Zoho CRMでのGoogle 広告連携の設定

Zoho CRMでのGoogle 広告連携の設定

Google 広告連携の設定

管理者権限を持つユーザーが、Zoho CRMのGoogle 広告連携を有効にする必要があります。Google 広告向けZoho CRMを設定するには、次の手順を実行します:

  • 手順1:認証 - この機能を有効にして、Zoho CRMアカウントにGoogle 広告アカウントへのアクセスを許可します。
  • 手順2:設定 - Google 広告アカウントを設定し、 オフラインコンバージョン でGoogle 広告に送信するデータを指定します。
  • 手順3:自動タグ付け - Zoho CRM内の見込み客の追跡に使用できる、GCLID(GoogleクリックID)を生成する自動タグ付けを有効にします。
  • 手順4:パッケージ化 - この連携の設定後に追加される新しい項目、レポート、ダッシュボードを確認します。
  • 手順5:追跡 - WebサイトとWebフォームにコードスニペットを追加して、Zoho CRMのGoogle 広告のクリック情報を取得します。これは、CRMで広告キャンペーンのデータを追跡するための重要な手順です。

Google 広告連携を設定するには

  1. 管理者権限でZoho CRMにログインします。
  2. [設定] > [マーケットプレイス] > [Google] >[Google 広告] に移動します。
  3. [開始] をクリックします。

手順1:認証

まず始めに、Google 広告アカウントを認証し、Zoho CRMアカウントからのアクセスを許可する必要があります。

  1. [Google 広告認証] をクリックします。



  2. [サインイン - Googleアカウント] ポップアップで、Google 広告アカウントの [ユーザー名] [パスワード] を入力します。
  3. [許可] をクリックします。
    連携プロセスの次の段階(設定)に進みます。



手順2:設定

この手順では、Zoho CRMと関連付けするGoogle 広告クライアントを選択し、コンバージョンを追跡するオプションも選択する必要があります。

MCCアカウント

MCCタイプのGoogle 広告アカウントを使用して複数のGoogle 広告クライアントアカウントを管理している場合は、Zoho CRMで連携と追跡を行うアカウントを選択できます。連携は、通常のGoogle 広告アカウントとMCCタイプのGoogle 広告アカウントに対応しています。複数のMCCアカウントには対応していません。選択したクライアントアカウントに関連付けられたすべてのキャンペーンは、Zoho CRMの[キャンペーン]タブの下に作成されます。

営業のコンバージョン

ビジネスにおいて、コンバージョンとは、広告をクリックしたときに顧客が実行した何らかのアクションを指します。アクションには、製品へのサインアップ、アプリや電子書籍のダウンロード、商品の購入、 お問い 合わせ フォームへの入力などがあります。これには、オンラインコンバージョンもオフラインコンバージョンも含まれます。

例えば、Google 広告でZylker社のカーテン小売店の広告を表示したとします。見込み客であるAcme Inc.社の購買責任者のJasmine Frank氏が、Google検索結果で広告をクリックし、ランディングページの問い合わせフォームに入力します。この時点で、Zoho CRMで見込み客が作成され、顧客のGCLIDが記録されます。営業チームによるフォローアップの後、Jasmine氏は店舗を訪問して素材を確認し、購入します。営業担当者はZoho CRMで作成された商談を受注済みにし、ACME Inc.社に請求書を発行します(  関連項目: オフラインコンバージョン - Google ヘルプ )。

Jasmine氏はGoogle 広告キャンペーンを通じてオンラインで商品について問い合わせを行いましたが、実際のコンバージョンはオフラインで実行されました。オンライン以外で発生するこのような営業のコンバージョンは、Google 広告連携を使用してZoho CRM内で自動的に関連付けることができます。Zoho CRMで利用可能な詳細情報をGoogle 広告に送信して、コンバージョンに関する完全な一連のデータを保管できます(  関連項目: Google 広告へのデータ送信 )。

Zoho CRMのコンバージョンをGoogle 広告に送信すると、次のことができます:

  • どのクリックがどのオフラインコンバージョンにつながるか(とそれに関連付けられた値)を把握できます。
  • 入札の自動化機能の活用により、オフラインコンバージョンを最適化できます。

