Zwitch(Zoho Deskへのシステム移行)に関するよくある質問

Zwitch(Zoho Deskへのシステム移行)に関するよくある質問

どのようなタブをZoho Deskに移行できますか?

Zoho Deskと他社の顧客サポートやヘルプデスク用のソフトウェアでは、通常似たようなデータが管理されています。移行においては、以下のような種類のデータをZoho Deskに移行することができます。
  1. 組織または会社
  2. エンドユーザーまたは連絡先
  3. 問い合わせ
  4. 記事
上記のタブのデータには、作成、編集した日付時間や、作成したユーザー情報が保持されます。

データのエクスポート後、FreshdeskやZendeskなどの他サービスのアカウントを削除しても問題ないですか?

データのエクスポート後、Freshdesk、またはZendeskのアカウントをすぐに削除しないでください。Freshdesk、またはZendeskによって行われるデータのバックアップには、移行に必要なすべての情報が含まれていません。たとえば、Zoho Deskの移行機能によって、文中の画像、添付ファイル、他のカスタム項目の値などのデータが、REST APIを使用してダウンロードされます。これらのデータは、バックアップファイルには存在しません。さらに、Freshdeskからデータを移行する場合、問い合わせの添付ファイルをダウンロードするリンクは、エクスポート後から1週間のみ有効です。データの移行にかかる時間が1週間を超える場合は、新しいデータバックアップを作成してZoho Deskに送信する必要があります。

Freshdesk、またはZendeskアカウントを問題なく削除できるようになると、Zoho Deskからお知らせが送信されます。

データの移行が完了するのはいつですか?

データの移行が完了するまでにかかる時間は、以下の要因によって異なります:
  1. 移行対象のユーザー数
  2. 移行するバックアップデータに含まれるデータ量
  3. データの移行に関わる難易度
上記を踏まえて、Zoho Deskの移行機能により、正確に顧客のデータの移行が行われます。移行に関する詳細や、完了までの正確な時間については、サポートチームにご連絡ください。

カスタム項目のデータの移行は可能ですか?

はい、可能です。カスタム項目のデータは、Zoho Deskにおいて作成された各タブ内のカスタム項目に移行されます。ただし、以下の制限事項にご注意ください。
  1. カスタム項目のラベルの長さは最大50文字です。
  2. カスタム項目のラベルには、次の文字のみを利用できます:大文字アルファベット、数字、特殊文字 _ - .$ @ ? , : ' / !
  3. 上記以外の文字はアンダースコアに置き換えられます。

各タブで移行できるカスタム項目の上限はいくつですか?

アカウント内で作成できる項目の総数と、作成できる項目の種類には制限があります。これは、Zoho Deskのプランによって異なります。たとえば、作成できる項目の上限は、エンタープライズプランで230件プロフェッショナルプランで150件スタンダードプランで50件です。Zoho Deskの無料プランでは、カスタム項目を利用できません

以下の表は、エンタープライズプランにおける、対応している項目の種類とその上限です。

 項目の種類/タブ
 上限
 文字列の項目(一行テキスト、選択リスト、メール、電話番号、URL)
 100
 その他の項目(複数選択リスト、複数行テキスト)
 30
 整数
 20
 小数点、パーセント、通貨
 20
 日付
 20
 日付/時刻
 20
 チェックボックス
 20
 タブ(問い合わせ、連絡先、取引先、商品、活動などのデータの種類のことを指します)
230

移行後にカスタム項目が表示されないのはなぜですか?

以前のシステムのカスタム項目は移行された後、初期設定の部門の使用していない項目セクションに追加されます。カスタム項目のデータを表示するには、カスタム項目をレイアウトにドラッグ&ドロップする必要があります。これを行うには、[設定] > [レイアウトと項目] > [レイアウトの編集]の順に移動します。

メモ:Zoho Deskは、項目の階層化に対応していません。そのため、該当の項目は、以前のシステムに存在していたとしても、移行されません。

担当者のアカウントはZoho Deskに自動的に追加されますか?

いいえ、されません。移行するにあたって、担当者を招待し、Zoho Deskで担当者のアカウントを認証する必要があります。担当者のZoho Deskのメールアドレスは、Freshdesk、またはZendeskのメールアドレスと同じである必要があります。同じではない場合、その担当者の問い合わせは移行後未割り当てに設定されます。

また、問い合わせを移行する部門(初期設定、またはその他)へのアクセス権限を担当者に付与する必要があります。

移行したデータを識別するにはどうすればよいですか?

