ホーム画面のカスタマイズ

ホーム画面のカスタマイズ

Zoho CRMのホーム画面では、Zoho CRMにおける活動やデータに関して、ユーザーごとに必要な情報をすばやく確認できます。ホーム画面には、タスクや予定、商談などのさまざまなタブのデータの一覧やグラフを自由に表示できます。これにより、ホーム画面をひと目見るだけで、営業活動の状況を把握できます。

また、進捗確認だけでなく、個人やチームの1日の作業を整理する場所として、ホーム画面を活用することもできます。次の3種類のホーム画面があり、表示を切り替えることが可能です:

クラシック表示

クラシック表示には、自分のタスクの一覧、今日の予定の一覧、商談のステージ別の進捗状況グラフが表示されます。利用に際して設定は不要で、誰でもすぐに活用できます。クラシック表示には、各ユーザーに関連付けられているデータに基づく表とグラフが自動的に表示されます。なお、クラシック表示はカスタマイズできません。

ユーザー用ホーム画面

個々のユーザーは、自分のアカウントの[ホーム]タブで、ユーザー用ホーム画面をカスタマイズできます。表示したい表やグラフを、ユーザー用ホーム画面に自由に追加し、ページに合うようにサイズを変更したり、移動したりして、ホーム画面を整理できます。 

ユーザー登録後、Zoho CRMアカウントへの初回ログイン時に、自分用ホーム画面に初期設定で表示される表やグラフは、次のとおりです:
  1. KPI:自分の未完了の商談、自分の見込み客、自分の未対応の商談、自分の今日の通話 
  2. カスタムビュー(データ一覧):自分の今月完了予定の商談、自分の未完了のタスク、今日の見込み客、自分の予定
  3. ファネル:自分の商談のステージ別の進捗状況

これらの表やグラフを通じて、営業活動や売上状況に関する主な指標をすばやく確認できます。不要な表やグラフは削除することも可能ですが、一旦削除すると元に戻せませんのでご注意ください。必要に応じて、自分用のホーム画面に新しい表やグラフを追加できます。
ユーザー用(自分用)ホーム画面は、各ユーザー専用のホーム画面です。他のユーザーがアクセスしたり、カスタマイズ内容を変更したりすることはできません。

マネージャー用ホーム画面

多くの場合、管理者は幅広い業務に携わるため、日々の業務においてもさまざまな種類のデータを扱います。たとえば、顧客や関係者との打ち合わせで商談データを参照したり、チームの業務進捗や売上状況を確認するために活動データを分析したり、顧客から報告された問題の解決や営業メンバーの支援のために問い合わせデータを確認したりします。多岐にわたる業務において、毎回各タブにアクセスしてデータを確認するのでは、手間や時間がかかってしまいます。そこで、Zoho CRMの「マネージャー用ホーム画面」が役に立ちます。 

マネージャー用ホーム画面では、見込み客、商談、売上金額などの営業状況に関するデータに基づく表やグラフをすばやく確認できます。また、役職に基づいて、マネージャー用ホーム画面へのアクセス権限を設定することが可能です。マネージャー用ホーム画面は、[ホーム]タブの右上にある選択リストから選択することで表示できます。マネージャー用ホーム画面を利用できるのは、管理者と、部下を持つユーザー(役職による階層で最下層ではないユーザー)です。たとえば、管理者、事業部長、営業部長、営業担当者からなる組織があるとします。この場合、役職における階層で最下層である「営業担当者」を除くすべてのユーザーが、マネージャー用ホーム画面を利用できます。




マネージャー用ホーム画面に、初期設定で表示される表やグラフは、次のとおりです:
  1. 今月作成した商談
  2. 今月の売上
  3. 今月完了予定の商談
  4. 遅延中の活動 
  5. 過去1年間の成果の概要(四半期別)  
  6. 今月のデータ元別の見込み客
  7. 今四半期の見込み客の作成に関する異常値 
  8.  ステージ別の進捗状況  
  9. 今四半期の商談の受注額に関する異常値 
  10.  今月未完了の上位10件の商談  
  11. 今月受注した上位10件の商談  
  12. 今月失注した商談(金額が上位) 
  13. 今四半期の担当者別の進捗状況 
  14. 今年の売上別の上位20件の取引先
  15. 今四半期の売上別の上位10人の担当者 
  16. 今月の活動別の上位10人の担当者 
マネージャー用ホーム画面は、必要に応じてカスタマイズできます。新しい表やグラフの追加や、不要な表やグラフの削除が可能です。

メモ: 
  1. クラシック表示、自分用ホーム画面、マネージャー用ホーム画面のうち、最後に表示したホーム画面が、次回のログイン時にも表示されます。ただし、カスタマイズしたホーム画面が共有されている場合は、カスタマイズしたホーム画面がログイン時に常に表示されます。

