
  2. また、残りの80件の連絡先についても、毎月20日を区切りとして、1か月に1回のみ登録の種類を更新できます。 

よくある質問(FAQ) 

1.マーケティング対象外の連絡先の一覧は、どこで確認できますか? 
マーケティング対象外の連絡先を表示するには:
すべての連絡先のページでフィルターを利用して、[マーケティング対象の連絡先]/[マーケティング対象外の連絡先]/[登録解除済みの連絡先]を選択すると、各一覧を表示できます。
 
手順:
  1. 左側のメニューから[連絡先]をクリックします。
  2. [すべての連絡先]を選択します。ページの左上に選択リストが表示されます。
  3. 選択リストから表示したい連絡先の種類を選択します。
2.マーケティング対象外の連絡先に登録件数の上限はありますか?
有料のサブスクリプションを利用している場合、マーケティング対象外の連絡先は、1度に100万件まで登録できます。また、連絡先の登録の種類を、マーケティング対象外/マーケティング対象に更新できるのは、1か月に1回までです。
 
3.マーケティング対象外の連絡先をマーケティング対象の連絡先に変換できないのは、なぜですか?
連絡先の登録の種類を更新できるのは1か月に1回までです。今月すでに、対象の連絡先の登録の種類を更新している場合、次回のサブスクリプション更新まで登録の種類を変更できません。1か月経過すると、登録の種類を更新できるようになります。 

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • Zoho CRMとの同期の設定(新しいバージョン)

                            Zoho CRMとZoho Campaignsの同期を有効にすると、Zoho CRMから連絡先や見込み客の情報を同期できます。新しいバージョンにおいて、同期は、変更が発生するたびにすぐに実行されます。また、同期の設定でZoho CRMのタブを指定すると、指定したタブに登録されているすべての連絡先がZoho ...
                          • ワークフローの要素による処理で連絡先(受信者)がスキップされる場合のトラブルシューティング

                            Zoho Campaignsで作成したワークフローで自動処理を実行した際に、ワークフローの要素による処理が一部の連絡先(受信者)に対して適用されないことがあります。このような場合、問題を解消するには、問題の原因を検証し、突き止める必要があります。この記事では、ワークフローの処理で一部の連絡先がスキップ(処理の適用対象から除外)される問題について、よくある原因と、問題解消のためのヒントをご紹介します。 メール配信の処理における連絡先のスキップ ...
                          • 連絡先の管理(新バージョン)

                            Excelシート、CSVファイル、Google スプレッドシートなどのさまざまなソースから連絡先をインポートして、配信リスト内で管理できます。連絡先の履歴から、連絡先に配信したキャンペーン数や、さまざまなリストに関する連絡先の行動や処理の履歴を確認できます。 連絡先の追加 連絡先を手動で追加して、配信リストに関連付けることができます。基本情報とは別に、追加の情報も保存できます。 連絡先を追加するには: 画面左側のメニューの[連絡先]タブをクリックして、一覧から[すべての連絡先]を選択します。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.