Google 広告へのデータ送信

Google 広告へのデータ送信

Zoho CRMからGoogle 広告にデータを送信することで、どのクリックがどのオフラインコンバージョンにつながったかを把握できます。「クリックからコンバージョンへ」のサイクルの全体像を把握し、広告費用を正確に分析できます。また、入札の自動化機能を活用して、オフラインコンバージョンを最適化できます。

Zoho CRMからのデータは、次の3つのコンバージョンの項目に送信されます:

  • Zoho CRM Leads/Contacts (Zoho CRMの見込み客/連絡先) Zoho CRMで作成された見込み客/連絡先ごとに、この項目の件数が増加します。
    コンバージョンの件数は 固有の コンバージョン として設定されます。
    コンバージョンカテゴリーは サインアップ として設定されます。
  • Zoho CRM Lead Qualification (Zoho CRMの見込み客の評価) Zoho CRMで商談化した見込み客ごとに、この項目の数が増加します。
    コンバージョンの件数は ユニークコンバージョン として設定されます。
    コンバージョンカテゴリーは 見込み客 として設定されます。
  • Zoho CRM Sales (Zoho CRMの売上) Zoho CRMで受注した商談ごとに、この項目の売上見込み額が加算されます。
    コンバージョンの件数は 総コンバージョン として設定されます。
    コンバージョンカテゴリーは 購入/売上 として設定されます。



  データ送信のしくみ

こちらでは、見込み客がWebフォームから取得され、オフラインコンバージョンがGoogle 広告に送信され、「見込み客から商談へ」のサイクルが完了する仕組みについて簡単に説明します。

活動
結果

潜在顧客が広告をクリックし、Webサイトにアクセスする。

GoogleクリックID(GCLID)が生成されます。

潜在顧客がWebサイト内を移動し、最終的にWebフォームに入力する。

追跡コードは、広告をクリックしたときに生成されたGCLIDのデータを保持します。このデータはユーザーがWebフォームに入力するまで保持され、フォームに入力された詳細情報とともにZoho CRMに渡されます。

「Web-to-見込み客」のWebフォームの場合、Zoho CRMで見込み客が作成されます。

フォームの詳細がZoho CRMに送信されると、この詳細情報を使用して、新しい見込み客が追加されます。「Web-to-連絡先」のWebフォームの場合、連絡先が作成されます。データの[Google 広告情報]セクションは、見込み客の作成から約24時間後に更新されます。

Google 広告の [ツール] > [コンバージョン] で、見込み客作成数がGoogle 広告のコンバージョン追跡名である [Zoho CRM Leads/Contacts] に追加されます。

営業担当者が見込み客を評価してフォローアップし、商談(と連絡先)にコンバージョンします。

Google 広告の [ツール] > [コンバージョン] で、見込み客の商談化数がGoogle 広告のコンバージョン追跡名である [Zoho CRM Lead Qualification] に追加されます。

商談を受注すると、この商談のステージが「受注」に設定されます。  

Google 広告の [ツール] > [コンバージョン] で、商談受注金額がGoogle 広告のコンバージョン追跡名である [Zoho CRM Sales] に追加されます。 

メモ 
  • Googleでは、クリックから90日後に作成された商談を追跡することはできません。
  • Google 広告で追加されたGoogle 広告コンバージョン追跡名( [Zoho CRM Leads/Contacts]、[Zoho CRM Lead Qualification] [Zoho CRM Sales] )は、ユーザーが変更または削除しないようにしてください。



データがGoogle 広告に送信されるタイミング

3つの項目のデータ( [Zoho CRM Leads/Contacts]、[Zoho CRM Lead Qualification]、[Zoho CRM Sales] )は、事前に予約した時間に、24時間ごとに、Google 広告に送信されます。ただし、これが発生する時間は、すべてのユーザーにおいて標準ではありません。Google 広告連携がCRMアカウントに対して設定された時間に基づいているため、各ユーザーがアカウントを設定した時間に応じて異なります。 

見込み客の作成、見込み客の評価、または売上の発生時に、コンバージョンデータがGoogle 広告に送信される際、CRM内の一部のデータが考慮されないことがあります。これは、データがごく最近のものであり、処理されないためです。Google 広告でクリックの詳細を処理するには、広告のクリック後4~6時間かかります。したがって、Zoho CRMが広告クリックの詳細を取得するのは、クリックから約6~8時間後と考えるのが理想的です。

3つのコンバージョン項目の計測オプション

Google 広告には、2種類の計測オプションがあります: 

  1. [ユニークコンバージョン] - Google 広告は、広告クリック後に発生するユニークコンバージョンのみを計測します。  これは、Google 広告のコンバージョン追跡名 [Zoho CRM Leads/Contacts] (Zoho CRMの見込み客/連絡先)と [Zoho CRM Lead Qualification] (Zoho CRMの見込み客の評価)項目に設定されている計測オプションです。
  2. [総コンバージョン] - Google 広告は、広告のクリック後に発生した総コンバージョンを(追跡されたコンバージョンアクションごとに)計測します。これは、Google 広告のコンバージョン追跡名 [Zoho CRM Sales] (Zoho CRMの売上)項目に設定されている計測オプションです。 