ホーム画面のカスタマイズ

役職に応じたホーム画面を作成し、共有することもできます。ホーム画面をカスタマイズして、CRMへのログイン時に表示する表/グラフを追加できます。特定の役職向けにカスタマイズしたホーム画面を作成すると、該当の役職に関連付けられているユーザーがZoho CRMにログインした際に、常に表示されるようになります。

ホーム画面の切り替え

ログイン時には、カスタマイズしたホーム画面が、ユーザーの役職に応じて表示されます。特定の役職向けにカスタマイズしたホーム画面が作成されていないか無効になっている場合は、ユーザーが前回表示したホーム画面が表示されます(クラシック表示、またはユーザー用ホーム画面のいずれか)。[ホーム]タブの画面右上にある選択リストから、別のホーム画面に切り替えることができます。

ホーム画面を切り替えるには

  1. [ホーム]タブで、画面右上にある選択リストをクリックします。
  2. 選択リストから、対象のホーム画面を選択します。


ホーム画面のカスタマイズ

Zoho CRMへのログイン時に表示したい情報に応じて、ユーザー用ホーム画面をカスタマイズできます。また、カスタマイズしたホーム画面を指定した役職のユーザーに共有できます。これにより、特定の役職向けにカスタマイズしたホーム画面が、該当の役職のユーザーのログイン時に毎回表示されます。該当のユーザーは、ログイン後に必要に応じて、他のホーム画面に切り替えることができます。

利用条件
必要な権限
Zoho CRMのカスタマイズ権限を持つユーザーが、ホーム画面をカスタマイズできます。


ホーム画面をカスタマイズするには

  1. [設定][カスタマイズ][ホーム画面のカスタマイズ]の順に移動します。
    代わりに、[ホーム]タブに移動し、画面右上にある選択リストをクリックして、メニューから[ホーム画面をカスタマイズする]を選択します。
  2. 画面右上にある[+新しいホーム画面]をクリックします。


  3. 画面左側の[ダッシュボード]をクリックします。
  4. 選択リストから、対象のダッシュボードを選択し、ホーム画面に追加する表やグラフ(要素)を選択します。


  5. 画面左側の[カスタムビュー]をクリックします。
  6. 選択リストから、対象のタブを選択し、ホーム画面に追加するカスタムビュー(データ一覧)を選択します。


  7. 必要な表やグラフ、カスタムビューをすべて追加した後、それぞれのサイズや配置を調整し、ホーム画面上の表示内容を整理します。
  8. [保存して共有する]をクリックします。
  9. [プロパティの編集]画面で、次の手順を実行します:


    • カスタマイズしたホーム画面の名前を入力します。
    • カスタマイズしたホーム画面を共有するユーザーの役職を選択します。
    • 必要に応じて、[詳細情報]欄に補足情報を入力します。
    • [保存する]をクリックします。
メモ
  1. 作成後に、カスタマイズしたホーム画面が、該当の役職のユーザーのホーム画面に表示されていることをご確認ください。一覧から、カスタマイズしたホーム画面の[ステータス]アイコンをクリックすると、有効/無効を切り替えることが可能です。
  2. カスタマイズしたホーム画面の削除、追加のカスタマイズ、プロパティの編集を行うには、一覧でカスタマイズしたホーム画面にカーソルを合わせると表示される[…](操作メニュー)をクリックします。メニューから対象の操作を選択して、実行できます。

ユーザーのホーム画面への表/グラフの追加

ユーザー用ホーム画面で、必要に応じて、表やグラフを追加できます。見込み客、商談などのさまざまなタブのデータに基づく表やグラフを表示することが可能です。

表やグラフを追加するには

  1. [ホーム]タブで、画面右上にある選択リストから、ユーザー用ホーム画面を選択します。
  2. 画面右上にある(その他の操作)アイコンをクリックし、メニューから[表/グラフを追加する]を選択します。
  3. 表/グラフの追加画面で、次の手順を実行します:
    • [取得元]の項目で、次のいずれかを選択します:
      • ダッシュボード
      • カスタムビュー
      • ウィジェット

      ダッシュボード
      • ダッシュボードを選択して、一覧から対象の表やグラフを選択し、[表/グラフ名]欄を入力した後、[保存する]をクリックします。



        選択したダッシュボードの表やグラフが、ホーム画面に表示されます。

      カスタムビュー
      • タブを選択して、一覧から対象のカスタムビューを選択し、[表/グラフ名]欄を入力した後、[保存する]をクリックします。



        選択したカスタムビューが、ホーム画面に表示されます。1ページあたり最大10件のデータが表示されます。ページ送り用の矢印をクリックすると、次のページを表示できます。


