Zoho SalesIQ連携の設定

Zoho SalesIQ連携の設定

Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。

連携を有効にすると、Zoho CRMアカウントに以下の要素が追加されます。訪問の詳細はすべて、 [訪問] タブに記録されます。  
  1. [見込み客]または[連絡先]タブの新しい項目(訪問の概要)
  2. 関連リスト([訪問] - Zoho SalesIQ) 
  3. Webサイト訪問に関する通知

Zoho SalesIQを初めて利用するユーザーが、訪問者追跡を設定するには

  1. [設定] > [チャンネル] > [チャット] に移動します。 
  2. [有効化] をクリックします。
  3. [Zoho SalesIQアカウントの作成] ページで、 [アカウント名] を入力します。
    アカウントのURLが生成されます。
  4. [作成] をクリックします。


  5. [Zoho SalesIQユーザーの選択] ページで、Zoho SalesIQに追加するZoho CRMユーザーを選択します。



  6. [見込み客獲得の管理] ポップアップで、次の詳細を入力します:
    • [CRMでの訪問者の分類] - [見込み客] または [連絡先] を選択します。Webページへの新規訪問者は、この選択に基づいて、見込み客または連絡先として追加されます。
    • [連絡先の割り当て] - 以下のオプションのいずれかを選択して、Zoho CRMアカウントの営業担当者に新規訪問者を割り当てることができます。 
      • [チャットの担当者] - Zoho SalesIQのユーザーを示します。チャットで訪問者に応答するユーザーのメールアドレスが、 [対応担当者 項目に入力されます。 
      • [ユーザー] - Zoho CRMのユーザーが表示されます。任意のユーザーを選択します。選択したユーザーのメールアドレスが、 [対応担当者 ] 項目に入力されます。 


メモ: 


見込み客獲得の設定は、連携の設定時に行うか、後で [設定] > [見込み客獲得の管理] をクリックして行うこともできます。


 


Zoho SalesIQのユーザーが、訪問者追跡を設定するには

  1. [設定] > [チャンネル] > [チャット] に移動します。 
  2. [有効化] をクリックします。
  3. [Zoho SalesIQの既存アカウントの関連付け] ページで、一覧から対象のアカウントを選択します。
  4. [アカウントの関連付け] をクリックします。


アカウントをさらに関連付ける

連携できるポータルが他にもある場合は、 一覧から [その他のポータルを関連付ける] オプションを選択し、それぞれのポータルを設定します。

アカウントを関連付けるには

  1. [設定] > [チャンネル] > [チャット] に移動します。 
  2. [訪問者の追跡] ページ [アカウントの選択]で、一覧から [アカウントをさらに関連付ける] をクリックします。
  3. [アカウントの選択] で、一覧から設定するアカウントを選択し、 [アカウントの関連付け] をクリックします。



その他の設定

[設定]オプションから、以下の設定ができます:
  • 見込み客獲得の設定
  • Webサイト訪問者の割り当ての設定: 特定の担当者に訪問者を割り当てる条件を設定できます。
  • 自動処理の設定: ユーザーの操作に応じてWebページ上でシステム定義の自動処理またはチャットを実行できます。たとえば、以下のように実行できます:
    • 指定した条件に該当する訪問者とのチャットを自動的に開始できます。
    • 条件に応じて訪問者にチャットウィンドウを開くことができます(例:訪問者が料金ページにアクセスしたときにチャットウィンドウを表示する)。
    • 訪問者が実行した操作を追跡して、それに応じて訪問者とやりとりできます。
    • 指定した条件に応じて訪問者に自動処理を実行できます(例:権利のある顧客にのみ割引バナーを表示する)。 
  • チャットチームの管理: Zoho SalesIQアカウントから担当者を追加または削除できます。
  • Zoho SalesIQアカウントの無効化: このオプションを使用してアカウントを無効にできます。複数のアカウントを関連付けている場合、一覧から対象のアカウントを選択して、無効化できます。

      

     
アカウントの無効化
1つのアカウントのみ関連付けている場合、アカウントを無効にすることで、連携が無効になります。代わりに、[無効にする]ボタンをクリックして、すべてのZoho SalesIQアカウントの関連付けを解除することもできます。


Zoho SalesIQ連携を無効にすると、以下の項目が利用できなくなります:
  • [訪問の概要]と、[見込み客]または[連絡先]タブの関連リスト
  • [レポート]タブの[訪問]

