Zoho Cliq連携

Zoho Cliq連携

上司が見込み客や商談の受注見込みについて意見を聞きたがっても、自分には会議室で詳しく話す余裕がない場合もあります。会議を開いて最新の進捗状況をかんたんに報告することがベストな方法と思われるかもしれません。しかし、会議を開くためには、会議室の予約、他の参加者への通知、会議に必要な手配に貴重な時間を割くことになるでしょう。

Zoho CRMとZoho Cliqを連携することで、現在いる場所でこれらの議論に参加することができるようになります。これで、かなり時間が節約できるはずです。商談の進捗状況を確認したいときに、メールを送信したり、会議室を予約したりする必要はありません。Zoho CliqでチームとZoho CRMのデータを共有して、更新を依頼するだけです。

この連携機能により、次のことが可能になります:

  • Zoho Cliqでユーザーやチャンネルとデータを共有して、議論を開始する。これには、概要ビューを持つすべてのタブが含まれます。
  • Zoho Cliqのユーザーやチャンネルと、Zoho CRMのレポートまたはダッシュボードのグラフを共有する。
  • ワークフローのルールですぐに実行する処理を作成し、Zoho Cliqでチーム内のユーザーまたはチャンネルのメンバーに通知する。
  • CRMカレンダーのすべての活動について、Zoho Cliqでリマインダー通知を受け取る。

利用条件 


連携の設定に必要な権限 
管理者がこの連携を設定できます。 



Zoho Cliq連携の有効化

管理者権限を持つユーザーが、Zoho CRMでZoho Cliq連携を設定できます。Zoho Cliq連携を有効にすると、Zoho CliqのすべてのチャンネルとユーザーでZoho CRMデータを共有できます。

Zoho CRMでZoho Cliq連携を設定するには

  1. [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] > [Cliq] に移動します。
  2. [今すぐ設定] をクリックします。

Zoho CliqによるZoho CRMデータの共有

Zoho CRMから直接、Zoho Cliqのユーザーやチャンネルとデータを共有できます。これには、 概要ビュー を持つすべてのタブが含まれます。また、Zoho CRMレポートまたはダッシュボードのグラフも、Zoho Cliqのユーザーやチャンネルと共有できます。

Zoho Cliqのチャンネルまたはユーザーとデータを共有するには

  1. 共有するデータをクリックします。
  2. [データの詳細]ページで、 [その他] オプションアイコンをクリックし、 [Zoho Cliqで共有] をクリックします。



  3. ポップアップで、次の詳細を入力します。
    • 概要表示と共にZoho Cliqに投稿する必要があるメッセージを入力します。
    • ユーザー または チャネル 通知 する かどうかを選択します。
    • 前の選択に基づいて、目的のユーザー/チャンネルを選択します。
    • [送信] をクリックします。


      このデータは、選択したZoho Cliqのチャンネルまたはユーザーと即座に共有されます。



Zoho Cliqのチャンネルまたはユーザーとレポートを共有するには

  1. 共有するレポートをクリックします。
    共有できるのは、グラフを含むレポートだけです。
  2. レポートのページで、 [グラフの オプション] > [Zoho Cliqで共有] をクリックします。
  3. ポップアップで、次の詳細を入力します:
    • レポートと一緒に投稿するメッセージを入力します。
    • ユーザー または チャネル 通知 する かどうかを選択します。
    • 前の選択に基づいて、目的のユーザー/チャンネルを選択します。
    • [送信] をクリックします。


      このグラフは、選択したZoho Cliqのチャンネルまたはユーザーと即座に共有されます。



ワークフローのルールを使用したZoho Cliq通知の実行

Zoho CRMのワークフローのルールは、定型的な営業活動の自動化に役立ちます。たとえば、Zoho CRMのメール通知、項目の更新、タスクの割り当て、Web通知(Webhook)の実行、カスタム関数の実行を自動化できます。「大規模商談のルール」の例を考えてみましょう。このルールでは、5万ドルを超える大規模商談が作成されるたびに、営業担当マネージャーに自動的にメール通知が行われます。 Zoho Cliq連携を有効にすると、上記以外にも、Zoho Cliqの特定のチャンネルまたはユーザー、タブに関連付けられているZoho CRMユーザーに対して自動通知を実行できます。自動通知は、以下の宛先に送信できます: 

  1. Zoho Cliqに関連付けられているユーザー:  ユーザーまたはチャンネル
  2. タブに関連付けられているユーザー: ワークフロールールを設定しているタブに関連付けられているZoho CRMユーザー。データの担当者またはその上司、データの作成者を選択するか、カスタム項目から任意のユーザーを選択できます。


  3. 関連タブからのユーザー: データの担当者、データの作成者、関連タブからのカスタムユーザー項目を選択することもできます。たとえば、商談や、商談の関連付けタブである取引先、連絡先、キャンペーンなどから、ユーザーを選択できます。


