アナリティクス(旧ダッシュボード)の作成

アナリティクス(旧ダッシュボード)の作成

アナリティクス(旧ダッシュボード)は、Zoho CRMのカスタムレポートのデータの要約を表示したものです。これは、営業進捗や業務状況をリアルタイムで分析するためのプラットフォームです。アナリティクス(旧ダッシュボード)を作成して、すべてのユーザーまたは選択したユーザーと共有できます。また、自分だけがアクセスできる非公開アナリティクス(旧ダッシュボード)を作成することもできます。
利用条件

必要な権限
[アナリティクス(旧ダッシュボード)]タブとレポートの管理権限を持つユーザーが、アナリティクス(旧ダッシュボード)を作成できます。


アナリティクス(旧ダッシュボード)の作成

ビジネス要件に応じて、アナリティクス(旧ダッシュボード)を作成して、メール分析、見込み客のステータス、マーケティング指標、活動統計など、さまざまなビジネス活動の概要を取得できます。さらに、これらのアナリティクス(旧ダッシュボード)は、組織内の選択したユーザーまたはすべてのユーザーと共有できます。

メモ
組織内のすべてのユーザーとアナリティクス(旧ダッシュボード)を共有することを選択した場合、一部の項目を表示する権限のないユーザーにも、データが表示されます。

アナリティクス(旧ダッシュボード)を作成するには

  1. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]タブをクリックします。
    メニュー内に[ダッシュボード]タブが見当たらない場合は、詳細(…) アイコンをクリックして、「ダッシュボード」を検索します。

  2. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]ホームページで、追加(+)リンクをクリックします。
  3. [表/グラフの追加]をクリックして、アナリティクス(旧ダッシュボード)にさまざまな表/グラフ項目を追加します(関連項目:表/グラフの追加)。
  4. [アナリティクス(旧ダッシュボード)の作成]ページで、次の操作を行います。
    • [アナリティクス(旧ダッシュボード)名]を入力します。
    • アナリティクス(旧ダッシュボード)を共有するユーザーを選択します。
      • [自分のみ] - 自分のみがアクセスできます。
      • [すべてのユーザー] - CRM内のすべてのユーザーに共有されます。
      • [カスタム] - ユーザー、役割と部下、グループのリストなど、さまざまなソースからユーザーを選択します。


  5. [保存]をクリックします。

アナリティクス(旧ダッシュボード)の詳細レポート

任意のアナリティクス(旧ダッシュボード)のレポートにおいて、選択したデータに関する詳細レポートを確認できます。

アナリティクス(旧ダッシュボード)の詳細レポートを確認するには

  1. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]タブをクリックします。
  2. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]ホームページで、必要なアナリティクス(旧ダッシュボード)を選択します。
  3. 選択したアナリティクス(旧ダッシュボード)で、詳細レポートが必要なデータをクリックします。
  4. データはレポートの形式で表示されます。
  5. [レポート]ページで、データをPDF/XLS/CSVにエクスポートしたり、グラフを保存したり、カスタマイズしたり、詳細に基づいてグラフを作成したりできます(関連項目:レポートの管理)。

ホームまたはお気に入りに追加

この機能を使用すると、Zoho CRMのホームページにグラフを追加できます。

ホームページにグラフを追加するには

  1. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]タブをクリックします。
  2. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]ホームページで、必要なアナリティクス(旧ダッシュボード)を選択します。
  3. [詳細]アイコンをクリックして、[ホームに追加]または[お気に入りとして追加]を選択します。


アナリティクス(旧ダッシュボード)の複製

既存のアナリティクス(旧ダッシュボード)にある表/グラフを使用して、新しいアナリティクス(旧ダッシュボード)を作成したい場合もあるでしょう。このような場合、新しいアナリティクス(旧ダッシュボード)を作成する代わりに、既存のアナリティクス(旧ダッシュボード)を複製して、必要な編集を行えます。表/グラフを複製することもできます。

アナリティクス(旧ダッシュボード)を複製するには
  1. [ダッシュボード]タブに移動して、右上にあるその他の操作(︙)アイコンをクリックします。
  2. [複製]をクリックします。
    複製したアナリティクス(旧ダッシュボード)の名前は変更できます。
  3. [保存]をクリックします。 

アナリティクス(旧ダッシュボード)の表示

組織のCRMアカウントに表示されるアナリティクス(旧ダッシュボード)は、次のように分類されます:

