Androidアプリでの問い合わせの管理

Androidアプリでの問い合わせの管理

Zoho Deskを使用すると、ユーザーや担当者が、顧客の問題を効率的に解決できます。担当者が、顧客から受信する問題や苦情を「問い合わせ」と呼んでいます。問い合わせ管理システムにより、問題解決の手順を自動化します。
問い合わせやの問い合わせ管理などの用語を理解したところで、問い合わせ管理の詳細について見てみましょう。

問い合わせの管理

問い合わせのお気に入りビューの作成

問い合わせのお気に入り(スター付き)ビューを表示するだけでなく、Zoho Deskモバイルアプリを使用して、お気に入りビューを作成できます。
問い合わせのお気に入りビューを作成するには、次の手順を実行します:
  1. ホーム画面の左上の[≡](その他のオプション)アイコンをクリックします。



  2. 問い合わせのすべてのお気に入りビューが、問い合わせビューリストの上部に表示されていることを確認できます。



  3. 問い合わせビューを長押しします。
  4. アイコンをクリックして、問い合わせビューをお気に入りビューに設定します。

部門と問い合わせの検索

部門の検索

部門で検索するには:
  1. ホーム画面で、左上の[ ](その他のオプション)アイコンをクリックします。
  2. 表示された画面で、   [部門] ドロップダウンの[▼]をクリックします(次の図を参照)。



  3. 表示されている部門のリストから、必要な部門を選択します。
  4. 選択した部門に関連する問い合わせが表示されていることを確認できます。
  5. [すべての部門] を選択して、すべての部門の問い合わせを表示することもできます。このオプションは、フィードや問い合わせに適用できます。

問い合わせの検索

問い合わせを検索するには:
  1. [虫眼鏡]アイコンをクリックします。 



  2. [問い合わせの検索] 項目で、以下のいずれかの操作を実行します:
  3. テキスト項目内をクリックし、検索テキストを入力します。
  4. 次に、ページの右上にある[検索フィルター]アイコンをクリックします。
  5. すべての部門、または、現在の部門から選択します。
  6. 表示されている問い合わせのリストから、必要な問い合わせを選択します。

音声検索の実行

音声検索を実行するには:
  1. 検索欄にあるマイクアイコンをクリックします。



  2. 表示されたダイアログで[はい]を選択し、次に進みます。



  3. 検索テキストを音声で入力します。



  4. 音声入力が停止すると、結果が表示されます。
音声入力の処理方法についての情報は、Googleの プライバシーポリシー をご参照ください。データの管理には、 https://myaccount.google.com/intro/activitycontrols  にアクセスしてください。

問い合わせビューの検索

問い合わせビューを検索するには:
  1. ホーム画面で、左上の[ ](その他のオプション)アイコンをクリックします。
  2. 表示された画面で、画面を下にスクロールして、すべての問い合わせビューを確認します。
  3. 表示されたビューから、必要なビューを選択します。
  4. 特定のビューに関連する問い合わせを表示することができます。 

問い合わせの追加

問い合わせを追加するには:
  1. ホーム画面で、次の画像のように、画面の右下にある[追加]アイコンをクリックします。



  2. [問い合わせの追加] ページで、次の画像のように、詳細を入力します。 

     

  3. 詳細項目で、リッチテキストエディターを使用してテキスト内容を編集できます。



  4. [添付]アイコンをクリックして、直接、問い合わせにファイルを添付します。
  5. 項目に変更を加えた場合は、[レイアウトの更新]アイコンをクリックして、項目を更新します。
  6. [説明]項目には、リッチテキストエディターを使用して説明を入力できます。
  7. 右上にある[✔](チェック)マークをクリックして、問い合わせを保存します。

メールで送信

Webアプリケーションの設定でこのオプションを有効になっている場合、モバイルアプリケーションの問い合わせの作成ページで[メールで送信]オプションが有効になり、顧客が問い合わせのコピーをメールで受信します。
            

問い合わせの期限の設定

問い合わせの作成時に、問い合わせの期限を設定できます。あとで、編集オプションから変更することができます。
ただし、次の手順で、問い合わせの期限を直接変更することもできます: 
  1. 未完了の問い合わせで、ドロップダウンの[矢印]から [期限の設定] をクリックします。
  2. 表示されたカレンダーで、問い合わせ解決期限の [日付] [時刻] を設定します。

