Zia Vision(画像検証)

Zia Vision(画像検証)

Ziaは、Zoho CRM内の人や物の画像を認識し、分類できます。無効な画像がZoho CRMにアップロードされた場合は警告を表示します。Ziaがさまざまな対象を識別できるようにトレーニングするために、 自動車、文房具、スポーツ用品、携帯電話などの画像をアップロードできます。Zoho CRMで 事前に用意されている画像や独自の画像を使用できます。

たとえば、不動産会社の担当者が画像検証を使用すると、CRMシステムに追加する前に不動産の画像を検証できます。担当者は、無効である場合に備えて承認を得るために、 上司に 画像またはデータ全体を送信できます。不動産の一覧に追加する前に画像を検証することで、無効なデータが登録されるのを回避できます。

画像検証ルールと画像レビューの設定権限の有効化

Zoho CRMで 設定の管理または画像のレビューの権限を持つ 管理者は、画像検証ルールと画像レビューをそれぞれ作成できるようになります。選択したユーザーに設定の管理権限を付与して、 ルール作成のみで画像レビューの権限を持たないように設定 できます。同様に、画像レビューのみで表示や設定の権限を制限することもできます。

[権限][Zia][画像検証] で、2つの権限があります。各権限でユーザーに許可する内容は、以下のとおりです:
  1. 設定の管理: この権限を持つユーザーは、ルールを作成、編集、表示、有効化、無効化、削除できます。画像のレビューはできません。
  2. 処理の管理: この権限を持つユーザーは、画像をレビュー、承認、却下できます。ルールの表示、作成はできません。
権限で[画像検証]ボタンをオンに切り替えると、[処理の管理]も自動的に有効になりますのでご注意ください。ただし、[設定の管理]は手動で選択して、有効にする必要があります。

 

権限を付与するには
  1. [設定][ユーザーと権限][セキュリティ設定] に移動し、権限を選択します。
    管理者または管理者を複製した権限のみ、選択できます。
  2. [権限] で、 [権限設定] に移動し、 [Zia] をクリックします。
  3. [Zia] で、 [画像検証] のボタンをオンに切り替えます。 
    [処理の管理] が自動的に有効になります。クリックすると、無効にできます。
  4. 要件に応じて、 [設定の管理] [処理の管理] を選択して有効にします。



Zoho CRMでの画像検証ルールの設定

画像は、手動でアップロードされたりAPIを通じて追加されたりしますが、間違った画像や不適切な画像がアップロードされてしまうことがあります。Ziaは、このようなケースを特定し、不適切な画像を削除したり置き換えたりする作業を手助けします。

画像検証ルールの設定手順:

  • 画像検証の対象データ :画像検証ルールは、標準タブとカスタムタブの両方に設定できます。画像検証を実行するデータの条件を設定できます。条件設定は、対象のタブのデータに、複数の種類の画像が保存されている場合に特に便利です。たとえば、不動産業において物件タブに居住用物件と別荘用物件の両方の画像がある場合に、別荘用物件の画像のみ検証するように設定できます。同様に、自動車やバイクの販売業において車両タブに自動車とバイクの両方の画像がある場合に、バイクの画像のみを検証のみ検証するように設定することも可能です。
     


  • 画像が保存されている項目 :データの画像または[画像のアップロード]項目にアップロードされた画像を画像検証用に選択できます。[画像のアップロード]項目は、1件以上の画像がアップロードされている場合のみ、設定時に利用できます。

  • 画像が無効な場合に実行する処理: アップロードされた画像が、該当のタブにおいて想定される内容に適合しない場合、Ziaにより、該当の画像が無効であることが表示されます。たとえば、物件タブに戸建て住宅と別荘用物件の画像のみが保存されている状態で、アパート用物件の画像がアップロードされた場合、画像が適合しないと識別され、エラーとして扱われます。画像検証の結果、有効な画像ではないと識別された場合、以下のいずれかの処理を実行できます: 

    • データの作成や更新を行わない :データの新規作成や更新は行われません。却下として処理されます。ユーザーが画像を編集して、検証を再申請できます。データの詳細ページで通知を確認できるのは、申請者のみです。通知では、画像検証が失敗したこと、画像を編集して再申請できることが伝えられます。画像検証に失敗したデータは、[画像検証が適用されたデータ]と呼ばれるカスタムビューで確認できます。

    • 画像の承認を申請する :Zoho CRMの管理者に対して、データの画像のみを対象として承認申請が行われます。   

    • データの承認を申請する :承認者は、[処理待ち]タブまたはデータの詳細ページで、承認申請されたデータを確認できます。データの画像検証に失敗した場合、データは承認されるまで自動的にロックされます。(データの承認者ではない)ユーザーは、データが画像検証待ち、または、承認待ちであることを確認できます。却下されたデータまたは処理待ちのデータは、[画像検証]の下の[(タブ名)]ビューに一覧表示されます。

