Zoho CRMアカウントについて

Zoho CRMアカウントについて

Zoho CRMの用語

ビジネスシーンでは、見込み客、取引先、商談、請求書などのさまざまな用語が使用されます。Zoho CRMで使用される主な用語は次のとおりです(その他の用語については、Zoho CRMの用語集をご参照ください)。

見込み客
取引先
見込み客とは、まだ評価が完了していない潜在顧客のことです。展示会、セミナー、広告、その他の販促活動を通じて収集された個人や組織の代表者に関する未精査や未加工の詳細情報です。見込み客は、営業担当者によるフォロー活動を通じて評価された後、Zoho CRMで取引先、連絡先、商談に変換されます。
動画を見る
取引先とは、商談を行う相手の企業、または企業内の部署のことです。Zoho CRMでは、取引先に対して複数の連絡先を関連付けて管理できます。取引先情報は、BtoBビジネス(ある企業が商品やサービスを別の企業に販売する場合)において、重要な企業情報を把握するのに役立ちます。


連絡先
商談
連絡先とは、商談機会を創出するためにやりとりをする企業内の連絡相手(商談先)のことです。連絡先は、組織内の同じ部署に所属していることもあれば、異なる部署に属している場合もあります。CRMの連絡先情報は、有望な見込み客からの変換、既存の顧客リストからのインポート、関係者からの紹介による個別登録などの方法で追加されます。
動画を見る
商談とは、売上につながる案件や取引のことです。商談は、最終的に失注または受注に至るまでに、要件の確認や提案などさまざまな営業ステージを経ますが、このようなステージを自社に合わせて管理することが可能です。また、Zoho CRMの商談情報は、見込み客の情報から直接変換して作成することもできます。
動画を見る
売上予測
キャンペーン
売上予測とは、CRM内のデータに基づく売上の達成度や見通しに関する分析情報です。売上見込みの把握やそれに応じた対策の検討に役立ちます。
キャンペーンとは、販促施策や販促活動のことです。詳細を記録し、商談に関連付けることで、どのくらいの件数や金額の商談や売上につながったのか、費用対効果を把握できます。関連情報の記録や共有、対象とする連絡先のインポートも可能です。また、販促活動(マーケティングキャンペーン)に対する個々の見込み客や連絡先の反応や関心度を確認することもできます。
価格表
仕入先
価格表とは、顧客に商品を販売する価格の一覧です。商品やサービスを販売する際、顧客や取引条件によって価格が異なる場合もあります。このような場合にも、異なる価格表を用意しておき、その中から選択して適用できます。あわせて、原価と販売価格の両方を管理することが可能です。また、割引率も設定できます。
仕入先とは、商品やサービスを調達する際の、販売者(購入先)の企業や個人のことです。Zoho CRMに仕入先の情報を登録しておくことで、商品やサービスの調達時にかんたんに参照できます。
見積書
受注書
見積書とは、指定の期間に合意した価格で商品を提供することを示した文書です。顧客からの依頼に応じて作成します。Zoho CRMでは、クリック操作で簡単に、見積書を受注書または請求書に変換することもできます。また、見積書の詳細に基づいてテンプレートを作成したり、顧客に送信したりすることも可能です。
受注書とは、注文の確認書(注文請書)です。顧客から見積書に基づいた発注書を受け取った後に作成します。Zoho CRMでは、クリック操作で簡単に、見積書を受注書に変換することもできます。
発注書
請求書
発注書とは、仕入先から商品またはサービスを調達するための内容を記載した文書です。なお、Zoho CRMの発注書は在庫管理の機能と連動しており、在庫量が一定の基準を下回った商品を確認してその商品を調達するための発注書を作成することが可能です。
請求書とは、請求内容や支払いに関する情報を伝えるため、販売者から購入者(顧客)に発行される文書です。商品またはサービスの提供時や検収時に発行されます。Zoho CRMでは、クリック操作で簡単に、見積書を受注書または請求書に変換することもできます。
タブ
データ
「タブ」とは、Zoho CRM内の類似したデータが分類され、保存される区分のことです。たとえば[見込み客]というタブには、すべての見込み客の詳細情報が保存されます。その他、[連絡先]、[取引先]、[商談]、[見積書]などのタブがあります。

