カスタム項目の暗号化

カスタム項目の暗号化



現実の世界でお金などの資産へのアクセスを制限するのと同じように、組織や政府機関が保持する個人情報を保護する必要があります。個人情報が含まれるデータの盗難や漏洩を防ぐための仕組みが必要です。Zoho Deskでは、項目単位の暗号化が可能です。AESを使用してカスタム項目を暗号化できます。

組織がサービスを提供するために、顧客のクレジットカード情報、電話番号、個人識別番号などを収集する場合を考えてみましょう。このような個人情報や機密情報はシステムに保存され、Webサーバーに送信されます。項目単位のセキュリティ設定を使用すると、他のZoho Deskユーザーが該当のカスタム項目のデータを表示できないように制限できます。さらに、ストレージの暗号化により、Webサーバー内の情報が侵害されないように保護できます。

この記事では、カスタム項目を暗号化する方法と、利用を開始する前に覚えておくべき重要ポイントと制限について学べます。

留意事項
項目の暗号化を始める前に覚えておくべき重要なポイントは以下のとおりです。
  1. 暗号化できるのは、カスタム項目(新規および既存の両方)のみです。
  2. 項目は、組織内のすべての部門で暗号化されます。
  3. プロフェッショナルプランと、エンタープライズプランでは、それぞれタブごとに最大5件および10件までの項目を暗号化できます。
  4. 暗号化を適用できるのは、次の種類の項目のみです:一行(テキスト)整数メール電話パーセント小数URL
  5. 各タブには、最大10件までの暗号化されたカスタム項目を設定できます。
  6. APIは、暗号化されたデータに対応しています。
  7. 暗号化された項目は、カスタム関数での入力値として使用できます。
  8. 暗号化された項目は、(Zoho Analyticsを除く)すべての連携で使用できます。
  9. 暗号化により、項目のデータがテキストに変換されます。したがって、項目データの暗号化を有効にするには、まずカスタムビュー、レポート、自動化などの他の機能からの参照削除する必要があります。Zoho Deskでは該当するすべての参照情報が表示されます。
  10. データの暗号化または復号には、 時間がかかります。カスタム項目を暗号化または復号すると、スケジュール処理によってバックグラウンドでデータの処理が開始します。スケジュール処理が完了するまでの所要時間は、データベース内のデータ件数によって決まります。Zoho Deskでは、進行状況が継続的にメールで通知されます。

制限
項目の暗号化を始める前に覚えておくべき重要な制限事項は以下のとおりです。
  1. 暗号化された項目は、レポートの列、基準、合計列、グループ化の列としては使用できません。
  2. 暗号化された項目は、自動化ルールの条件としては追加できません。
  3. 暗号化された項目は、詳細フィルター条件による検索、並べ替え機能では使用できません。
  4. 予測検索は、単語全体が一致する場合にのみサポートされます。たとえば、暗号化されたデータが「Casie Fletcher」の場合、暗号化された項目のデータは、「casie」または「fletcher」のいずれかが入力されるまで、検索結果には表示されません。

カスタム項目の暗号化
レイアウト上でカスタム項目を作成または編集する際に、カスタム項目に暗号化できます。

カスタム項目を暗号化するには:
  1. 上部バーの設定アイコン()をクリックします。
  2. [カスタマイズ]の下にある[レイアウトと項目]をクリックします
  3. レイアウトの画面で、画面上部のメニューから対象のタブ部門を選択します。
  4. 利用可能なレイアウトの一覧から、項目を暗号化または復号するレイアウトをクリックします。



  5. タブレイアウトの編集画面で、暗号化する項目に移動し、設定アイコン()をクリックして、[詳細の編集]を選択します。
  6. 項目の編集画面で、[項目の暗号化]切り替えスイッチをオンにします。



  7. [更新]をクリックして、レイアウトを保存します。
いつでも[項目の暗号化]オプションをオフに切り替えて、カスタム項目を復号できます。




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho Deskでの暗号化

                            暗号化は、メッセージやデータの内容を保護して、意図された受信者のみがメッセージやデータを読めるようにするために使用されます。暗号化は、内容を認識できないデータに置き換えることで実行されます。意図された受信者のみ、内容を理解できるように処理されます。このようにして、暗号化を行うことで、データを盗もうとする可能性のある人からデータを保護できます。 暗号化は、次の2つの場面で行われます: 転送中の暗号化 保存時の暗号化(EAR:Encryption at Rest) 転送中の暗号化 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.