      ウィジェット
      • [取得元]の項目で、[ウィジェット]を選択し、[次へ]をクリックします。
      • 一覧から既存のウィジェットを選択するか、[+新しいウィジェットを作成する]をクリックして、新しいウィジェットを作成します。
      • 新しいウィジェットの作成画面で、次の手順を実行します:
        • [名前]と[詳細情報]を入力し、[ホスティング]の選択リストからホスティングの種類を選択します。
        • Zoho内でアプリケーションを公開して表示するには
          • [ホスティング]の選択リストから、[Zoho]を選択します。
          • 対象のアプリケーションのファイルをアップロードします。
          • アプリケーションのインデックスページのURLを入力し、[保存する]をクリックします。
        • 外部で公開されているアプリケーションを表示するには
          • [ホスティング]の選択リストから、[外部]を選択します。
          • 対象のアプリケーション[ベースURL]を入力し、[保存する]をクリックします。

ウィジェットの使用についての詳細は、こちらをクリックしてご参照ください。


メモ
  1. [クラシック表示]の表やグラフは、カスタマイズできません。1ページあたりに表示するデータ数は、選択可能です。
  2. 利用中のZoho CRMのプランに応じて、1ページあたりのデータ数を選択できます。
  3. カスタマイズしたホーム画面に対して、複数の役職を割り当てることができます。ただし、1つの役職に対して割り当て可能なホーム画面は1件のみです。
  4. 役職ごとに、1件のカスタマイズしたホーム画面を設定できます。カスタマイズしたホーム画面への役職の関連付けを設定する際に、対象の役職が見つからない場合、該当の役職にはホーム画面がすでに設定されている可能性があります(有効/無効に関わらず)。

マネージャー用ホーム画面のカスタマイズ

マネージャー用ホーム画面をカスタマイズするには
  1. Zoho CRMにログインして、[設定]に移動します。[カスタマイズ]メニューの一覧から、[ホーム画面のカスタマイズ]を選択します。
  2. 一覧で、[マネージャー用ホーム画面]にカーソルを合わせると表示される(操作メニュー)アイコンをクリックし、メニューから[カスタマイズする]を選択します。
  3. 新しい表やグラフを追加するには、[ダッシュボード]または[カスタムビュー]をクリックします。
    1. ダッシュボード:選択リストから、対象のダッシュボードを選択し、ホーム画面に追加する表やグラフ(要素)を選択します。



    2. カスタムビュー:選択リストから、対象のタブを選択し、ホーム画面に追加するカスタムビュー(データ一覧)を選択します。



  4. 表やグラフを追加した後、画面上でのサイズや配置を調整します。
  5. 追加した表やグラフを削除するには、対象の表やグラフの右上にある(操作メニュー)アイコンをクリックし、メニューから[削除する]を選択します。

最近使用した項目の表示

Zoho CRMにログインし、画面の右下にある最近使用した項目アイコンをクリックします。



これにより、最近追加または削除された項目が、最大20件表示されます。対象のデータをクリックすると、データの詳細ページに移動します。

リマインダー通知の確認

  1. Zoho CRMにログインし、画面の右下にある活動のリマインダーアイコンをクリックします。

  2. これにより、Zoho CRM内の活動のリマインダーが表示されます。リマインダー通知の表示画面を下にスクロールすると、さらに表示できます。対象のリマインダーをクリックすると、詳細を確認できます。[無視する]をクリックすると、一覧から削除できます。

メモ
  1. 最近使用した項目、活動のリマインダー、フィードバックなどのアイコンは、ホーム画面だけでなく、Zoho CRMのすべての画面のフッターに常に表示されます。

表/グラフの列見出しのカスタマイズ

カスタマイズ可能なホーム画面に追加できる要素は、データ一覧(ビュー)、またはパイプライン/円グラフ/棒グラフなどのグラフです。データ一覧では、列の追加/削除/並べ替えの操作が可能です。データ一覧(ビュー)に変更を加えると、ホーム画面の関連する表やグラフにも、変更内容が反映されます。

列見出しをカスタマイズするには

  1. 対象のタブをクリックします(例:[見込み客]、[連絡先]、[取引先]など)。
  2. タブの一覧画面で、編集するデータ一覧(ビュー)を選択します。
  3. 右側にある鉛筆(編集する)アイコンをクリックします。
  4. ビューの編集画面で、[選択可能]項目の一覧から項目を選択して[+]アイコンをクリックし、[選択中]項目の一覧に追加します。

    表示する項目(列)を選択した後、列の表示順を変更できます。不要な項目は[-]アイコンをクリックして、[選択中]項目の一覧から削除します。
  5. [保存する]をクリックします。

    [ホーム]タブ内の関連する表やグラフに、変更内容が反映されます。











                        • Related Articles

                        • タブのカスタマイズに関するトラブルシューティング

                          タブと項目に関するトラブルシューティング 1.データの作成/編集中に[Tab]キーを押すと、入力欄が左から右に移動せずに上から下に移動します。なぜですか? [Tab]キーによる項目間の移動方法は、管理者がレイアウトで設定した方法によって異なります。移動方法には、左から右、上から下のいずれかを設定できます。 ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.