IMAP/POP連携の設定に関するトラブルシューティング

IMAP/POP連携の設定に関するトラブルシューティング

パスワード/基本認証に関するエラー(Zoho Mail、Yahooとの連携におけるエラー)

IMAP/POP連携の設定時に、「認証できません」または「認証情報が無効です」というエラーが表示される 

考えられる原因と解決策は、以下のとおりです。
  • パスワードが間違っている:入力したパスワードが間違っている可能性があります。利用中のメールサービスのログイン画面において、同じパスワードでログイン可能かどうかをご確認ください。また、パスワードは、ブラウザーなどの自動入力機能を使用せずに、手動で入力してください。
  • 2段階認証が有効になっている:利用中のメールサービスのアカウントで2段階認証が有効になっている場合は、IMAP/POP連携のパスワード欄に、アカウントのパスワードではなく、アプリ専用のパスワードを入力する必要があります。利用中のメールサービスでZoho CRMのためのアプリ専用パスワードを生成し、Zoho CRMでIMAP/POP連携の設定画面のパスワード欄に貼り付けてください。
     
問題が解決しない場合は、Zoho CRMのサポート窓口(support@zohocrm.com)にお問い合わせください。

OAuth/先進認証に関するエラー(Microsoft 365/Outlook.com/Gmailとの連携におけるエラー)

Microsoft 365/Outlook.comとの連携におけるエラー   

Microsoft 365/Outlook.comとの連携時に、IMAP-OAUTHまたはPOP-OAUTHを設定した場合、以下のエラーが表示されることがあります。
  1. 「SMTPメールを取得できない」というエラー


解決策1:
  1. Microsoft 365の管理センターにログインし、[ユーザー]→[アクティブなユーザー]の順にクリックします。
  2. 連携対象のユーザーをクリックし、ユーザーの詳細画面で[メール]タブをクリックします。
  3. [メールアプリ][メールを管理する]をクリックします。
  4. [認証済みSMTP設定]のチェックボックスが選択されていない場合は選択します。すでに選択されている場合は、一度選択を解除してから、再度選択します。
  5. [変更の保存]をクリックします。

      このエラーに関する詳細は、Microsoft社によるこちらのヘルプをご参照ください。

解決策2:

Microsoft Entra IDにおいて、連携対象のユーザーのUPN(ユーザープリンシパル名)とメールアドレスが一致しているかどうかをご確認ください。

以上の解決策によっても、問題が解決しない場合は、Microsoftのサポート窓口にお問い合わせください。

 

      2.「ユーザーは認証されているが、接続されていない」というエラー

このエラーが表示される場合、Microsoft 365/Outlook.comのアカウントにおいてIMAPによる連携数が上限に達している可能性があります。解決するには、Microsoft 365/Outlook.comのアカウントにおいて既存の連携設定を削除するか、Microsoftに連絡して連携数の上限の引き上げを依頼してください。

 

上記の解決策によっても問題が解決しない場合は、Microsoftのサポート窓口にお問い合わせください。
  1. 「スコープの値が有効でない」というエラー
    このエラーは、Microsoft 365の連携設定でOutlook.comアカウントを連携しようとした場合や、Outlook.comの連携設定でMicrosoft 365アカウントを連携しようとした場合に表示されます。IMAP/POP連携の設定画面で、選択したメールサービスのアカウントが正しいものかどうかをご確認ください。
Zoho CRMと外部メールサービスとの連携設定に関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

 

Gmailアカウントのパスワードを変更したら、Zoho CRMにおけるメールの同期が停止した

連携に必要なOAuthトークンが、パスワード変更によって無効になったためです。なお、トークンの無効化は、Gmailのポリシーに基づき、パスワード変更時に自動で行われます。問題を解決するには、Gmailアカウントで新しいトークンを生成し、Zoho CRMのIMAP/POP連携の設定を更新してください。  

 

Gmailとの連携においてSMTPエラーが発生した場合の解決方法は?  

Gmail連携におけるSMTPエラーと解決方法については、Google社によるこちらのヘルプをご参照ください。
 

Outlook.comとの連携においてSMTPエラーが発生した場合の解決方法は? 

