課題のレイアウトと項目

課題のレイアウトと項目

利用条件 

  • この機能を利用できるプラン: エンタープライズ プラン
  • アイコン  >  [カスタマイズ]   >  [レイアウトと項目]   >  [課題] に移動して、課題のカスタム項目とレイアウトを作成できます。管理者であるにも関わらず、上記の機能にアクセスできない場合は support@zohoprojects.com にご連絡ください。 

レイアウトとは

課題のレイアウトとは、顧客が課題に関連する情報を入力するためのWebフォームを作成する機能です。ビジネス要件に応じて、独自のレイアウトを作成できます。 

初期設定では、すべてのプロジェクトが標準レイアウトに関連付けられます。標準レイアウトが変更されると、関連付けられているすべてのプロジェクトに変更内容が反映されます。

標準レイアウト

  • 各ポータルには、最初から [標準レイアウト] が用意されています。
  • 標準レイアウトには、1つの標準セクションがあります。このセクション内の項目は編集、削除できません。並べ替えのみ可能です。
  • 標準レイアウトを複製して、新しいレイアウトを作成できます。複製後に、新しいレイアウトに新しいセクションと項目を追加できるようになります。

レイアウトの作成

  1. 上部バーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題] の順に移動します。
  3. 右上の [レイアウトの作成] をクリックします。 
  4. 新しいレイアウトを作成(複製)する際に、基になるレイアウトを選択します。作成済みのレイアウトがない場合、標準レイアウトのみ一覧に表示されます。
  5. [レイアウト名] を入力します。
  6. [作成] をクリックします。


  • 標準レイアウトおよびプロジェクトに関連付けられているレイアウトは、削除できません。ただし、他のレイアウトにプロジェクトを関連付けてから、レイアウトを削除できます。
  • ポータルで使用可能なレイアウトの一覧を表示するには、 [カスタマイズ] > [レイアウトと項目] > [課題] > [レイアウト] の順に移動します。
  • また、レイアウトの編集画面で、レイアウト名を直接編集することで、レイアウト名を変更できます。 

課題のレイアウトへのプロジェクトの関連付け

  1. 上部のバーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題] の順に移動します。
  3. 選択したレイアウトの右にあるプラスアイコン( )をクリックします。
  4. ドロップダウンから、1つまたは複数のプロジェクトを選択して、関連付けます。また、レイアウトにプロジェクトテンプレートを関連付けることもできます。
  5. 操作を確定します。
  6. [関連付ける] をクリックします。 


                      

レイアウトの表示

  1. 上部のバーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題] の順に移動します。
  3. [レイアウト] セクションをクリックして、作成済みの課題レイアウトのリストを表示します。
    • 一覧表示されたレイアウトは、並べ替えできません。 
  4. 編集するレイアウトをクリックして、必要な変更を加えて、 保存 します。

レイアウトの削除

  1. 上部バーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ] > [レイアウトと項目] > [課題] の順に移動します。 
  3. [レイアウト] セクションをクリックします。
  4. 削除するレイアウトにカーソルを合わせて、ごみ箱アイコン( )をクリックします。
  5. 操作を確定します。 
標準レイアウトおよびプロジェクトに関連付けられているレイアウトは、削除できません。ただし、他のレイアウトにプロジェクトを関連付けてから、レイアウトを削除できます。 

セクションとは

レイアウトのさまざまな部分が、セクションと呼ばれます。標準レイアウトには、 [課題情報] という標準セクションがあります。要件に応じた項目を追加して、各セクションをカスタマイズできます。

セクションの作成または編集

  1. 上部のバーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題]の順に移動します。
  3. セクションを追加するレイアウトをクリックします。 
  4. 左のトレイからレイアウトの 編集画面 (メインパネル)に、[セクションの追加] の要素をドラッグ&ドロップします。初めは、レイアウトの編集画面で新しいセクションを追加するたびに、セクションには「無題のセクション」、「無題のセクション1」、「無題のセクション2」などの名前が付けられます。
  5. セクション名にカーソルを合わせて、編集します。
  6. また、セクションに新しいカスタム項目や既存のカスタム項目を追加することもできます。 
  7. [レイアウトの保存] をクリックします。 



セクションの削除

  1. 上部バーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題] の順に移動します。
  3. セクションを追加するレイアウトをクリックします。
  4. セクションにカーソルを合わせて、ごみ箱アイコン( )をクリックします。
  5. セクション内のすべてのカスタム項目が削除されたときのみ、 アイコンが表示されます。まずカスタム項目を削除してから、セクションを削除することをお勧めします。 
  6. 操作を確定します。 