メールでのZoho SalesIQリンクの使用

見込み客または連絡先に対してZoho CRMから送信した各メールにZoho SalesIQリンクを使用できます。これにより、リンクをクリックした訪問者を追跡でき、Zoho CRM内で不明な訪問者ではなく見込み客または連絡先として管理できるようになります。



また、メールテンプレートにZoho SalesIQの識別子を挿入し、メール内のリンクをクリックしてWebサイトに訪れた訪問者を追跡できます。

 
メモ 

Zoho SalesIQのユーザーは、ポータルを1件のみ作成できます。ただし、他のユーザーが作成したポータルのメンバーになることは可能です。Zoho CRMの各組織では、最大5件までのポータルを関連付けることができます。 

組み込みコード

SalesIQ連携が有効になると、利用可能なポータルの一覧が[訪問者追跡]ページの一覧に表示されます。一覧から必要なポータルを選択して、そのポータルで使用可能な組み込みコードの一覧を表示できます。

組み込みコードを表示するには

  1. 組み込みコードを作成するには、 [コードの表示] リンクをクリックして、組み込みコードを生成します。訪問者を追跡したいWebサイトでこのコードを公開します。



  2. [顧客にチャットを許可する] チェックボックスが標準でオンになるため、Webページにチャットウィンドウが表示されます。チャットのアイコンを表示したくない場合は、組み込みコードをコピーするときにチェックボックスをオフにします。 [Webサイトの担当者へ送信] リンクをクリックして、コードをWebサイトの担当者に送信することもできます。



訪問タブの使用

[訪問]タブは、Zoho CRMアカウントで標準で使用できます。特定のSalesIQのポータルの訪問データを確認できます。使用可能なポータルの一覧が表示されます。連携を有効にすると、訪問が記録される前に、 [訪問]タブ [Webサイトの担当者へ送信] へのリンクが表示されます。



訪問が開始されると、このリンクは使用できなくなります。訪問者のIPアドレス、訪問したページ、参照元、ページの滞在時間などの詳細が、[訪問]タブの各データに表示されます。これらの詳細は、Zoho SalesIQ連携によりWebサイトから収集され、ユーザーが変更することはできません。

他のタブと同様に、[訪問]タブは特定のユーザー権限に対して非表示にすることができます。管理者はタブを非表示にできます。またデータの 表示 作成 削除 の権限をさらに制限できます(  関連項目: 権限の管理 )。


[訪問]タブの詳細については、以下をご参照ください。


[訪問]タブのデータ

訪問者がWebサイトにアクセスし、名前とメールアドレスを入力して営業担当者とチャットすると、訪問者の詳細が[訪問]タブにデータが取り込まれます。さまざまな項目から、Webページの滞在時間、訪問したページ、IPアドレス、訪問者の名前などの情報を取得します。

[実行された 操作] の関連リストには、訪問したページの詳細、それらのページで実行された操作、それらの滞在時間などが表示されます。また、チャット記録がデータに添付されるので、訪問者に関するメモを作成できます。

標準項目

以下は、[訪問]タブで使用できるZoho標準の項目の一覧です。これらの項目のデータは、Zoho SalesIQ連携によって自動的に入力されます。これらの項目の値は編集できません。

項目名
説明
IPアドレス
Webページを訪問したユーザーのIPアドレス。
訪問者
ページを訪問した見込み客または連絡先の名前。Zoho SalesIQ連携の設定に基づいて、新規訪問者が見込み客または連絡先として追加されます。
訪問したページ
見込み客が訪問したWebページ。
滞在時間(分)
訪問者が1回の訪問でWebページに滞在した時間(分)。
参照元
訪問者をWebページに誘導したページのURL。この項目には、ページを訪問する前にそのユーザーがアクセスしていたページのURLが表示されます。
ユーザーエージェント
訪問者が使用するブラウザー、オペレーティングシステムなどの詳細。
対応担当者
Webページのチャットのオプションで訪問者に対応したユーザー名。
訪問したページのURL
訪問されたWebページのURL。
ブラウザ
Webページへのアクセスに使用されたブラウザー。
訪問者の種類
訪問者は、「顧客」、「商談」、「見込み客」、「連絡先」、「不明」の各種類に分類されます。
売上
これまでの、その顧客からの売上。
訪問時間
訪問の日付と時刻。
検索キーワード
検索結果の1つとして顧客のWebページを表示して、訪問者をページに誘導した検索キーワード。
検索エンジン
検索にキーワードが使用された検索エンジンの名前。
オペレーティングシステム
訪問者のコンピューター/ラップトップのオペレーティングシステム。
ポータル名
訪問者が経由したポータルの名前。

