異常検出

異常検出


ビジネスのおけるポジティブ/ネガティブな傾向とは

異常検出は、ビジネスの通常の傾向と一致しない異常な現象や一般的でない現象を特定するために使用される手法です。 たとえば、購入や見込み客の変換の突然の減少、コースから脱落する受講者数の増加などが見られる場合は、ネガティブな意味で通常のパターンから外れている可能性があります。

ただし、異常値が常にネガティブな傾向を示すとは限りません。購入頻度やサイト訪問者の急増がある場合、これはポジティブな傾向を示しています。これらの異常値を観察し、その意味について結論を導き出し、必要なフォローアップ措置を取ることができます。 

全体として、異常検出は、ビジネスの傾向に関する有意義な分析情報を提供し、意思決定において重要な役割を果たします。意思決定者は、ビジネスの健全性にポジティブな変化をもたらすものを観察することにより、既存のプロセスを変更したり、より良いアイデアや計画を取り入れたりできます。

利用条件 

必要な権限 :この機能には、管理者権限を持つユーザーがアクセスできます。


Zoho CRMの異常検出

ビジネスは複雑で不確実性が多く、そのため、予想されるパターンからの例外がよくあります。膨大な量のデータから逸脱を手作業で特定するのは困難です。Zoho CRMの異常検出を使用すると、予想パターンにリアルタイムのデータを入力し、このパターンから外れているデータにフラグを付けることで、逸脱を特定できます。

Ziaは、状況や条件に応じて異常値を特定し、通常の傾向とは異なる現象を検出します。該当のデータは、特定の文脈に基づいて異常として識別されます(それ以外の場合は異常とは識別されません)。Ziaは、現在と過去の営業状況を踏まえて予測される傾向を計算し、傾向予測からデータが逸脱している場合、異常値として特定します。

Zoho CRMでは、次のような場合に異常値を検出できます:

商談受注の頻度に基づいて顧客対応を改善する: 営業チームは、特定の期間に成立した商談数の異常を分析することで、商談受注率の低下を検出できます。また、この期間中に作成された連絡先の数を確認し、見込み客の変換パターンと照らし合わせることができます。見込み客の獲得プロセスを変更し、顧客対応を強化することで、連絡先数の減少に対処できます。 

次の画面では、商談受注率という1つの指標において、3つの異常なデータがあることが示されています。

 

関連する指標を使用して、商談受注数と作成した連絡先数の比率を取得できます。この比率では、2つのデータのみが異常値として示され、もう1つのデータは異常値と見なされません。これは、商談受注数が、作成した連絡先数に比例するためです。



商品需要の増加に合わせて在庫を補充する: eコマース事業を行っている会社は、購入頻度パターンを把握することで、事前に在庫を補充できます。商品の在庫数と比較して販売数が急増したら、在庫が足りなくなる時期が示され、在庫量の責任者に再注文を促すことができます。 


お客さまの苦情に迅速に対応する: リアルタイムの異常値検出により、組織はお客さまの苦情を迅速に解決できます。異常検出機能により、通常とは異なる大量のサポートの問い合わせが検出されます。サポートチームは、課題の原因を迅速に調査し、遅延や顧客体験への関連する影響によるエスカレーションを回避できます。


Webサイトへのアクセスを増やす: 異常検出では、Webページのアクセス数が減少しているかどうかを確認することができます。ソーシャルメディアでの宣伝、他のページでの広告、ゲストブログ、内部クロスリンクの使用などにより、ページへのトラフィックを増加させる対策を講じることができます。


異常検出の設定

Zoho CRMの異常検出は、標準タブとカスタムタブの両方で作成できます。異常検出の設定時に、以下の追加パラメーターを含めることができます:

  1. 関連指標: 異常な指標と関連する指標を比較して、それら2つの指標の比率を確認できます。1つの指標の動向が他の指標と相関関係にあると考えられる場合は、比較を作成すると便利です(商談受注数と作成された連絡先数、コースの登録数とオプトアウト数、作成された問い合わせ数と提供されたソリューション数など)。
    指標の平均は選択できませんのでご注意ください。

  2. 対象: 値の増加がポジティブまたはネガティブのどちらであるかを設定できます。たとえば、受注した商談数の増加はポジティブな異常値、サポート問い合わせ数の増加はネガティブな異常値として設定できます。 

  3. グループ化: 結果を特定のカテゴリーにグループ化する場合は、時間、通貨、日付、または任意の選択リスト項目から選択できます。たとえば、見込み客を登録元別にグループ化したり、商談をステージ別にグループ化したりできます。グループ化を選択できるのは、1つの指標を使用している場合のみです。関連指標を使用している場合は、グループ化オプションを使用できません。
    2つの指標を比較する場合、結果を単一のカテゴリーでグループ化できません。

異常値の算出 
  1. 異常値は、Zoho CRMに設定されている組織のタイムゾーンに基づいて算出されます。たとえば、業務時間が米国のタイムゾーンに設定されている場合、インドにいるユーザーは組織のタイムゾーンでのみ異常を確認します。これは、Ziaによる異常値の算出が組織のタイムゾーンのみを基準としており、各ユーザーの業務時間を基準にしないためです。



  2. 異常値の算出日のデータ件数の合計は、たとえその後に変更があった場合でも、そのまま維持されます。たとえば、12月21日に商談数の合計「12」件で商談の完了パターンに異常が表示された場合、あるデータが何らかの理由で他のステージに移行しても、データ件数は「12」と表示されます。 これは、Ziaによる計算がその時点での計測値に基づいて実行され、リアルタイムの変更内容では置換されないためです。

