タスクと工数表の設定

タスクと工数表の設定

タスクの設定

タスクの表示順の管理 

このオプションを有効にすると、タスクを完了した後にも、タスクの表示順を保持できます。このオプションを無効にすると、完了したタスクはタスクリストの下部に移動します。
  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [タスク設定]  タブに移動します。
  3. [タスクの表示順の管理] 設定のスイッチを切り替えて、有効にします。 

タスクの接頭語とID

  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [タスク設定]   タブに移動します。
  3. [タスクの接頭語とID] 設定のスイッチを切り替えて、有効または無効にします。


タスクの期間

  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [タスク設定]   タブに移動します。
  3. 下にスクロールして、 [タスクの期間] セクションを表示します。
  4. タスクの期間を、[日]または[時間]のいずれかに設定します。
  5. [更新] をクリックします。  

依存関係のステータス

タスクの依存関係のステータスを使用すると、タスクが他のタスクの待機状態であるかどうかや、他のタスクの完了を妨げているかどうかを知ることができます。 [待機中] [ブロック中] の2つのステータスがあります。  

タスクの依存関係のステータスは、タスクのクラシックビュー、プレーンビュー、かんばんビューで表示できます。また、依存関係のステータスは、タスクの詳細ページでも表示できます。クラシックビューとプレーンビューでは、依存関係のステータスでタスクを抽出できます。
 

リソースの配分

[リソースの配分]の設定により、タスクの割り当て時に、特定のユーザーの作業配分を確認できます。この設定は、初期設定では有効になっています。

  1. 上部メニューにある  アイコンをクリックします。
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [タスク設定]   タブに移動します。
  3. スクロールして、 [タスク設定] の下の [リソースの配分]を表示します。
  4. [リソースの配分]設定のスイッチを切り替えて、 有効にします。
      

課題へのタスクの関連付け

  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [タスク設定]     タブに移動します。 
  3. ページをスクロールして、[課題へのタスクの割り当て]セクションに移動します。関連付けられている課題に関する通知を受け取るかどうかを選択できます。
    1. [通知を表示しない]を選択した場合、タスクの完了時に関連付けられている課題のステータスに関する通知メッセージは受け取りません。
  4. ページ下部の [更新] をクリックします。

タスクの依存関係の設定

こちらでは、ポータルにおけるタスクの依存関係を設定できます。これらのオプションにより、関連付けられている先行タスクが移動したときにいつでも、後続タスクを連動して変更できます。

  1. 上部メニューにある  アイコンをクリックします。
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [タスク設定]    タブに移動します。
  3. ページをスクロールして、[タスクの依存関係]セクションに移動します。 
    • 設定のスイッチを切り替えて、有効または無効にします。タスクの依存関係の設定に関する使用例については こちら をご参照ください。 
    • [初期設定の依存関係の種類]を選択します。
      • 選択した依存関係の種類が、初めてガントチャート間でタスクの関連付けを行った際に、初期設定で2つのタスクに設定されます。依存関係の種類は、後から修正できます。  

  4. ページ下部の [更新] をクリックします。       
メモ:
初期設定の依存関係の種類として[自動]を選択すると、親タスクと子タスクに指定された日付に応じて、依存関係の種類が自動で関連付けられます。[自動]は、子タスクの日付を変更したくない場合に便利です。

工数表の設定

タスクと課題の工数

タスクや課題に対して工数を有効にできます。
  1. 上部メニューにある    アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定] タブに移動します。 
  3. スクロールして、[タスクと課題の工数の記録] セクションを表示します。
  4. 必要に応じて、[所有]または[すべて]のいずれかを選択します。
  5. [更新] をクリックします。



完了したタスクと課題の工数

完了したタスクや課題に対して工数を有効にできます。
  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定] タブに移動します。 
  3. スクロールして、 [完了したタスクと課題の工数の記録] セクションを表示します。
  4. 必要に応じて、[許可する]または[許可しない]のいずれかを選択します。
  5. [更新] をクリックします。

 工数の制限:

