かんばん表示の作成

かんばん表示の作成

かんばん表示では、データをかんばん(カード)形式で整理して見やすく表示できます。これにより、データの概要や進捗状況を簡単に確認できます。たとえば、見込み客をステータスごとに分けて表示したり、商談をステージごとに分けて表示したりできます。どこにボトルネックがあるのかを、視覚的に把握するのにも役立ちます。 

次の例では、見込み客のデータが現在のステータスに基づいて分類され、売上見込み金額とともに表示されています。一覧表示(ビュー)かんばん表示の2つの表示方法を比較して見てみましょう。


一覧表示(ビュー)では、すべてのデータが同じ一覧に表示されています。かんばん表示では、見込み客のステータスごとにデータが分類されて表示されています。また、売上見込み金額も、ステータスごとに合計金額が集計されています。このように、かんばん表示では、CRMの情報を分類してひと目でわかりやすく表示できるため、分類ごとの集計情報や問題点を簡単に把握できます。Zoho CRMのかんばん表示には、標準とカスタムの2種類があります。

A)標準[商談]、[タスク]、[通話]、[予定]、[ソーシャル]、[訪問]、[セールスインボックス]のタブには、標準のかんばん表示が用意されています。Zoho CRMのすべてのプランで利用できます。なお、[タスク]、[通話]、[予定](活動タブのかんばん表示では、データが[顧客]、[未完了の商談]、[見込み客/連絡先]、[その他]の列に分類されます。


B)カスタム:任意のタブに、独自のかんばん表示を作成して、カスタマイズできます。かんばん表示を作成するには、次の詳細情報を入力する必要があります:

  • かんばん表示名:作成するかんばん表示の名前を自由に入力できます(例:見込み客のステータス別表示)。
  • 分類基準:データを分類する基準となる項目を選択します(例:見込み客のステータス)。
  • 集計基準:値の集計に使用する通貨項目を選択します(例:売上の期待値、コンバージョン費用、クリック単価)。分類ごとの合計値が表示されます。
  • 項目の選択:各データに関して表示する項目を選択します。
  • 見出しのスタイル:見出しの色を[モノクロ]または[複数の色]から選択します。 


[見込み客]タブのかんばん表示の例は、次の図のとおりです。かんばんの各列にデータが分類されて表示されます。各見込み客のデータには概要として数件の項目が表示されます。こちらの例では、見込み客は、3つのステータス([連絡済み(不在)]、[今後対応]、[連絡済み(到達)])に基づいて分類されています。さらに、各見込み客の業種や年間売上などの項目も表示されています。分類ごとの見込み客の売上の期待値は、各列の1番上に表示されています。


利用条件
必要な権限
タブのカスタマイズ権限を持つユーザーが、かんばん表示を作成できます。


かんばん表示の作成

かんばん表示を作成することで、CRMの情報を分類してひと目でわかりやすく表示できます。かんばん表示は、さまざまなタブで作成できます。

かんばん表示を作成するには

  1. Zoho CRMにログインし、対象のタブに移動します。
  2. タブの一覧表示画面の右上にある、表示切り替えのアイコンをクリックし、一覧からかんばん表示アイコンを選択します。


  3. 画面右上にある歯車アイコンをクリックし、表示された[かんばん表示の設定]画面で、次の詳細情報を入力します:
    a)[かんばん表示名]
    b)[分類基準]
    c)[集計基準]
    d)[項目を選択]
  4. [保存する]をクリックします。

かんばん表示の設定の編集

タブにかんばん表示を作成した後、要件に応じて、設定を編集できます。

かんばん表示の設定を編集するには

  1. タブの一覧表示画面の右上にある、歯車アイコン(かんばん表示の設定)をクリックします。
  2. 表示された編集画面で、設定の詳細を編集します。
  3. [保存する]をクリックします。

メモ
  1. かんばん表示の設定は、該当のタブに選択リストの種類の項目が設定されている場合にのみ、有効になります。

かんばん表示の管理

かんばん表示では、データを分類/整理して表示できるだけでなく、データに対して操作や処理を実行することも可能です。それぞれについて見てみましょう:

  • ドラッグ&ドロップ操作:要件に応じて、データをある項目から別の項目に、ドラッグ&ドロップ操作で移動できます。たとえば、[連絡済み(不在)]の列に表示されている見込み客に連絡したところ、直近では商談化の可能性がないことがわかりました。ただし、今後の参照用に該当の見込み客を別のステータスに移して残しておきたいとします。その場合、データを編集してステータスを変更する代わりに、データを希望する列にドラッグ&ドロップで移動するだけで、ステータスを自動的に変更できます。また、各列の集計値も自動的に更新されます。

  • 一括操作:対象のデータを選択して、メールの一括送信、タスクの作成などを実行できます。また、[処理]アイコンをクリックすると、その他の操作メニューも表示されます。担当者の一括変更、項目の一括更新、見込み客の一括変換、データの一括削除などの操作を実行することも可能です。 

  • レイアウトの選択:表示に使用するレイアウトをリストから選択して、変更できます。 

  • データの並べ替え:一覧から並べ替え条件(会社、姓、名、見込み客の担当者など)と表示順(昇順、降順)を選択することで、選択した条件に基づいて、データを並べ替えることが可能です。


関連情報

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                              • Related Articles

                              • 権限の管理

                                権限の設定は、カテゴリーごとにグループ化されているため、効率的に管理できます。また、各権限設定の横にある切り替えスイッチをクリックするだけで、該当の権限設定を有効または無効にできます。変更内容はすぐに保存されます。 権限の一覧 ...

                              Resources

                              Videos

                              Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                              eBooks

                              Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                              Webinars

                              Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                              CRM Tips

                              Make the most of Zoho CRM with these useful tips.