以前のシステム移行したデータを識別しやすくするために、見やすい属性情報が用意されています。

問い合わせ
「Old Ticket ID」(以前の問い合わせID)という1行テキスト項目が問い合わせに追加されます。この項目には、問い合わせの一意の「display ID」(Freshdesk)、または「nice ID」(Zendesk)が表示されます。これらのIDは実際の問い合わせIDを表しませんが、Zoho Deskに移行された問い合わせを識別するために使用できます。

完了した問い合わせ
Mig Closed」(移行/完了済み)という問い合わせのステータスが作成され、以前のヘルプデスクで完了ステータスにあった問い合わせに割り当てられます。このステータスは移行を開始する前に作成する必要があります。そのため、要件に合わせて名前をカスタマイズすることができます。

連絡先と取引先
Is Migrated」(移行済み)というチェックボックス項目が連絡先と取引先に追加されます。Zoho Deskに移行された連絡先や取引先の場合、この項目に「true」(該当)と表示されます(チェックボックスが選択されます)。

記事
Zoho Deskに移行されたナレッジベースの記事には、「ZohoDesk Migrated」(ZohoDeskに移行)というタグが表示されます。

記事のどの項目が移行されますか?

問い合わせのタブと同様に、Zoho Deskによって既存のナレッジベースのカテゴリーとセクションが再作成され、以前のヘルプデスクでの表示方法が再現されます。文中の画像添付ファイルを含むすべての記事が、適切な場所に移行されます。

移行時にシステム項目はどのように処理されますか?

システム項目は削除できない標準項目です。以下のシステム項目のみが問い合わせに移行されますのでご注意ください:
  1. ステータス
  2. 分類
  3. カテゴリー
移行の際に、これらの項目にカスタム値が保持され、問い合わせに割り当てられます。たとえば、ステータス値が「Abierto」、「Esperando」、「Cerrado」の場合、言語に関係なく同じステータス値がZoho Deskに追加され、移行された問い合わせに割り当てられます。

分類カテゴリー項目は、ステータス項目と同じ方法で処理されます。

問い合わせをカスタム部門に移行できますか?

できません。現在、Zoho Deskの移行エンジンがすべてのデータをZoho Deskの1つの部門(初期設定、またはその他)に移動するように設計されているためです。

FreshdeskやZendeskでライセンスをキャンセルしても問題ないですか?

はい、認証情報が移行に使用されている管理者を除き、他のすべての担当者のライセンスをキャンセルしても移行後の処理には大きな影響はありません。ただし、管理者の認証情報はAPIへのアクセスに使用されるため、変更しないでください。






          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Freshdeskからのデータ移行(Zwitch)

                            Zoho Deskのご検討ありがとうございます!Zwitchプログラムは、FreshdeskユーザーがZoho Deskにスムーズに移行できるように設計されています。簡単な数ステップで、FreshdeskからZoho Deskにデータを移行できます。 利用できるタブ Zoho Deskに移行できるタブは次のとおりです。 チケット コメント 添付ファイル ナレッジベース文書 連絡先 会社 メモ: カスタムタブはZoho Deskには移行できません。 不要なタブはスキップできます。 前提条件 ...
                          • Zendeskからのデータ移行(Zwitch)

                            Zoho Deskのご検討ありがとうございます。ZendeskアカウントからZoho Deskへのデータ移行は、数ステップで簡単に行えます。 利用できるタブ Zoho Deskに移行できるタブは次のとおりです。 エージェント チケット コメント 添付ファイル 記事 エンドユーザー 組織 メモ: 無料プランでは、データ移行機能は利用できません。 カスタムタブ/モジュールはZoho Deskには移行できません。 必要でないタブはスキップできます。 前提条件 Zendeskデータの取得: ...
                          • Zoho Deskとは?

                            ヘルプデスク管理ソフトウェア Zoho Deskは、Webベースのヘルプデスクソフトウェアです。、カスタマーサポートの活動を効率的に管理できます。Zoho Deskでは、ヘルプデスクのお問い合わせの割り当て、追跡、通知の設定が簡単にできます。顧客のビジネスに合わせてZoho Deskをカスタマイズし、カスタマーサポートの顧客満足度を保証できます。 Zoho Deskの主な機能 カスタマーサポート問い合わせの優先度付け、対応状況の把握、完了 ...
                          • Zoho CRMとZoho Deskの連携

                            Zoho CRMとの連携により、顧客データベースを常に同期してデータの整合性を維持することで、営業チームとサポートチームが顧客の全体像を把握しやすくなります。連携するには、Zoho Deskの管理者権限が必要です。また、Zoho CRMの管理者権限も利用可能であることをご確認ください。 機能 Zoho CRMと連携すると、顧客サポートの向上に役立つ、以下の機能を利用できます: カスタム項目のデータを含めて連絡先と取引先のデータを双方向で同期し、データベース上の顧客情報を常に統一できます。 ...
                          • Zoho AssistとZoho Deskの連携

                            k Zoho Assistオプションは、Zoho Deskの問い合わせから安全なリモートサポートセッションを開始する機能を提供します。どこからでも顧客のコンピューターを確認したり制御したりできます—問題が発生している機器や画面を直接確認し、バグを再現したり、顧客の要望にすばやく対応したりできます。Windows、Mac、Linuxなどのオペレーティングシステムに関わらず、Webブラウザーからリモートサポートのセッションを実行できます。 アドオンのメリット: ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.