  1. 上部メニューにある     アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定]       タブに移動します。 
  3. スクロールして、[工数の制限]セクションを表示します。
  4. 必要に応じて、 [休日]、[週末]、[休暇]のいずれかを選択します。
 ポータルにZoho People連携を設定している場合のみ、[休暇]が有効になります。Zoho People連携につ詳細については、 こちら をご参照ください。

工数表の承認設定

  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定]  タブに移動します。  
  3. スクロールして、[工数表の承認プロセス]セクションに移動します。  
  4. 必要に応じて、承認プロセスを設定します。 
  5. [更新]  をクリックします。  



複数のタイマーの制限

ポータルのユーザーが複数のタイマーを開始することを制限できます。

  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定]   タブに移動します。
  3. スクロールして、 [複数のタイマーの制限]  セクションに移動します。 
  4. [許可する] または [許可しない] のいずれかを選択します。   
  5. [更新] をクリックします。 

予定工数に基づく制限

タスクに設定された予定工数に基づいて、工数の記録を制限できるようになりました。たとえば、タスクに5時間を割り当てた場合、タスクに5時間を超える工数は記録できません。
  1. 上部メニューにある    アイコンをクリックします。  
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定]   タブに移動します。
  3. [予定工数に基づく工数の制限] 設定のスイッチを切り替えて、有効にします。

工数期間の設定

工数の記録は、ユーザーの工数を管理するのに効果的な方法です。過去と未来の工数の記録の設定をカスタマイズでき、工数の記録を完全に削除することもできます。

工数期間の設定をカスタマイズするには:

  1. 上部メニューにある  アイコンをクリックします。
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定]  タブに移動します。   
  3. スクロールして、 [工数期間の設定] セクションに移動します。
  4. [過去の工数の記録] と [未来の工数の記録] のオプションに対して、[許可する]、[許可しない]、[カスタマイズ]  から選択します。
  5. 工数表の編集時にも制限を適用できます。 [工数表の編集時にこの制限を適用する] オプションを選択します( [許可しない] および [カスタマイズ] オプションにのみ適用できます)。 
  6. [更新] をクリックします。   

過去の工数の記録

この設定により、過去の時間帯の工数を記録するかどうかが決定します。

選択肢は次のとおりです: 

許可する

過去のすべての工数を記録できます

許可しない
過去の工数を記録できません
カスタマイズ

特定の時間帯に対して、過去の工数の記録を許可します。
時間帯を選択する際には、週末と指定した休日は考慮されません。


  1. 2016/9/19までの5日間を選択すると、2016/9/12までの工数を記録できます。 
  2. 2016/9/19までの5週間を選択すると、2016/08/12までの工数を記録できます。
  3. 2016/9/19までの5か月間を選択すると、2016/4/19までの工数を記録できます。                     

未来の工数の記録

この設定により、未来の時間帯の工数を記録するかどうかが決定します。

選択肢は次のとおりです:

許可する
未来のすべての工数を記録できます
許可しない
未来の工数を記録できません
カスタマイズ

特定の時間帯に対して、未来の工数の記録を許可します。
時間帯を選択する際には、週末と指定した休日は考慮されません。

例:

  1. 2016/9/19からの5日間を選択すると、2016/9/26までの工数を記録できます。 
  2. 2016/9/19からの5週間を選択すると、2016/10/24までの工数を記録できます。
  3. 2016/9/19からの5か月間を選択すると、2017/2/19までの工数を記録できます。 


工数の記録の設定は、次のタブに反映されます: 

影響のあるタブ
関連する処理
影響のあるタブの要素
課題
各課題の工数
日付の選択
タスクの詳細
各タスクの工数の修正
日付の選択
工数表
 
  • 工数の記録

毎日追加される特定のタスク/課題に対する工数の記録

日付の選択
 
  • 週ごとの工数の記録

毎週追加される特定のタスク/課題に対する工数の記録

日付の選択

 
  • カレンダー

工数の記録、または、既存の工数の編集

日付の選択

 
  • 工数の更新

工数データの編集

日付の選択

例:

