ワークフローの自動化の概要

ワークフローの自動化の概要

ワークフローの管理は、営業、マーケティング、サポートの自動化に役立ちます。ルールに定義された条件に基づいて、ユーザーにタスクを自動的に割り当て、特定の項目を更新できます。  ワークフローの自動化には、次の要素が含まれます:
  • ワークフロールール :指定した条件が満たされると、実行される一連のルール。
  • メール通知 :ワークフロールールを実行すると、自動送信されるメール通知。
  • タスク :ワークフロールールが実行されると、ユーザーに割り当てられるタスク。
  • 項目の更新 :ワークフロールールが実行されると、指定した項目値が自動更新されます。
  • Webhook(Web通知) :Zoho CRMでイベントが発生するたびに、Webhook(一方向)をすぐに送信して、外部アプリケーションと通信できます。
  • ワークフローのカスタム関数 :一連のDelugeスクリプトを作成して、ワークフロー条件が満たされると、他のアプリケーションからのレスポンスを受信して、CRMタブを更新できます。

ワークフロールールは、メール通知、タスク、項目の更新に関連付けられている場合に限り、有効です。ルールが実行されると、そのルールに関連付けられているメール通知、タスク、項目の更新も実行されます。たとえば、受信者にメール通知を送信するには、必ずそのルールにメール通知を関連付ける必要があります。ワークフローのタスクをルールに関連付けて、ユーザーに業務を割り当てることもできます。

Zoho CRMのワークフロールールの例として、 大規模商談通知 ルールがあります。このルールは、商談の売上額と確度が、有意な値を超えると実行されます。このルールが実行されると、営業チームの責任者や他のメンバーに通知が送信されます。このルールとその条件を編集して、独自の大規模商談通知を定義できます。

メリット

  • タスクを割り当てる手作業を排除することで、効率性を向上できます
  • 運用コストを削減できます
  • 業務の進め方を標準化することで、ビジネスプロセスを改善できます 

関連情報











                        • Related Articles

                        • ワークフローのシナリオ

                          ワークフロールールを使用すると、ビジネスにおける各営業プロセスを自動化できます。ここでは、Zoho CRM 2016でワークフロールールを使用する、2つのシナリオを紹介します。 タスクの割り当てを自動化するワークフロールールの作成 たとえば、商談の担当者が商談を受注させるたびに、タスクを自動的に割り当てるとします。また、タスクを割り当ててから1週間後に、タスクについてのフォローアップメールを該当する営業担当者に送信するとします。Zoho ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.