項目とは

要件に応じて課題の詳細を収集するために、項目をカスタマイズできます。レイアウトに新しい項目または既存の項目を追加できます。標準項目は編集、削除できません。並び替えのみ可能です。 [タブ]、[重要度]、[再現性]、[分類] の項目は、名前を変更できます。 

[報告者]、[担当者]、[作成日]、[完了日時]、[修正日]、[期限]、[ステータスとワークフロー]、[重要度]、[リリースマイルストーン]、 [影響を受けるマイルストーン]、[タブ]、[分類]、[再現性]、[フラグ] は、レイアウトの標準項目です。

カスタム項目の作成

  1. 上部のバーの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題]の順に移動します。
  3. カスタム項目を追加するレイアウトをクリックします。
  4. [新しい項目] トレイからレイアウトの編集画面(メインパネル)に、項目の種類をドラッグ&ドロップします。 
  5. 項目名を入力します。
  6. 適切なアクセス権限を選択します。
    1. [プロジェクトユーザー] :プロジェクトのメンバーのみ項目を利用できます。
    2. [クライアントユーザー] :プロジェクトユーザーとクライアントユーザーが項目を利用できます。
    3. [すべてのユーザー] 課題のWebフォーム を使用して、すべてのユーザーが項目を利用できます。
  7. [項目情報] でオプションを選択します。 [PII] は、カスタム項目が個人識別情報を保存していることを示します。
  8. データをバックエンドで暗号化する必要がある場合は、 [暗号化項目] オプションを選択します。
  9. 必要に応じて、初期値を設定します。
  10. 項目への入力を必須にする場合は、[必須項目]のチェックボックスを選択します。  
  11. [レイアウトに追加] をクリックして、 レイアウトに項目を追加します。キャンセルした場合、該当の項目はどこにも保存されません。
  12. [レイアウトの保存] をクリックして、更新します。


        

作成できるカスタム項目の種類は、次のとおりです: 

項目の種類
説明
一行テキスト
テキストを1行のみ追加できます。この項目は、[個人識別情報(PPI)]として設定できます。 [暗号化項目]を選択した場合、データはバックエンドで暗号化されます。
複数行テキスト
テキストを複数行、追加できます。[Enter]キーを押して、詳細を入力できます。この項目は、[個人識別情報(PPI)]として設定できます。[暗号化項目]を選択した場合、データはバックエンドで暗号化されます。
選択リスト
選択リストを使用して、独自のドロップダウンを作成できます。要件に応じて、選択リストに値を設定できます。 
ユーザー選択リスト
ユーザー名を保存する必要がある場合は、この項目を使用できます。
日付
この項目には、日付を保存できます。
数値
この項目には、数値を保存できます。数値は最大19桁まで入力できます。この項目は、[個人識別情報(PPI)]として設定できます。[暗号化項目]を選択した場合、データはバックエンドで暗号化されます。

カスタム項目の編集

  1. アイコン→[カスタマイズ]→[レイアウト&項目]→[課題] の順に移動します。
  2. 対象のレイアウトの編集画面を開いて、編集するカスタム項目にカーソルを合わせます。
  3. 鉛筆アイコン( )をクリックします。
  4. 項目名を除く、項目のプロパティを編集します。項目名も変更できますが、新しい項目名がすべてのプロジェクト内に反映されます。
  5. [変更を適用する] をクリックします。 

カスタム項目の並べ替え

  1.  アイコン→[カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題] に移動します。
  2. レイアウトの編集画面を開き、並べ替え対象のカスタム項目にカーソルを合わせます。
  3. 編集画面で項目をドラッグして、別の項目に公開します。必要に応じて何度でも、項目を並べ替えることができます。
  4. [レイアウトを保存する] をクリックします。

レイアウトからのカスタム項目の削除

  1. アイコン→[カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題] の順に移動します。
  2. 対象のレイアウトの編集画面を開いて、関連付けを解除するカスタム項目にカーソルを合わせます。
  3. 十字アイコン(   )をクリックします。
  4. 操作を確定します。 
  • 項目をレイアウトから削除しても、データベースからは 完全に削除されません 。 
  • 項目は[使用可能な項目]トレイに移動し、後でいつでもこのトレイから再利用できます。  

カスタム項目の削除

  1.  アイコン >  [カスタマイズ] > [レイアウトと項目] > [課題]  > [項目] の順に移動します。
  2. 削除する項目にカーソルを合わせます。
  3. ごみ箱アイコン(   )をクリックします。項目に保存されているデータは削除されます。 
  4. 操作を確定します。