Outlook.com連携におけるSMTPエラーと解決方法については、Microsoft社によるこちらのヘルプをご参照ください。

その他のエラー

IMAP/POP連携の設定時に、「SSLのメッセージがサポートされていない/認識できない形式である」または「ホストに接続できなかった」というエラーが表示される 

ポート番号やサーバー名、接続方式などが間違っている可能性があります。
  • ポート番号が間違っている:
  1. IMAP/POP連携の設定画面で、ポート番号が正しく入力されているかどうかをご確認ください。
    • 受信メールサーバー用のポート番号:993、143
    • 送信メールサーバー用のポート番号:465、587、25
  1. ポートの開放状態を確認するため、https://zohomail.tools/#portCheckにアクセスして、サーバー名とポート番号を入力してください。ポートが閉じている場合、利用中のメールサービスに連絡して、ポートの開放を依頼してください。
  2. こちらの記事を参照し、ポート番号が間違っていないかどうかをご確認ください。
  3. ポートが開放していて、ポート番号が正しいにもかかわらず、接続エラーが発生する場合は、別のメールアプリで同じ値による設定が可能かどうかをご確認ください(例:Microsoft Outlook、Thunderbirdなど)。他のメールアプリでは連携可能であるにもかかわらず、Zoho CRMではエラーが発生する場合は、Zohoのサポート窓口(support@zohocrm.com)にお問い合わせください。

  • サーバー名や接続方式が間違っている:

    1. 認証時に認証が完了せず、「サーバーとの接続が切断されました」というエラーが表示される場合は、サーバー名や接続方式が正しいかどうかをご確認ください。サーバー名や接続方式を確認するには、まず、https://zohomail.tools/#domainDetailsにアクセスし、ドメイン名を入力してから、[Lookup](参照する)をクリックします。
    2. 表示された画面で[MX]タブに移動し、利用中のメールサービスを確認します。
    3. 次に、利用中のメールサービスのWebサイトでIMAP/POPの設定情報に関するページにアクセスし、サーバー名や接続方式を確認します。
      IMAP/POP連携の設定画面でサーバー名や接続方式を更新し、再度認証を行います。

 

IMAP/POP連携の設定時に、「認証できません」または「アプリ専用のパスワードが必要です」というエラーが表示される 

このエラーの原因と解決策については、本記事の上部にある「パスワード/基本認証に関するエラー」の内容をご確認ください。

メール送信時に、「認証できませんでした」というエラーが表示され、メールを送信できない 

IMAP/POP連携の設定において、送信メールサーバーのパスワードが間違っているか、有効期限が切れている可能性があります。

問題を解決するには:
  1. IMAP/POP連携の設定画面に移動し、パスワードを更新します。
  2. その際、送信メールサーバーのパスワードも更新する必要がありますのでご注意ください。


Zoho CRMのアカウントに同じメールが2件ずつ表示される  

IMAP/POP連携の設定画面で[送信メールをサーバー内に保存する]設定が有効になっている場合、同じメールが重複して表示されることがあります。[送信メールをサーバー内に保存する]設定は、送信済みのメールがSMTPサーバーに自動保存されないメールサービスを連携する場合に、この設定を有効にする必要があります。
一方、送信済みのメールがSMTPサーバーに自動保存されるメールサービスを連携する場合に、この設定を有効にすると、受信トレイにメールが2件ずつ重複して表示されます。後者の場合は、[送信メールをサーバー内に保存する]設定を無効にすると、受信トレイに各メールが1件ずつ表示されるようになります。

利用中のメールアカウントでIMAPによるアクセスが有効になっていない 

利用中のメールサービスの設定画面で、IMAPによるアクセスを有効にしてください。


利用中のメールサービスで2段階認証は無効であるにもかかわらず、IMAP/POP連携の設定時にパスワードを入力すると、「認証できません」と表示される 

パスワードが間違っている可能性があります。パスワードが正しいかどうかを、もう一度ご確認ください。


よくあるエラーと解決策:  

データの詳細画面において、メールの関連リストに表示されないメールがある 


Zoho CRMと同期できるのは、連携しているメールサービスの受信トレイ送信済みトレイにあるメールのみです。メールの関連リストに表示されないメールがある場合は、利用中のメールサービスにおいて、IMAP連携で表示するフォルダーとして、受信トレイと送信済みトレイが指定されているかどうかをご確認ください。なお、IMAPによる同期は、Webメールの設定を通じて実行されるため、設定はMicrosoft Outlookなどのメールアプリからではなく、Webブラウザーからメールサービスにアクセスして行ってください。

利用中のWebメールサービスではメールが表示されている(受信トレイと送信済みトレイがIMAPの表示対象として設定されている)にもかかわらず、Zoho CRMの関連リストにメールが表示されない場合は、サポート窓口にお問い合わせください。

「処理を完了できませんでした。該当のメールアカウントとの連携は、組織内の別のユーザーによってすでに設定されています」というエラーが表示される

このエラーは、該当のメールアドレスとのIMAP/POP連携が、Zoho CRMの組織内の別のユーザーアカウントですでに設定されている場合に表示されます。管理者は、エラーの原因となっているアカウントを削除できます。削除するには、Zoho CRMで[設定]→[Zoho Mailアドオンのユーザー]に移動し、ユーザーの一覧で、該当のユーザーの欄にある[設定を削除する]をクリックします。

