Zoho People連携

Zoho People連携

メンバーが休暇をとるとき、計画作業が難しくなる場合があります。タスクや課題を引き受けるリソースの空きがあるかどうかを知ることが重要です。Zoho People連携により、これを実現できます。

利点:

  • タスクの作成時や課題の登録時に、作業を引き受けることができるユーザーがいるかどうかを確認できます。
  • リソース配分状況グラフから、空き状況に基づいて、作業負荷のバランスを取れます。
  • [カレンダー]タブから休暇を申請できます。
  • プロジェクトの要件を念頭に置いて、休暇を承認または却下できます。

Zohoサービス連携に対するアクセス権についての詳細はこちらをご参照ください。

この機能を利用できるプラン: プレミアム プラン、 エンタープライス プラン

Zoho People連携の設定

休暇申請の表示を開始する前に、Zoho People連携を設定する必要があります。

  1. アイコン > [マーケットプレイス] > [Zohoサービス]に移動します。
  2. [Zoho People]で、 [設定] をクリックします。
  3. 次の画面で、 [設定] をクリックして、連携を有効にします。  
  4. [設定]タブで、希望するユーザーの同期を有効にします。

    • Zoho Peopleの従業員IDを同期する: このオプションを有効にすると、各ユーザーの従業員IDが 名前の横に 表示されます。

    • Zoho Projectsのユーザーを Zoho Peopleへ 同期する: このオプションを有効にすると、Zoho Projectsから[休暇]タブにアクセスできます。 Zoho Projectsから、 管理者以外のユーザーと無料プランのユーザーを無効にできます。

    • Zoho Peopleの新しい/認証済みユーザーをZoho Projectsへ同期する: このオプションを有効にすると、Zoho Projectsにユーザーを上限まで追加できます。すべてのユーザーの初期設定の役割は「一般ユーザー」になります。

    • Zoho Peopleの無効なユーザーをZoho Projectsで無効にする: このオプションを有効にすると、ポータルの所有者以外で、Zoho Peopleで無効なユーザーを無効にできます。 

  5. [ユーザーのインポート] をクリックします。 

  6. インポートするユーザーを選択して、 [今すぐインポート] をクリックします。 

     



タスク追加時のユーザーの空き状況の表示

開始日/期限のカレンダーを使用して、タスクを追加する際に、休暇データを確認できます。

  1. プロジェクトを表示します。
  2. [タスク] > [タスクの追加] をクリックします。 
  3. [開始日] または [期限] 項目のカレンダーをクリックします。
  4. 日付にカーソルを合わせると、休暇を取得しているユーザーが表示されます。



課題の追加時にユーザーの空き状況を表示

  1. プロジェクトを表示します。
  2. 上部バーの [課題] をクリックします。
  3. [課題の登録] をクリックします。
  4. [期限] 項目のカレンダーをクリックします。
  5. 日付にカーソルを合わせると、休暇を取得しているユーザーが表示されます。

休暇の申請

ユーザーは、 [カレンダー] タブ、 [ユーザープロフィール] ページ、 [活動の履歴] から休暇を申請できます。

カレンダーからの申請

  1. プロジェクトを表示します。
  2. [カレンダー] をクリックします。
  3. [活動の履歴] を表示する日付を選択します。
  4. [休暇] を選択します。
  5. 詳細情報を入力し、 [保存] をクリックします。 
    • 休暇の申請後、マネージャー/リード(見込み客)が通知を受け取ります。休暇申請はフィードにも送信されます。  

設定からの申請

  1. アイコン > [個人設定] > [プロフィール] に移動します。
  2. [休暇の申請] をクリックします。
  3. 詳細を選択して、 [保存] をクリックします。   

活動の履歴からの申請

  1. [フィード] > [活動の履歴] に移動します。
  2. プロフィールをクリックします。
  3. [休暇の申請]をクリックします。
  4. 詳細を入力して、 [保存] をクリックします。

スキルセットの表示

Zoho Projectsのユーザーのスキルセットを表示します。

  1. ユーザープロフィールに移動します。
    • [活動の履歴]または[フィード]から、ユーザープロフィール画像をクリックして、アクセスできます。
    • プロジェクトの [ユーザー] タブに移動したり、  アイコン > [ユーザーの管理] > [ポータルユーザー] をクリックして、プロフィール画像をクリックします。
  2. 詳細ページから、ユーザーのスキルを表示します。 
スキルは、[フィード]と[リソース配分状況グラフ]からも表示できます。ユーザー名またはプロフィール画像にカーソルを合わせて、詳細を確認できます。 