カスタムステータスの作成

  1. アイコン→[カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[課題]→[項目] の順に移動します。
  2. 既存のレイアウトを開くか、新しいレイアウトを作成します。
  3. [ステータスとワークフロー] の右端にある、 アイコンをクリックします。
  4. [初期設定のステータス] セクションで、課題の初期設定のステータスを変更します。
  5. [+ステータスの追加] リンクをクリックして、新しい課題のステータスを作成します。
    • 作成する新しいステータスは、 [未完了]  と  [完了] の 2種類のステータスのいずれかに分類されます。
    • 初期設定のステータスは削除できません。また、[未完了]と[完了]のステータスはそれぞれ1件以上、必要です。 
  6. ステータス名を設定します。
  7. ステータス名の左にある  アイコンをクリックして、色を割り当てます。ステータス名と種類に合う色をパレットから選びます。 
  8. [次に使用可能なステータス]を選択して、 [ワークフロー] を定義します。ボックス内に指定した[次に使用可能なステータス]によって、ワークフローが設定されます。 
  9. [変更を適用する] をクリックして、 [ステータス] を追加します。



ワークフローの作成

ワークフローを作成すると、一連のステータスを設定できます。これは、課題のステージを表すのに役立ちます。
  1.  アイコン→[カスタマイズ]→[レイアウトと項目] →[課題]→[項目]の順に移動します。
  2. 既存のレイアウトを開くか、新しいレイアウトを作成します。
  3. [ステータスとワークフロー]の右端にある、 アイコンをクリックします。
  4. [初期設定のステータス] セクションで、課題の初期設定のステータスを変更します。
  5. [+ステータスの追加] リンクをクリックして、新しい課題のステータスを作成します。
    1. 作成する新しいステータスは、 [未完了]  と  [完了] の 2種類のステータスのいずれかに分類されます。
    2. 初期設定のステータスは削除できません。また、[未完了]と[完了]のステータスはそれぞれ1件以上、必要です。 
  6. ドロップダウンから次のステータスを選択して、ワークフローを作成します。
  7. ステータス名の上にある  アイコンをクリックし、ワークフローから削除します。
  8. [完了]をクリックして、ワークフローを保存します。
  9. [変更を適用する]をクリックして更新します。






    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • 連携項目

                            連携項目を使用すると、Zoho CRMからZoho Projectsのデータを更新できます。この機能を有効にすることで、Zoho ProjectsのデータとZoho CRMのデータを関連付けることができます。  画面右上の  アイコン をクリックします。 [カスタマイズ]→[レイアウトと項目]→[プロジェクト] をクリックします。 項目を追加するレイアウトをクリックします。 [連携項目] を、[新しい項目]欄からレイアウト編集欄にドラッグ&ドロップします。 [項目名] を入力し、 [サービス] ...
                          • タスクのレイアウトルール

                            Zoho Projectsのレイアウトルールは、チームやプロジェクトのニーズに合わせてタスクのレイアウトをカスタマイズするのに役立ちます。レイアウトルールを作成するには、条件と処理を設定する必要があります。 メリット 不要な項目を削除して、必要な項目だけのレイアウトを作成できます。 条件に応じて特定の項目やセクションを表示することができます。 選択リストにおいて、最初に選択した値に応じて次の項目の値を変更させることができます。 この機能を利用できるプラン:エンタープライズプラン ...
                          • 工数表のレイアウトと項目

                            Zoho Projectsでは、工数表のカスタム項目とレイアウトを利用できます。ビジネス要件に応じた独自の項目を作成して、工数表をカスタマイズできます。また、工数の追加時に、レイアウトを関連付けることができます。 カスタム項目と工数表レイアウト に関するアクセス権限についての詳細はこちらをご参照ください。  利点 レイアウトを使用して工数表をカスタマイズできます レイアウトにカスタム項目を追加して、データを取得できます 項目を個人識別情報(PPI)項目として設定できます ...
                          • プロジェクトのレイアウトと項目

                            Zoho Projectsでは、プロジェクトに独自のカスタム項目を追加したり、レイアウトを設定したりできます。 ビジネスの要件に応じた カスタム項目やプロジェクトのレイアウトを作成して、タスクの作成時に使用できます。 この機能を利用できるプラン: エンタープライズプラン アイコン > [カスタマイズ] > [レイアウトと項目] > [プロジェクト]の順に移動し、プロジェクトに対してカスタム項目を作成します。管理者であるにも関わらず、上記の手順を実行出来ない場合は、 ...
                          • タスクのレイアウトと項目

                            Zoho Projectsでは、タスクのカスタム項目とレイアウトを設定できます。ビジネスの要件に合わせて、独自の項目とタスクのレイアウトを作成し、タスクの作成に使用できます。  タスクのカスタム項目とレイアウトに対するアクセス権の詳細についてはこちらをご参照ください。  利用条件 この機能を利用できるプラン: エンタープライズ プラン アイコン →  [カスタマイズ] →   [レイアウトと項目] →   [タスク] ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.