Google 広告データの追跡

Google 広告データの追跡

連携が設定され、Webフォームが公開されると、Zoho CRM内のGoogle 広告情報を容易に追跡できます。Zoho CRM内で、Google 広告データをいくつかの場所で追跡できます。
  • [Google 広告]タブ: Google 広告クライアントアカウント、関連付けられたキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードに関する詳細を表示できます。場合によっては、コンバージョンデータがGoogle 広告に送信されないことがあります。このようなコンバージョンのインポートエラーも一覧表示されます。
  • [見込み客]、[連絡先]、[商談]タブ :訪問者が広告をクリックしてランディングページのWebフォーム(Web-to-見込み客/連絡先)に入力すると、Zoho CRMで見込み客/連絡先が自動的に作成されます。Google 広告で獲得したすべての見込み客に対して、GCLIDが設定されます。見込み客/連絡先の [Google 広告情報] セクションは、データの作成から約48〜72時間後に更新されます。
  • [キャンペーン]タブ :連携の設定時に、Google 広告クライアントアカウントに関連付けられたキャンペーンがZoho CRMで作成されます。
  • [レポートとダッシュボード]: Google 広告関連データを追跡するための新規レポートとダッシュボード一式がZoho CRMで使用できます。

Zoho CRMにGoogle 広告データを保有することで、以下のことが可能になります:

  • Google 広告で獲得した見込み客をZoho CRMで表示できます。
  • クリックからコンバージョンまでのオフライン売上を追跡できます。
  • Google 広告データに基づくレポートを生成できます。

Zoho CRMのGCLID関連付けについて

Googleは、広告のクリックごとにGoogleクリックID(GCLID)を生成します。このIDは、広告のキャンペーン、キーワード、広告グループなどに関連する情報を処理します。では、このデータはZoho CRM内でどのように収集されるのでしょうか。

広告がクリックされると、GCLIDが作成されます。広告が接続されているWebフォームにユーザーが入力すると、GCLIDとWebフォームの詳細の両方がZoho CRMデータベースに送信されます。この時点で、フォームに入力された詳細情報を使用して見込み客/連絡先が作成されますが、GCLIDからの詳細は、これらの見込み客/連絡先に関連付けされません。

Google 広告でクリックの詳細を処理するには、広告のクリック後4~6時間かかります。広告のクリックで生成されたGCLIDと、CRMに追加された見込み客は、48〜72時間ごとに関連付けされ、その後Google 広告データがZoho CRMの各データに追加されます。

Google 広告から獲得した見込み客の抽出

見込み客が広告をクリックしてWebフォームを送信すると、Zoho CRMに新しい見込み客/連絡先が、見込み客/連絡先情報と共に作成されます。この方法で生成されたデータのGCLID値は、 [Google 広告情報] セクションにあります。Google 広告で生成されたデータは、標準ビュー [Google 広告コンバージョンのエクスポート] で表示できます。また、カスタムビューを作成して、特定のデータを除外することもできます( 関連項目: リストビューの管理 )。

データの詳細ページでのGoogle 広告データ表示

Google 広告を通じてZoho CRMに追加された見込み客/連絡先は、GCLIDによって取得された詳細が記録されます。これには、クリックタイプ、広告ネットワーク、キーワード、デバイスの種類などが含まれます。このデータは、データ作成から約48〜72時間後に[Google 広告情報]セクションで更新されます。

見込み客の商談化時は、Google 広告データが、新しく作成された連絡先と商談に転送されます。また、連絡先に関連付けられた別の商談が作成されると、同じGoogle 広告の詳細が新しい商談にも送信されます。

データの詳細ページでGoogle 広告データを表示するには

  1. [見込み客]、[連絡先]、[商談] のいずれかのタブをクリックします。
  2. データをクリックすると、詳細が表示されます。
    [Google 広告情報]セクションが表示されます。このセクションでは、データが自動的に入力されます。項目値は編集できません。


メモ
  • Google 広告情報は、[訪問]タブの対応する[訪問の詳細]ページの[マーケティング情報]セクションの一部としても表示されます( 関連項目: Google 広告情報の表示 )。

[Google 広告]タブでのデータ追跡

連携が設定されると、[Google 広告]という新しいタブが追加されます。[Google 広告]タブでは、Google 広告クライアントアカウントと、関連付けられたキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの詳細を表示できます。また、コンバージョンのインポートエラー(データがGoogle 広告に送信されなかったデータの一覧)の追跡もできます( 関連項目: コンバージョンのインポートエラー )。

クライアントアカウント概要の追跡

Zoho CRMのGoogle 広告データを表示するには

  1. Zoho CRMで、 [Google 広告] タブをクリックします。
  2. [Google 広告] ページで、 [アカウント] をクリックします。
  3. [アカウント] を選択すると、関連付けられた キャンペーン 広告グループ 広告 キーワード の詳細が表示されます。
    クリック、インプレッション、作成された見込み客/連絡先、商談化した見込み客、受注した商談、費用 ROI などの詳細が表示されます。

