Zoho SalesIQによる訪問者の追跡の概要

Zoho SalesIQによる訪問者の追跡の概要

優れたWebサイトを構築し、Webサイトへのトラフィックが多いことが、すべてではありません。Webサイトで訪問者が実行した操作を把握し、滞在時間の長いWebページを特定し、移動のスタイルやWebサイトの滞在時間を分析することで、付加価値を付けることができます。

  • 例えば、Webサイト訪問者の10%以上が[料金]ページに長く滞在している場合は、適切なプランを選択するためのサポートを提供できます。
  • トラフィックが多いにもかかわらず登録が少ない場合には、何かを修正する必要があることがわかります。
  • 頻繁にサイトを訪問しても、まだ顧客になっていない場合は、フォローアップすべき見込み客を得たことになります。 

同様に、Webサイトでの訪問者の行動に非常に意味がある場合があります。チャットでサポートを提供し、見込み客とやりとりすることもできます。Webサイトの訪問者についてわかっている場合は、さらに多くのことができます。既存の顧客の場合は、購入履歴を確認できます。見込み客の場合は、関心のある製品を事前に把握し、ニーズに対応できるように準備しておくことができます。

この Webサイト訪問者の詳細の確認 チャットのウィジェット 顧客データベース の情報を組み合わせた製品が、 Zoho CRMのZoho SalesIQ連携(訪問者追跡)です。 この連携により、Webサイトの訪問者の関心度に関する情報が提供され、チャットのウィジェットを組み込み、収集したデータをZoho CRMデータベースに読み込むことができます。 



例えば、見込み客であるAさんが、製品の[料金]ページにかなりの時間滞在しているとします。あなたは、すぐに彼とチャットして、サポートが必要かどうかを確認できます。Aさんは料金に関する質問を返信し、あなたがそれに明確に回答しました。顧客とのやりとりがこれで終わりとは限りません。Zoho CRMに見込み客としてAさんを追加し、参照用にチャット内容を添付して、Webページへの今後の訪問を追跡することができます。さらに、彼の実際の要件を理解し、製品に関する商談を提示できます。 


利用条件 

必要な権限 :管理者がこの機能を利用できます。

Zoho SalesIQの利点 

  • 顧客の関心や見込み客の要件を事前に把握しておくことで、積極的な行動がとれます。
  • 顧客とのチャットで懸念事項に対処し、疑問を明確にすることで、より多くの顧客との関わりを深められます。
  • 顧客や見込み客がWebサイトを訪問して何らかの情報を検索するたびに、通知を受け取れます。

Zoho SalesIQ連携について

Webサイトの訪問者に関する詳細情報をかんたんに収集し、様々な情報が登録されているCRMデータベースにすばやくアクセスできることは、ビジネスに大きなメリットをもたらします。訪問者追跡連携により、Zoho CRMの複数のポータルを関連付け、CRM内の複数のポータルを追跡できます。また、訪問データのエクスポート、訪問レポートのエクスポート、訪問データの移行とデータのバックアップも行えます。さらに、Zoho SalesIQのチャットオプションを使用すれば、Webサイトの訪問者との関わりを深めることもできます。連携の設定を開始するための参考情報は次のとおりです。

  • Zoho SalesIQ連携の設定 :最初のステップは、連携を有効にすることです。Zoho SalesIQを既に使用している場合は、Webサイトに訪問者を追跡するコードが組み込まれている可能性があります。この場合は、 訪問者の追跡 機能を有効にして、詳細をZoho CRMの顧客データに関連付けるだけです。Zoho SalesIQを使用していない場合は、連携の詳細を有効にして指定する必要があります。
  • WebサイトのSalesIQ連携コード :訪問者とその操作を追跡するために、WebサイトにZoho SalesIQのコードを組み込んでください。収集されたデータは、見込み客または連絡先に関連付けられます。
  • [訪問]タブ - Zoho CRMで使用可能な[訪問]タブには、CRM内で使用可能なポータルがすべて表示されます。関連するポータルを選択すると、訪問と訪問者が表示されます。最も重要なのは、IPアドレス、訪問したページ、訪問者、ページの滞在時間、過去のチャット、Webページで実行された操作などの情報を取得することです。ユーザーが訪問の詳細にアクセスするには、[訪問]タブ権限が必要です。
  • Zoho CRM内の通知 – Webサイトに訪問者があるたびに、ポップアップ通知が表示されます。必要に応じて、管理者は通知オプションを無効にできます。Webサイトへのトラフィックが多い場合、大量の通知を管理することは不可能です。このような場合、Zoho SalesIQにはルールを作成する設定があります。このルールに基づいて、
    ルールの条件を満たす訪問者のみが通知されます。訪問者が通知で分類される4つのカテゴリーがあります。この分類は、訪問者から提供された名前とメールアドレスに基づいて行われます。
    • 顧客 - 詳細が連絡先の詳細と一致する場合。
    • 商談が進行中の 顧客 - 商談が進行中の顧客の詳細と一致する場合。
    • 見込み客/連絡先 - 詳細が見込み客または連絡先の詳細と一致する場合。
    • 不明な訪問者 - CRMに保存されタデータに、訪問者から提供されたものと同じメールアドレスのデータがない場合。
  • [見込み客]/[連絡先]タブの新規項目 - 新しい項目が[見込み客]/[連絡先]タブに追加されます。これらの項目には、見込み客または連絡先のWebサイトへの訪問に関連する情報が保存されます。項目は [訪問日数] [チャット数] [平均滞在時間(分)] [最終訪問日時] [初回訪問日時] [初回訪問URL] [参照元]、[訪問者スコア] です。
  • 関連リスト(訪問 - Zoho SalesIQ) - 見込み客/連絡先に新しい関連リストが追加されます。ニーズに合わせて、一覧から関連付けるポータルを選択できます。IPアドレス、訪問したページ、滞在時間(分)、参照元、検索エンジンの詳細は、この関連リストに記録されます。
  • チャットの履歴の添付ファイル - Webページを訪問し、製品/サービスについて問い合わせ、サポートを依頼するなどした見込み客/連絡先に、チャットの履歴を添付できます。

関連情報:

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • Zoho Desk連携の管理

                            Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                          • Converse for Zoho CRM

                            Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...
                          • Zoho SalesIQ連携の設定

                            Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。 連携を有効にすると、Zoho ...
                          • Zoho Directory連携

                            Zoho CRMをZoho Directoryと連携すると、CRMの管理者が、パスワードやIPアドレスによる制限、その他さまざまなセキュリティポリシーを設定できます。組織のCRMアカウントを詳細に管理して保護することができます。Zoho Directory連携の詳細については、以下をご参照ください。 Zoho Directory連携のメリット パスワード管理:CRMの管理者は、次のような設定を行うことで、組織におけるパスワードの使用方法を最適化することができます: ...
                          • GoCardlessとZoho CRMの連携

                            GoCardlessでは、顧客からの支払いに関する処理を効率よく管理することができます。決済後すぐに顧客の支払い口座から代金が引き落とされ、指定した口座で代金を受け取ることが可能です。Zoho CRMのGoCardless拡張機能を利用すると、Zoho CRMから直接顧客に請求書を送信したり、支払いを受け取ったりできるようになります。顧客からの支払いは、GoCardlessアカウントに関連付けられている銀行口座に直接入金されます。 拡張機能のインストール GoCardless拡張機能は、Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.