Zoho Sprints連携

Zoho Sprints連携

プロジェクトにおける作業の進め方の手法や考え方にはさまざまなものがあります。ウォーターフォール型のように作業手順をあらかじめ詳細に定めて1つずつ順次進めていく形もあれば、アジャイル型のように短い期間で作業サイクルを反復しながら柔軟に作業を進めていく形もあります。プロジェクトの性格や方針に合わせて進め方や手法を工夫することで、より効率的かつ効果的にプロジェクトを管理できます。このような点において、Zoho Projectsと Zoho Sprints の連携機能が役立ちます。連携すると、それぞれの手法の良いところを活かしながらチームやプロジェクトのタスクを管理できます。 

Zoho Sprints連携の設定

  1. 画面上部のメニューにある アイコンをクリックします。
  2. [マーケットプレイス] [Zohoのアプリ] をクリックし、 [Zoho Sprints] の欄に移動します。 
  3. [設定] をクリックします。 
  4. 一覧からZoho Sprintsのポータルを選択し、 [ポータルの関連付け] をクリックします。
Zoho One のユーザーの場合、両方のポータルが同じ組織に登録されている必要が あります。

Zoho Sprintsとのプロジェクトテンプレートの同期

  1. 画面左側のメニューの[プロジェクト]をクリックします。 
  2. 上部の [すべてのプロジェクト] 一覧から [プロジェクトテンプレート] をクリックします。   
  3. [新しいプロジェクトテンプレート] をクリックします。
  4. テンプレートに適用するプロジェクトレイアウトを右上の一覧から選択します。まだプロジェクトレイアウトを作成していない場合、標準レイアウトが表示されます。 プロジェクトレイアウト の作成の詳細についてはこちらを参照してください。 
  5. [プロジェクトテンプレート名] を入力します。既存のプロジェクトをもとにテンプレートを作成する場合、 [プロジェクトから選択] の一覧から、対象のプロジェクトを選択します。
    1. 元のプロジェクトがすでにZoho Sprintsのプロジェクトと連携されている場合、連携済みのプロジェクトを使用したテンプレートがZoho Sprintsで作成されます。バックログと今後のスプリントがSprintsのテンプレートに追加されます。
    2. 元のプロジェクトがZoho Sprintsに連携されていない場合は、Sprintsに空のテンプレートが作成されます。
  6. [Zoho Sprintsにテンプレートを追加する] のチェックボックスにチェックを入れます。
  7. 必要に応じて、 完了したタスクをプロジェクトテンプレートに未完了のタスクとして追加する ための設定を有効にします。選択したプロジェクトで完了しているタスクが、テンプレートに未完了のタスクとして追加されます。
  8. プロジェクトの概要を入力します。
  9. [プロジェクトテンプレートを追加する] をクリックします。
  1. 自動的に連携するのは、Zoho Sprintsの今後のスプリントとバックログに関連付けられているタスクのみです。
  2. 既存のプロジェクトテンプレートを編集してから、 [Zoho Sprintsにテンプレートを追加する] を選択すると、Zoho Sprintsに空のテンプレートが作成されます。その後、プロジェクトテンプレートに追加されたタスクは、Zoho Sprintsのテンプレートと同期されます。

Zoho Sprintsとの新しいプロジェクトの同期

  1. ポータルにサインインします。
  2. 画面左側に表示されている左メニューの [プロジェクト] をクリックします。
  3. [新しいプロジェクト] をクリックします。
  4. プロジェクトの詳細を入力します。
  5. [Zoho Sprintsにプロジェクトを追加する] のチェックボックスにチェックを入れます。
  6. [追加する] をクリックします。

