複数の通貨の管理

複数の通貨の管理

Zoho CRMにおける複数の通貨の設定は、国際的な取引や複数の通貨を使用する取引のデータを管理するのに役立ちます。海外の顧客や仕入先と定期的に取引する場合に、複数の通貨を使用して取引データを記録できます。Zoho CRMで複数の通貨を設定すると、次のことができます:

  1. 組織で使用する通貨と顧客の現地通貨で、商談金額の見積書を作成する
  2. 組織の通貨でレポートを作成し、表示する
  3. 複数の通貨のデータを含むファイルをインポートする
利用条件
必要な権限
管理者権限を持つユーザーが、複数の通貨を設定できます。

メリット
  1. 多国間取引のデータを効率的に管理できます。
  2. 複数の拠点の会計データを簡単に統合できます。
  3. 通貨換算の自動化により、業務効率が向上します。
  4. 複数の通貨での取引に関するレポートを作成して共有できます。
  5. 用語集
基準通貨
組織が事業で主に使用する通貨です。決算書やその他の書類において企業の売上や経費を計算するために使用します。複数の通貨で事業を行う企業にとって、基本となる通貨です。たとえば、ある企業は日本に本社があり、アメリカ、インド、スペインに拠点があるとします。この企業は、各種データの集計や財務諸表に日本円を使用しています。この例では、基準通貨は日本円です。
有効な通貨
組織が事業で使用する可能性がある通貨です。商談の金額やその他の項目には、有効な通貨でのみ入力できます。
無効な通貨
組織で使用しなくなった通貨です。無効にした通貨の設定データは削除されません。引き続き、通貨の一覧に表示されます。
為替レート
ある通貨を別の通貨に換算するための交換比率(レート)です。CRMアカウントでは、ある通貨の金額を基準通貨での金額に換算する場合に、この為替レートが使用されます。
データの通貨
各データで使用する通貨です。データ内の通貨の種類の項目の値にはすべて、該当のデータに対して選択した通貨が適用されます。
留意事項
複数の通貨を設定する前に、以下の点を必ずご確認ください:
  1. 複数の通貨の設定を有効にして、通貨を追加できるのは、管理者権限を持つユーザーのみです。
  2. 設定を一旦有効にすると、無効にはできません。
  3. 管理者は、複数の通貨を追加できます。
  4. 複数のデータに対して、適用する通貨([通貨]項目の値)を一括更新することはできません。
  5. 複数の通貨は、[売上予測]タブでは使用できません。[売上予測]タブでは、基準通貨のみ使用できます。

複数の通貨の有効化と基準通貨の追加

まず管理者が、基準通貨を追加して、複数の通貨の設定を有効にする必要があります。複数の通貨の設定を一旦有効にすると、無効にできませんのでご注意ください。

有効にする場合の留意事項:

  • CRMアカウント内のすべての既存データに対して、基準通貨をデータの通貨として適用する場合、処理に時間がかかります。
  • 管理者権限を持つすべてのユーザーに対して、組織のCRMアカウントで複数の通貨の設定が有効になったことを通知するメールが送信されます。
  • 既存データの為替レートは「1」に設定されます。
  • [通貨の地域]項目は、[設定][一般][組織情報]では使用できません。

基準通貨を追加して、複数の通貨の設定を有効にするには

  1. [設定][一般][組織情報]の順に移動します。
  2. [組織情報]ページで、[通貨]タブに移動します。
  3. 一覧から、対象の[基準通貨]を選択します。
    基準通貨は後から変更できませんのでご注意ください。選択した通貨の形式が表示されます。
  4. [カスタマイズする]リンクをクリックして、次の項目を変更します:
    • [記号]の一覧から、通貨の表示記号を選択します。[桁区切り文字]の一覧から、いずれかの文字を選択します。
    • [小数点以下の桁数]の一覧から、いずれかの桁数を選択します。
    • [小数点の文字]の一覧から、いずれかの文字を選択します。
    • [OK]をクリックします。
  5. [確定する]をクリックします。

複数の通貨の追加

管理者は、基準通貨を追加して、複数の通貨の設定機能を有効にした後、その他の通貨を追加できます。管理者以外のユーザーは、見込み客/連絡先/商談などのデータを作成する際に、追加された通貨をデータの通貨として選択できます。

メモ
  1. [通貨]項目は、複数の通貨がデータで有効化されている場合に限り、使用できます。
  2. レイアウトに通貨の種類のカスタム項目がない場合、レイアウトから標準項目の[通貨]と[為替レート]を削除できます。レイアウトに通貨の種類の項目が追加されている場合は、標準項目の[通貨]と[為替レート]が自動的に追加されます。

複数の通貨を追加するには
  1. [設定][一般][組織情報]→[通貨]の順に移動します。
  2. [追加する]ボタンをクリックします。
  3. 表示された[通貨を追加する]画面で、次の操作を実行します:
    • 基準通貨として設定する通貨を、一覧から選択します。
      選択した通貨に基づいて、通貨の形式の設定画面が表示されます。
    • [カスタマイズする]リンクをクリックすると、通貨の形式を変更できます。