     

問い合わせステータスの設定

問い合わせ作成時に、問い合わせステータスを設定できます。あとで、編集オプションから変更することができます。
ただし、次の手順で、問い合わせのステータスを直接変更することもできます: 
次の手順で、問い合わせステータスを設定できます:
  1. 未完了の問い合わせで、ステータスのドロップダウンの[矢印]をクリックします。
  2. ステータスのリストが表示されます。必要なステータスを選択します。  



問い合わせの優先度の設定

問い合わせ作成時に、問い合わせの優先度を設定できます。あとで、編集オプションから変更することができます。
ただし、次の手順で、問い合わせの優先度を直接変更することもできます: 
次の手順で、問い合わせの優先度を設定できます:
  1. 未完了の問い合わせで、優先度のドロップダウンの[矢印]をクリックします。
  2. レベルのリストが表示されます。適切なレベルを選択します。



問い合わせの操作

その他の操作アイコンを使用して、問い合わせに対して、次の操作を実行できます。


操作
できること
詳細の表示
問い合わせの詳細と履歴を表示できます
問い合わせの編集
問い合わせの詳細を編集できます
移動
問い合わせを、既存の部門から別の部門に移動できます
ブループリントの取り消し
問い合わせに適用したブループリントを取り消せます
削除
問い合わせを削除できます
スパム
問い合わせにスパムに設定できます
フォロワー
問い合わせに他の担当者をフォロワーとして追加できます
マクロの適用
問い合わせに適用するマクロを選択できます
承認
操作の承認者を追加できます
Facebook返信
Facebook経由でコメントに返信できます
Twitter返信
Twitter経由でTwitterコメントに返信できます
Twitterダイレクトメッセージ
Twitter経由で連絡先にダイレクトメッセージを送信できます
返信
問い合わせのコメントに返信できます
転送
問い合わせを他の担当者に転送できます
URLの共有
別の担当者と問い合わせのURLを共有できます
完了通知
エンドユーザーに完了した問い合わせのコピーを送信できます

問い合わせの詳細、履歴、記事の表示

  1. 問い合わせを開きます。
  2. 右上にある[その他の操作]アイコンをクリックします。
  3. 必要に応じて、 [編集] ボタンをクリックして、問い合わせの詳細を編集します。
  4. [詳細]  タブ を選択し、問い合わせの詳細を表示します。
  5. 同様に、  [履歴]  タブをクリックし、問い合わせの履歴を表示します。 



  6. [記事] をクリックして、特定の問い合わせの関連記事を表示できます。記事を追加することはできませんが、記事を表示、コピー&貼り付け、共有できます。 


問い合わせの編集

問い合わせを編集するには:
  1. 編集したい問い合わせを開きます。
  2. [その他の操作]アイコンをクリックし、 [問い合わせの編集] を選択します。



  3. 必要な項目を編集します。



  4. 右上の[✔](チェック)マークをクリックします。

問い合わせの削除/スパム設定

問い合わせの右上にあるアイコンを使用して、問い合わせをスパムに設定するか、問い合わせを完了できます。

問い合わせと連絡先をスパムに設定するには: 
  1. 問い合わせの右上にある[その他の操作]アイコンをクリックします。 
  2. [スパム] を選択します。 
  3. ポップアップメッセージが表示され、問い合わせのみをスパムに設定するか、連絡先もスパムに設定するかの確認を求められます。 
  4. 内容を確認して、 [OK] をクリックします。

問い合わせを削除するには:
  1. 問い合わせの右上にある[その他の操作]アイコンをクリックします。
  2. [削除] をクリックします。
  3. ポップアップ画面の [削除]  をクリックし、問い合わせの削除を確定します。

URLの共有とフォロワーの追加 

[URLの共有]
オプションを使用して、問い合わせのURLを他の担当者に共有できます。  
[フォロワー]
オプションを使用して、自分の問い合わせに他の担当者をフォロワーとして追加できます。

問い合わせのURLを共有するには:
  1. 問い合わせの右上のアイコンをクリックします。
  2. [URLの共有] ボタンをクリックします。
  3. 次の画像に表示されている、いずれかのオプションを選択します。