  • Zoho Sprintsと同期されるのは、件名、プロジェクトの概要、担当者、開始日、終了日、ステータスのみです。
  • プロジェクトをZoho Sprintsに追加する際、集計機能は有効にできません(逆の場合も同様です)。
  • プロジェクトを編集する際に担当者を更新しても、Zoho Sprintsとは同期されません。
  • プロジェクトテンプレートを使用してプロジェクトを作成すると、ユーザーはZoho Sprintsに同期されます。ただし、プロジェクトテンプレート内のタスクは自動的に同期されません。

Zoho Sprintsとの既存のプロジェクトの同期

  1. 画面左側のメニューの[プロジェクト]をクリックします。
  2. 対象のプロジェクトにカーソルを合わせます。
  3. プロジェクト名の左側に表示される設定アイコンをクリックします。
  4. [プロジェクトを編集する] を選択します。
  5. [Zoho Sprintsにプロジェクトを追加する] のチェックボックスにチェックを入れます。
  6. [更新する] をクリックします。
集計 機能が有効になっているプロジェクトは、Zoho Sprintsに追加できません。

ダッシュボードでのスプリント詳細の表示

  1. 対象のプロジェクトのページを開きます。
  2. 画面上部の [ダッシュボード] をクリックします。
  3. ダッシュボードにスプリントの進行状況や作業項目に関する情報が表示されます。
  4. Sprintsのポータルのダッシュボードに移動するには、 [スプリントのダッシュボード] をクリックします。 

Zoho Sprintsとのタスクの同期

  1. 対象のプロジェクトを開いて、上部の [タスク] をクリックします。
  2. [タスクを追加する] をクリックします。
  3. タスクの詳細を入力します。
  4. [保存してZoho Sprintsに追加する] をクリックします。
  5. [見積もり指数] を選択します。
  6. [項目の種類] を選択します。
  7. [スプリント名] を選択します。スプリントを選択しない場合、タスクはバックログに追加されます。
  8. 必須に設定されているカスタム項目の内容をすべて入力します。
  9. [追加する] をクリックします。
  10. 作業項目を表示するには、タスクの詳細ページに移動してスプリントアイコン( )をクリックします。Zoho Sprintsで項目の詳細を表示するには、作業項目をクリックします。
  11. スプリント名、項目の種類、項目のステータス、見積もり指数を表示するには、 [スプリントの詳細] の欄に移動します。

  • タスク名、説明、添付ファイル、担当者、開始日、終了日、コメント、工数、履歴がZoho Sprintsと同期されます。
  • タスクのカスタム項目の値はZoho Sprintsでも表示されます。
  • サブタスクは新しい項目としてZoho Sprintsに追加されます。サブタスクはサブ項目としては関連付けられません。
  • 既存のタスクもZoho Sprintsに追加されます。タスクの詳細ページを開き、 をクリックし、 [Zoho Sprintsに追加する] をクリックします。
  • 一度に25件までのタスクをZoho Sprintsに追加できます。タスクの 表示表示 または 一覧表示 でタスクを選択し、 Zoho Sprintsへの追加用のメニューをクリックします。

Zoho Sprintsとの課題の同期

  1. 対象のプロジェクトを開いて、上部の [課題] をクリックします。
  2. [課題を送信する] をクリックします。
  3. 課題の詳細を入力します。
  4. [Zoho Sprintsに追加する] 設定をクリックして有効にします。
  5. [見積もり指数] を入力し、[項目の種類] を選択します。
  6. [スプリント名] を選択し、[追加する] をクリックします。
  7. 課題を表示するには、課題の詳細ページに移動してスプリントアイコン(  )をクリックします。Zoho Sprintsで項目の詳細を表示するには、作業項目をクリックします。
  8. [スプリント名]、[項目の種類]、[項目のステータス]、[見積もり指数]を表示するには、下にスクロールして[スプリントの詳細]の欄を表示します。


