Google サイト用Zoho CRMのWebフォーム

Google サイト用Zoho CRMのWebフォーム

Webフォームを使用すると、WebサイトからCRMシステムに、訪問者やユーザーの情報を簡単に取り込むことができます。Webフォームは、WebサイトからZoho CRMへのデータのインポートを自動化し、技術者以外のユーザーが独自のWebフォームを設計、公開できるようになっています。 Google サイト用Zoho CRMのWebフォーム は、Google Workspace(旧:G Suite)ユーザーがGoogle サイトでWebフォームを使用して訪問者の情報を取得するのに役立ちます。

Webフォームを設定する前に、次のチェックリストをご確認ください:

  • Webサイトの訪問者が自分の情報を送信したときに自動返信を送信する、標準のメールテンプレートを作成します。
  • 受信データを特定のユーザーに割り当てる場合は、割り当てルールを作成します。初期設定では、すべての受信データが管理者に割り当てられます。
  • Webフォームに追加する項目をカスタマイズします。

利用条件  

必要な権限 
[タブ]のWebフォームの権限を持つすべてのGoogle Workspace(旧:G Suite)ユーザーが、この機能にアクセスできます。 


  Webフォームの作成とGoogle サイトでの公開

[見込み客]、[連絡先]、[商談]タブ、カスタムタブのWebフォームを作成するには 

  1. [設定] > [開発者向け情報] > [Webフォーム] に移動します。
  2. [Webフォーム] ページで、一覧から対象の タブ を選択します。
    選択したタブの既存のWebフォームが一覧表示されます。
  3. [Webフォームの作成] をクリックします。
  4. Webフォームの作成画面で、次の手順を実行します:
    • フォームを作成する 
      • Webフォームに使用する項目をドラッグ&ドロップします。
      • キャプチャを挿入します。
      • ファイルをアップロードする場合は項目を追加します。
      • 項目を必須として設定します。
      • フォームで項目を非表示にします。
      • 項目のヒントまたはヘルプリンクを追加します。
      • フォームのフォントとレイアウトを設定します。
      • ボタン名を変更します。
    • フォームの詳細とその他のオプションを設定する
      • フォーム名、フォームを設置するURL、フォームの場所のURLなど、フォームの詳細を追加します。
      • データの割り当てルールを設定します。
      • 通知を設定します。
    • Webフォームのコードをコピーする 
      • Google サイトに組み込むコードを取得します。
        コードは、HTMLソースコード、組み込みコード、iframeコードの3つの形式で取得できます。

  手順1:フォームを作成する

作成画面で、項目をドラッグ&ドロップします(さまざまなオプションを使用してフォームを作成できます)(  関連項目: Webフォームの作成  )。

  項目の追加

フォーム内で必要な項目をドラッグ&ドロップして、フォントのスタイルやサイズ、背景色、項目の配置などを変更します。

項目を追加し、フォームのフォントとレイアウトを設定するには 

  1. [項目リスト] タブで、項目をクリックし、フォーム作成画面にその項目をドラッグ&ドロップします。
  2. フォント、背景色、項目ラベルの配置、フォームの幅を変更します。



  項目を必須として設定

名前、メールアドレス、携帯電話番号などの項目を必須として設定することで、Webフォームに入力した訪問者からこれらの重要な情報を収集できます。

項目を必須として設定するには 

  1. 必須として設定する項目にマウスのカーソルを移動します。
  2. [設定] アイコンをクリックします。
  3. [項目のプロパティ] ポップアップで、 [必須として設定] のチェックボックスをオンにします。
  4. [完了] をクリックします。



  項目を非表示にする

非表示の項目とその値をフォームに追加できます。これらの非表示の値はWebフォームとともに送信されますが、フォームに入力した訪問者には表示されません。たとえば、さまざまなWebページで同じフォームを利用している場合、非表示の項目を使用して、どのWebページに配置されたWebフォームからどのデータが作成されたかを識別できます。

フォームの項目を非表示にするには 

  1. フォーム内で非表示にする項目にマウスのカーソルを移動します。
  2. [設定] アイコンをクリックします。
  3. [項目のプロパティ] ポップアップで、 [非表示にする] のチェックボックスをオンにします。
  4. 項目の値を入力し、 [完了] をクリックします。



  手順2:フォームの詳細を入力する

  1. [フォーム名] (例:フィードバック、お問い合わせなど)を入力します。
  2. [フォームを設置するURL] を入力します。訪問者がフォームの送信後に、ここで指定したURLに移動します。URLは http://xn--https-wv3dg07dqe2f//%E3%80%8D   で始まる必要があります。
    移動先URLの長さは255文字を超えないようにします。(例: https://www.zillum.com/thank-you.html
  3. [フォームの場所のURL] を入力します。Webフォームを設置するるWebページを指定します。URLは http://xn--https-wv3dg07dqe2f//%E3%80%8D で始まる必要があります。(例: https://www.zillum.com/contact-us.html
    複数のWebサイトでWebフォームを設置する予定がある場合、またはWebフォームが設置される場所が不明な場合は、この項目に * を入力します。これにより、不正な投稿が防止され、特定のドメインを介して送信されたフォームだけが有効な情報として取得されます。



