freee拡張機能

freee拡張機能

 概要 

このページでは、会計ソフトウェアfreeeとの連携方法や同期可能な内容について説明します。

 

 

 freee拡張機能のインストール: 

freee拡張機能は、Zoho MarketplaceまたはZoho CRMアカウントからインストールできます。インストールするには、次の手順を実施します:

  1. [設定][マーケットプレイス][すべて]の順に移動します。拡張機能の一覧画面が表示されます。
    [すべての拡張機能]のタブには、CRMで利用できる拡張機能が表示されます。

  2. [すべての拡張機能]のタブ内の検索欄で[freee]と入力します。
    freee拡張機能の詳細情報が表示されます。

  3. [インストールする]をクリックします。

  4. インストールの確認画面でサービス規約に同意し、次の手順に進みます。

     

  1. 次のいずれかを選択し、[Confirm](確定する)をクリックします:

    1. [Install for admins only](管理者のみにインストールする):拡張機能は、管理者権限を持つユーザーのZoho CRMアカウントにのみインストールされます。

    2. [Install for all users](すべてのユーザーにインストールする):拡張機能は、すべてのユーザーのZoho CRMにインストールされます。

    3. [Choose profiles](権限を選択する):拡張機能は、選択した権限に対応するユーザーのZoho CRMアカウントにのみインストールされます。こちらを選択した場合は[Continue](続ける)をクリックし、権限を選択して[Confirm](確定する)をクリックします。
      指定したユーザーに拡張機能が自動的にインストールされます。

 


freee拡張機能との連携 


freee拡張機能のインストール後、利用を開始する前に設定を行う必要があります。行う必要がある設定内容は、以下のとおりです。


 

  • freee会計ポータルの認証

  • 以下の内容の入力:

  1. 事業所ID:組織のfreeeの事業所IDを入力します。
  2. 勘定科目ID特定の商品/サービスに該当する勘定科目のIDを入力します。
  3. 税区分コード:売上の税金の種類を入力します。こちらの内容は、すべての見積書に適用されます。

 


メモ

  • インストールの完了後、メールが送信されます。メールには、ユーザーが登録されている事業所IDの一覧が記載されます。

  • 事業所IDに対応する勘定科目IDと税区分コードは、別途メールで送信されます。

  

 freeeの概要:  

freeeは、中小企業向けの会計管理ソフトウェアです。freeeを利用しているユーザーは、Zoho CRMとfreeeを連携させることができます。会計に関する業務や処理をZoho CRM内から自動で行うことが可能です。freeeのアカウントを持っていない場合、すぐにアカウントを作成できます。Zoho CRMで作成した商談や見積書のデータをもとに、freeeにこれらのデータを自動で登録することも可能です。これにより、会計に関する業務時間を短縮することができます。以下では、freee拡張機能で利用できる主な機能について説明します。

 

 タブ: 

freee拡張機能は、[取引先]、[商談]、[見積書]の各タブと関連リストで利用できます。これらの各タブから、会計に関するデータを簡単に登録することが可能です。以下では、各タブで利用できる機能について説明します。

 

 取引先: 

freee拡張機能を利用するにあたって、freee会計ポータルで取引先を作成する必要があります。取引先には、該当の取引先との間で行われた取引に関する詳細がすべて保存されています。取引先を作成することで、freee会計ポータルで新しい取引データを登録できるようになります。Zoho CRMの取引先は、freeeでも取引先と呼ばれます。取引先には、重複しない取引先IDが割り当てられます。取引先IDは、ポータルで作成された見積書と取引先との関連付けに使用されます。



Zoho CRMで設定されている通貨によっては、freee拡張機能で表示される通貨とZoho CRMでの通貨が異なる場合があります。freee拡張機能では、通貨は日本円で表示されます。Zoho CRMの通貨は、設定画面の[地域情報]からいつでも変更できます。地域情報を更新するには、以下の手順を実施します。

 

 

地域情報の更新手順

  1. Zoho CRMで、画面右上の[設定]アイコンをクリックします。

  2. [一般]に移動します。

  3. [組織情報]をクリックします。

  4. 組織情報の設定画面が開きます。[地域情報]の欄で、以下の画像のように必要に応じて通貨を変更します。

 

 

 


 商談: 

商談が受注(確度が100%)になると、freee会計ポータルで商談が取引として作成されます。freee会計ポータルで作成された取引は、取引先IDをもとに取引先と関連付けられます。freee会計ポータルで作成された商談には、取引の詳細情報がすべて保存されます。

 

 見積書: 

freee拡張機能で見積書を作成するには、[見積書]タブに移動して対象の見積書を開きます。画面上部の[Push Quotes to freee](見積書をfreeeに送信する)をクリックします。見積書は、取引先IDをもとに取引先と関連付けられます。見積書が作成できない場合、新しい取引先が作成されます。その後、見積書がfreee会計ポータルに送信されます。

 

 関連リスト: 

freee会計ポータルで作成されたすべての商談や見積書のデータは、取引先の関連リストから確認できます。見積書や商談のデータは、それぞれ[freee Quotations](freeeの見積書)と[freee Transactions](freeeの取引)の項目に保存されます。

 

  • freee Quotations(freeeの見積書):取引先に関連付けられている見積書の一覧が表示されます。

  • freee Transactions(freeeの取引):取引先に関連付けられている商談の一覧が表示されます。

 

 

 拡張機能のアンインストール 

拡張機能をアンインストールするには:

  1. [設定][マーケットプレイス][すべて]の順に移動します。すべての拡張機能が表示されます。
    [インストール済み]タブをクリックします。

  2. [freee for Zoho CRM]を検索して、下部にある[Uninstall](アンインストールする)をクリックします。

  3. 確認画面で[OK]をクリックして、拡張機能をアンインストールします。



    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.