レポートの表示

Zoho CRMでは、デバイス別見込み客、キャンペーン別商談ステージ、業種別Googleキャンペーンなど、初期設定で7種類の標準レポートを提供しています。これらの標準レポートは、Google 広告のさまざまなパラメーターや成果を追跡するのに役立ちます。受注した商談から実際の投資利益率(ROI)を確認し、キーワードを試して、Google 広告への投資戦略を容易に構築できます。また、Zoho CRM内のGoogle 広告情報に関する組織の要件に応じて、新しいレポートを作成することもできます(  関連項目: レポートの生成   )。

Google 広告のレポートを表示するには

  1. Zoho CRMで、 [レポート] タブをクリックします。  
  2. [Google 広告レポート] をクリックします。
    Google 広告レポートが表示されます。

ダッシュボードの表示

レポートを図で表すダッシュボードは、初期設定で、Zoho CRMのすべての定義済みレポートでも利用できます。Google 広告指標のダッシュボードは、2次元や3次元のグラフ、棒グラフなどを表示できます。

Google 広告のダッシュボードを表示するには 

  1. Zoho CRMにログインします。
  2. [ダッシュボード] タブをクリックします。
  3. [ダッシュボードへの切り替え] ドロップダウンから [Google 広告ダッシュボード] を選択します。
    定義済みの一連のダッシュボードが表示されます。

Zoho CRMユーザーの[Google 広告]タブへのアクセスの有効化/無効化

Google 広告連携を設定すると、[Google 広告]という新しいタブが使用可能になります。Zoho CRMアカウントの他のユーザーに対して、このタブを有効または無効にできます。

ユーザーの[Google 広告]タブを有効/無効にするには

  1. [設定] > [ユーザーと権限] > [セキュリティ管理] > [権限] をクリックします。
  2. [Google 広告]タブの権限を付与する権限の [編集] をクリックします。
  3. [タブレベルの権限設定] で、 [Google 広告] チェックボックスをオンにします。
  4. [保存] をクリックします。

Google 広告連携の無効化

Google 広告連携を無効にすると、次の機能が使用できなくなります: 

  • [Google 広告]タブ
  • [Google 広告情報]セクションと、[見込み客]、[連絡先]、[商談]タブの関連項目(既存の見込み客、連絡先、商談の情報は、このセクションで保持されます)
  • Google 広告のレポートとダッシュボード

Google 広告連携を無効にするには

  1. 管理者権限でZoho CRMにログインします。
  2. [設定] > [マーケットプレイス] > [Google] > [Google 広告] に移動します。
  3. [無効にする] リンクをクリックします。



  4. [無効にする] ポップアップで、 [無効化の確定] をクリックします。

次の手順

関連情報










                        • Related Articles

                        • Google 広告へのデータ送信

                          Zoho CRMからGoogle 広告にデータを送信することで、どのクリックがどのオフラインコンバージョンにつながったかを把握できます。「クリックからコンバージョンへ」のサイクルの全体像を把握し、広告費用を正確に分析できます。また、入札の自動化機能を活用して、オフラインコンバージョンを最適化できます。 Zoho CRMからのデータは、次の3つのコンバージョンの項目に送信されます: Zoho CRM Leads/Contacts (Zoho CRMの見込み客/連絡先) : Zoho ...
                        • Google 広告用Zoho CRM

                          Google 広告は、Google検索やGoogleのパートナーWebサイトのネットワーク上の広告を通じて、新規顧客を開拓し、ビジネスの売上を伸ばすことを目的とした強力なオンライン広告プログラムです。Google 広告は、組織が提供するサービスに興味のある訪問者からのサイトへのトラフィックを増やすことで、より適格な見込み客を獲得し、オンラインマーケティング投資の利益率(ROI)が向上するよう支援します。Google ...
                        • Zoho CRMでのGoogle 広告連携の設定

                          Google 広告連携の設定 管理者権限を持つユーザーが、Zoho CRMのGoogle 広告連携を有効にする必要があります。Google 広告向けZoho CRMを設定するには、次の手順を実行します: 手順1:認証 - この機能を有効にして、Zoho CRMアカウントにGoogle 広告アカウントへのアクセスを許可します。 手順2:設定 - Google 広告アカウントを設定し、 オフラインコンバージョン でGoogle 広告に送信するデータを指定します。 手順3:自動タグ付け - Zoho ...
                        • Google 連絡先の同期

                          これは、Googleユーザー向けの機能です。 Google Workspace(旧:G Suite)ユーザーは、 Google Workspaceユーザー向けZoho CRM をご参照ください。 連絡先の同期機能により、Zoho CRMとGoogle ...
                        • Google Apps Sync拡張機能

                          Zoho CRM用のGoogle Apps Sync拡張機能を使用すると、営業担当者がZoho CRM内のGmailの連絡先、タスク、Google カレンダーの予定に簡単にアクセスできます。 メモ この拡張機能は管理者のみがインストールできます。 Google Workspace(旧:G Suite)アカウントの試用版または有料版を持つユーザーは、この拡張機能を使用できます。 Zoho CRMアカウントとGoogle Workspace(旧:G ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.