異常検出を追加するには
  1. [アナリティクス(旧ダッシュボード)] タブに移動し、 [表/グラフの追加] をクリックします。
  2. 項目の一覧から [異常検出] をクリックします。



  3. [異常検出の追加] ページで、 [表/グラフ名] を入力します。
  4. [異常値] で、次の手順を実行します: 
    • 異常値を計算する タブ を選択します。
    • 評価尺度 を選択します。これは、数値項目(合計、件数、平均、最大など)にする必要があります。
    • データの対象となる 日付項目 (最新の活動日時、登録日時、更新日時など)を選択します。
    • [フィルター] をクリックして、選択したデータを検出対象とするかどうかを指定します。




  5. [他の指標と比較] をチェックし、前の手順と同様にタブ、評価尺度、日付項目を選択します。
  6. [異常検出期間] で、ドロップダウンリストから 期間 (今週、今日、過去360日など)と 頻度 (毎日、毎週、毎月)を選択します。 
  7. [対象] で、次のいずれかのオプションを選択します。
    • 値の増加をポジティブとみなす
    • 値の増加をネガティブとみなす



  8. [グループ化] をチェックし、ドロップダウンリストからグループを選択します。
  9. [保存] をクリックします。
この機能は、まだすべてのアカウントでは利用できません。段階的に利用可能になります。

表/グラフの異常通知の設定

異常通知を設定すると、表/グラフに異常値があった場合に通知を受け取ることができます。これにより、営業チームは毎日表/グラフを確認する手間なく、自動的に異常に関する通知を受け取れます。

通知ベルをクリックすることで、異常通知を設定/解除できます。 表/グラフごとに 異常通知の受信を設定する必要があります。

 

異常通知はいつ確認できますか?

  1. 異常通知を設定すると、アナリティクス(旧ダッシュボード)の作成時に選択した頻度(毎日、毎週、毎月)に基づいて異常通知を受け取ります。たとえば、毎日の異常通知を選択した場合、24時間経過後に通知を受け取ります。また、毎週の通知の場合は、一週間後に通知を受け取ります。
  2. 異常通知は、Zoho CRMアカウントに設定されている組織のタイムゾーンでのみ表示されます。たとえば、業務時間が米国のタイムゾーンに設定されている場合、インドにいるユーザーは組織のタイムゾーンでのみ異常を確認します。これは、Ziaによる異常値の算出が組織のタイムゾーンのみを基準としており、各ユーザーの業務時間を基準にしないためです。
  3. ダッシュボード内の異常検出のグラフにカーソルを合わせると、異常が検出された日付が表示されます。 なお、日付は組織のタイムゾーンに従って表示されます。



異常通知はどこで確認できますか?

Zoho CRMアカウントの下部パネルでZiaをクリックすると、通知を確認できます。

 




異常通知の解除

通知ベルをクリックするか、Zia通知パネルから不要な通知のスイッチをオフにすると、通知を解除できます。

メモ
  1. 異常通知を解除できるのは、[アナリティクス]タブへのアクセス権限を持つユーザーのみです。
  2. [設定][一般][Zia][Zia通知]タブの順に移動し、対象の通知設定の切り替えボタンをクリックして無効にします。



  3. エンタープライズプランを利用中のユーザーは、合計10件の表/グラフの異常通知を有効にできます。
    アルティメットプランを利用中のユーザーは、合計30件の表/グラフの異常通知を有効にできます。
 

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • アナリティクス(旧ダッシュボード)の表/グラフ

                            Zoho CRMでは、アナリティクス(旧ダッシュボード)でさまざまな種類の表/グラフを利用できます。選択可能な表/グラフは、次の一覧のとおりです:   グラフ :データのグラフ表示により、データをすばやく簡単に分析できます。 KPI :KPI(主要業績評価指標)を使用すると、チームの業績を測定できます。 比較 :比較を使用すると、ユーザーの業績、見込み客のデータ元などのあらゆるデータの比較概要を確認できます。 異常検出 :異常検出により、通常の業務プロセスにおける不一致を検出できます。 ...
                          • 比較

                            比較機能を使用すると、ユーザー間、役職間、さまざまな期間にわたる組織のデータを比較できます。長年にわたる営業チームのパフォーマンス、連続した月での商談失注数または受注数、または各営業ステージにおける個々の営業担当者のパフォーマンスなどの情報をかんたんに追跡できます。たとえば、Zylker社が各都市の売上指標を表示する場合、従来の比較を選択して、関連する比較パラメーターを入力し、各都市で獲得された見込み客、取引先数、未完了の商談数、年間売上を1つの画面で取得するだけで済みます。  比較の作成 ...
                          • 目標達成度

                            目標達成度を使用して、営業チームの目標を設定し監視できます。今年獲得された見込み客数、前四半期の年間売上、過去数か月間に達成された売上目標などを表示できます。これらの情報を取得するために、大量のレポートを実行する必要はありません。目標達成度を選択して、関連するパラメーターを設定し、データを取得できます。 ...
                          • KPI(主要業績評価指標)

                            KPI(主要業績評価指標)は、営業チームによる重要なビジネス目標達成の効果を示す標準的な測定指標です。また、パフォーマンスを定期的に測定することで、営業担当者の生産性向上を支援する有益な分析を提供します。たとえば、営業担当マネージャーは、各営業担当者が達成した平均年間売上の観点から、上位10人の営業担当者をモニタリングしたいと考えています。KPI指標として年間平均売上を設定し、KPIのランキングを作成することで、これを簡単に実現できます。 要件に基づいて、次の5種類のKPI形式から選択できます: ...
                          • グラフ

                            ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.