    • [記号][桁区切り文字][小数点以下の桁数][小数点の文字]の各一覧から、いずれかの形式を選択し、[OK]をクリックします。
  4. 追加する通貨の[為替レート]を入力し、[保存する]をクリックします。


為替レートの変更

為替レートは、複数の通貨を追加する際に指定します。各データには、[為替レート]という名前の標準項目があり、データの通貨に換算された値が登録されます。この項目は、データ作成時の変換比率(レート)を記録するために追加されます。複数の通貨の設定を有効にすると、すべての既存データに対して、基準通貨がデータの通貨として設定されます。その結果、既存のデータの為替レートは「1」に設定されます。

メモ
  1. 為替レートの変更は、既存のデータには反映されません。

為替レートを変更するには
  1. [設定][一般][組織情報]→[通貨]の順に移動します。
  2. 為替レートを変更する通貨をクリックします。
  3. 表示された[通貨の変更]画面で、通貨の[為替レート]を変更します。


  4. [保存する]をクリックします。

通貨の無効化

組織で使用しなくなった通貨がある場合、CRMアカウントから無効にすることが可能です。通貨を無効にする場合の留意事項:

  • 通貨は無効にできますが、削除はできません。
  • 無効にした通貨を使用してデータを作成することはできません。ただし、無効にした通貨を使用している既存データが残る可能性があります。
  • 無効にした通貨は、追加した通貨の一覧に引き続き表示されます。

通貨を無効にするには

  1. [設定][一般][組織情報]→[通貨]の順に移動します。
  2. 対象の通貨の右端にある[ステータス]の切り替えスイッチをクリックして、無効にします。


通貨の有効化

必要に応じて、CRMアカウントに追加した後、無効にした通貨を、再度有効にすることができます。最大10件の通貨を有効にすることが可能です。

通貨を有効にするには

  1. [設定][組織情報]→[通貨]の順に移動します。
  2. 対象の通貨の右端にある[ステータス]の切り替えスイッチをクリックして、有効にします。


複数の通貨の使用

複数の通貨の設定を使用するには、あらかじめ組織のZoho CRMアカウントの管理者が、組織の設定で、基準通貨とその他の通貨を複数設定しておく必要があります。設定が完了すると、他の権限のユーザーが、商談や見積書、請求書などの作成時に複数の通貨を使用できるようになります。

複数の通貨の設定を使用すると、次のことができます:
  1. データの作成時に、データに適用する通貨を指定する
  2. 指定した通貨で、見積書と請求書を作成する
  3. さまざまな通貨の値を含むデータをインポートする

データの通貨設定

Zoho CRMのデータの項目に、[通貨]項目が表示されます。この項目では、組織のZoho CRMアカウントに設定されている通貨から、いずれかの通貨を選択できます。[通貨]項目は、複数の通貨の設定が有効な場合にのみ、表示されます。データ内の金額の項目では、データに指定されている通貨で表示された値の後に、基準通貨で表示された値がかっこ内に表示されます。
メモ:[通貨]項目は、複数の通貨が有効な場合にのみ、データ内に表示されます。

データの通貨を指定するには
  1. [(タブ名)](任意の)タブをクリックします。
  2. [(タブ名)を作成]ボタンをクリックします。
  3. [(タブ名)を作成]ページで詳細を入力して[通貨]の一覧からデータの通貨を選択します。
    一覧には、有効な通貨のみが表示されます。
  4. [保存する]ボタンをクリックします。

見積書、請求書、受注書、発注書の通貨設定

他のタブのデータと同様に、見積書や請求書のデータにも[通貨]項目を設定できます。選択した商品の金額は、基準通貨で表示されます。金額は、見積書または請求書で選択されたデータの通貨に換算されます。

レポートの通貨設定

初期設定では、レポートの値は基準通貨で表示されます。

データの一覧(リストビュー)の通貨設定

データの一覧(リストビュー)には、タブ内の条件に基づいて抽出されたデータの一覧が表示されます。たとえば、今週受注見込みの商談を抽出して表示することができます。[通貨]項目を使用して条件を設定する場合、値は基準通貨でのみ指定することが可能です。
データの一覧(リストビュー)に表示する列をカスタマイズして、[通貨]項目を追加できます(関連情報:データの一覧(リストビュー)の列のカスタマイズ)。また、データの一覧(リストビュー)で[通貨]の列の見出しをクリックすると、異なる通貨のデータを基準通貨での値に基づいて、昇順または降順に並べ替えることが可能です。

データのインポート時の通貨設定

Zoho CRMでは、複数の通貨の値を含むデータを簡単にインポートできます。
データの[通貨]項目が関連付けられていない場合、基準通貨が[通貨]として設定されます。
データの[通貨]項目が関連付けられているが、インポートするファイルとZoho CRMで値が異なる場合、基準通貨が[通貨]として設定されます。

