タブの設定

タブの設定

Zoho CRMには、さまざまな種類のデータや機能を管理するための標準タブが、あらかじめ用意されています。標準タブには、タブの内容に応じた項目や機能が用意されており、すぐに利用を開始できます。タブの表示/非表示や表示順は、組織の業務プロセスや要件に応じてカスタマイズ可能です。タブの設定は組織アカウント全体に反映されます。そのため、タブの設定をカスタマイズできるのは、初期設定では、管理者権限を持つユーザーのみです。なお、利用できるタブは、プランに応じて異なります。

タブの表示/非表示、並べ替え

タブの表示設定により、必要なタブのみを表示して、不要なタブを非表示にできます。たとえば、教育関連の組織でZoho CRMを使用する際に見積書や請求書が不要である場合、該当のタブを非表示に設定できます。また、タブの一覧で、ドラッグ&ドロップでタブを上下に移動すると、タブの表示順を変更できます。

利用条件
必要な権限
タブのカスタマイズ権限を持つユーザーが、タブの設定を行うことができます。


タブの表示/非表示や表示順を設定するには

  1. 管理者権限でZoho CRMにログインします。
  2. [設定]→[カスタマイズ]→[タブと項目] の順に移動します。
  3. タブの一覧 画面の右上にある、 [タブを並べ替える] ボタンをクリックします。
  4. 表示するタブのチェックボックスを選択します。非表示にするタブのチェックボックスの選択を解除します。
    タブをドラッグ&ドロップで移動し、タブの表示順を変更することも可能です。 
  5. [保存する] をクリックします。
メモ
  1. [ホーム]タブは非表示にできません。
  2. 非表示にしたタブは、権限に関わらず、すべてのユーザーの画面に表示されなくなります。

タブ名の変更

Zoho CRMでは、組織の業種や個別の要件に応じて、タブ名を自由に変更できます。たとえば、教育機関でZoho CRMを利用する場合、[連絡先]のタブ名を[学生]に変更するなどです。管理者権限を持つユーザーは、Zoho CRMのタブ名を変更できます。タブ名の変更は、カスタムレポートとダッシュボードを除き、Zoho CRMのすべての画面に反映されます。

利用可能なプラン
必要な権限
管理者権限を持つユーザーが、タブ名を変更できます。

各プランの機能と制限を確認する   


業種に応じたタブ名の変更例:

初期設定
広告代理店
ITサービス
学校
見込み客
見込み客
見込み客
応募者
取引先
クライアント
取引先
保護者
連絡先
広告担当者
連絡先
学生
商品
広告枠
サービス
コース

タブ名を変更するには

  1. 管理者権限でZoho CRMにログインします。
  2. [設定] [カスタマイズ] [タブと項目] の順に移動します。
  3. 名前を変更するタブに、カーソルを合わせます。
  4. […](設定) アイコンをクリックして、メニューから [名前の変更] を選択します。

  5. [タブ名(単数形)] [タブ名(複数形)] の欄に、新しいタブ名を入力します(単数形と複数形で変化のある言語の場合は異なる値を入力します。日本語などの変化のない言語の場合は同じ値を入力します)。
  6. [保存する] をクリックします。
メモ
  1. ページレイアウト画面と、[レポート]と[ダッシュボード]のタブには、新しいタブ名は反映されません。標準名のみが表示されます。
  2. また、該当のタブにおいて、タブ名が使用されている項目名には、新しいタブ名が反映されます。たとえば、[取引先]タブのタブ名を[クライアント]に変更すると、[取引先名]という項目名が[クライアント名]に変更されます。
  3. 英語など、名詞の単数形と複数形に変化のある言語では、タブ名を接尾語「-ies」が付く複数形に変更した場合、単数形のタブ名が引用される場所では接尾語「y」が付く表現が自動的に適用されます。たとえば、「Deals」(商談)を「Opportunities」に変更すると、すべての「Deal」という単数形が「Opportunity」に変更されます。
  4. タブ名を変更する際には、単数形と複数形のどちらの名前でも設定可能です(例:「Leads」と「Lead」)。

タブグループの作成

部署ごとに使用するタブが異なる場合があります。タブグループを使用すると、部署の要件に合わせて、タブを整理できます。営業、マーケティング、サポート、経理など、それぞれの部署に関連するタブをまとめたタブグループを作成し、対応するユーザーに共有できます。

