各種書類の管理

各種書類の管理

Zoho CRMでは、従来のCRM機能に加え、各種書類の管理機能が連携されているため、営業サイクルの一元的な管理に役立ちます。 Zoho CRMの各種書類の管理機能により、販売前(プリセールス)と販売後(ポストセールス)の会計処理を、1つのアプリケーションで管理できます。 商品、価格表、仕入先、受注書、  見積書  、請求書  などの各種書類の管理タブを使用して、商談完了後に請求書、受注書などを作成できます。

各種書類の一覧のタブ

商品

商品とは、組織が販売または調達する商品やサービスです。 

価格表

価格表とは、顧客に商品を販売する際に合意した価格です。合意した条件によって、顧客ごとに価格が異なる場合もあります。 

仕入先

仕入先とは、所属する組織が商品やサービスを調達する会社、個人、請負業者です。 

見積書  

見積書は、指定された期間内に合意された価格で、依頼された商品を提供するための、顧客と仕入先間の法的な合意です。 

受注書  

受注書は、顧客が見積書に基づいて発注書を送った後に作成される販売の確認書です。 

発注書

発注書は、仕入先から商品またはサービスを調達するための法的拘束力を持つ文書です。 

請求書  

請求書とは仕入先から顧客に発行される証書で、支払いを受け取る目的で商品またはサービスとともに発行されます。 

各種書類タブでの商品のカスタマイズ

企業が商品の一括購入や複数の商品の購入をした場合、必要情報をすべてまとめた1つの請求書が発行される可能性があります。これを実現するには、各種書類タブ内の商品に企業独自の項目を追加して、 カスタマイズ する必要があります。
たとえば、メーカーでは、販売価格、推奨再販価格、購入価格、利益や割引を計算するための計算式などの項目を、 見積書タブに追加できます。
商品のカスタマイズ機能は、エンタープライズプランとアルティメットプランでのみ利用できます。
見積書、受注書、請求書のタブでは、商品はサブフォームとして利用できます。サブフォーム名はそれぞれ、見積商品、発注商品、受注商品、請求商品などです。
次の方法で、サブフォームをカスタマイズできます:
  • 新しい項目の追加



  • 不要な項目の削除



  • 特殊な計算を実行するための、 集計、計算式、通貨の項目の挿入



  1. 編集不可の設定、または、特定のユーザーに対する項目の非表示



  2. 必須項目の設定


      
  3. 項目の詳細の編集



  4. 商品タブからの項目の挿入


メモ
  1. 各種書類の商品情報には、最大10件の項目を追加できます。
  2. レイアウトには、最大10件の集計項目を追加できます。
  3. 商品情報のサブフォームの他に、独自のカスタムサブフォームを作成して商品や受注などに関する詳細を追加することができます。両方のサブフォームで合わせて最大200件のデータを追加できます。つまり、2つのサブフォーム間で200件のデータを分割できます。
商品をカスタマイズするには
  1. [設定] [カスタマイズ] [タブと項目] に移動します。
  2. 各種書類 タブ(見積書、発注書、請求書)を選択し、レイアウトをクリックします。
  3. [レイアウトの編集画面] で下にスクロールして、選択したタブに応じて [見積商品]、[発注商品]、[受注商品]、[請求商品] を表示します。
  4. [項目の追加] をクリックして、 [新しい項目] タブから項目を選択します。
  5. [ルックアップ項目]タブ をクリックし、 [商品] タブから項目を選択します。



  6. 必要に応じて、項目名を変更します。
  7. [+ 集計項目の追加] をクリックして、[集計]、[計算式]、[新しい項目]のタブから項目を選択します。
  8. [新しい項目] タブから、数値、通貨、少数の項目を追加できます。
  9. [完了] をクリックします。



  10. 項目内の [その他の操作] アイコンをクリックし、項目の詳細を編集します。項目を必須項目に設定し、項目の権限を設定するか、項目を削除します。


     
[商品名]項目は、すべての各種書類タブにあるシステム定義の項目であるため、削除できません。












                        • Related Articles

                        • 見積書の管理

                          見積書は、ある商品やサービスの提供者とその顧客との間でやりとりされる書類で、顧客の発注内容や価格情報等を記載したものです。顧客は、見積書の有効期限内に発注するかどうかの意思決定を行い、期限内に決定できない場合は一旦キャンセルしたり期限を延長した見積書を再度依頼したりします。一般的に、見積書には見積番号、日付、商品やサービスの数量、価格、取引条件等が記載されています。Zoho CRMでは、見積書を商談や取引先のページから作成することもできます。 利用条件   必要な権限  ...
                        • 見積書の標準項目

                          見積書タブ内で使用できるZohoの標準項目は、次の一覧のとおりです: 項目名 説明 データの種類 上限 見積書の担当者 見積書を担当するユーザーを選択します。 ルックアップ - 件名* 見積書の名前を入力します。この項目は入力必須です。 一行(テキスト) 文字・数字(50) 商談名 見積書を作成する商談を選択します。 一行(テキスト)                 文字・数字(40) 見積書のステージ 見積書のステータスを入力します。 チェックボックス - 有効期限 ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.