概要表示

概要表示

データの詳細ページの上部にある[概要表示]では、よく参照する項目を選択して見やすい場所に表示できます(例:担当者、メールアドレス、電話番号)。概要表示に表示する項目は、追加することも可能です。その他、表示する項目の変更、概要表示自体の無効化など、必要に応じて概要表示のカスタマイズも可能です。 

利用条件
必要な権限
権限設定でZoho CRMのカスタマイズ権限を持つユーザーが、概要表示をカスタマイズできます。

各プランの機能と制限を確認する   

概要表示への項目の追加

概要表示に表示する項目を、標準項目またはカスタム項目から選択して、追加できます。概要表示には、最大5件の項目を追加することが可能です。 
追加した項目は、該当のタブやデータへのアクセス権限を持つ、組織内のすべてのユーザーに表示されます。 

概要表示に項目を追加するには
  1. [設定]→[カスタマイズ]→[タブと項目]の順に移動します。
  2. 対象のタブとレイアウトをクリックします。
  3. タブのレイアウトの編集画面で、上部にある[詳細表示]タブを選択します。
  4. [概要表示]枠の右上にある、[カスタマイズする]リンクをクリックします。
  5. 表示する項目を選択します。
    最大5件の項目を追加できます。
  6. [完了する]ボタンをクリックします。

    データの詳細ページに、カスタマイズした概要表示が表示されます。


概要表示の項目の変更

データの詳細ページから直接、概要表示内の項目を変更できます。対象の項目名にカーソルを合わせると表示される下向き矢印をクリックし、一覧から代わりに表示する項目を選択できます。



概要表示での項目の並べ替えや削除

データの詳細ページから、概要表示内の項目を並べ替えたり、削除したりできます。 
  1. データの詳細ページで[…](その他の操作)アイコンをクリックし、メニューの一覧から[概要表示をカスタマイズする]を選択します。


  2. 表示された画面で、[選択した項目の一覧]から項目を選択し、上下の矢印アイコンをクリックして並べ替えることが可能です。また、[選択できる項目の一覧]に項目を移動することで、概要表示から削除できます。
      

概要表示の無効化

タブのレイアウトの編集画面、またはデータの詳細ページから、概要表示の表示設定を無効にすることが可能です。


タブのレイアウトの編集画面から、概要表示を無効にするには
  1. [設定]→[カスタマイズ]→[タブと項目]の順に移動します。
  2. 対象のタブとレイアウトをクリックします。
  3. タブのレイアウトの編集画面で、上部にある[詳細表示]タブを選択します。
  4. [概要表示]の横にある、切り替えスイッチをクリックし、表示を無効にします。


データの詳細ページから、概要表示を無効にするには
  1. タブに移動して、データの一覧表示(ビュー)からデータを選択します。
  2. データの詳細ページで、[…](その他の操作)アイコンをクリックして、操作メニューの一覧から[概要表示をカスタマイズする]を選択します。
  3. 表示された画面で、切り替えスイッチをクリックし、表示を無効にします。 


メモ
概要表示を無効にすると、データの詳細ページに概要表示が表示されなくなります。ただし、該当のタブが他のタブにルックアップ項目として設定されている場合、他のタブの詳細ページでルックアップ項目の値にカーソルを合わせると、該当のデータの概要表示が表示されます。


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • 電話連携の概要

                            ビジネス用の電話システムの選択と設定には、時間と労力をかける価値が十分にあります。目的は、顧客が簡単に問い合わせをして、疑問点や懸念事項を解決できる最適なサービスを提供することです。また、優れた電話システムは営業担当者にとっても大きな助けとなります。  ...
                          • 取引先の作成

                            Zoho CRMでは、次の方法で取引先を作成できます: 取引先詳細フォームへのデータ入力 :さまざまな外部経路から収集した取引先詳細を手動で入力できます。 外部経路からの見込み客のインポート :さまざまな経路からデータを収集し、CSV、XLSファイルをZoho CRMにインポートできます。 取引先への見込み客の変換 :見込み客の変換時に、連絡先、取引先、商談を作成できます。 Microsoft Outlookの連絡先の同期 :Microsoft Outlookの連絡先をZoho ...
                          • ClearbitとZoho CRMの連携

                            ZohoCRM内から顧客に関するデータを直接取得できます。顧客(見込み客、連絡先、取引先)の調査に費やす時間を減らすことが可能です。Zoho CRMとClearbitを連携させると、詳細な顧客情報を取得して表示できます。個人や会社の詳細、ソーシャルメディアの情報などを確認できます。見込み客や連絡先のメールアドレスや取引先のWebサイト情報をもとに、関連情報を取得することが可能です。 拡張機能のインストール Clearbit拡張機能は、Zoho ...
                          • レイアウトの作成

                            レイアウトの利用例  Zoho CRMのレイアウトの作成について、具体的な例を見てみましょう。要件に応じて異なるレイアウトを作成する方法について、理解を深めることができます。 たとえば、携帯電話の販売とサポートサービスを提供する企業があるとします。携帯電話の販売とサポートサービスの提供では、顧客対応の内容が異なります。たとえば、次のとおりです: 手順が異なります。たとえば、「購入申し込み」に対しては最初に「在庫確認」が必要ですが、「使い方の問い合わせ」に対しては「問題の調査」が必要です。 ...
                          • 項目の値の結合(複数の項目の値を1件の項目にまとめ、新しい項目として表示する)

                            連絡先や取引先などのデータを入力する際、別々の項目の値を1件の項目にまとめて表示したい、ということがあるかもしれません。そのような場合、カスタム関数を使うと、別々の項目の値を結合し、1つの項目にまとめて表示することができます。たとえば、[姓]と[名]の項目の値を結合し、別途作成しておいた[氏名]という項目に表示できます。その他の項目についても同様に結合することが可能です。 結合した値を表示するためのカスタム項目を作成する: ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.