Google 広告クライアントアカウントを関連付けし、コンバージョンのインポートオプションを設定するには

  1. Zoho CRMと連携するクライアントのチェックボックスをオンにします。
    Google 広告アカウントのすべてのクライアントがここに表示されます。一覧から最大5つのクライアントを選択できます。複数のMCCアカウントには対応していないことにご注意ください。



  2. [Google 広告にコンバージョンをエクスポートする] のオプションのうち、1つまたは複数を選択します。
    選択したオプションごとに、Google 広告の [ツール] > [コンバージョン] に、1件のデータが作成されます。
    • [見込み客/連絡先の作成] - Google 広告で作成されるコンバージョン追跡名は 「Zoho CRM Leads/Contacts」 (Zoho CRMの見込み客/連絡先)です。Zoho CRMで作成された見込み客/連絡先ごとに、このコンバージョンの数が増加します。
      コンバージョンの件数は、 ユニークコンバージョン (重複を除くコンバージョン) として設定されます。
      コンバージョンカテゴリーは、 登録  として設定されます。
    • [見込み客の商談化] - Google 広告で作成されるコンバージョン追跡名は 「Zoho CRM Lead Qualification」 (Zoho CRMの見込み客の評価)です。Zoho CRMで商談化した見込み客ごとに、このコンバージョンの数が増加します。
      コンバージョンの件数は、 ユニークコンバージョン として設定されます。
      コンバージョンカテゴリーは、 見込み顧客の獲得  として設定されます。
    • [商談の受注] - Google 広告で作成されるコンバージョン追跡名は 「Zoho CRM Sales」 (Zoho CRMの売上)です。Zoho CRMで受注した商談ごとに、このコンバージョンの売上見込み額が加算されます。
      コンバージョンの件数は、 総コンバージョン として設定されます。
      コンバージョンカテゴリーは、 購入/売上 として設定されます。

  3. [続行] をクリックします。


     
メモ
  • アカウントをまたぐコンバージョンの追跡には対応していません。
  • Googleでは、クリックから90日後に作成された商談は追跡できません。
  • Google 広告で追加されたGoogle 広告コンバージョン追跡名( Zoho CRM Leads/Contacts]、[Zoho CRM Lead Qualification]、[Zoho CRM Sales )は、ユーザーが変更/削除しないようにしてください。
  • [キャンペーン]タブが有効になっている場合のみ、Zoho CRMでGoogle 広告の詳細が表示されます。

手順3:自動タグ付け

キャンペーンのランディングページなど、広告とそれに対応する宛先URLの設定時に、自動タグ付けオプションが宛先URLにGCLIDパラメーターを動的に追加します。これにより、Webサイトへの各アクセスでクリックされた広告を特定できます(  関連項目: 自動タグ付け - Google ヘルプ )。

例:
自動タグ付けされたURL:

Zoho CRMでは、自動タグ付けされたURLの情報を使用して、次の詳細情報が追跡されます:

  • サイトに見込み客/連絡先を誘導したすべてのGoogle 広告キーワード
  • キーワードが使用されたキャンペーン

自動タグ付けが有効になっている場合、アカウントが一覧表示されます。自動タグ付けが有効になっていないアカウントの場合は、 [はい、有効化されていないアカウントへの自動タグ付けの有効化に同意します] チェックボックスをオンにして、 [今すぐ自動タグ付けを 有効化する] をクリックします。


手順4:パッケージ化

この連携の一環としてZoho CRMで提供される タブ 項目 レポート ダッシュボード について、この手順で参照できるように一覧表示します。追加されるさまざまな新しい項目と使用可能になるレポートを確認して、 [完了] をクリックします。

連携が成功した後にZoho CRMアカウントに追加される構成要素は、以下の通りです。最初は、管理者アクセスを持つユーザーのみがこれらの構成要素にアクセスできることに注意します。管理者は、他のユーザーのアクセスを、そのユーザーの権限において有効にできます。

新しいタブ

[Google 広告]という新しいタブが追加されます。

新しい項目

以下の表に、[Google 広告情報]セクションの見込み客、連絡先、商談で使用可能な項目を一覧表示します。これらの項目にはデータが自動的に入力され、項目値は編集できません。