  4. 次のいずれかの方法を選択して、Webフォーム経由で送信されるデータの担当者を割り当てられます:
    1. [ユーザーを選択する] - 一覧から選択します。フォームを使用して作成されたすべてのデータが、選択したユーザーに割り当てられます。 
    2. [担当者を割り当てるための見込み客/連絡先/問い合わせの割り当てルールを作成/選択する] - 既存の割り当てルールを選択するか、新しい割り当てルールを作成します。ルールに基づいて、データがユーザーに割り当てられます。割り当てルールを使用すると、 順繰り 方式でユーザーにデータを割り当てることができます(  関連項目: 割り当てルール )。
  • 次のいずれかのチェックボックスをオンにします:
    • [フォームの送信時にデータ所有者に通知する] - データ所有者に送信するメールのテンプレートを選択します。 
    • [詳細が送信されたときに訪問者に通知する] - 既存の 自動返信ルール のいずれかを使用するか、送信するメールのテンプレートを選択します。
    • Webフォームで収集された詳細情報が自動返信ルールの条件を満たしていない場合、ここで選択されたメールのテンプレートが自動返信メールとして送信されます。



  • データを承認のために送信する場合は、 [登録の承認] のチェックボックスをオンにします(  関連項目: データの承認 )。
    [[タブ]のWebフォームの承認] 権限のあるユーザーが、データを承認できます。
  • [保存] をクリックします。  
メモ 
  • [登録の 承認] オプションを使用すると、作成されたデータを手動で検証し、Zoho CRMの対応するタブに追加できます。このオプションが選択されていない場合、Webフォームで作成されたすべてのデータが、対応するタブに直接追加されます。
  • 場所のURLのドメイン名とWebフォームが設置されているURLが一致しない場合、情報は取得されません。または、フォームを設置するURL項目に「*」と入力して、他の複数のドメインから取得することもできます。

  手順3:Webフォームの組み込みコードを使用する 

Webフォームのコードには、 ソースコード 組み込みコード iframeコード の3つの形式があります。このコードは、WordPress、Facebook、Google サイト、Joomlaなどの外部サービスサイトでもすぐに利用できます。スクリプトとiframeコードは、有料プランでのみ使用できます。

  1. Google サイト をクリックして、それぞれのコードを取得します。 



  2. コードをコピーして、Webフォームを配置するWebサイトに貼り付けてください。
  3. [完了] をクリックします。 
メモ 
  • 不正な投稿を回避するには、作成されたWebフォーム(HTMLファイル)を有効なWebサーバー(Apache、Microsoft、IISなど)に公開する必要があります。
  • デスクトップからフォームの値を送信しても、Webフォームは機能しません。
  • HTMLコードをWebフォーム用に作成した場合、標準では特定の項目が非表示になります。これら非表示の項目を削除すると、Webフォームは機能しません。Webフォームのコードから削除してはならないコード:
    <input type="hidden" name="xnQsjsdp" value="" />
    <input type="hidden" name="xmIwtLD" value="" />
    <input type="hidden" name="actionType" value="" /> 

  手順4:Webフォームをテストする

フォームが公開されたら、実際の使用に向けて展開する前に、すべてのブラウザーでWebフォームをテストすることをお勧めします。Webフォームの項目が7件を超える場合は、次の点にご注意ください: 

  • Internet Explorerブラウザーでは、完全なフォームを表示できません。
  • フォーム内を移動するには、 TAB キーを使用する必要があります。
  1. 公開済みのWebフォームで詳細を入力します。



  2. フォームの詳細を送信します。詳細はZoho CRMアカウントで確認できます。

関連情報










                        • Related Articles

                        • ワードプレスとZoho CRMのWebフォームをどう連携しますか?

                          ワードプレスでZoho CRMのWebフォームを公開するには: 必要な項目を追加してZoho CRMでWebフォームを生成します。フォームを作成し、フォームの詳細を入力したら、組み込みオプションを確認します。ワードプレスタブを選択します。3つの形式から選択が可能です ー 組み込み、ソース、iFrame。表示されたHTMLコードをコピーし、ワードプレスのHTMLエディタでコピー&ペーストします。プレビューし、フォームを公開します。 ソースコード形式の注意点: ...
                        • Google Workspace(旧:G Suite)アカウントユーザー向けZoho CRM

                          Google Workspace(旧:G Suite)向けZoho CRMを使用すると、ビジネスの共同作業、コミュニケーション、情報共有をすべて1か所で簡単に行えます。GoogleのメールアカウントをZoho CRMに同期すると、Zoho CRMから以下の操作を実行できるようになります: Google ドライブからのドキュメントの添付 Google カレンダーへの予定のエクスポート Google 連絡先からの連絡先の追加 GmailとZoho CRMの同期 メリット ...
                        • Google 連絡先の同期

                          これは、Googleユーザー向けの機能です。 Google Workspace(旧:G Suite)ユーザーは、 Google Workspaceユーザー向けZoho CRM をご参照ください。 連絡先の同期機能により、Zoho CRMとGoogle ...
                        • Google 広告用Zoho CRM

                          Google 広告は、Google検索やGoogleのパートナーWebサイトのネットワーク上の広告を通じて、新規顧客を開拓し、ビジネスの売上を伸ばすことを目的とした強力なオンライン広告プログラムです。Google 広告は、組織が提供するサービスに興味のある訪問者からのサイトへのトラフィックを増やすことで、より適格な見込み客を獲得し、オンラインマーケティング投資の利益率(ROI)が向上するよう支援します。Google ...
                        • Google Apps Sync拡張機能

                          Zoho CRM用のGoogle Apps Sync拡張機能を使用すると、営業担当者がZoho CRM内のGmailの連絡先、タスク、Google カレンダーの予定に簡単にアクセスできます。 メモ この拡張機能は管理者のみがインストールできます。 Google Workspace(旧:G Suite)アカウントの試用版または有料版を持つユーザーは、この拡張機能を使用できます。 Zoho CRMアカウントとGoogle Workspace(旧:G ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.