    • 画像を削除してデータを作成する :データの画像を除いて新しいデータが作成されます。 
  • Ziaのトレーニングデータのアップロード :画像検証のトレーニング用のデータとして、あらかじめ用意されているトレーニング用画像、または独自の画像のいずれかをアップロードできます。Ziaが画像を適切に認識して分類し、内容の不整合を検知するためには、5件以上の画像が必要です。トレーニング用のデータは、次の2種類に分類されます:

    • アップロードする内容として適合している画像は、 適切 な画像として識別されます(例:上記における別荘用物件の画像)。適切な画像を5件以上アップロードすることで、Ziaが適切に識別できるようトレーニングできます。

    • アップロードする内容として適合していない画像は、 不適切 な画像として識別されます。たとえば、別荘用物件の画像のみを管理する場合に、アパートやショッピングセンターなどの画像をアップロードした場合などです。この処理により、不適切な画像の登録を防げます。
あらかじめ用意されているトレーニング用画像は、いくつかのカテゴリーに分類されています(例:食品、自動車、バイク、自転車)。一度に1組の画像のみアップロードできます。
また、一度に1種類の画像のみアップロードできます。これは、適切な画像、不適切な画像、あらかじめ用意されている画像の3つのすべての種類の画像に該当します。 

画像アップロードの例

以下の使用例から、起こりうる問題とその解決方法をみてみましょう:

使用例1. 文房具の製造業者では、販売会社からの一括注文を通じて受け取ったペンや鉛筆の画像を検証します。識別の分類指標 として、 これらの商品の画像をアップロードしましたが、一括注文を受けた際に、ボールペンの画像の多くが無効と判断されました。

解決方法: トレーニング用のデータには、万年筆、ゲルインクボールペン、マーカーペン、鉛筆など、さまざまな種類のペンの画像が含まれていますが、 ボールペンの画像がありませんでした 。そのため、Ziaは様々な種類のペンを識別できますが、ボールペンは識別できずに無効な画像と判断します。したがって、正確な識別結果を得るためには、すべての分類対象の 画像をアップロードすることが重要です。

使用例2.  携帯電話の販売会社では、スマートフォンの画像を検証します。販売対象のすべてのブランドのスマートフォンの画像をアップロードしましたが、いくつかの携帯電話の画像が無効と判断されてしまいます。

解決方法: 販売会社では、すべてのブランドのスマートフォンの正面の画像のみアップロードしました。ただし、異なる角度で撮影された画像は似通っていて、識別が困難です。そのため、識別の精度を向上するには、さまざまな角度から撮影された画像をアップロードすることが重要です。

使用例3.  玩具とパズルの卸業者では、分類指標として同様の種類の画像を使用しても、 幾何学形のパズルが 無効な対象として識別されるため困っています。 

解決方法: 幾何学的形状はすべての角度で似通っているため、すべての角度からの画像をアップロードすれば、正確な識別結果を得られます。ただし、類似性を把握するためには十分な画像が必要です。すべての角度から同じ様に見える物体の画像をアップロードする際には、 Ziaの画像検証のための最低要件として、 5〜6件以上の画像が必要です。システムで相関関係を識別できるように、1件の画像を5回繰り返すことをおすすめします。
留意事項
  1. デスクトップから画像をアップロードする場合、Ziaの認識精度を高めるために、以下のガイドラインに従う必要があります:
    1. 画像は以下の形式にする必要があります:JPG、JPEG、PNG、GIF、BMP、TIFF
    2. トレーニングデータは、検証対象のデータに可能な限り近いものにしてください。つまり、家、バイク、車などを明確に識別しやすい画像を用意してください。
    3. トレーニング用画像には、複数の角度、解像度、背景のものを用意するようにしてください。
  2. Ziaは、通常、人間が認識できないパターンは認識できません。そのため、人間が0.5~1秒間見てもパターンを認識できないような画像の場合、Ziaをトレーニングすることはできません。
  3. トレーニングには、できる限り多くの画像を使用してください。カテゴリーごとに、5件以上の画像が必要です(画像1件あたり5MBまで)。画像が多ければ多いほど、精度が上がります。
  4. 異なるカテゴリーの画像を組み合わせないでください。カテゴリーの特徴をよく表す画像を使用してください。
  5. 上記のガイドラインに従わない場合、トレーニングの精度が低下します。
  6. Ziaによる検証結果に確信が持てるまでの措置として、データまたは画像の承認を設定することをおすすめします。
メモ
  1. ガイドラインの内容への適合性に応じて、画像検証ルールの精度スコアが算出されます。画像検証ルールの精度スコアが80%以下の場合、必要な修正が行われるまで、ルールは適用されません。 
  2. 複数のルールが設定されている場合、一致するルールに基づいて、対象データにルールが適用されます。 

