Zoho Deskへのサポートメールの転送

Zoho Deskへのサポートメールの転送

任意のメールアドレスで受信したメールを転送することにより、Zoho Deskでサポートの問い合わせを作成できます。メールクライアントで受信したメールをZoho Deskのメールアドレスに転送するには、転送ルールを設定する必要があります。下の図で概要を確認できます。

サポート用メールアドレス
対象のZoho Deskのエイリアス
support@mycompany.com
support@mycompany.zohodesk.com
sales@mycompany.com
sales@mycompany.zohodesk.com
escalation@mycompany.com
escalation@mycompany.zohodesk.com
billing@mycompany.com
billing@mycompany.zohodesk.com

顧客がsupport@mycompany.com宛にメールを送信すると、Zoho Deskの対象のサポートメールアドレス(例:support@mycompany.zohodesk.com)に転送されます。

転送ルールの設定
転送ルールを設定する手順は、メールクライアントごとに異なります。いくつかのメールサービスでの手順を見てみましょう。

Zoho Mail
Zoho Mail出メールを受信したときに、ヘルプデスクにメールを自動的に転送するように設定できます。その際、Zoho Mailのメールボックスにメールのコピーを保存できます。

Zoho Mailからメールを転送するには:
  1. 管理者権限を持つアカウントで、Zoho Mailにサインインします。
  2. 設定アイコン()をクリックします。
  3. 設定ページで、メールアカウント メールの転送をクリックします。
  4. Zoho Deskのサポートメールアドレスを入力し、Enterを押します。(例:support@mycompany.zohodesk.com
  5. Zoho Mailはサポートメールアドレスに確認メールを送信します。
    このメールはZoho Deskの未完了の問い合わせビューで問い合わせとして作成されていて表示されます。 
  6. 問い合わせを開いて、認証プロセスを完了します。 
以上で完了です。Zoho Mailのメールボックスにメールを送信すると、Zoho Deskに転送されることを確認できます。


Exchange Serverに接続したOutlook



Exchangeサーバーに接続したOutlookを使用しているときは、Zoho Deskにサポートメールを転送する転送ルールを設定する必要があります。Outlook 2007を使用している場合、こちらをクリックして手順を確認してください。 

または、メールが有効になっている連絡先に転送するための次の手順を実施してください。
  1. Active Directory内で、Zoho Deskサポートという連絡先(メールアドレス:support@mydomain.zohodesk.com)を作成します。(mydomainはあなたのドメインを表します)
  2. Active Directoryのユーザーのプロパティで、support@mycompany.com に対するメールの転送を有効にします。
メールが有効な連絡先へのメールの転送については、こちらをクリックします。

転送を設定するもう1つの方法は、連絡先を作成することですが、Exchangeのメールボックスを作成したり、転送するようにOutlookクライアントを設定する必要はありません。

Active Directoryからメールを転送するには:
  1. Active Directory内で、Zoho Deskサポートという連絡先(メールアドレス:support@mydomain.zohodesk.com)を作成します。
  2. helpdesk@mydomain.comといったローカルのメールアドレスにグローバル配信グループを作成します。
  3. 新しいグローバル配信グループのメンバーとして、Zoho Deskサポートを追加します。
helpdesk@mydomain.com宛に配信されたメールが、support@mydomain.zohodesk.com宛に転送されます。

メモ:
  • 上記の手順は、Office 365で行うものです。ただし、こちらのページResolutionセクションのMethod 2を参考にしてReturn-Pathを設定する必要があります。

Office 365でホスティングしているExchange
Office 365でExchangeをホスティングしている場合でも、Zoho Deskにメールを転送できます。



Office 365でメールの転送を設定するには:
  1. 管理者権限を持つアカウントで、Microsoft Office 365にログインします。
  2. Office 365のサポートメールボックスを作成します。すでに作成している場合は、この手順を無視できます。
  3. オプション >>すべてのオプションを表示に移動します。
  4. 次の画面で、自分の管理をクリックし、自分の組織を選択します。
  5. 自分の組織の管理のページで、外部の連絡先をクリックします。
    この連絡先により、あなたの組織からZoho Deskにメールを転送します。
  6. 外部のメールアドレスにsupport@mycompany.zohodesk.comを入力し、保存をクリックします。
  7. 受信ボックスに届いたメールに対する新しいルールを作成するには、管理メニューをクリックし、別のユーザーを選択します。
  8. ポップアップウィンドウにてサポートメールボックスをダブルクリックします。
  9. 次のウィンドウで、左側のオプションからメールの整理を選択します。
  10. 新しいルールを作成するには、受信トレイのルールタブで、新規作成をクリックします。
  11. [すべてのメッセージに適用]を選択します。
  12. 次の操作を実行で、メッセージを次にリダイレクトを選択します。
  13. アドレス帳のビューで、メールを転送するメールアドレスを選択します。(例:support@mycompany.zohodesk.com
  14. 変更を保存するにはOKをクリックします。
  15. 新しい受信トレイのルールのページで、ルールの名前を入力します。
  16. 今後受信するメールにルールを適用するには、保存をクリックし、はいをクリックします。
以上で完了です。サポートメールボックスにメールを送信して、Zoho Deskに転送されることを確認できます。

Gmail(Google Mail)
Gmailでサポートメールを受信し、Zoho Deskのアカウントに自動的に転送できます。Gmailのコンソールの[設定]セクションで転送ルールを設定する必要があります。 