メモ
  1.   Zoho CRMボットを使用してZoho Cliq通知をユーザーに送信します。ユーザーがボットの登録を解除すると、それ以降の通知は受信されません。
  2. 最大5件までのZoho Cliq通知/条件を設定できます。

Zoho Cliq通知を実行するには

  1. [設定] > [自動化] > [ワークフロー ルール] に移動します。
  2. [ワークフローの ルール] ページで、Zoho Cliq通知をすぐに実行する処理として追加するルールを選択します。
  3. [すぐに実行する処理] > [通知] > [Zoho Cliq経由] をクリックします。



  4. ポップアップで、次の詳細を入力します。
    • 通知として投稿するメッセージを入力します。
      「#」を入力し、項目値をメッセージの一部として含める項目を選択します。 
    • [通知先] で、 [タブに関連付けられているユーザー] または [Zoho Cliqに関連付けられているユーザー] から、ユーザーを選択します。 


    • 前の選択内容に基づいて、ユーザーまたはチャンネルを選択します。
    • [保存] をクリックします。

Zoho Cliqによるセールスシグナル通知の有効化

セールスシグナルは、通話、チャット、メール、顧客サポートの問い合わせなど、複数のコミュニケーション手段で顧客から連絡を受けるたびに送信されるリアルタイムの通知です(  関連項目: セールスシグナル   )。

Zoho CRMとZoho Cliqを連携すると、これらの重要なセールスシグナル通知をZoho Cliq経由で受け取ることができます。これにより、Zoho CRMとZoho Cliqのどちらを使用しているかに関係なく、顧客に迅速に折り返し連絡をすることができます。

Zoho Cliq経由でセールスシグナル通知を有効にするには

  1. Zoho CRMで、 [設定] > [チャンネル] > [セールスシグナル] に移動します。
  2. [セールスシグナルの設定] タブの [Zoho Cliq] 列で、各コミュニケーション方法のチェックボックスをオンまたはオフにします。
    たとえば [通話] [不在着信] チェックボックスをオンにすると、Zoho CRMのすべての不在着信の通知をZoho Cliqで受信するようになります。
  3. 設定が完了したら、 [保存] をクリックします。

Zoho CliqによるZoho CRMの活動に関するリマインダー通知の取得

この連携機能により、Zoho Cliqで直近のタスク、通話、予定を通知するよう選択できます。これは、Zoho CRMでZoho Cliq用の活動リマインダー通知を有効にするだけで設定できます。

Zoho Cliqからのリマインダー通知をオンにするには

  1. Zoho CRMのカレンダーに移動します。
  2. [オプション] > [設定] をクリックします。
  3. [設定] ポップアップで、 [Zoho Cliqからの通知をオフにする] チェックボックスにチェックが入っていないことを確認します。
  4. [保存] をクリックします。


    リマインダー通知を設定したタスク、予定、通話ごとに、Zoho Cliq経由で通知を受信するようになります。

Zoho Cliqコマンドの入力によるZoho CRM情報の取得

特定の商談や顧客についてチャットでチームと話し合うときに、より的確な議論をするために、特定のデータに関するZoho CRM情報が必要となる場合があります。1つのデータを参照するだけのためにZoho CRM とCliqを何度も切り替えるのは面倒な場合があります。この2つのアプリケーションの連携により、チャットウィンドウを離れることなく、Zoho Cliqコマンドを直接使用して特定のZoho CRMデータを取得できるようになりました。

各項目の種類で利用できる比較演算子は、次のとおりです:


項目の種類
対応している比較演算子             
テキスト項目
  • starts with  (or)  begins with
  • ends with
  • is  (or)  =
  • contains
数値項目
  • =
  • >
  • <
  • >=
  • <=
真偽値 / チェックボックス
  • is
  • =

(指定値は、 true または  false です)


/zcrm leads [phone] starts with [555,234,912],[company] contains [zyl],[email] starts with [peter, smith],[company] is [zylker].


意味 

(phone starts with 555 or 234 or 912) and (company contains zyl or company is zylker) and (email startswith peter or smith).