  • Zoho Projects内の課題の[期限]は、Zoho Sprints内の[終了日]に関連付けられます。
  • [課題名]、[担当者]、[説明]、[期限]は入力必須のカスタム項目であり、Zoho Sprintsに同期されます。
  • Zoho Projectsでデータがアーカイブされても、同期は継続されます。
  • Zoho Projectsでプロジェクトがごみ箱に移動された場合、同期は停止します。ただし、プロジェクトがごみ箱から復元された場合に、同期も再度有効になります。
  • Zoho Sprintsでプロジェクトがごみ箱に移動された場合、同期は解除され、復元できません。
  • Zoho Projectsで業務ルールが更新された場合、同期されているZoho Sprintsの項目が自動的に更新されます。
  • 一度に25件までの課題をZoho Sprintsに一括追加できます。

Zoho Sprintsとのタスク/課題のステータスの同期

Zoho Sprintsに連携された有効なプロジェクトはすべて、タスク/課題のステータスは、スプリントの項目のステータスに関連付けることができます。
  1.  アイコン→[ZOHO SPRINTSの設定]→[Zoho Sprintsのステータスの関連付け]の順に移動します。
  2. 一覧から、対象のプロジェクトを選択します。
  3. 対象のタスクのステータスに移動し、一覧からスプリントの項目のステータスを関連付けます。
  4. [ステータスを追加する]をクリックし、カスタム項目のステータスを作成します。
  5. [ステータス名][ステータスの種類]を入力します。
  6. [追加する]をクリックします。


  1. Zoho Sprints連携のプロジェクトのみ一覧に表示されます。
  2. Zoho Projectsのタスクの詳細ページから、スプリントの詳細を確認できます。
  3. Zoho Sprints内のスプリントのステータスは、Zoho Projects内でタスク/課題のステータスが変更された際に自動的に更新されます。

Zoho Projectsからのスプリントの追加

連携を設定すると、[スプリント]タブが画面上部に表示されます。

  1. [スプリント]タブをクリックします。
  2. こちらからスプリントとバックログの詳細を確認できます。



  1. [スプリントを作成する] をクリックします。
  2. スプリントの詳細を入力して、 [追加する] をクリックします。
  3. 実行中のスプリントにおいて [ボードを表示する] をクリックします。スプリントのボードが開きます。 

スプリントのレポートの表示

Zoho Projectsの [ガントチャートとレポート] では、スプリントのレポートを確認できます。

  1. 対象のプロジェクトのページを開きます。
  2. 画面上部の [ガントチャートとレポート] をクリックします。
  3. 左上の[ガントチャート]一覧から [アジャイルのレポート] を選択します。
  4. さまざまなスプリントのレポートが表示されます。



Zoho Sprintsとの工数の同期

  1. 画面左側のメニューの[プロジェクト]をクリックします。
  2. Zoho Sprintsと同期したプロジェクトのページを開きます。
  3. 画面上部のメニューの[工数表]をクリックします。
  4. 工数を入力し、[追加する]をクリックして保存します。
  5. Zoho Sprintsから工数データを確認できます。
  1. 工数、請求の種類、担当者、工数のメモがZoho Sprintsと同期されます。Zoho Sprintsと同期されるのは、承認済みの工数のみです。
  2. タイマーは、両方のサービスにおいて別々に処理されます。ただし、タイマーによる工数の記録が停止すると、工数がZoho SprintsとZoho Projectsの間で同期されます。
  3. タスクがZoho ProjectsとZoho Sprintsの両方のユーザーに割り当てられている場合、ユーザーはいずれかのアプリケーションでのみタイマーを開始できます。

Zoho ProjectsとZoho Sprintsの工数表の承認設定は、以下のような同期の処理に影響します。

Zoho Projectsの工数表の承認プロセス
Zoho Sprintsの工数表の承認ステータス
動作
承認なしで送信
承認済み
  • 工数は、送信後に同期されます。
  • Zoho Sprintsで工数が却下されると、Zoho Projectsから削除されます。
承認ありで送信
承認済み
  • Zoho Projectsで工数が承認されると、Zoho Sprintsと同期されます。
  • Zoho Projectsの工数のステータスが保留になると、Zoho Sprintsから削除されます。
  • Zoho Sprintsで送信された工数はすぐに同期されます。
承認なしで送信
保留中
  • Zoho Projectsから送信された工数はすぐに同期されます。
  • Zoho Sprintsで送信された工数が承認されると、Zoho Projectsに同期されます。
  • Zoho Sprintsで工数を削除すると、Zoho Projectsからも削除されます。
承認ありで送信
保留中
  • 工数は、ステータスに関わりなく同期されます