たとえば、営業部では [見込み客]、[連絡先]、[取引先]、[商談]、 [レポート]、[ダッシュボード] のタブのみを使用しているとします。この場合、[営業部]というタブグループを作成して、[営業担当者]の権限に対してアクセスを許可することが可能です。なお、各ユーザーがアクセスできるタブは、タブごとの権限によっても制限されますのでご注意ください。

利用条件
必要な権限
管理者権限を持つユーザーが、タブグループを作成できます


タブグループを作成するには

  1. [設定] [カスタマイズ] [タブと項目] [タブグループ] の順に移動します。
  2. 画面右上にある [+新しいタブグループ] をクリックします。
  3. [タブグループ] 画面で、次の操作を実行します:
    • タブグループの 名前 を入力します。
    • 一覧からタブを選択します。
    • 一覧から権限を選択します。
      選択した権限のユーザーが、該当のタブグループにアクセスできるようになります。
  4. [保存する] をクリックします。
メモ
  1. エンタープライズプランを利用している場合は、最大25件のタブグループを作成できます。各タブグループに含めることが可能なタブの数は無制限です。詳細については、 各プランの機能と制限 をご参照ください。
  2. タブグループ内のタブのうち、[タブの権限]設定で許可されているタブのみにアクセスできます。
  3. 作成したタブグループはいつでも削除できます。 [設定] [カスタマイズ] [タブと項目] [タブグループ] の順に移動して、削除するタブグループにカーソルを合わせ、 ごみ箱(削除) アイコンをクリックします。


関連情報











                        • Related Articles

                        • ソーシャルタブの設定

                          [ソーシャル]タブを使い始めるには、組織のFacebookページまたはTwitterアカウントのいずれか、または、すべてを使ってZoho CRMアカウントを設定する必要があります。この設定は、ソーシャル管理者権限を持つユーザーのみが実行できます。設定が完了すると、管理者は [ソーシャル] タブで各権限に許可されるアクセスの範囲を選択できます。 関連項目: 権限の管理 (ソーシャルメディアアカウントを設定していない状態で) [ソーシャル] タブにアクセスすると、 [ようこそ] ...
                        • ソーシャルCRMの概要

                          実際に販売を開始する前に、潜在顧客についてよく理解すること(関心の対象や、どのようなサービスを求めているかなど)、が営業の重要な原則です。今日では、ソーシャルメディアで潜在顧客の発言を追跡することで、相手への理解を深めることができます。TwitterやFacebookには、数百万人のユーザーが最新の情報を投稿しています。中には、使用している製品やビジネスにおける要件、意思決定に影響力を持つ主な要因、さらには自分のニーズを満たすと思う製品/サービスに言及する人もいます。 ...
                        • ポータルの設定

                          ポータルは、顧客がZoho CRMの一部にアクセスするために設計されています。ポータルを作成することで、あなたのZoho CRMアカウントのデータへのアクセスを顧客に拡張できます。ポータルを通じて、顧客は商品、請求書、メモなどのタブや関連データにアクセスできます。また、データを表示、編集、作成したり、メモや添付ファイルを追加したりできます。 利用例  ポータルがビジネスにどのように役立つかを理解するのに役立つ例を考えてみましょう。 フランチャイズの場合 - ...
                        • ソーシャルタブ - 移行ガイド

                          Zoho CRMのソーシャルタブが新しくなりました。組織で行われたソーシャルメディアでの活動や顧客からの反応などのデータがより確認しやすくなりました。このページでは、新しくなった機能を詳しく説明します。 ブランドの設定 これまでは、ソーシャルメディア(TwitterとFacebook)はソーシャルの設定ページ([設定]→[チャネル]→[ソーシャル])で別々のタブに表示されていました。それぞれのタブで、組織で管理しているソーシャルメディア情報を別々に追加する必要がありました。 ...
                        • 見込み客の変換

                          見込み客とのさらなる交渉の機会がある場合、その見込み客が取引先、連絡先、商談になる可能性があります。つまり、見込み客のステータスが特定の段階に達すると、商談として認定されます。変換時に、見込み客は取引先と連絡先に変換され、必要に応じて変換時に商談を作成できます。見込み客項目を取引先や連絡先、商談の項目に関連付けすることで、詳細を適切な項目に転送できます。 関連項目: 項目の関連付け メモ 見込み客は一度変換すると、元に戻せません。 ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.