項目
説明
キャンペーンID

キャンペーンの識別番号。

広告グループID
広告グループの識別番号。
広告ID
広告の識別番号。
キーワードID
キーワードの識別番号。
キーワード
見込み客が作成されたGoogle 広告のキーワード。
クリックタイプ
見込み客をWebサイトに誘導したクリックの種類。例:ヘッドライン、電話、サイトリンク
デバイスの種類
見込み客が使用するデバイスの種類。例:コンピューター、モバイルなど
パートナーネットワークの検索
見込み客を獲得したパートナーネットワークの種類。例:Google 検索、Googleパートナー
広告キャンペーン名
見込み客が作成された広告キャンペーンの名前。
広告グループ名
見込み客が作成された広告グループの名前。

広告ネットワーク

見込み客を獲得したネットワークの種類。例:Google検索、Googleディスプレイネットワーク

広告
見込み客がクリックした広告。
広告クリック日付
訪問者が広告をクリックした日付。
コンバージョンのエクスポート日時
コンバージョンデータがZoho CRMに送信される日時。広告のクリックで生成されたGCLIDと、CRMに追加された見込み客は、24時間ごとに関連付けされ、その後Google 広告データがZoho CRMの各データに追加されます。
コンバージョンのエクスポートステータス
この項目には、「成功」、「失敗」、「開始前」の3つの値が入力されます。データがGoogle 広告に送信される際、初期設定ではステータスは「開始前」に設定されます。何らかの技術的な理由で一部のコンバージョンデータがGoogle 広告に追加されない場合、データのステータス項目は 「失敗」 に設定されます。コンバージョンデータが問題なく追加された場合は、「成功」に設定されます。
コンバージョンエラーの理由
何らかの技術的な理由により、コンバージョンデータがGoogle 広告に追加されない場合、エラーの理由が入力されます。

新しいレポートとダッシュボード

業種別Googleキャンペーンや見込み客ステータス別Googleキャンペーン、キャンペーン別受注商談など、標準的なレポートとダッシュボードの一覧も追加されます。

手順5:追跡

設定はほぼ完了です。Google 広告データに応じて、連携プロセスにはしばらく時間がかかります。その間、Webフォームに追跡コードを追加する必要があります。

この手順では、Zoho CRMでGoogle 広告のクリック情報を取得するために、 Webページ Webフォーム にコードスニペットを追加する必要があります。これがないと連携が正しく機能しないため、この手順は重要かつ必須です。 [手順を順に表示] をクリックして、先に進みます。


Google 広告追跡の設定

Google 広告連携を有効化し、設定した後、Zoho CRM内のGoogle 広告情報を追跡するためにいくつかの処理を行う必要があります。

  1. すべてのWebページにZoho CRM追跡コードを追加します。
  2. WebフォームにZoho CRMの非表示要素を追加します。



手順1:すべてのWebページに追跡コードを追加します。

この手順では、WebサイトのすべてのWebページに(理想的にはページのフッターなどの共通の要素に)追跡コードを追加します。これは、広告をクリックしたときに生成されるGCLIDを追跡するために必要です。

訪問者が広告をクリックしてランディングページにアクセスした後、Webフォームに入力する前に訪問者が他のページに移動する可能性があります。このような場合、この追跡コードは、広告をクリックしたときに生成されたGCLIDの記録を保持します。

  1. [設定] > [マーケットプレイス] > [Google] >[Google 広告] に移動します。
  2. [Google 広告連携] ページで、 [手順を順に表示] をクリックします。
  3. 手順1 :Google 広告情報の取得と保存 で、 [Zoho CRM追跡コード] をクリックします。
  4. [追跡コードの埋め込み] ポップアップで、以下の追跡コードをコピーして、WebサイトのすべてのWebページに貼り付けます。
    <script type="text/javascript" src=' https://crm.zoho.com/crm/javascript/zcga.js' ></script>


手順2:Webフォームに非表示要素を追加します。

Webフォームで、非表示要素のコードスニペットを追加することは、広告をクリックしたときに生成される固有のGCLIDを取得するうえで非常に重要です。このコードは、訪問者が広告をクリックしたときにGCLIDによって取得されるデータを抽出するのに役立ちます。GCLIDは、Googleの広告キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告などの情報を提供します。この情報は、Webフォームに入力した訪問者から収集した見込み客情報とともに、顧客データベース(Zoho CRM)に渡す必要があります。Zoho CRMアカウント内でGoogle 広告情報を取得するには、GCLIDの取得が必須です。なお、「Web-to-問い合わせ」のWebフォームには、対応していません。