問い合わせにフォロワーを追加するには:
  1. 問い合わせの右上のアイコンをクリックします。
  2. [フォロワー] をクリックします。
  3. 問い合わせにフォロワーとして追加したい担当者を検索します。


承認の追加とマクロの適用

問い合わせに承認者を追加して、承認を申請できます。また、問い合わせに適用するマクロを選択することもできます。  
                          

問い合わせに承認者を追加するには:
  1. 問い合わせの詳細ページの右上にある [その他の操作] アイコンをクリックします。
  2. [承認]  をクリックします。 



  3. [承認]ページの [追加] アイコンをクリックします。




  4. [承認の申請] ページで、 承認者を選択して、件名を入力し、承認のための説明を入力します。




  5. すべての詳細を入力した後、 [完了] をクリックします。
  6. [承認]ページのフィルターアイコンをクリックして、承認待ち、または、すべての承認など、問い合わせの承認申請を確認できます。

問い合わせにマクロを適用するには:
  1. 問い合わせの詳細ページの右上にある[その他の操作]アイコンをクリックします。

  2. [マクロの適用] をクリックします。



  3. 表示されたマクロのリストから、問い合わせに適用するマクロを選択します。



  4. または、[検索]をクリックして、マクロを検索できます。

ステータスでのブループリント

問い合わせの[ステータス]項目のみにブループリントオプションを適用できます。この設定は、問い合わせの他の項目には影響しません。
                             

ブループリント情報を表示するには:
  1. 問い合わせを開きます。
  2. 問い合わせの詳細ページで、[現在の状態]アイコンをクリックします。
  3. [現在の状態]ポップアップで、ブループリント内の遷移を確認できます。



  4. [ブループリント情報] ボタンをクリックします。
  5. ページにブループリントに関する詳細が表示されます。モバイルアプリでは、情報の閲覧のみできます。情報の追加はできません。Webアプリケーションでのみ、情報を追加できます。



遷移を変更するには:
  1. 問い合わせの詳細表示ページで、[現在の状態]アイコンをクリックします。
  2. [現在の状態]ポップアップで、遷移を選択できます。該当の遷移情報ページが開きます。
  3. Webアプリケーションで設定した遷移条件に基づいて、表示されたリストから、選択リスト、複数選択リスト、期限、担当者、添付ファイルなどの必要なオプションを選択します。
  4. [次の遷移]をクリックして、設定する遷移オプションを選択します。

ブループリントを取り消すには:
問い合わせに適用しているブループリントを取り消すには、次の手順を実行します:
  1. [その他の操作]アイコンをクリックして、[ブループリントの取り消し]を選択します。
  2. 問い合わせのブループリントオプションが消え、ステータスが通常の問い合わせステータスに変更されたことを確認します。 

ブループリントの制限モード
Webアプリでブループリントの制限モードを有効にすると、問い合わせビューモードで処理を実行できなくなります。これは、Webで制限モードを有効にするとすべての項目がロックされるためです。下図をご参照ください。



完了通知

[その他の操作]アイコンをクリックして、[完了通知]の切り替えボタンをオンにします。
Webで このオプションが 有効である場合、エンドユーザーに完了下問い合わせのコピーを送信できます。

TwitterとFacebookのダイレクトメッセージ

TwitterやFacebook経由でエンドユーザーにダイレクトメッセージを送信できます。

Twitterメッセージ
  1. 問い合わせを開いて、右下にあるTwitterロゴをクリックします。
  2. または、[その他の操作]アイコンをクリックして、[ Twitterダイレクトメッセージ]を選択することもできます。
  3. Twitterダイレクトメッセージにメッセージを入力して、[送信]ボタンをクリックします。
  4. また、[その他の操作]アイコンをクリックして、[Twitter返信]を選択すると、コメントに返信することもできます。
Facebookメッセージ
  1. 問い合わせを開いて、右下にあるFacebookロゴをクリックします。
  2. Facebook返信ページに返信を入力して、[送信]をクリックします。


担当者の割り当て

2つの段階で、問い合わせに担当者を割り当てられます。次の2通りの方法があります:
  1. 問い合わせの作成時に、担当者を割り当てます。
  2. 未割り当ての問い合わせに、担当者を割り当てます。

