セグメント

セグメント

 配信リストのセグメント化(グループ分け)は、マーケティング分野において、見込み客や潜在顧客の中からターゲットを決めるために、広く利用されている方法の一つです。顧客の属性や関心などに関する情報をもとに、配信リストをグループ(セグメント)に分割することで、特定の顧客グループに焦点を当てることができます。たとえば、地域(国、都道府県、市区町村)、人口統計(年齢、性別)などの特定の条件や、購入パターンなどに基づいて、顧客のセグメント化を行うことが可能です。

セグメントの作成

姓、名、会社/組織名、国名、都道府県などの基本情報や、その他の独自の情報を使用してセグメントを作成し、連絡先を分割できます。これにより、特定の連絡先グループに対してメールを配信できます。
セグメントを作成するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 画面の右上にある[作成]をクリックし、一覧から[セグメント]をクリックします。

    セグメントの作成

  3. [セグメントの作成]ページで、次の手順を実行します:
    1. [名前]:セグメント名を入力します(これは参照用です。セグメントの内容が分かりやすい名前を入力してください)。
    2. [条件]:配信リスト内の連絡先を分割するための条件です。
    3. [保存]をクリックします

      セグメントの作成
メモ:
  1. セグメントの作成時に、複数の条件を設定することも可能です。
  2. 2021年11月17日より前に作成されたセグメントは、2022年9月30日までの間は、関連付けられている配信リストの下に一覧表示されます。該当のセグメントは編集できませんが、複製することは可能です。
  3. 2021年11月17日より後に作成されたセグメントは、組織全体のセグメントとして扱われます。該当のセグメントは、[連絡先]→[セグメント]で一覧表示されます。

キャンペーンの作成

セグメントに対してキャンペーンを作成できます。セグメント内の連絡先は、受信者として設定されます。 
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコをクリックし、一覧から[キャンペーンの作成]をクリックします。

    キャンペーンの作成

  4. 必要な情報を入力し、[保存]をクリックします。キャンペーンが作成され、保存されます。

    セグメントに対するキャンペーンの作成

トピックの関連付け

セグメントに1つ以上のトピックを関連付けることができます。 
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. トピックを関連付けるセグメントをクリックして、詳細画面を開きます。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコンをクリックし、一覧から[トピックを関連付ける]をクリックします。

    セグメントへのトピックの関連付け

  4. セグメントに関連付けるトピックを選択し、[保存]をクリックします。

    セグメントへのトピックの関連付け画面

セグメントの編集

セグメントを編集するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントにカーソルを合わせます。
  3. [編集]アイコンをクリックします。

    セグメントの編集

  4. [保存]をクリックします。

セグメントの削除

セグメントを削除するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントにカーソルを合わせます。
  3. 削除(ごみ箱)アイコンをクリックします。



連絡先の削除

セグメントから連絡先を削除するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコン→[すべての連絡先を削除する]をクリックします。

    すべての連絡先の削除

  4. [続ける]をクリックします。

セグメントの複製

セグメントを複製するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコンをクリックし、一覧から[セグメントの複製]をクリックします。

    セグメントの複製

  4. セグメント名を入力します。必要に応じて、セグメントの条件を編集できます。
  5. [複製]をクリックします。

    セグメントの複製画面

リストとしてのセグメントの保存

セグメントをリストとして保存するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコンをクリックし、一覧から[リストとして保存]をクリックします。

    リストとしてのセグメントの保存

  4. リスト名を入力し、[保存]をクリックします。

セグメントの一括更新

連絡先の特定の項目を、簡単にすばやく一括更新できます。セグメントの連絡先を一括更新するには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコンをクリックし、一覧から[一括更新]をクリックします。

    一括更新

  4. 特定の項目で必要な変更を行った後、[続ける]をクリックします。

セグメントからの連絡先のエクスポート

セグメントの連絡先をエクスポートして、バックアップデータを作成できます。エクスポートする項目と、ファイル形式を選択できます。

セグメントから連絡先をエクスポートするには:

  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[その他]アイコンをクリックし、一覧から[連絡先をエクスポートする]をクリックします。

    連絡先のエクスポート

  4. 表示された画面で、次の情報を入力します:
    1. [日付で抽出]:すべての連絡先をエクスポートするか、追加日時または更新日時に基づく条件で抽出した連絡先のみエクスポートするかを選択します。
    2. [項目の選択]:エクスポートする項目を選択します。
    3. [ファイル名]:エクスポートするファイルに適切な名前を付けて、ファイル形式を選択します。