Zoho CRM Webフォームの場合:

Zoho CRMで新しいWebフォームを作成する場合、非表示要素コードをフォームのコードに自動的に含めることができます。既存のZoho CRM Webフォームの場合は、コードスニペットをフォームのコードに追加する必要があります。

新しいフォームの作成 :新しいフォームの設定時に、フォーム名、ランディングページのURL、フォームの場所のURLなどのフォームの詳細を追加します。Google Workspace(旧:G Suite)ユーザーで、Google 広告連携を有効にしている場合、Google 広告スクリプトは自動的に使用可能になります(  関連項目: Webフォームの設定 )。

 

既存フォームへのコードの追加

  • [設定] > [マーケットプレイス] > [Google] > [Google 広告] に移動します。
  • [Google 広告連携] ページで、 [手順を順に表示] をクリックします。
  • 手順2で、 Google 広告情報をZoho CRMに転送 し、 [Zoho CRMの非表示要素] をクリックします。
  • [既存Webフォームの隠し項目] ポップアップで、次の隠し項目コードをコピーして、フォームのコードに貼り付けます。
    <input type='hidden' id="zc_gad" name="zc_gad" value=""/>


    WebサイトのすべてのWebページで、次の追跡コードを</body>タグの直前に必ず追加します。
    <script type="text/javascript" src=' https://crm.zoho.com/crm/javascript/zcga.js' ></script>

外部サービスWebフォームの場合:

外部サービスWebフォームビルダーの場合、Webフォームに隠し項目コードを追加し、すべてのWebページに追跡コードを追加する以外に、既存のAPIスクリプトに「GCLID」変数を含める必要があります。

外部サービスWebフォームを使用して、Webフォーム追跡を設定するには

  1. Webフォームのコードに次の隠し項目コードを追加します。
    <input type='hidden' id="zc_gad" name="zc_gad" value=""/>
  2. WebサイトのすべてのWebページで、次の追跡コードを</body>タグの直前に追加します。
    <script type="text/javascript" src=' https://crm.zoho.com/crm/javascript/zcga.js' ></script>
  3. 次の例に示すように、既存のAPIスクリプトに「GCLID」変数を含めて、追跡の詳細を転送します。

    {
        "data": [
            {
                "Company": "Zylker",
                "Last_Name": "Daly",
                "First_Name": "Paul",
                "Email": "p.daly@zylker.com",
                "State": "Texas"
                "$gclid": "CMPjuu-Xx78CFRSTjgodPHsA3Q"
            }
        ]
    }


追跡コード「zcga.js」は、ブラウザーのCookieからGCLIDを取得し、外部サービスのデータベースに送信します。この情報をZoho CRMで利用できるようにするには、APIを介してZoho CRMにデータを送信する必要があります。GCLID変数がZoho CRMに送信されるように、既存の変数とともにGCLID変数も含めます。

次の手順


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • Webフォームを作成するのにZoho CRMではなく、サードパーティビルダーを使用しています。どうやってZoho CRMとGoogle 広告連携を設定しますか?

                            Webフォームを作成するのにサードパーティビルダーを使用している場合、Webフォームのコードに隠し項目のコードを追加する必要があります。 <input type='hidden' id="zc_gad" name="zc_gad" value=""/> Webサイト上のすべてのWebページに、こちらのトラッキングコードが追加されていることを確認してください。 <script type="text/javascript" ...
                          • Google 広告用Zoho CRM

                            Google 広告は、Google検索やGoogleのパートナーWebサイトのネットワーク上の広告を通じて、新規顧客を開拓し、ビジネスの売上を伸ばすことを目的とした強力なオンライン広告プログラムです。Google 広告は、組織が提供するサービスに興味のある訪問者からのサイトへのトラフィックを増やすことで、より適格な見込み客を獲得し、オンラインマーケティング投資の利益率(ROI)が向上するよう支援します。Google ...
                          • Zoho Desk連携の管理

                            Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                          • Zoho SalesIQ連携の設定

                            Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。 連携を有効にすると、Zoho ...
                          • Converse for Zoho CRM

                            Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.