カスタム項目

訪問者に関してZoho SalesIQで取得した追加情報が必要な場合は、Zoho CRMでカスタム項目を作成して取得できます。これらのカスタム項目には、Zoho SalesIQと同じラベルを付ける必要があります。その場合にのみ、これらの項目に値が自動的に入力されます。他の項目と同様に、[訪問]タブ用に作成されたカスタム項目は編集できません( 関連項目:カスタム項目 )。

Zoho SalesIQで項目を確認するには 

  1. 管理者権限でZoho SalesIQにログインします。
  2. [訪問者 の履歴] をクリックします。
  3. [訪問者 の履歴] ページのチャットの履歴の一覧で、IDをクリックします。
    訪問者の詳細情報を取得するために使用されるすべての項目が表示されます。Zoho CRMで、[訪問]タブ用に同様の項目を作成することもできます。


リストビュー

[訪問]タブでは、標準のリストビューが予め用意されています。以下のとおりです:

  • すべての訪問者
  • 今日の訪問者
  • 上位訪問者
  • 今日の上位の訪問者
  • 見込み客別の訪問
  • 連絡先別の訪問

[訪問]タブでのCRMビュー

[訪問]タブには、通常のリストビューの他にCRMデータに基づくビューがあり、そこでは訪問データの作成日時に基づいてWebサイトの訪問者の詳細が分類されて表示されます。それらは、次の3つのカテゴリーに分類されます:

  • [顧客] - 1件以上の商談を受注した連絡先に関する訪問者の追跡情報を一覧表示します。
  • [潜在 顧客] - 1件以上の進行中の商談がある連絡先に関する訪問者の追跡情報を一覧表示します。
  • [見込み客/連絡先] - 見込み客に関連する訪問者追跡の詳細と、他の2つのカテゴリーに該当しない連絡先に関連する訪問者の追跡情報を一覧表示します。

一覧から必要なポータルを選択すると、そのポータルのすべての訪問者データが表示されます。


CRM表示では、訪問者に関連するすべての詳細を総合的に表示できます。CRMで既に利用可能な訪問者の詳細を確認でき、チャットの履歴や訪問の詳細、メールの会話、商談の概要、活動、メモなどを表示できます。

ページの訪問、チャットの履歴、訪問の履歴


情報、会話、履歴


関連リスト

[訪問]タブの各データの添付ファイルとして、メモを関連付けし、ドキュメントをアップロードできます。チャットの内容が訪問に添付されます。 [実行された 操作] という、別の関連リストがあります。一度の訪問で訪問者が移動したページと、そのページで訪問者が実行した操作が、ここに表示されます。詳細は次のとおりです。

  • [操作の 種類] - アクセス、移動、チャットの3つのいずれか。
  • [操作] - Webページのタイトル、またはページのURL。
  • [滞在時間] - 訪問者が特定の操作のためにWebページに滞在した時間(分)。
  • [操作の実行日時] - Webページで操作が実行された日時。


見込み客または連絡先の新規項目の確認

連携を有効にすると、新規項目が[見込み客]タブまたは[連絡先]タブに追加されます(Zoho SalesIQ連携の設定に基づきます)。[見込み客]/[連絡先]タブの追加項目は次のとおりです。

  • [訪問日数] - 見込み客/連絡先がWebサイトを訪問した日数。
  • [チャットの数] - 見込み客/連絡先とのチャットセッションの回数。
  • [平均滞在時間(分)] - 訪問した見込み客/連絡先の日数ごとのWebサイトに滞在した時間の合計(すべての訪問を含む)。
  • [最終訪問日時] - 見込み客/連絡先が最後にWebサイトを訪問した日時。日付と時刻が表示されます。
  • [初回訪問日時] - 見込み客/連絡先が初めてWebサイトを訪問した日時。日付と時刻が表示されます。
  • [初回訪問URL] - 見込み客/連絡先がWebサイトを最初に訪問したWebページのURL。
  • [参照元] - 訪問者をWebページに誘導したページのURL。この項目には、ページを訪問する前にそのユーザーがアクセスしていたページのURLが表示されます。
  • [訪問者 スコア] - Zoho SalesIQから抽出した見込み客のスコア。 



見込み客/連絡先の関連リストの表示

見込み客/連絡先の場合、新しい関連リスト [訪問 – Zoho SalesIQ] が追加されます。このリストでは、各訪問のIPアドレス、訪問したページ、滞在時間(分)、参照元、検索エンジンの詳細が記録されます。一覧から必要なポータルを選択すると、そのポータルの訪問データが表示されます。