未割り当ての問い合わせに担当者を割り当てるには:
  1. 未割り当ての問い合わせを開きます。
  2. 次の2つのオプションから、いずれかを選択します:
    1. 右上にある [担当者の割り当て/担当者の追加] アイコンをクリックします。
    2. 問い合わせの右上にあるアイコンをクリックし、 [割り当て] を選択します。
    3. 問い合わせビューの列の1つに一覧されている問い合わせをクリックし、ポップアップ画面で [割り当て] を選択します。
  3. [担当者] のページで、次のいずれかを選択します:
    1. 担当者 - 担当者を問い合わせに直接割り当てます
    2. チーム - 問い合わせを割り当てたいチームを選択します
  4. 選択した担当者の画像が、プレースホルダーに表示されます。

一括処理

一括処理に対して最大50件までの問い合わせを選択できます。

統合
最大3件までの問い合わせを一度に統合できます。

問い合わせを統合するには:
  1. 問い合わせを長押しして、統合するその他の問い合わせをクリックします。
  2. 次に、ページの上部にある [統合] アイコンをクリックします。



  3. [問い合わせの統合]ページで、統合処理用に選択した問い合わせの中から、基準にする問い合わせを選択します。
  4. 統合した問い合わせの件名を入力します。
  5. 問い合わせの項目ごとに、保持する基準データを選択します。
  6. 設定の完了後、 [完了] をクリックします。



  7. 確認メッセージが表示されるので、 [OK] をクリックします。

割り当て
担当者に割り当てるすべての問い合わせを選択して、ワンクリックで一度に割り当てできます。

問い合わせを一括割り当てするには:
  1. 問い合わせを長押しして、割り当てるその他の問い合わせを選択します。
  2. ページ上部の [割り当て] アイコンをクリックします。



  3. [割り当て先]ページで、問い合わせを一括割り当てする担当者またはチームを選択します。
  4. ページの下部に確認メッセージが表示されますのでご注意ください。

完了
最大50件までの問い合わせを一度に完了にできます。

問い合わせを完了にするには:
  1. 問い合わせを長押しして、完了するその他の問い合わせを選択します。
  2. ページ上部の [完了] アイコンをクリックするか、[その他の操作]アイコンをクリックしてから[完了]を選択します。
  3. 確認ページが表示されるので、 [OK] をクリックします。

スパム
最大50件までの問い合わせを一度にスパムに設定できます。
  1. 問い合わせをスパムに設定するには、問い合わせを長押ししてから、スパムに設定する問い合わせを選択します。
  2. [その他の操作]アイコンをクリックして、 [スパム] を選択します。
  3. [問い合わせをスパムに設定] ポップアップで、連絡先もスパムに設定するには、 [関連付けられている連絡先もスパムに設定する] オプションにチェックを入れます。



削除
最大50件までの問い合わせを一度に削除できます。

問い合わせを削除するには:

  1. 問い合わせを長押ししてから、削除するその他の問い合わせを選択します。
  2. [その他の操作]アイコンをクリックして、 [削除] を選択します。
  3. 確認メッセージが表示されるので、 [削除] をクリックします。
[すべての部門] ビューでは、問い合わせを統合できません。また、以前のバージョンに復元することもできません。 

問い合わせでの関連情報タブの表示

関連情報オプションを使用すると、問い合わせに解決方法を追加/問い合わせに対応した時間・分を入力/添付ファイルを問い合わせに送信などができます。
次の画像で強調表示されているアイコンをクリックすると、タスクを直接実行できます。ドロップダウンの[矢印]を使用して、セクションを展開し、次のタスクを実行できます:

  • [工数]: アイコンをクリックします。 表示された [工数の追加] のページで、必要な情報を入力し、 [保存] をクリックします。


  • [添付ファイル]:  アイコンをクリックし、問い合わせに添付したいファイルを選択します。  


問い合わせに添付するファイルを選択して、[アップロード]をクリックします。


  • [解決方法]: アイコンをクリックします。表示された [解決方法] ページで問い合わせの解決方法を入力します。 [連絡先に通知] のチェックボックスを選択して、問い合わせに解決方法が追加された際に連絡先に通知できます。設定を完了した後、ページ右上にある  [完了] をクリックします。