上記の方法によっても問題が解決しない場合や、該当のユーザーアカウントを特定できない場合は、サポート窓口にお問い合わせください。

管理者権限を持っているにもかかわらず、自分のアカウントでメール共有の設定を編集できない 


メール共有の設定を編集できない場合、自身のアカウントに対してメール設定がロックされている可能性があります。この場合、自分以外の管理者に依頼してメール設定のロックを解除してもらうと、編集できるようになります。

メール設定のロックを解除するには:
  1. Zoho CRMの組織内の管理者権限を持つユーザーが、[設定]→[セキュリティ管理]→[Zoho Mailアドオンのユーザー]にアクセスします。
  2. IMAPPOP連携を利用しているユーザーの一覧が表示されます。
  3. 対象のユーザーの[設定のロックを解除する]をクリックします。ロックが解除されると、該当のユーザーはメール共有の設定を編集できるようになります。
メモ:メール設定のロック解除は、自分以外の管理者に実行してもらう必要があります。

[設定]→[チャネル]→[メール]の順に移動すると、「この操作を行う権限がありません。あなたの組織の管理者にお問い合わせください」というエラーが表示される 


このエラーは、メール連携の権限がないユーザーが[メール]の設定画面にアクセスした場合に表示されます。機能を利用するには、組織の管理者に依頼して権限を許可してもらう必要があります。

なお、メール連携の権限の設定は、[設定]→[セキュリティ管理]→[権限]に移動して対象の権限をクリックし、権限の設定画面で[設定の権限]→[メールとテンプレート]→[メールとチャットの設定]から行うことができます。 

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training



              Zoho Desk Resources

              • Desk Community Learning Series


              • Digest


              • Functions


              • Meetups


              • Kbase


              • Resources


              • Glossary


              • Desk Marketplace


              • MVP Corner


              • Word of the Day









                                • Related Articles

                                • IMAPとPOP3のメール設定

                                  Zoho CRMでは、メールの受信方式(IMAP、POP3)に応じたメールアカウントの連携を設定することで、Zoho CRMの操作画面で直接メールを送信するだけでなく、メールを受信して管理できるようになります。メールのデータは、対象のメールアカウントとZoho CRM間で同期されます。また、Zoho ...
                                • 送信メールサーバー(SMTP)と受信メールサーバー(IMAP)の設定値

                                  この記事内の情報は、最新ではない可能性があります。また、この記事に記載されている情報に関して、Zohoはいかなる保証も行いません。 標準的なポート設定 サーバーの種類 通信方式 ポート番号 送信メールサーバー(SMTP) 暗号化なし AUTH 25(または、587) TLS暗号化 StartTLS 587 SSL暗号化 SSL 465 受信メールサーバー(IMAP) 暗号化なし AUTH 143 TLS暗号化 StartTLS 143 SSL暗号化 SSL 993 Gmail サーバー 通信方式 ...
                                • メール機能に関するよくある質問(FAQ)

                                  Zoho CRMでメールの送受信のステータスを確認するには? メールの送受信のステータス(到達や開封などの状況)は、受信者に関連するデータの詳細ページで[メール]の関連リストから確認できます。具体的には、[見込み客]や[連絡先]の他、[商談]、[見積書]、[請求書]などのタブで、[メール]の関連リストから確認可能です。なお、[商談]タブの場合は、商談に関連付けられている連絡先と送受信したメールのステータスを確認できます。 送受信のステータスにはどのようなものがありますか? Zoho ...
                                • プロフェッショナルプランからスタンダードプランにダウングレードすると利用できなくなる機能

                                  ダウングレードを検討中の方へ:プロフェッショナルプランからスタンダードプランにダウングレードすると、Zoho CRMの一部(30種類以上)の機能を利用できなくなります。ダウングレードによって利用できなくなる機能は以下のとおりです。 営業支援システム(SFA) マクロ シグナル(最新情報の通知) モチベーター(ゲーム設定) Web通知(他サービスのURLを通じた連携) 担当者の割り当てルール マーケティングオートメーション(MA) 一括メール送信の予約 各種書類の管理 商品 価格表 見積書/受注書 ...
                                • メールマグネット

                                  Zoho Mailアドオンを使用すると、Zoho CRM上でメールの送受信が可能になり、顧客とやりとりしたメールを顧客情報に関連付けて管理できます。ただし、担当する顧客の人数や対応するメールの件数が多いと、顧客からのメールの確認と対応に時間がかかってしまいます。 そこで、メールマグネットが役立ちます。メールマグネットは、メールに関するリアルタイムの通知機能です。Zoho ...

                                Resources

                                Videos

                                Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                                eBooks

                                Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                                Webinars

                                Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                                CRM Tips

                                Make the most of Zoho CRM with these useful tips.