Gmailを使用してZoho Deskにメールを転送するには:
  1. 転送元にしたいGmailのアカウントにログインします。
  2. 歯車アイコン()をクリックし、設定を選択します。
  3. 転送とPOP/IMAPタブをクリックします。
  4. 転送のセクションで、転送先アドレスを追加を選択します。
  5. Zoho Deskのサポート用メールアドレスを入力しします。(例:support@mycompany.zohodesk.com
  6. 確認のポップアップウィンドウで、続行をクリックします。
    Gmailはサポート用メールアドレスに確認メールを送信します。
  7. Zoho Deskのアカウントにサインインし、未対応の問い合わせビューを開いてください。
    件名にGmailの転送の確認と記載された問い合わせが表示されます。
  8. 問い合わせを開き、 確認コードをコピーします 。
  9. Gmailのアカウントに戻り転送の欄にコードを貼り付けてください。
  10. 確認をクリックします。
  11. 新しいオプションをクリックし、受信メールのコピーの転送が選択されていることを確認します。
  12. 変更の保存をクリックします。

Google Workspace(旧:G Suite)のメールグループ
Google Workspaceユーザーは、ドメインレベルでのメールの転送を設定できます。次の手順で転送を設定するか、こちらをクリックして、Googleが提供する手順を確認します。
  1. Googleの管理コンソールにログインします。
  2. アプリをクリックし、 Google Workspace >> Gmailをクリックします。
  3. 新しい転送を追加するには、デフォルトの転送をクリックします。
  4. 設定を追加をクリックします。
  5. 選択リストから1人の受信者を選択して、サポートメールアドレス(例: support@mycompany.com を入力します。
  6. エンベロープ受信者が上記と一致している場合 のセクションで、選択リストからメッセージを変更を選択します。
  7. カスタムヘッダーを追加オプションをオンにします。
  8. 追加をクリックし、X-Orig-Toカスタムヘッダーを入力します(例:support@mycompany.com)。
    これによりエージェントはメールが転送されたことを知ることができるようになります。
  9. エンベロープ受信者を変更にチェックを入れてください。
  10. 宛先を置換の項目にZoho Deskのメールアドレス(例:support@mycompany.zohodesk.com )を入力します。
  11. [オプション]のセクションで、 この操作は認識されないアドレスと認識されたアドレスに対して実行しますを選択します。
  12. 保存をクリックします。
上記の手順を繰り返して、他のメールアドレスを追加できます。

Yahoo! Mail
Yahoo! Mailを使用している場合、メールを転送するには、こちらをクリックして手順を確認してください。転送を設定すると、Yahoo Mailに設定したサポートのメールアドレスに確認メールが届きます。このメールはZoho Deskの[未対応の問い合わせ]ビューで問い合わせとして作成されていて表示されます。問い合わせを開いて、Yahoo! Mailの認証プロセスを完了します。

メモ:
  • Zoho Deskへのメール転送を設定するには、Yahoo! Mail Plusに加入している必要があります。




          Zoho CRM 管理者向けオンライントレーニング

          このトレーニングでは、Zoho CRM の運用をこれから始める管理者の方を対象に、その初期設定をZoho Japanのトレーナーとともに完了させてゆきます。また、基本的な機能についても紹介します。

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho Deskとは?

                            ヘルプデスク管理ソフトウェア Zoho Deskは、Webベースのヘルプデスクソフトウェアです。、カスタマーサポートの活動を効率的に管理できます。Zoho Deskでは、ヘルプデスクのお問い合わせの割り当て、追跡、通知の設定が簡単にできます。顧客のビジネスに合わせてZoho Deskをカスタマイズし、カスタマーサポートの顧客満足度を保証できます。 Zoho Deskの主な機能 カスタマーサポート問い合わせの優先度付け、対応状況の把握、完了 ...
                          • Zoho CRMとZoho Deskの連携

                            Zoho CRMとの連携により、顧客データベースを常に同期してデータの整合性を維持することで、営業チームとサポートチームが顧客の全体像を把握しやすくなります。連携するには、Zoho Deskの管理者権限が必要です。また、Zoho CRMの管理者権限も利用可能であることをご確認ください。 機能 Zoho CRMと連携すると、顧客サポートの向上に役立つ、以下の機能を利用できます: カスタム項目のデータを含めて連絡先と取引先のデータを双方向で同期し、データベース上の顧客情報を常に統一できます。 ...
                          • Zoho AssistとZoho Deskの連携

                            k Zoho Assistオプションは、Zoho Deskの問い合わせから安全なリモートサポートセッションを開始する機能を提供します。どこからでも顧客のコンピューターを確認したり制御したりできます—問題が発生している機器や画面を直接確認し、バグを再現したり、顧客の要望にすばやく対応したりできます。Windows、Mac、Linuxなどのオペレーティングシステムに関わらず、Webブラウザーからリモートサポートのセッションを実行できます。 アドオンのメリット: ...
                          • Zoho BugTracker連携の設定

                            技術チームの成功の鍵は、効率的な課題管理です。実際に、顧客は開発されるソフトウェアに大きな期待を寄せており、可能な限り最高のフィードバックをします。もし課題(フィードバックの確認)が効率的に解決され、管理されない場合は、顧客満足度に影響を及ぼします。Zoho BugTrackerは、このような課題の解決に役立つソフトウェアです。Zoho ...
                          • TrelloとZoho Deskの連携

                            Trello®は、チームの共同作業に役立つツールです。Trelloを使用すると、プロジェクトをボードで整理できます。Zoho DeskとTrelloの連携により、開発者やプロジェクト管理チームは、Trelloカードで顧客の問い合わせの背景情報や状況を簡単に把握できます。Power-Upは、TrelloカードとZoho Deskの問い合わせを関連付けするために使用する機能です。 Power-Upとは? Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.