問い合わせへのファイルの添付

  1. 問い合わせを開きます。
  2. 添付アイコンをクリックします。
  3. [添付ファイル] ページの右下にある、[+]アイコンをクリックします。
  4. 必要なファイルを選択し、 [アップロード] をクリックします。
  5. 添付ファイルを、「公開」または「非公開」として設定できます。右上の「その他」アイコンをクリックし、 [公開] または [非公開] のいずれかを選択します。 



  6. 添付ファイルの[その他の操作]アイコンをクリックして、下図に表示されているいずれかの操作を選択します。



添付ファイルの削除

添付ファイルを削除するには:
  1. 添付ファイルを選択して、クリックします。 
  2. [削除] アイコンをクリックします。

異なる問い合わせビューとモードの理解

Zoho Deskでは、3つの方法で問い合わせのやりとりの詳細を表示できます。詳細はスレッド、やりとり、コメントのいずれかとして表示できます。  

やりとりビュー(会話形式で表示)

やりとりビューは、スレッドのやりとりと、コメントが1か所に表示されるため、問い合わせの流れを理解しやすくなります。タブを切り替えることなく、やりとりや関連するコメントをインラインで読むことができます。見た目が微妙に異なるため、スレッドとコメントを区別することができます。初めてアクセスすると、やりとりビューで問い合わせが開きます。ただし、ビューの切り替えは可能です。

スレッドビュー(スレッド形式で表示)

エンドユーザーとのすべてのメールのやりとりが、スレッドにグループ化されます。これらのスレッドは、時系列に沿ってリスト表示されます。最新のやりとりが、最上部に表示されます。
返信、すべて返信、転送、メールメッセージの印刷ができます。これらを実行するには、「詳細」アイコンをクリックして、必要な処理を選択します。

コメントに返信/下書きメッセージを作成するには:
  1. 次の画像のように、 [返信] をクリックします。



  2. [作成] ページで、メッセージを入力します。



  3. [その他の操作]アイコンをクリックすると、各種操作が表示されます。
  4. その他の操作から [記事] をクリックして、この問い合わせの関連記事を確認します。
  5. [テンプレート] アイコンをクリックし、メッセージ用にテンプレートを変更します。
  6. 表示されたテンプレートから、テンプレートを選択します。



  7. その他の操作から
    [スニペット]
    をクリックして表示されたオプションから、スニペットを選択します。



  8. 選択したスニペットが作成ページに追加されますのでご注意ください。
  9.   [非公開] オプションを「オン」または「オフ」にして、メールを非公開または公開にします。
  10. 必要に応じて、メッセージを下書きとして保存できます。あとで、作業を再開して、受信者に送信することができます。これを実行するには、次の画像で強調表示されている画面の左上にある[戻る]ボタンをクリックします。

     

  11. 次に、次の画像のように、ポップアップ画面で [保存] をクリックします。


問い合わせの分割

担当者が2つの要件を含む問い合わせを受け取った場合は、部門、チーム、担当者間で問い合わせを分割できます。

問い合わせを分割するには、次の手順を実行します: 
  1. 分割する問い合わせを開きます。 
  2. [その他の操作]アイコンをクリックして、 [新しい問い合わせとして分割] を選択します。 
  3. 確認ページが表示されるので、 [分割] をクリックします。


メッセージの下書きを表示するには:
メッセージの下書きを含む問い合わせを表示するには、次の手順を実行します:
  1. 問い合わせの左下にある [下書き] アイコンをクリックして、メッセージの下書きを直接編集します。
  2. または、[詳細]アイコンをクリックして、次の画像に表示されているオプションのいずれかを選択します。



  3. [下書きの送信] をクリックすると、メッセージを編集せずに、直接受信者にメッセージを送信できます。
  4. 必要に応じて、下書きメッセージを編集した後に [今すぐ送信] ボタンをクリックし、受信者にメッセージを送信します。

