Salesforceとの同期の設定

Salesforceとの同期の設定

Zoho Campaignsの連絡先の同期機能が更新されました。新しい機能に関しては、こちらのヘルプページをご参照ください。
Zoho CampaignsとSalesforceを連携すると、Salesforce内の連絡先にターゲットメールを配信できます。連絡先とのメールのやりとりを改善し、メールキャンペーンの売上への成果を計測できます。SalesforceとZoho Campaignsの間で、日/週/月などの単位で繰り返し同期するための設定が可能です。Salesforce内の リード 取引先責任者(連絡先) 取引先 商談 カスタムモジュール のデータを、Zoho Campaignsにインポートできます。

繰り返し同期の開始

繰り返し同期を開始するには:

  1. ナビゲーションツールバーから、 [連絡先]→ [サービス同期]の順に選択します。
  2. [新しい同期の追加] をクリックします。

    salesforce add new sync

  3. [繰り返し同期] にカーソルを合わせて、 [同期の設定] をクリックします。

    create sync

  4. 同期するデータの種類を選択します。リード、連絡先(取引先責任者)、取引先、商談、カスタムのいずれかから選択可能です。
  5. [すべてのリード]/[すべての連絡先]/[すべての取引先]/[すべての商談]のいずれかを選択し、選択した種類のすべてのデータを同期します。
  6. [条件] を選択して、CRMアカウントからデータを抽出する条件を定義します。
  7. データを同期する配信リストを選択します。
  8. CRMアカウントからデータを同期する特定のカスタムビューを選択します。
  9. 配信対象外(オプトアウト)の連絡先(取引先責任者)と変換済みのリードがある場合は、同期から除外するか、配信リストまたはZoho Campaignsから削除できます。該当のラジオボタンを選択します。
  10. データ取得の頻度(一度のみ、毎日、毎週、毎月)を選択します。
  11. 繰り返し同期する日時を選択します。
  12. すべてのデータを同期するか、指定日時後以降に追加されたデータのみを同期するかを選択します。

              

  13. [次へ] をクリックします。
  14. 項目の関連付けを設定して、同期を開始します。

項目の関連付け

メールアドレス、姓、名などの基本情報が、あらかじめ関連付けられています。


  • さらに他の項目を関連付けに追加する場合は、 [さらに項目を関連付け] をクリックします。

項目の関連付けの編集

同期の詳細ビューの[関連付けの編集]リンクをクリックして、同期設定に項目を再度関連付けするか、さらに他の項目を関連付けることができます。

    

同期の設定

同期を設定して、すべてのキャンペーンと連絡先を、両方のアプリケーション間で更新します。Salesforceにキャンペーンを登録して、連絡先やキャンペーン参加ステータスを更新するオプションを使用すると、キャンペーンや連絡先の管理がより簡単になります。

同期を設定するには:

  1. ナビゲーションツールバーから、 [連絡先][サービス同期] の順に選択します。
  2. [Salesforce] で、 [有効な同期] を選択します。

  3. すべての同期を確認できます。
  4. ボタンをクリックして、新しい同期を追加できます。

              

  5. 特定の同期の詳細を表示できます。設定の編集や削除も可能です。

              

  6. [設定] サブタブをクリックして、同期の設定を編集します。 
  7. 同期の設定は、[設定]ページで確認できます。




  8. [編集] アイコンをクリックして、設定を変更します。           
  9. [キャンペーンデータのSalesforceへの登録]セクションでは、次の手順を実行できます:                      
    • Salesforceでのキャンペーンの作成: このオプションを有効にすると、Zoho Campaignsで作成したメールキャンペーンを、Salesforceのキャンペーンとして登録します。  
    • Salesforceでのキャンペーン参加ステータスの更新: このオプションを有効にすると、キャンペーン参加ステータス(開封、クリック、バウンス(不達)など)を、Salesforceの連絡先のキャンペーン関連リストで更新します。 
    • Salesforceの項目への参加ステータスの登録: このオプションを有効にすると、直近5件のキャンペーンの参加ステータス(開封、クリック、バウンス(不達))を、リードや取引先責任者の詳細ページの複数行(テキスト)のカスタム項目に登録します。([参加ステータスの登録]下で選択した項目が、メールキャンペーンの結果を基に更新され、既存のデータは上書きされます)。参加ステータスは、Salesforceのテキストエリア(複数行テキスト)項目に登録できます。  

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                              • Related Articles

                              • Salesforceとの同期の設定(新バージョン)

                                Zoho CampaignsとSalesforceを連携すると、Zoho Campaignsでメールキャンペーンを作成し、Salesforceに登録されているリード(見込み客)や取引先責任者(連絡先)に対して配信できます。リードや取引先責任者に対するメール配信を適切に管理し、配信結果に基づいてメールキャンペーンの効果を確認することが可能です。SalesforceとZoho ...
                              • 外部アプリ連携

                                Zoho Campaignsアカウントにさまざまな外部アプリケーションを連携し、連絡先をインポートできます。 Eventbrite連携 ナビゲーションツールバーから、[設定]をクリックします。 [連携]の下の[アプリ]を選択します。 [Eventbrite]にカーソルを合わせて、[連携]をクリックします。 GDPRに準拠するために、連携後に実施される活動が通知されます。 連絡先をインポートします。 イベントに関するキャンペーンを送信します。 [続ける]をクリックします。 ...

                              Resources

                              Videos

                              Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                              eBooks

                              Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                              Webinars

                              Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                              CRM Tips

                              Make the most of Zoho CRM with these useful tips.