Microsoft Dynamics CRMからZoho CRMへのデータ移行

Microsoft Dynamics CRMからZoho CRMへのデータ移行

Microsoft Dynamicsデータのファイル形式の変換

Zoho CRMのデータ移行機能は、.csvファイル形式のみに対応しています。一方で、Microsoft Dynamics CRMからのエクスポートデータは、.bak形式です。このファイルを.csvに変換するには、Zohoのサポートチーム(migration@zohocrm.com)にご連絡ください。.bak形式から.csv形式へのデータ変換についてサポートを受けることができます。

すべてのデータは、.csv形式でなければなりません。データのバックアップをローカルドライブに保存する際、ファイルを解凍して、形式が合っていることを確認してから、インポート用に再度圧縮することをお勧めします。この操作により、追加のフォルダーが作成される場合があります。zipファイル内に追加のフォルダーがある場合、ファイルをアップロードできない可能性があります。

サポートチームにファイル形式の変換を依頼するには:
  1. [設定] > [データ管理] > [インポート]に移動します。
  2. [データ移行]ページで、次の手順を実行します: 
    • [Microsoft Dynamics CRM]を選択します。
    • [問い合わせ]をクリックして、ファイルを.csv形式に変換する依頼を送信します。
    • [問い合わせの送信]ポップアップで、次の手順を実行します:
      • [電話番号]を国番号も含めて入力します。
      • 一覧から[ユーザー数]を選択します。
      • [詳細]を入力して、[送信]をクリックします。


  3. .csv形式のファイルを取得したら、そのファイルを参照して選択し、アップロードします。
    複数のファイルを選択するか、zipファイルをアップロードして、データを複数のタブに移行できます。

タブの関連付け

MS Dynamics内のタブを、以下のZoho CRMのタブに関連付けられます:
  1. ユーザー
  2. 見込み客
  3. 取引先
  4. 連絡先
  5. 商談
  6. キャンペーン
  7. メモ
  8. 活動(タスク、予定、通話)
  9. 添付ファイル
  10. 競合企業
  11. 問い合わせ
  12. ソリューション
  13. 商品
  14. 見積書
  15. 受注書
  16. 請求書
  17. 発注書
  18. 仕入先
  19. 価格表

Microsoft Dynamics CRMからデータを移行するには

  1. 管理者権限で、Zoho CRMにログインします。
  2. [設定] > [データの管理] > [インポート]に移動します。
  3. [データの移行]ページで、[MS Dynamics]を選択します。
  4. ポップアップで、ファイルを参照して選択し、アップロードします。
    複数のファイルを選択するか、zipファイルをアップロードして、複数のタブにデータを移行することもできます。
  5. [次へ]をクリックします。
    Zoho CRMにファイルが読み込まれ、データが適切なタブと項目に自動的に関連付けられます。
  6. [タブとファイルの関連付け]  セクションで、次の手順を実行します:   
    • 関連付けられたタブと関連付けられていないタブが別々に表示されます。
    • ファイルをクリックして、そのファイルが関連付けられたタブを確認します。  
    • 関連付けられたファイル、関連付けられていないファイル、サポートされていないファイルが別々に表示されます。  
    • [移行の破棄] リンクをクリックして、再度開始します。              
  7. タブをクリックすると、そのタブに関連付けられたファイルが表示されます。 
    関連付けられていない ファイル を選択して関連付けることもできます。複数のファイルを同時に関連付けできます。 
    新しいタブを作成し、適切なファイルを関連付けることもできます。

    この段階で、新しいタブを作成できます:     
    1. [新しいタブの作成] をクリックします。



    2. タブ名を入力し、 [次へ] をクリックします。
       


    3. このタブに関連付けるファイルを選択し、 [保存] をクリックします。



  8. [次へ] をクリックします。
    関連付けられたタブが一覧表示され、ここで各タブの項目を関連付けできます。 
  9. [項目の関連付け] セクションで、すべての必須項目が関連付けられていることを確認します。 
    CSVファイルで指定した項目名が、一覧で使用できます。 



  10. [新しい項目の作成] をクリックして、新しい項目を追加し、移行中にそれらの項目にデータを挿入します。
    作成できる項目の数は、Zoho CRMのプランによって異なります(項目を作成しない場合は、手順12に進みます)。
               


  11. [新しい項目の作成] ポップアップで、次の手順を実行します:
    • 必要に応じて、項目ラベルを変更します。
      Zoho CRMには存在しない項目のため、移行時に関連付けられなかったインポートファイルのすべての項目が、インポートファイルの列番号とともに一覧表示されます。