Zoho Sprintsとのユーザーの同期

同期されたプロジェクトに参加しているユーザーは、無効な状態でZoho Sprintsに追加されます。Zoho Sprintsの管理者は、メールで招待を送信してユーザーを有効にすることができます(ユーザーは招待を承諾する必要があります)。Zoho Projectsでの役割に関わりなく、すべてのユーザーがメンバーとしてZoho Sprintsに追加されます。Zoho Sprintsの管理者は、ユーザーの役割を変更できます。クライアントユーザーもメンバーとしてZoho Sprintsに同期されます。Zoho Sprintsに追加されたユーザーは、Zoho Projectsには自動で追加されません。


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                              • Related Articles

                              • Zoho Desk連携

                                Zoho Projectsの課題管理機能(Zoho BugTracker)にZoho Deskを連携すると、 Zoho Desk の問い合わせを「課題」として登録できます。 はじめる前に : Zoho Projects と Zoho Desk の エンタープライズ プランを購入します。 Zoho Desk の [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] で、Zoho Projects連携を有効にします。 Zoho Projectsのポータル所有者であり、Zoho ...
                              • Zoho CRM連携

                                Zoho Projectsは、Zoho CRMと連携できます。Zoho CRMからZoho Projectsを使用することで、受注した商談の管理と追跡が簡単に実行できます。 データを同期する前に、 Zoho ProjectsとZoho CRMの連携を設定する 必要があります。 利点: すべての内部ユーザーと顧客を同期できます。 クラアントに関連するプロジェクトの活動をすべて一括管理できます。 プロジェクトの進捗を計測できます。 クライアント組織の関連付けを自動化できます。 Zoho ...
                              • Zoho Directory連携

                                Zoho Directoryとは、組織において利用するすべてのアプリケーション/サービスのアカウントやユーザーの情報をまとめて管理することのできるサービスです。Zoho Directoryを利用すると、各アプリケーション/サービスへのアクセス制限やパスワードの強度の条件などをはじめ、その他さまざまなセキュリティ設定を行うことが可能です。Zoho ProjectsをZoho Directoryと連携すると、他のアプリケーション/サービスの認証情報を利用してZoho ...
                              • Zoho Expense連携

                                Zoho Expense連携の機能を活用すると、プロジェクトに関する経費を管理できます。 Zoho Projectsと他のZohoサービスの連携に対するアクセス権についての詳細は、こちらクリックしてください。 メリット: 経費の申請や承認が可能です。 経費と実績コストを表示してプロジェクトの予算と比較することができます。 経費に関する請求処理を行う前に承認を行うことにより、コストを適切に管理できます。 経費に関する領収書をアップロードできます。 ...
                              • Zoho People連携

                                メンバーが休暇をとるとき、計画作業が難しくなる場合があります。タスクや課題を引き受けるリソースの空きがあるかどうかを知ることが重要です。Zoho People連携により、これを実現できます。 利点: タスクの作成時や課題の登録時に、作業を引き受けることができるユーザーがいるかどうかを確認できます。 リソース配分状況グラフから、空き状況に基づいて、作業負荷のバランスを取れます。 [カレンダー]タブから休暇を申請できます。 プロジェクトの要件を念頭に置いて、休暇を承認または却下できます。 ...

                              Resources

                              Videos

                              Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                              eBooks

                              Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                              Webinars

                              Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                              CRM Tips

                              Make the most of Zoho CRM with these useful tips.