Zoho CRMのタブには、標準タブとカスタムタブ(ユーザーが独自に作成したタブ)の2種類があります。

「データ」とは、タブ内で保存された入力データのことです。たとえば、[見込み客]タブに10件の見込み客情報が登録されている場合、各見込み客の情報がそれぞれ1件のデータです。同様に、[連絡先]タブに10件の連絡先情報が登録されている場合、各連絡先情報が1件のデータです。

アカウントの詳細 

Zoho CRMアカウントの画面に表示される、主な機能は次のとおりです。

[ホーム]タブ

Zoho CRMアカウントを開くと、最初に表示される画面が[ホーム]タブです。こちらでは、CRMにおける活動状況や指標をひと目で確認できます。[ホーム]タブには、さまざまなタブのデータに基づく表やグラフが表示されます。また、[ホーム]タブに表示する表やグラフを選択し、カスタマイズすることが可能です。


  1. 左上:タブの一覧
  2. 右上:[検索]、[フィード通知]、[データの追加]、[Zoho CRMカレンダー]、[メールマグネット]、[設定]のアイコン
  3. 中央:表/グラフの一覧(カスタマイズ可能)
  4. 右下:[Ziaに質問]、[ゲーミフィケーション]、[付箋]、[Zia通知]、[活動のリマインダー通知]、[最近使用した項目]アイコン

タブのデータ一覧(ビュー)


  1. 左上:一覧名
  2. 右上:リスト、かんばん、キャンバスなどの表示方法の切り替えメニュー
  3. 右上:[処理]メニュー(タブごとの一括操作、自動メール送信など)
  4. 左上:詳細フィルター
  5. 中央:タブのデータの一覧

データの詳細表示


  1. 中央上部:[概要]、[履歴]、[プライバシー](GDPRコンプライアンス設定を有効にしている場合)
  2. 左枠:関連リストのショートカット
  3. 中央下部:関連リストの詳細
  4. 中央:詳細情報の表示画面
  5. 中央上部:概要表示
  6. 中央右上:[メールを送信]、[次のステップへ](見込み客の変換)、[編集する]などのデータ操作メニュー

[設定]ページ


画面右上にある歯車(設定)アイコンをクリックすると、CRMアカウントの設定を行えます。Zoho CRMの各設定メニューが、[一般]、[ユーザーと権限]、[チャネル]、[カスタマイズ]、[自動化]、[プロセス管理]、[データ管理]、[マーケットプレイス]、[開発者向け情報]、[Zia]、[ZOHO DIRECTORY]のカテゴリー別に表示されます。Zoho CRMの利用を開始する際、最初に[一般]の設定を行う必要があります。これにより、個人情報と組織情報を設定できます。 [設定][一般]の順に移動して、アカウントの一般設定を行います。



    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • Zoho CRMの仕様

                            Zoho CRMのプラン  Zoho CRMはクラウドベースの顧客管理・営業支援アプリケーションです。5つのプランが用意されています。 無料プラン スタンダードプラン プロフェッショナルプラン エンタープライズプラン アルティメットプラン ...
                          • Converse for Zoho CRM

                            Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...
                          • Zoho Desk連携の管理

                            Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                          • Zoho SalesIQ連携の設定

                            Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。 連携を有効にすると、Zoho ...
                          • Zoho Directory連携

                            Zoho CRMをZoho Directoryと連携すると、CRMの管理者が、パスワードやIPアドレスによる制限、その他さまざまなセキュリティポリシーを設定できます。組織のCRMアカウントを詳細に管理して保護することができます。Zoho Directory連携の詳細については、以下をご参照ください。 Zoho Directory連携のメリット パスワード管理:CRMの管理者は、次のような設定を行うことで、組織におけるパスワードの使用方法を最適化することができます: ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.