条件設定時の通貨設定

データの一覧(リストビュー)、ワークフロールール、レポートなどの機能では、要件に合わせて条件を設定できます。複数の通貨を設定している場合、[通貨]項目を使用して条件を設定する際には、基準通貨のみを指定できます。

ダッシュボードの通貨設定

Zoho CRMのダッシュボードでは、レポートのデータを視覚的に表示して分析できます。主要な指標の状況や全体像をリアルタイムで把握できます。また、営業やマーケティングなどに関するデータのパターンと傾向を簡単に把握できます。ダッシュボード内の金額は、基準通貨で表示されます。

類似データの検索と統合の実行時の通貨設定

通貨が異なる類似データが数件ある場合、検索と統合の機能を使用して、重複データを統合できます。1つのデータに統合する際、メインのデータの[為替レート]と[通貨]の項目の値が適用され、それ以外のデータから選択した金額が換算されます。

Webフォームの通貨設定

Webフォームで[通貨]項目を使用する場合は、次の2通りです:
  1. Webフォーム上に[通貨]項目を表示する場合:Webの訪問者が通貨を選択し、金額を入力してフォームを送信すると、同じ値がZoho CRMでも追加されます。
  2. Webフォーム上では[通貨]項目を非表示にした上で値をあらかじめ指定する場合:たとえば、Webフォームを作成して[通貨]項目を追加したうえで非表示にし、値として[JPY](日本円)を指定したとします。Webサイトの訪問者が情報を入力をする際、Webフォームに通貨の項目は表示されませんが、Zoho CRMに追加されたデータでは日本円の金額反映されます。
メモ:[通貨]項目がWebフォームに設定されていない場合、金額には基準通貨が適用されます。

売上予測の通貨設定

[売上予測]タブでは、複数の通貨は使用できません。売上予測の金額は、基準通貨で表示されます。

見込み客の変換時の通貨設定

見込み客のデータには、アカウント内でデータごとに設定した「データの通貨」が適用されます。見込み客のデータを変換すると、取引先、連絡先、商談のデータが作成されます。作成されたデータには、見込み客のデータに設定されていた通貨が適用されます。


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • 組織で複数通貨を有効にするにはどうしたらよいですか?

                            Zoho CRMの複数通貨機能は、グローバル市場での事業取引を処理する際に役立ちます。管理者として、基準通貨を追加することによりこの機能を有効にできます。一度複数通貨機能を有効にすると、無効にはできません。 有効にする場合: CRMアカウント内の既存データすべてに対し、基準通貨をデータの通貨に適用する場合、処理に時間がかかります。 Zoho初期設定の管理者権限を持つすべてのユーザーに、組織のCRMアカウントで複数通貨の機能が有効になった旨を通知するメールが送信されます。 ...
                          • 組織情報の管理

                            Zoho CRMの組織アカウントに、組織の要件に応じた設定を行い、アカウント全体に適用できます。これにより、組織内のユーザーが、Zoho CRMのアカウントを利用しやすくなります。Zoho CRMでは、管理者権限を持つユーザーが最初に組織設定を行うことを推奨しています。 組織情報の編集 組織情報を変更するには 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインします。 [設定]→[一般]→[組織情報]の順に移動します。 [組織情報]タブで、鉛筆(編集)アイコンをクリックします。 ...
                          • 会計年度の設定

                            組織の会計年度を設定することで、会計期間に基づいて売上や経費などを管理できます。会計年度の開始月を選択すると、会計年度/四半期が自動的に設定されます。初期設定では、Zoho CRMの会計年度の開始月は「1月」に設定されています。また、会計年度名の基準として、開始月または終了月のいずれかを選択できます。選択した基準に応じて、会計年度名が設定されます。たとえば、会計年度が2022年4月に開始し、2023年3月に終了するとします。 ...
                          • 階層設定の管理

                            一般的な組織では、役職に応じた階層構造がとられており、役職に応じてデータへのアクセス権限が設定されます。Zoho CRMの組織アカウントでは、役職による階層、または直属の上司による階層の2通りの階層設定が可能です。設定の[組織情報]のメニューで、いずれかの階層設定を選択できます。 なお、どちらの階層設定でも、役職を設定して個々のユーザーに割り当てる必要があります。ユーザーに割り当てることができる役職は1件のみです。 役職による階層 ...
                          • 営業時間の管理

                            「営業時間」として組織の業務時間を設定できます。通常、営業時間は組織の所在地のタイムゾーンに基づいて設定されます。ただし、組織の拠点が複数の国や地域にある場合、本社の営業時間を組織全体に適用すると、本社以外の拠点のタイムゾーンに合わない可能性があります。これを避けるために、Zoho CRMではタイムゾーンごとにシフト時間を作成できます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.