  • お気に入り - お気に入りに設定したアナリティクス(旧ダッシュボード)が表示されます。アナリティクス(旧ダッシュボード)は、下部の並べ替えアイコン()をクリックして並べ替えることができます。
  • 自分が作成 - 自分(ユーザー)が作成したカスタムアナリティクス(旧ダッシュボード)。
  • 自分に共有 - CRMアカウントの任意のユーザーから、明示的に自分に共有されたカスタムアナリティクス(旧ダッシュボード)。
  • 公開 - CRMアカウントのすべてのユーザーがアクセスできるアナリティクス(旧ダッシュボード)。これには、Zoho CRMによって提供される標準のアナリティクス(旧ダッシュボード)も含まれます。
  • 他のユーザーのアナリティクス(旧ダッシュボード) - CRMアカウントの他のユーザーによって作成されたカスタムアナリティクス(旧ダッシュボード)で、上記のカテゴリーに含まれないものが表示されます。管理者特権管理者だけが、他のユーザーが作成したアナリティクス(旧ダッシュボード)を表示できます。

組み込みURL

必要に応じて、任意のWebページにグラフを組み込むことができます。これは、Zoho CRMからURLをコピーし、必要なサイトに貼り付けることで実現できます。許可するドメインとして設定することで、特定のドメインにアナリティクス(旧ダッシュボード)を制限できます。たとえば、.eduドメインでのみグラフを表示させたい場合は、[許可するドメイン]セクションで該当のドメインを設定できます。これにより、ユーザーがその他のドメインからグラフを表示することを制限できます。

メイン詳細の入力時には、次の特殊文字を使用しないでください。妥当性の問題が発生する可能性があります^ { } | " < > ` 複数のコンマ、スペース(例:goo gle.com)

グラフのURLを組み込むには

  1. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]タブをクリックします。
  2. [アナリティクス(旧ダッシュボード)]ホームページで、必要なアナリティクス(旧ダッシュボード)を選択します。
  3. [詳細]アイコンをクリックして、[組み込みURL]をクリックします。
  4. [組み込みURL]ページで、[コピーURL]のテキストボックスからURLをコピーします。
  5. [許可するドメインの入力]テキストボックスに、グラフを表示するドメインを入力します。
    このグラフは、ここに入力されたドメインにのみ表示されます。たとえば、.eduドメインのページにグラフをコピーして貼り付けても、このテキストボックスでこのドメインを指定していない場合、そのWebページでグラフは表示できません。
  6. [終了]をクリックします。


関連情報










                        • Related Articles

                        • アナリティクス(旧ダッシュボード)の表/グラフ

                          Zoho CRMでは、アナリティクス(旧ダッシュボード)でさまざまな種類の表/グラフを利用できます。選択可能な表/グラフは、次の一覧のとおりです:   グラフ :データのグラフ表示により、データをすばやく簡単に分析できます。 KPI :KPI(主要業績評価指標)を使用すると、チームの業績を測定できます。 比較 :比較を使用すると、ユーザーの業績、見込み客のデータ元などのあらゆるデータの比較概要を確認できます。 異常検出 :異常検出により、通常の業務プロセスにおける不一致を検出できます。 ...
                        • 異常検出

                          ビジネスのおけるポジティブ/ネガティブな傾向とは 異常検出は、ビジネスの通常の傾向と一致しない異常な現象や一般的でない現象を特定するために使用される手法です。 たとえば、購入や見込み客の変換の突然の減少、コースから脱落する受講者数の増加などが見られる場合は、ネガティブな意味で通常のパターンから外れている可能性があります。 ...
                        • 複数の営業パイプライン

                          営業パイプラインとは? 営業パイプラインは、営業プロセスを視覚的に表示するものです。見込み客が購入プロセスのどの段階にいるか、未完了の商談数はいくつあるか、特定の商談が各ステージでどの位の期間とどまっているか、商談の受注見込みが高いかどうかなどを表示できます。 営業パイプラインは、体系的な方法に過ぎません。見込み客の獲得から受注までの複数のステージからなり、どこに商談の機会があるのかを把握するのに役立ちます。さらに、商談の受注までに実行しなければならない活動も整理できます。 ...
                        • 取引先の作成

                          Zoho CRMでは、次の方法で取引先を作成できます: 取引先詳細フォームへのデータ入力 :さまざまな外部経路から収集した取引先詳細を手動で入力できます。 外部経路からの見込み客のインポート :さまざまな経路からデータを収集し、CSV、XLSファイルをZoho CRMにインポートできます。 取引先への見込み客の変換 :見込み客の変換時に、連絡先、取引先、商談を作成できます。 Microsoft Outlookの連絡先の同期 :Microsoft Outlookの連絡先をZoho ...
                        • ファネル

                          ファネルは、ビジネスプロセスに関連するステージに基づいて、データを分類できます。たとえば、営業ファネルを使用すると、集中すべき特定の営業ステージ、見込み客の商談化プロセスにおけるステージごとの離脱率、各ステージの見込み客/商談の数などの詳細情報が得られます。このような情報は、今後の営業活動を計画するうえで役立ちます。   ファネルの作成 ビジネス要件に応じて、次の5種類のファネルから選択できます: スタンダード コンパクト セグメント クラシック パス ファネルを作成するには  ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.