    • 一覧から、 [項目の種類] を選択します。 
      [自動番号] [数式] は使用できません。これらの項目は移行中に作成できません。 
    • [作成] をクリックします。
      項目が作成され、インポートファイルの列に関連付けられます。 
    • [閉じる] をクリックして、移行プロセスを続行します。                   
  12. [関連付けられている項目] [関連付けられていない項目] をクリックして、Zoho CRM内の項目に関連付けられている項目と関連付けられていない項目を確認します。
  13. [関連付けのリセット] リンクをクリックすると、関連付けを最初から設定できます。
    これまでに行った関連付けの設定内容は削除され、最初からやり直せます。
  14. [自動関連付け] をクリックすると、Zoho CRMによりインポート項目が一致する項目に自動的に関連付けされます。システムにより、CRM項目に一致する列が識別され、自動的に関連付けられます。



  15. 項目にカーソルを合わせて、[空の値を置換]欄に項目の値を入力します。
    インポートファイル内の項目に値がない場合があります。Zoho CRM内で該当項目が必須項目に設定されている場合、値がないため、データはインポートされません。このような状況を回避するには、代替値を設定して、空の項目を置換することができます。
    たとえば、 [見込み客] タブ内の必須項目である [名] 項目に、ファイル内の [名] 項目を関連付けたとします。この項目値が空の場合は、インポート処理中に該当のデータはスキップされます。これを回避するには、空の [名] 項目を置換するための値を設定する必要があります。


  16. 項目にカーソルを合わせて、項目名の横にある 追加(+) アイコンをクリックします。Zoho CRM内の複数の項目をファイル内の1つの項目に関連付けます。
    たとえば、 [請求先住所] [納品先住所] が同じ場合、Zoho CRMのどちらの項目もファイル内の適切な項目に関連付けられます。



  17. [初期値の適用] タブをクリックして、適切な 項目の初期値 が設定された CRM項目 を選択します。
    値を設定すると、初期設定ですべてのデータに項目値が適用されます。たとえば、[見込み客]タブにデータ一式をインポートするとします。ここで、 [見込み客のデータ元] はすべてのデータに共通です。この場合、[見込み客のデータ元]の適切な値を選択することで、初期設定ですべてのデータに設定した項目値を適用できます。



  18. [保存して次へ] をクリックします。  
  19. [レビュー]ページで、各タブの[項目の関連付けの状況][移行前の状況]を確認します。 
     


  20. [移行の開始] をクリックして、データ移行を開始します。 
    移行の実行中でも、 [関連付けの編集&移行の再実行] はクリックできます。 
メモ  
  • タグをファイルからCRMに移行できます。 
    • データに10件を超えるタグがある場合、最初の10件のタグのみが移行されます。
    • 各タグには、最大25文字を使用できます。 
  • 移行中にタブ内で5,000件を超えるデータがスキップされた場合、データ移行は一時停止します。移行を破棄するか、続行するかを選択できます。また、各タブで5,000件を超えるデータがスキップされた場合は、Zoho CRMから通知されます。
  • [インポートの履歴] からデータ移行を取り消すことができます( 関連項目: インポート履歴の表示 )。

データの正確性の確認 

データ移行が完了すると、通知メールが届きます。 [設定]  [データ管理]  [インポート]   [インポート履歴] に移動して、ファイルがZoho CRMアカウントに正しくインポートされているかどうかをご確認ください( 関連項目: インポート履歴の表示 )。

インポートや項目の関連付けが適切でない場合は、インポートしたデータを削除して、もう一度インポートできます。 


上記の手順で問題があった場合は、
support@zohocrm.comにご連絡ください。当社による移行作業をご希望の場合は、http://www.zoho.com/jp/crm/zwitch.htmlのフォームにご記入ください。担当者よりご連絡します。


関連情報




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Maximizer CRMからZoho CRMへのデータ移行

                            Maximizer CRMデータのファイル形式の変換 Zoho CRMのデータ移行機能は、.csvファイル形式のみに対応しています。一方で、Maximizer CRMからのエクスポートデータは、.bak形式です。このファイルを.csvに変換するには、Zohoのサポートチーム( migration@zohocrm.com )にご連絡ください。.bak形式から.csv形式へのデータ変換について、可能性の評価と変換作業のサポートを受けることができます。 ...
                          • HighriseからZoho CRMへのデータ移行

                            HighriseからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   HighriseからのAPIトークンの取得 APIトークンとインスタンスのURLを生成するには Highriseアカウントにログインします。 ブラウザーからインスタンスのURLをコピーします。 ...
                          • InsightlyからZoho CRMへのデータ移行

                            InsightlyからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   InsightlyからのAPIトークンの取得 APIトークンを生成するには Insightlyアカウントにログインします。 アカウントのプロフィールアイコンをクリックして、[User Settings]に移動します。 ...
                          • PipedriveからZoho CRMへのデータ移行

                            PipedriveからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   PipedriveからAPIトークンを生成するには Pipedriveアカウントにログインします。 アカウントのプロフィールアイコンを クリックし、 [Settings] を選択します。 ユーザー設定ページで、 ...
                          • HubSpotからZoho CRMへのデータ移行

                            HubSpotからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   APIトークンを生成するには HubSpotアカウントにログインします。 右上にある アカウント名 をクリックし、 [Integrations] を選択します。 [API Key] をクリックします。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.