例:

デジタルマーケティング会社を運営しているとします。この会社のサイトには、提供するサービスごとに異なるWebフォームがあります。広告がどの程度これらのWebフォームへの入力を促進するかを確認したいと思っています。現在、広告ではWebデザインとソーシャルメディアマーケティングサービスを宣伝しています。

あるユーザーが広告をクリックして、WebデザインのWebフォームにそれぞれ異なる要件で2回入力します。同じユーザーが、ソーシャルメディアマーケティングサービスのWebフォームに3回入力します。このときも、毎回異なる値を入力します。

  • [総コンバージョン]を選択した場合 :このコンバージョン設定では、5回のコンバージョン(2+3)と計測されます。つまり同じフォームで入力値が異なる場合でも、フォームが入力されるたびに計測されます。これは、2つのサービスの売上を追跡して改善したい場合に役立ちます。
  • [ユニークコンバージョン]を選択した場合 :このコンバージョン設定では、コンバージョンは2回(1+1)と計測されます。つまりフォームへの入力回数に関係なく、入力されたフォームの数で計測されます。これは、売上はあまり重視せず、Webデザインやソーシャルメディアマーケティングサービスに関心を持っている人の数を確認したい場合に便利です。

コンバージョンのインポートエラー

場合によっては、コンバージョンデータがこれらの項目に送信されないことがあります。以下のような例が挙げられます。

  • 広告がクリックされてから 90日後に 見込み客が適格と評価されたか商談を受注し、見込み客がZoho CRMに追加された場合。
  • Googleによって生成されたGCLIDとZoho CRMに送信されたGCLIDの間に予期しない不一致がある場合。

コンバージョンのインポートエラーは、[Google 広告]タブで、CRMのデータの詳細とともに追跡できます。各データの入力は7日間のみ有効です。これらの詳細は、 [Google 広告情報] セクションの個別のデータでも確認できます。

オフラインコンバージョンのインポートエラーを表示するには

  1. Zoho CRMで、 [Google 広告] タブをクリックします。
  2. [Google 広告] ページで、 [コンバージョン エラー] をクリックします。
  3. コンバージョンのインポートエラーの詳細を表示するには、 [アカウント] を選択します。

関連情報

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • Google 広告用Zoho CRM

                            Google 広告は、Google検索やGoogleのパートナーWebサイトのネットワーク上の広告を通じて、新規顧客を開拓し、ビジネスの売上を伸ばすことを目的とした強力なオンライン広告プログラムです。Google 広告は、組織が提供するサービスに興味のある訪問者からのサイトへのトラフィックを増やすことで、より適格な見込み客を獲得し、オンラインマーケティング投資の利益率(ROI)が向上するよう支援します。Google ...
                          • Google 広告データの追跡

                            連携が設定され、Webフォームが公開されると、Zoho CRM内のGoogle 広告情報を容易に追跡できます。Zoho CRM内で、Google 広告データをいくつかの場所で追跡できます。 [Google 広告]タブ: Google 広告クライアントアカウント、関連付けられたキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードに関する詳細を表示できます。場合によっては、コンバージョンデータがGoogle 広告に送信されないことがあります。このようなコンバージョンのインポートエラーも一覧表示されます。 ...
                          • Zoho CRMでのGoogle 広告連携の設定

                            Google 広告連携の設定 管理者権限を持つユーザーが、Zoho CRMのGoogle 広告連携を有効にする必要があります。Google 広告向けZoho CRMを設定するには、次の手順を実行します: 手順1:認証 - この機能を有効にして、Zoho CRMアカウントにGoogle 広告アカウントへのアクセスを許可します。 手順2:設定 - Google 広告アカウントを設定し、 オフラインコンバージョン でGoogle 広告に送信するデータを指定します。 手順3:自動タグ付け - Zoho ...
                          • Google 連絡先の同期

                            これは、Googleユーザー向けの機能です。 Google Workspace(旧:G Suite)ユーザーは、 Google Workspaceユーザー向けZoho CRM をご参照ください。 連絡先の同期機能により、Zoho CRMとGoogle ...
                          • Google Apps Sync拡張機能

                            Zoho CRM用のGoogle Apps Sync拡張機能を使用すると、営業担当者がZoho CRM内のGmailの連絡先、タスク、Google カレンダーの予定に簡単にアクセスできます。 メモ この拡張機能は管理者のみがインストールできます。 Google Workspace(旧:G Suite)アカウントの試用版または有料版を持つユーザーは、この拡張機能を使用できます。 Zoho CRMアカウントとGoogle Workspace(旧:G ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.