Zoho Cliqで入力できるチャットコマンドは、次のとおりです:

目的
スラッシュコマンド

特定のタブから、指定した値を持つすべてのデータを取得する 
/zcrm module [値]               
/zcrm leads [佐藤]              
指定した項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] = [値]
/zcrm leads [姓]=[佐藤]
複数の指定した項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目1] = [値1] [項目2] = [値2]
/zcrm leads [姓] = [佐藤] [見込み客のデータ元] = [展示会]
項目値が指定した値のいずれかであるデータを取得する
/zcrm module [項目] = [値1,値2,値3]
zcrm leads [見込み客のデータ元] = [Webフォーム,展示会,営業電話]
指定した値で始まる項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] starts with [値]
/zcrm contacts [名] starts with [詩織]
指定した値で終わる項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] ends with [値]
/zcrm contacts [姓] ends with [佐藤]
指定した値を含む項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] contains [値]
/zcrm accounts [メール] contains [onc]
指定した値より大きい項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] > [値]
/zcrm leads [年間売上] > [50000]
指定した値より小さい項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] < [値]
/zcrm deals [金額] < [20000]
指定した項目以上の項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] >= [値]
/zcrm deals [割引] >= [15]
指定した項目以下の項目値を持つデータを取得する
/zcrm module [項目] <=[値]
/zcrm leads [年齢] <= [40]
条件で指定されたとおり、項目値がtrueまたはfalseであるデータを取得する /zcrm module [項目] is [true/false]
/zcrm contacts [メール対象外(オプトアウト)] is [true]

Zoho Cliqコマンドを入力するには

  1. Zoho CRM情報を共有する特定のチャット画面に移動します。
  2. メッセージボックスに、上記のいずれかのコマンドを入力します。例:
    /zcrm leads
  3. コマンドを入力すると、一致する結果のリストが表示され、そこから選択できます。
  4. チャットに投稿するデータを選択します。
    データの概要表示が表示されます。
  5. [この会話に投稿] をクリックして、データの情報をユーザー/チャンネルに送信します。 
メモ  
  • Zoho Cliqのスラッシュコマンドを使用して取得できる項目の種類は、次のとおりです: 
    • 一行
    • 複数行
    • メールアドレス
    • 選択リスト
    • 複数選択
    • 検索
    • 数字項目
  • スラッシュコマンドは、見込み客、取引先、連絡先、商談タブでのみ使用できます。
  • すべての比較演算子は、大文字小文字を区別しません。
  • 最大5件までの項目に基づいて、データを検索できます。
  • 検索結果は、10件のみ表示されます。
  • 敬称、日付、日時の項目は、検索には利用できません。
  • 項目ごと検索可能な最大値は10です。
  • タブ名は、複数形にする必要があります。たとえば、「leads」(見込み客)、「contacts」(連絡先)、「accounts」(取引先)などです。単数形のタブ名は、Zoho Cliqコマンドでは利用できません。

Zoho CRMチャットボットを使用したデータの検索とメモの追加

Zoho Cliqでのデータの検索

Zoho Cliq連携が有効になると、アカウントでZoho CRMチャットボットが自動的に登録されます。チャットボットを利用すると、Zoho Cliqチャットやチャンネル内でZoho CRMデータを検索できます。

  • チャットウィンドウで、@Zoho CRM Botに続いて検索データ(今月の売上、John Miles、Zylker社との商談など)を入力して、それぞれのZoho CRMタブから結果を取得できます。
  • また、業界別の見込み客、売上、Johnなどのキーワードを入力することもできます。

Zoho Cliqからメモの追加

[詳細]アイコンをクリックして、Zoho Cliqチャットまたはチャンネルから直接[見込み客]、[取引先]、[連絡先]タブの既存データにメモを追加できます。これは、チャットウィンドウからZoho CRMアカウントに対して、データに重要な詳細情報を直接追加する場合に便利です。



タブを選択して、メモの追加先となるデータを選択できます。


 

Zoho Cliq連携の無効化

[無効化] リンクをクリックすると、連携全体を無効化できます。無効にすると、Zoho Cliq経由で共有できるZoho CRMのすべてのオプションが使用できなくなります。

Zoho Cliq連携を無効化するには

  1. 管理者権限でZoho CRMにサインインします。
  2. [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] > [Cliq] に移動します。
  3. [無効化] をクリックします。




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Converse for Zoho CRM

                            Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...
                          • Zoho Directory連携

                            Zoho CRMをZoho Directoryと連携すると、CRMの管理者が、パスワードやIPアドレスによる制限、その他さまざまなセキュリティポリシーを設定できます。組織のCRMアカウントを詳細に管理して保護することができます。Zoho Directory連携の詳細については、以下をご参照ください。 Zoho Directory連携のメリット パスワード管理:CRMの管理者は、次のような設定を行うことで、組織におけるパスワードの使用方法を最適化することができます: ...
                          • Zoho Desk連携の管理

                            Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                          • Zoho CRMにおける複数の組織の管理

                            この機能は、まだすべてのアカウントでは利用できません。段階的に利用可能になります。  複数のCRMアカウント(組織)へのアクセス Zoho CRMでは、同じメールアドレスを使用して複数のCRMアカウント(組織)にアクセスすることができます。この機能は、複数の事業を展開する組織や子会社を持つ組織など、複数のCRMアカウントを管理する組織にとって特に役立つ機能です。 ...
                          • Zoho SalesIQ連携の設定

                            Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。 連携を有効にすると、Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.