コメントビュー
問い合わせ内のすべての既存のコメントを表示できます。

問い合わせにコメントを追加するには、次の手順を実行します:
  1. 問い合わせの右上にある [コメント] アイコンをクリックします。



  2. [コメントの追加] ページで、コメントを入力します。
  3. [非公開] チェックボックスをオンにすると、コメントは非公開になります。つまり、そのコメントはサポートチームにのみ表示されます。チェックボックスが「オフ」の場合、コメントは公開されたままになります。つまり、そのコメントはカスタマ-ポータルで顧客に表示されます。     
  4. 画面右上の[送信]ボタンをクリックします。
  5. コメントを編集または削除することもできます。これには、[その他の操作]をクリックし、ポップアップメニューで必要な処理を選択します。


Ziaのキーワード

Ziaを使用すると、問い合わせに自動的にタグを追加できます。受信した返信はZiaによってスキャンされ、キーワードが識別されます。キーワードは、受信した問い合わせのやりとりに追加されます。受信した返信ごとのキーワードは、タグで分類され、問い合わせに追加されます。

問い合わせのやりとりでZiaのキーワードを表示するには、次の手順を実行します:
  1. 問い合わせの詳細ページで、問い合わせのやりとりを開きます。
  2. やりとりのタイムスタンプの近くにある「#」マークをクリックします。
  3. 画面の下部に、やり取りごとのキーワードがポップアップで表示されます。



感情分析

Ziaによって、顧客から受信した各返信の内容がスキャンされ、ポジティブ、ネガティブ、中間のトーンに分類されて、いずれかのトーンを示すキーワードが表示されます。この情報は、ネガティブなトーンを示す問い合わせを優先し、適切な返信を行うのに役立ちます。
            


問い合わせの感情分析は、次の2つの場所で利用できます:
  1. 問い合わせの一覧:各問い合わせの横に、感情分析の全体の集計が表示されます。
  2. 問い合わせの詳細:問い合わせの返信ごとの感情分析が、キーワード属性とともに表示されます。
    3種類の感情(嬉しい、中間、悲しい)を表す画像は、下図をご参照ください:


問い合わせビューモード

Zoho Deskの問い合わせビューモードでは、問い合わせを3つの異なる方法で表示できます。  

リストモード

[リスト] モードでは、サポート問い合わせを上下に表示できます。このモードでの問い合わせは、自動的にリストの一番上に移動します。更新ボタンを押さなくても、最新の情報を維持できます。  


カウントダウンモード

カウントダウンモードでは、どの問い合わせに注意が必要か、適切に優先度を付けることができます。また、ピーク時の特定と予測、遅延予定の問い合わせへの迅速な対応に役立ちます。カウントダウン問い合わせの列は動的です。つまり、問い合わせの送信時間に基づいて、ある列から別の列に移動します。

顧客分類モード

Zoho CRMの対応待ちモードでは、Zoho CRMの顧客の種類に基づいて、ヘルプデスクの問い合わせを並べ替えます。サポートチームがサポートに専念できます。サポートの問い合わせに関連するZoho CRMの連絡先の種類がすぐに調査され、該当する項目に追加されます。通常、問い合わせの項目は、連絡先のメールアドレスまたはZoho CRMの電話番号に基づいて、決定されます。

ステータス対応待ちモード

問い合わせのステータスに基づいて、問い合わせを表示できます。

            


すべてのモードで実行できる処理
問い合わせをクリックして、1~2秒間保持し、次のすべての処理を実行できます:
  • 移動:問い合わせを、ある部門から別の部門に移動します。
  • 完了:問い合わせを完了にします。
  • 割り当て:問い合わせを担当者に割り当てます。
  • 自分に割り当て:担当者として問い合わせを引き受取ります。


タスクの操作

タスクは、問い合わせに関連付けられている活動です。必要に応じて、タスクの追加、タスクの編集、担当者やチームへのタスクの割り当て、タスクの削除ができます。

問い合わせへのタスクの追加
問い合わせにタスクを追加するには、次の手順を実行します:
  1. [すべての問い合わせ] ビューに移動します。
  2. タスクを追加する問い合わせを開きます。
  3. [タスク] アイコンをクリックしてタスクページを開くか、[その他の操作]アイコンをクリックしてから [タスク] を選択します。
  4. ページ右下の [追加] アイコンをクリックします。
  5. [タスクの追加] ページで、必要な詳細を入力します。