訪問データ作成時の営業対応の自動化 

訪問の作成時のワークフローを設定できます。たとえば、訪問が作成されたらすぐに、関連する見込み客にメールを自動送信できます。このような場合は、[訪問]タブのワークフローを設定できます。



 
メモ 
  • [訪問] タブのワークフローを設定すると、 作成 の実行条件のみが表示されます。 編集 項目の更新 などのその他の実行条件は、 [訪問] タブでは使用できません。
  • [訪問] の作成時に [ワークフローの処理] が設定されている場合、これらの処理は訪問自体ではなく、訪問に関連付けられた見込み客/連絡先に対して実行されます。たとえば、訪問に対して通知が設定されている場合、訪問に関連付けられた見込み客/連絡先にメールが送信されます。同様に、訪問の作成時に作成されたタスクは、関連付けられた見込み客/連絡先のデータの担当者に割り当てられます。

訪問者の追跡の通知の確認

管理者が、設定中に [訪問者 通知] オプションを有効にすると、Webページに訪問者がいるときにポップアップ通知を受け取るようにすることができます。これは、 [設定] > [連携] > [Zoho CRM] > [CRM 設定] からZoho SalesIQで定義することもできます。



訪問者の追跡用のコードがWebサイトに追加されると、すべての訪問者が追跡され、Zoho CRM内で訪問に関する通知が送信されます。大量の訪問や通知を管理することは現実的ではありませんが、 [担当者の割り当てルール] を使用すれば有効に管理できます。

[担当者の割り当てルール]を使用すると、追跡する必要がある訪問者の詳細を管理し、営業担当者に割り当てられます。訪問者がWebサイトを訪問し、その詳細が割り当てルールの条件を満たすたびに、自動的に営業担当者に通知されます。

割り当てルールを追加するには

  1. Zoho CRMで、 [設定] > [チャンネル] > [チャット]に移動します。 
  2. [訪問者の追跡] ページで、 [設定] > [割り当てルール] をクリックします。
    Zoho SalesIQの割り当てルールの設定を含む新しいタブが使用可能になります。
  3. [ルール] で、次の操作を行ってください。
    • 訪問者を追跡する条件を指定します。
    • 営業担当者への訪問に関する通知を割り当てるオプションを選択します。
    • 実行する処理を選択します。
        


  4. 必要に応じて、 [残りの訪問者をすべての担当者に割り当てる] チェックボックスをオンにします。
  5. [追加] をクリックして、ルールをさらに追加します。

オンラインの訪問者の追跡 

Zoho SalesIQ連携により、CRM内でオンラインの訪問者を追跡できます。ポータルに関するフィルターが用意されているので、特定のポータルの訪問データのみを追跡できます。
  
 

次のようなさまざまな種類の訪問者の通知を確認できます。

  • オンラインの顧客の通知
  • オンラインの見込み客/連絡先の通知
  • オンラインの潜在顧客の通知



  • オンラインの不明な訪問者の通知



  • 複数の通知



割り当てルールに加えて、ニーズに合わせて自動でチャットを起動する条件を作成できます。Webサイトの訪問者が実行した特定の操作に基づいて条件を設定することで、訪問者との会話を増やすことができます。

オンラインの訪問者の識別

通常の訪問者追跡通知のポップアップに加えて、顧客の名前の隣に 緑色の点 を表示し、その顧客がWebサイト上でオンラインかどうかを確認することもできます。この緑色の点は、[リストビュー]と[見込み客の詳細]、[連絡先の詳細]ページに表示されます。また[アカウントの詳細]、[活動の詳細]、[商談の詳細]ページの[連絡先]セクションにも表示されます。 

[見込み客/連絡先のリストビュー]



特定のページでオンラインのすべての見込み客/連絡先のデータを選択し、これらのデータに一括で処理を適用することができます。これを行うには、オンラインの見込み客/連絡先を1つ選択し、 [このページのすべてのオンライン見込み客/連絡先を選択] リンクをクリックします。

 

[見込み客/連絡先の詳細]ページ(概要セクション)