画像検証ルールを作成するには:
  1. [設定]→ [Zia][Vision] (画像検証)[利用を開始] に移動します。
    以前にルールを作成している場合は、 [新しい画像検証ルール] をクリックします。
  2. [画像検証ルールの作成] ページで、 [ルール名] を入力します(例:居住用または別荘用物件の画像検証)。
  3. [検証対象のデータ] での設定内容:
    • 一覧から、対象の タブ を選択します(例:物件)。
    • [条件] の欄で [すべてのデータ] または [選択したデータ] のいずれかを選択します(例:「資産の種類」「が次の値と等しい」「戸建て住宅,別荘」)。
  4. [検証失敗時にZiaを通じて実行する処理] の欄で、次のいずれかを選択します:
    • データの作成や更新を行わない
    • 画像の承認を申請する
    • データ全体の承認を申請する
    • 画像を削除してデータを作成する

  5. [トレーニングデータのアップロード] の欄で、 適切 または 不適切 な画像 をアップロードします。
    ギャラリーから選択するか、デスクトップから独自の画像をアップロードするかを選択できます。
  6. [保存] をクリックします。 

設定のテスト

設定のテスト機能を使用すると、Ziaによってトレーニングデータに基づき作成されたパターンを、管理者が評価できます。画像を入力するとZiaによって作成された設定に一致するかどうかについての結果をすぐに取得でき、成功または失敗かどうかが表示されます。結果に基づいて、管理者は設定に変更を加えることができます。

設定をテストするには:
  1. [設定]→ [Zia][Vision](画像検証)に移動します。
  2. 画像検証の設定をテストする対象のルールを選択します。
  3. [設定のテスト]をクリックします。



  4. Ziaによる検証が必要な画像をアップロードします。



  5. Ziaによる画像検証が行われ、結果が表示されます。



[処理待ち]からのデータまたは画像の承認

[処理待ち] タブからデータまたは画像を承認できます。管理者がデータを承認すると、画像を承認できるようになります。データが却下されると、画像も自動的に却下されます。  

ルールの削除と無効化

必要に応じて、ルールを削除または無効化できます。検証ルールが適用されたデータを承認するように設定している場合、ルールを削除すると、承認待ちのデータに関する通知が届きます。ルールを無効にすると、承認待ちの既存データの状態はそのまま保持されますが、新しいデータに対してはルールは適用されなくなります。 





          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zia Voice

                            Ziaを使用すると、Zoho CRM内のデータに関するすべての質問への回答を瞬時に得られます。Ziaは、Zoho CRM内のあらゆるタブに関する質問に対話形式で回答します。 たとえば、あるチームミーティングに突然飛び入り参加することになった場合に、その月の営業活動の状況をすぐに知りたければ、Ziaに「Zia, get me the deals closing this month by stage. ...
                          • Ask Zia(Ziaに質問)

                            営業アシスタントであるZiaを使用すると、Zoho CRM内のデータに関するすべての質問への回答を瞬時に得られます。また、指定した処理を実行することもできます。たとえば、「Get me the list of my overdue tasks」(自分の遅延タスクの一覧を取得して)とZiaに伝えると、必要な結果が即座に表示されます。通話以外に、Ziaにチャットで質問することも可能です。   Ziaに通話するには Zoho CRMアプリのホーム画面で、Zia  アイコンをタップします。 ...
                          • Ziaの概要

                            現代社会においては、企業は複数のデータ元から得られる巨大なデータに対処しています。このデータとは、電話での問い合わせ、Facebookページの新しいフォロワー、マーケティングキャンペーンの不達となったメールなどです。これは大きなビジネスチャンスにつながる巨大なデータの山であるため、このようなデータを理解することは非常に重要です。 Zia(ジア)は、Zoho ...
                          • メール用Zia

                            顧客、パートナー、仕入先などとのビジネス上のコミュニケーションの多くは、メール経由で行われます。メールは、コミュニケーション方法としてだけではなく、情報を保管する場所としても重要です。メールで調整した打ち合わせ日程などの予定、業務上の検討事項や対応事項、顧客の住所や電話番号、提案や請求書などのファイルなど、さまざまな情報が保管されています。営業担当者は、メールからCRMデータベースにこれらの情報を手動で転記して入力するのにたくさんの時間がかかっているかもしれません。 Zoho ...
                          • Ziaの通知

                            業務において、さまざまな情報元から得た最新情報を確認し、整理することはとても重要です。Ziaの予測機能や傾向分析機能を営業活動においてすでに利用している場合、Ziaの通知機能が役立ちます。Ziaの通知機能を利用すると、業務で発生した通常の傾向とは異なる値がZiaによって検知され、この値に関する通知を受け取ることができます。  Ziaは、通常の傾向に反したデータが発生した際に異常値として識別します。また、顧客に関するデータや業務に関するデータの新しい傾向を識別することもできます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.