カレンダービュー

カレンダーから休暇を表示します。カレンダーに移動し、特定の日にユーザーに空きがないかどうかを確認します。また、休暇でカレンダーをフィルターして、休暇データのみを表示することもできます。 


 

休暇の承認/却下

マネージャー/リード(見込み客)は、 [ホーム] ダッシュボードから、休暇を表示/承認/却下できます。 [自分の承認] ウィジェットを使用すると、休暇を一括で承認/却下することもできます。

  1. [ホーム] > [自分の承認] を開きます。
  2. 休暇申請にカーソルを合わせると、 [承認] [却下] のオプションが表示されます。   
  3. 複数のエントリーを選択して、 [承認] [却下] の一括オプションが表示されます。 
    • ユーザーは、休暇が承認/却下されたときに通知を受け取ります。
    • 情報はフィードにも送信されます。

リソースの配分状況

リソース配分状況グラフ では、リソースの作業負荷を確認し、必要に応じてバランスを取りましょう。Zoho People連携により、グラフからユーザーの空き状況を確認できます。

  1. プロジェクトを表示します。
  2. 上部バーの [ガントとレポート] をクリックします。
  3. ドロップダウンから、 [リソース配分状況グラフ] を選択します。
  4. 日付にカーソルを合わせて、ユーザーが休暇中かどうかを確認します。
    • アイコンは、ユーザーが休暇中であることを示します。

       

プロジェクト、タスク、工数表の同期

Zoho Peopleからの 連携を有効にする と、Zoho Projectsでは指定した間隔で承認済みの工数表を自動的に同期できるようになります。また、Zoho Projectsから、 プロジェクト、タスク、工数表をインポート できるようになります。Zoho PeopleからZoho Projectsに、 承認済みの実績工数を送信 できるようになります。

Zoho Peopleのアンインストール

  1.  アイコン→[マーケットプレイス]→[Zohoのアプリ] に移動します。
  2. [Zoho People]をクリックします。
  3. [アンインストール]をクリックして、操作を確定します。






          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • カレンダー

                            Zoho Projectsの [カレンダー] タブを使用すると、すべてのプロジェクト活動を1つの場所に集約し、自分の予定を確認できます。[カレンダー]を使用して、ミーティングや予定の整理、予約調整、期限日の管理など、デスクトップのブラウザーから手軽ですばやく安全に管理できます。[ ...
                          • ポータルのホーム

                            [ホーム] では、プロジェクト全体で最も人気のある統計が、ウィジェット形式で表示されます。ポータル内のすべてのプロジェクトの作業項目のステータスを、整理された一覧で確認できます。 個人 ポータルの上部メニューの [ホーム] タブをクリックして、 タスク、課題、マイルストーン、予定などの観点から、プロジェクト全体の作業のステータスを表示します。ポータルの [ホーム] にあるウィジェットの一覧は、次のとおりです。 [自分のタスク] :プロジェクト全体で担当するタスクです。 [詳細表示] ...
                          • Zoho Desk連携

                            Zoho Projectsの課題管理機能(Zoho BugTracker)にZoho Deskを連携すると、 Zoho Desk の問い合わせを「課題」として登録できます。 はじめる前に : Zoho Projects と Zoho Desk の エンタープライズ プランを購入します。 Zoho Desk の [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] で、Zoho Projects連携を有効にします。 Zoho Projectsのポータル所有者であり、Zoho ...
                          • Zoho Meeting連携

                            オンラインミーティングは、数回クリックするだけで実施できます。Zoho Meeting連携で、オンラインミーティングを開始できます。Zoho Projectsの設定の [連携] 下の [Zohoサービス] に移動して、 [Zoho Meeting] を有効にします。カレンダーとタスクの詳細ページからミーティングを予約するには、Zoho Meetingのライセンスをアップグレードし、Zoho Projectsで連携を有効にする必要があります。 ユーザー数に基づくプランで利用できます。Zoho ...
                          • Zoho Invoice連携

                            Zoho ProjectsをZoho InvoiceまたはZoho Booksに連携することで、 プロジェクト予算 の作成 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.