[取引先の詳細]ページ



[商談の詳細]ページ



[活動の詳細]ページ



自動実行条件を追加するには

  1. Zoho CRMで、 [設定] > [チャンネル] > [チャット] に移動します。 
  2. [訪問者の追跡] ページで、 [設定] > [トリガー] をクリックします。
    Zoho SalesIQでチャットのトリガーを追加するための設定を含む新しいタブが開きます。
  3. [ルール] で、次の操作を行ってください。
    • チャットの起動条件を指定します。
    • 条件が満たされたときに実行する処理を指定します。



  4. [追加] をクリックして、ルールをさらに追加します。

訪問者に電話を発信するには

オンライン訪問者のデータに携帯電話番号が関連付けられている場合は、CRMから直接電話をかけることができます。作成した連絡先に携帯電話番号を追加して、必要に応じてSkypeや電話システムとの連携を使用して発信できます。連絡先電話番号が関連付けられると、CRM内の訪問者オンラインのセクションに[通話]アイコンが作成されます。

Google 広告情報の表示

Zoho SalesIQ連携に加え、Google 広告連携も有効にしたユーザーは、対応する[訪問]タブにGoogle 広告の情報を表示することが可能になります。新規訪問者がGoogle 広告のキャンペーンをクリックしてサイトにアクセスし、フォームに入力した場合、Zoho CRMでは次の処理が実行されます。

  1. [見込み客]タブに見込み客が作成されます。[見込み客の詳細]ページには、Google 広告の情報と訪問者の追跡情報が表示されます。
  2. これに加えて、見込み客が[訪問]タブの[見込み客]/[連絡先]の詳細に表示されます。[訪問の詳細]ページのマーケティング情報セクションにも、同じGoogle 広告の情報が含まれます。

この追跡情報は、Google 広告連携時にサイトのすべてのURLに付加されるGCLIDによって取得されます( 関連項目: Zoho CRMのGCLIDの関連付けについて)。

Google 広告の情報を[訪問の詳細]ページで表示するには

  1. [訪問] タブをクリックします。
  2. 目的の訪問をクリックします。
  3. [訪問の詳細]ページで、 [マーケティング情報] セクションまでスクロールダウンします。
    関連する [Google 広告情報] が表示されます。



Webフォームでの訪問者追跡

Zoho CRMのWebフォームの訪問者追跡オプションを有効にして、それぞれのWebフォームの訪問を追跡できます。



  • Webフォームで訪問者追跡が有効になっている場合は、ポータルと組み込みコードの両方を選択するオプションが表示されます。CRM内で連携されたポータルは、一覧にのみ表示されます。
  • Zoho CRM内でポータルが連携されていない場合は、Zoho SalesIQで使用可能なすべてのポータルが表示されます。あるポータルを選択して、そのポータルの訪問者の追跡を有効にすることもできます。
  • 有効なZoho SalesIQのポータルがない場合は、新しいポータルを作成するオプションがWebフォームに表示されます。




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho SalesIQによる訪問者の追跡の概要

                            優れたWebサイトを構築し、Webサイトへのトラフィックが多いことが、すべてではありません。Webサイトで訪問者が実行した操作を把握し、滞在時間の長いWebページを特定し、移動のスタイルやWebサイトの滞在時間を分析することで、付加価値を付けることができます。 例えば、Webサイト訪問者の10%以上が[料金]ページに長く滞在している場合は、適切なプランを選択するためのサポートを提供できます。 トラフィックが多いにもかかわらず登録が少ない場合には、何かを修正する必要があることがわかります。 ...
                          • Converse for Zoho CRM

                            Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...
                          • Zoho Desk連携の管理

                            Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                          • Zoho Directory連携

                            Zoho CRMをZoho Directoryと連携すると、CRMの管理者が、パスワードやIPアドレスによる制限、その他さまざまなセキュリティポリシーを設定できます。組織のCRMアカウントを詳細に管理して保護することができます。Zoho Directory連携の詳細については、以下をご参照ください。 Zoho Directory連携のメリット パスワード管理:CRMの管理者は、次のような設定を行うことで、組織におけるパスワードの使用方法を最適化することができます: ...
                          • Zoho CampaignsとZoho CRMの連携

                            メールマーケティングは、見込み客を引き付けるために広く採用されている方法の1つです。そのメールマーケティングに役立つのが、Zoho Campaignsです。メールの作成と配信、配信先の絞り込み、開封やクリックなどの反応の追跡、A/Bテストによる最適化などが可能です。Zoho CampaignsとZoho CRMを連携することで、キャンペーンの配信対象とする見込み客や連絡先をすべて含めた配信リストを簡単に作成できます。Zoho CRMの制限を超えた大量のメール配信も可能になります。 なお、Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.