  6. [レイアウトの更新] をクリックして、 [タスクの追加] ページ内のすべての項目をクリアします。
  7. タスクのすべての項目の詳細を入力した後、 [完了] をクリックします。
  8. [タスク] ページにタスクが表示されたのを確認できます。

担当者やチームへのタスクの割り当て
担当者やチームにタスクを割り当てるには、次の手順を実行します:
  1. タスクを左にスワイプして、かんたん操作オプションを表示します。


  2. [割り当て] をクリックして、 [割り当て先] ページを開きます。
  3. タスクを割り当てる担当者、または、チームを選択します。
  4. タスクが更新されたことを確認します。

タスクの期限の設定
作成したタスクに期限を設定するには、次の手順を実行します:
  1. 期限を設定するタスクを開きます。
  2. [期限の設定] をクリックします。
  3. カレンダーの [日付] タブで日付を選択し、 [時間] タブで時間を設定して、 [完了] をクリックします。

タスクへのコメントの追加
  1. [コメント] タブで、ページの右下にある [コメントの追加] アイコンをクリックします。
  2. [コメントの追加] ページで、説明を入力します。
  3. コメントに添付ファイルを追加するには、[ファイルの添付]をクリックします。
  4. [✔]チェックマークをクリックして、コメントを追加します。

タスクへの添付ファイルの追加
  1. [添付ファイル] タブで、ページ右下にある[添付ファイルの追加]アイコンをクリックします。
  2. ファイルとして添付するファイルを選択します。添付ファイルを作成するためのストレージ権限を許可する必要があります。
  3. 選択したファイル上の[アップロード]をクリックします。
  4. [添付ファイル]タブにファイルがアップロードされたことを確認できます。

タスクへの工数データの手動追加/自動追加
タスクに工数データを自動で追加するには、次の手順を実行します:
  1. 問い合わせを開くか、問い合わせに関連付けられているタスクを開きます。
  2. ページの右上にある時計(工数データ)アイコンをクリックします。
  3. タイマーが表示されたことを確認します。
  4. [開始]ボタンをクリックして、タスクの工数の計測を開始します。
  5. 必要に応じて、[開始]ボタンをもう一度クリックして、タイマーを一時停止します。
  6. [停止]ボタンをクリックしてタイマーを停止し、工数データが作成されたことを確認します。
  7. ページ下部に、工数データが作成されたことを伝えるメッセージが表示されたことを確認します。 [表示] をクリックすると、工数データの詳細を確認できます。
  8. [編集] アイコンをクリックすると、作成した工数データに変更を加えられます。
  9. [削除] アイコンをクリックすると、工数データを削除できます。
  10. または、[リセット]をクリックすると、タイマーをリセットできます。

タスクに工数データを手動で追加するには、次の手順を実行します:
  1. 問い合わせに関連付けられているタスクを開きます。
  2. [工数データ] タブで、[追加]アイコンをクリックします。
  3. [工数データの追加] ページの通貨のセクションで、請求用の通貨を選択します。
  4. [工数データ情報] セクションで、メールアドレス、問い合わせの課金の種類、説明、実行日時、請求の種類を入力します。
  5. [対応工数]  セクションで、タスクの解決に費やした時間数の合計と解決日を入力します。
  6. ページ内のすべての詳細を入力したら、 [完了] をクリックします。

タスクの完了
  1. タスクを左にスワイプして、かんたん操作から [完了] をクリックします。



  2. タスクが完了されたことを確認できます。

完了したタスクの再開
  1. タスクを左にスワイプして、かんたん操作から [再開] をクリックします。
  2. タスクが再開されたことを確認できます。

タスクの削除
  1. タスクを左にスワイプして、かんたん操作から [削除] をクリックします。
  2. 確認メッセージで [はい]をクリックすると、[タスク]ページから該当のタスクが消えたことを確認できます。

タスクフィルターの表示
  1. [タスク]ページで、ページの右上にあるフィルターアイコンをクリックします。

     

  2. [今後のタスク] をクリックすると、優先タスクを表示できます。
  3. [すべてのタスク] をクリックすると、問い合わせに関連付けられているすべてのタスクを表示できます。



ユニバーサルリンク

ブラウザーを使用する代わりに、チャットやメモなどから、Zoho DeskのURLを直接開けます。






          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.