エンドユーザーは、自分の組織のユーザーからの問い合わせをすべて表示することはできますか?

エンドユーザーは、自分の組織のユーザーからの問い合わせをすべて表示することはできますか?

はい、できます。エンドユーザーは、自分と同じ組織に所属している他のユーザーからの問い合わせを含め、自分の組織からの問い合わせをすべて表示することが可能です。これは、1つの取引先に対して複数の連絡先が関連付けられていてそれぞれの連絡先から問い合わせが送信される場合や、問い合わせをする組織の管理者が自分の組織からのすべての問い合わせを一覧で確認したい場合などに特に便利です。これらの問い合わせは、ヘルプセンターの[問い合わせ]タブで確認できます。

ただし、この設定は 初期設定で無効になっていて、Zoho Deskヘルプセンターの管理者が有効にする必要があります。

この設定を有効にするには、以下の手順を実行します:
  1. 上部バーの設定アイコン()をクリックします。
  2. [チャネル]メニューにある[ヘルプセンター]をクリックします。
  3. この設定を有効にするヘルプセンターの名前をクリックします。
    [リブランディング]画面が表示されます。
  4. [ヘルプセンター]のサブメニューにある[アクセス設定]をクリックします
  5. [権限]の下で[顧客が、同じ取引先に所属する他のユーザーの問い合わせを確認可能]オプションを有効にします。
    変更はすぐに保存されます。




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • モバイルプラットフォーム用ASAPアドオンの操作

                            iOS、Androidといったモバイルプラットフォーム用ASAP SDKを活用すると、モバイルアプリを利用するエンドユーザー向けに、手軽に検索できるヘルプ機能を提供することができます。SDKを使用することで、アプリ内のアドオンを作成したり、カスタマイズしたりできます。また、エンドユーザーが以下の機能に簡単にアクセスできるようになります: カスタマーサポートチームへの問い合わせ(問い合わせの送信、サポート担当者とのチャット) ナレッジベース(ヘルプ記事へのアクセス) ...
                          • 制限付き担当者としてのユーザー追加

                            初期設定の権限の1つである制限付き担当者を用いると、 追加費用なしで カスタマーサポートチーム外のユーザーを追加して権限を割り当てられます。制限付き担当者によるZoho Deskへのアクセスは、一定の範囲に制限されます。問い合わせの項目は編集できないため、問い合わせに返信したり担当者を更新したりはできません。ただし、制限付き担当者は問い合わせに非公開コメントを追加して、担当者を支援できます。この非公開コメントは内部的なものであり、エンドユーザーは表示できません。 ...
                          • CC機能の有効化(問い合わせでのCCの宛先の追加)

                            CC機能を利用すると、担当者とエンドユーザーが、追加ユーザーをCCに含めることができます。担当者は、メールの返信、問い合わせの詳細画面、問い合わせフォームにて、他のユーザーをCCとして追加できます。同様に、エンドユーザー(問い合わせをする顧客)は、メールやヘルプセンターにおいて他の人をCCとして追加できます。CCに追加された人は、ヘルプセンターで問い合わせを確認することができます。また、コメントや返信の通知を受け取ることもできます。 メモ: ...
                          • Android向けASAP SDKの操作

                            SDK バージョン2.0 はじめに Android向けのASAP SDK(ソフトウェア開発キット)を活用すると、Androidアプリのエンドユーザーが手軽に利用できるヘルプ機能を提供することができます。SDKを使用することで、アプリ内のアドオンを作成したり、カスタマイズしたりできます。また、エンドユーザーが以下の機能に簡単にアクセスできるようになります: カスタマーサポートチームへの問い合わせ(問い合わせの送信、サポート担当者とのチャット) ナレッジベース(ヘルプ記事へのアクセス) ...
                          • ユーザーラベルの作成と管理

                            ラベルは、コミュニティでエンドユーザーを分類、識別するために追加できるキーワード(タグ)です。たとえば、コミュニティでベストアンサーを回答したユーザーに「エキスパート」というラベルを追加できます。  メリット エンドユーザーに対してラベルを追加することで得られるメリットは、以下のとおりです。 ラベルは、エンドユーザーを効率よく管理するのに役立ちます。たとえば、新しいユーザーが追加されるたびに、ユーザーにラベルを割り当てて、類似したユーザー同士をグループにまとめることができます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.