CRMデータのタグ付け

CRMデータのタグ付け

Zoho CRMのタグは通常、簡単に作成できます。1つのデータに複数のタグを追加できるため、タグは単純なカテゴリーによる分類よりも、便利な機能です。必要に応じて、Zoho CRMアカウントの複数の場所にタグを作成することもできます。

次の場所にタグを追加できます:


特定のデータのタグ付け

Zoho CRMでデータを作成すると、新しいタグを追加できるようになります。

データの詳細ページでタグを追加するには

  1. Zoho CRMアカウントにログインし、[見込み客]、[連絡先]、[取引先]などのタブに移動します。
  2. リストビューから、タグを追加するデータを選択します。
  3. データの詳細ページで、[タグの追加] をクリックします。
  4. 関連するタグを追加し、 [保存] をクリックします。
    また、タグをクリックして、特定のタグに関連付けられたデータを表示することもできます。 



データの一括タグ付け

Zoho CRMでは、複数のデータに複数のタグを1回の処理で追加できます。

複数のデータにタグを追加するには

  1. タグを追加するタブ([見込み客]、[連絡先]、[商談]など)を選択します。
  2. 要件に基づいて、すべてのデータまたは複数のデータを選択します。
  3. [タグ] 一覧で、 [タグの追加] オプションを選択します。




    Zoho CRMアカウントにタグを追加するたびに、タグの候補(既存のタグの一覧)が表示されます。



     保存すると、 リストビュー(データの一覧) ページで選択したすべてのデータにタグが追加されます。

インポートしたデータのタグ付け

Zoho CRMアカウントにデータをインポートする際に、タグを追加できます。CSVファイルからタグを関連付けるか、インポートしたデータに標準タグを追加することができます。

たとえば、タグ「展示会の見込み客 」を含む見込み客データのCSVファイルがある場合、インポート時に直接タグを関連付けることができます。あるいは、様々なタグを含む見込み客データの場合は、標準タグ「展示会の見込み客」を追加できます。

データのインポート時にタグを関連付けするには:

  1. データをインポートするタブを選択します。
  2. データのインポート ページでタグの設定方法を選択し、[次へ]をクリックします。
  3. Zoho CRMへのインポート項目の関連付け ページで、[項目の関連付け]をクリックします。
  4. [ファイル内の項目]と[Zoho CRM内の項目]からタグの項目を関連付けします。これにより、データのインポート時に、関連付けられているタグがインポートされます。

     

データのインポート時にタグを追加するには:
  1. データをインポートするタブを選択します。
  2. データのインポート ページでタグの設定方法を選択し、[次へ]をクリックします。
  3. Zoho CRMへのインポート項目の関連付け ページで、[項目の関連付け]をクリックします。
  4. [CRM項目]からタグを選択し、[初期値]に対象のタグを入力します。




Webフォームから追加されたデータのタグ付け

Webフォームでは、Webサイトの訪問者に関するデータを収集し、それらのデータをZoho CRMアカウントと同期できます。利用中のアカウントに、お問い合わせフォーム、ランディングページ、サインインフォームなど、複数のWebフォームがある場合があります。各Webフォームでデータにタグを追加すると、より適切な方法でデータを抽出できます。全体検索を実行するか、詳細フィルターを使用して、それぞれのWebフォームから取り込まれたデータを一覧表示できます( 関連項目: Webフォームの設定 )。

Webフォームの作成時にタグを追加するには

  1. [設定] > [マーケットプレイス] > [Web フォーム] に移動します。
  2. Webフォームを作成する際にタグを追加するオプションがあります。必要に応じてタグを追加し、 [保存] をクリックします。




     関連するタグが追加され、関連するWebフォームで作成されたデータに関連付けられます。

データのタグ付けの自動化(ワークフローを使用)

Zoho CRMの ワークフロールール は、通知、タスク、項目の更新などの一連の処理で、特定の条件が満たされた場合に実行されます。ワークフロールールの作成の詳細については、 こちら をご覧ください。

Zoho CRMでワークフロールールを作成する際に、 すぐに実行する処理 としてタグを追加できます。たとえば、大規模商談の通知ルールを設定している場合、 大規模商談、活発な商談、確度100% などのタグを追加する処理を作成できます。指定された条件でワークフロールールが実行されると、対応するタグが自動的にデータに追加されます。タグは許可されている最大数までしか追加されないことにご注意ください。既存のタグがある場合は、指定された最大数までしか、新しいタグは追加されません(関連項目:タグの上限)。

すぐに実行する処理としてタグを設定するには

  1. [設定] > [自動化] > [ワークフロールール] に移動します。
  2. [ワークフロールール] ページで、すぐに実行する処理を作成するルールをクリックします。
  3. [編集] をクリックして、ルールの設定を変更します。
  4. [すぐに実行する処理] セクションで、 [タグ] を選択し、ワークフロールールに関連付けるタグを追加します。




     ルールの条件が満たされるたびに、関連するタグが自動的にデータに関連付けられます。

プロセスでのタグ付けの自動化(ブループリントを使用)

Zoho CRMのブループリントは、オフラインの業務プロセスをオンラインで表したものです。これにより定型作業を自動化でき、業務プロセス全体の実行に関する指針をチームメンバーに示せます。ブループリントの詳細については、 こちら をご参照ください。

ブループリントの設計時、遷移完了時に自動化する処理を定義できます。これらの処理は、指定した条件が満たされた場合に自動的に実行されます。ブループリントの遷移設定の詳細については、 こちら をご参照ください。


業務プロセスで自動化される処理の1つとしてタグを追加できます。



たとえば、「 認定済み 」タグを認定ステージの商談への遷移時に定義できます。



商談が認定ステージになると、関連するタグが商談データに自動的に関連付けられます。 

タグは許可されている最大数までしか追加されないことにご注意ください。既存のタグがある場合は、指定された最大数までしか、新しいタグは追加されません(関連項目: タグの上限)。 

メモ 
CRMのデータにタグを追加する際、既存のタグを新しいタグで 上書き することを選択できます。たとえば、ワークフローを使用して、特定の処理に関連するタグの一覧を追加しなければならない場合があります。既存のタグがほとんどなく、その処理に関連しない場合は、必要に応じて新しいタグで上書きできます。タグを上書きすると、既存のすべてのタグが新しく更新されたタグで置き換えられます。



 また、タグを上書きできるのは、ブループリントやワークフローから複数のデータにタグを追加する場合のみです。

関連情報

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.