  5. [エクスポート]をクリックします。

一括セグメント

セグメントは、一括で作成することも可能です。特定の項目に基づき連絡先を分割して、複数のセグメントを作成できます。たとえば、国に基づいたセグメントを作成する場合、アカウントに存在する可能性のあるすべての国別に、セグメントを作成すると手間がかかります。このような場合に役立つのが一括セグメント機能です。上記の例の場合に一括セグメント機能を利用すると、1つの手順で、アカウント内に存在するすべての国に対してセグメントを一括で作成できます。

一括セグメントの作成

  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面の右上にある[作成]をクリックし、一覧から[一括セグメント]を選択します。

    一括セグメント

  4. セグメントの作成画面で、次の手順を実行します:
    1. [名前]:セグメント名を入力します(これは参照用です。セグメントの内容が分かりやすい名前を入力してください)。
    2. [項目に基づくセグメント]:特定の項目に基づき連絡先を分割するための条件です。条件を選択すると、該当の条件で作成されるセグメント数が表示されます。

      一括セグメント

  5. [保存]をクリックします。

連絡先スコアのリセット 

一度のクリック操作で、特定のセグメント内の連絡先スコアをリセットできます。特定の連絡先のスコアをリセットする場合は、セグメントを作成して、スコアをゼロにリセットできます。連絡先スコアをリセットするには:
  1. 画面左側のメニューから[連絡先]タブをクリックし、一覧から[セグメント]を選択します。
  2. 対象のセグメントをクリックします。
  3. 画面右上にある[その他]アイコンをクリックします。
  4. 一覧から[連絡先スコアのリセット]をクリックします。

    連絡先スコアのリセット

  5. 表示された画面で、スコアをリセットする理由を入力します。
  6. [同意する]のチェックボックスにチェックを入れ、[今すぐリセット]をクリックします。
  7. セグメント内の連絡先スコアがリセットされると、通知されます。





          Zoho CRM 管理者向けオンライントレーニング

          このトレーニングでは、Zoho CRM の運用をこれから始める管理者の方を対象に、その初期設定をZoho Japanのトレーナーとともに完了させてゆきます。また、基本的な機能についても紹介します。

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho Meetingからの連絡先インポート

                            Zoho Campaignsの連絡先の管理機能が新しくなりました。新しい機能については、こちらのヘルプページをご参照ください。 Zoho CampaignsアカウントとZoho Meetingを同期することで、次のことができます: Webセミナーの登録者と参加者を、Zoho Campaignsにインポートできます。 Webセミナーの登録者と参加者をZoho Campaignsにインポートして、配信リストを作成できます。 ...
                          • Zoho Meetingからの連絡先のインポート(新バージョン)

                            Zoho CampaignsとZoho Meetingを同期することで、次のことができます: Webセミナーの登録者と参加者を、Zoho Campaignsにインポートできます。 Webセミナーの登録者と参加者の専用の配信リストをそれぞれ作成できます。 登録者に対して、Webセミナーの詳細に関するメールマガジンを継続して配信できます。 参加者に対して、Webセミナーで取り上げたトピックに関する販促目的のメールマガジンを配信できます。 Zoho CampaignsとZoho ...
                          • 登録解除の回避

                            配信リストの健全性とメール配信方法は、登録解除率に大きな影響を及ぼします。メールの受信に興味がなければ登録解除します。このような状況を減らすためには、次の点にご注意ください: 連絡先のエンゲージメント:連絡先がメールに興味を持っているかどうか、他のどんなことに興味を持っているかを明らかにします。  配信リストの精査:定期的にリストから不要な連絡先を削除して、保持することで、すぐにでも登録解除する可能性のある、メールに興味のない連絡先へ配信を回避できます。 Zoho ...
                          • Facebookページキャンペーン

                            ページキャンペーンにより、Facebook上で一定期間のプロモーションキャンペーンを実施できます。Facebookページ用のカスタムタブを作成し、そのタブ用のページキャンペーンを作成します。 ページタブをインストールする前に、必ずFacebookページを作成してください。Facebookページを作成するには、 こちらをクリック してください。 Facebookでのページタブのインストール ...
                          • メールスロットリング(受信制限)された場合の対処

                            メールボックスプロバイダーによって、配信元の メールの量や配信方法 に疑いがかけられた場合、メールが  先送り される可能性があります。  このような メール受信における制限や先送りは、メールスロットリング(受信制限)と呼ばれます 。 受信者にメールを配信すると、メールで次のいずれかの処理が発生する可能性があります: 配信:メールが受信者の受信トレイに正常に配信された可能性があります。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.