ジョアンは工数の記録の入力データを、過去についてはすべての日付で許可し、未来については2週間に制限したいと考えています。

  1. 過去の工数 を「許可する:過去の日」に設定します。
  2. 未来の工数 を「カスタマイズ:未来の2週間」に設定します。

現在の日付が2017/02/15である場合、プロジェクト内のすべてのユーザーが、過去の日付のすべての工数データと、2017/03/01までの未来の日付の工数データのみ、登録できるようになります。これらの設定は、上記のすべての[日付の選択]に反映されます。     


工数の制限

  1. 上部メニューにある   アイコンをクリックします。 
  2. [ポータル設定] > [タスクと工数表] > [工数表設定]   タブに移動します。    
  3. スクロールして [工数の制限] に移動し、スイッチを切り替えて設定を有効にします。
  4. [1日あたりの工数の制限] [1週間あたりの工数の制限] は、初期設定では、 稼働時間 に基づいて算出されます。必要に応じて、工数の制限を編集できます。
    • 1日あたりの工数の制限は、24時間以内で設定する必要があります。毎週の工数の制限は、168時間以下で設定する必要があります。
  5. ページ下部の [更新] をクリックします。 

タイマーのアクセス権についての詳細はこちら をご参照ください。  

工数のリマインダー

工数のリマインダーを使用すると、ユーザーに日/週単位の工数を更新するように通知できます。
  1. 上部メニューにある設定アイコン()をクリックします。
  2. [ポータル設定][タスクと工数表]→[工数表設定]タブの順に移動します。
  3. 下にスクロールして[工数のリマインダー]設定を表示します。切り替えスイッチをクリックして、設定を有効にします。
  4. 必要に応じて、[日単位のリマインダー][週単位のリマインダー]の日時を設定します。
  5. [実行中のタイマーを通知する]のチェックボックスにチェックを入れます。
  6. リマインダーを除外する権限またはユーザーを選択します。
  7. [更新する]をクリックする。






関連情報




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • ポータルの削除

                            サービスの利用を終了したい場合は、いつでもZoho Projectsを削除できます。ポータルは、ポータルの所有者のみが削除できます。削除する前に、必ずポータルのデータをバックアップしてください。 ポータルが次の条件の場合、削除機能が有効になります:  ポータルに有効なユーザーがいない。 すべての連携が無効になっている。 無料プランにダウングレードされている。 ポータルのデータがバックアップされている。 上記の条件を満たす場合、ポータルの削除を進められます。 上部メニューにある  ...
                          • 日時の設定

                            日付の形式  プロジェクトの成果物を正確に算出するために、組織に合わせた日付の形式、稼動日や稼働時間、休日の一覧を設定できます。また、実績の時間数や日数に基づいて、タスクの期間を正確に計算することもできます。 上部メニューにある アイコンをクリックします。 [ポータル設定] > [日時設定] > [日時設定]  タブに移動します。     [日付形式] 、 [時刻形式] 、 [週の開始日] を設定します。 1日あたりの[稼動時間]を設定します。 週の稼働日を選択して、[週末を除外] ...
                          • Zia

                            Ziaは、Zoho Projectsでの作業を支援するAIチャットボットです。Zoho Projectsのタスク、課題、予定に関して何か確認したいことがある場合、Ziaに質問することですぐに必要な情報を得ることができます。また、Ziaは、プロジェクトに関連するデータに基づいてさまざまな提案を行います。  ...
                          • タグ

                            タグを使用すると、検索やフィルターでタブを参照するのに役立ちます。タグを有効にして、プロジェクト、マイルストーン、タスクリスト、タスク、課題、フォーラム、ステータスに関連付けられます。 タグの有効化 ページ右上にある アイコンをクリックします。 [ポータル設定] をクリックし、 [プロジェクトと予算] タブを選択します。 [プロジェクト設定] に移動し、 [タグの有効化] 設定のスイッチを切り替えて、有効にします。 ...
                          • プロジェクトと予算

                            プロジェクトと予算の設定では、プロジェクトID、タグ、プロジェクトの完了度、予算の有効化、予算のしきい値、超過通知、予算の自動更新の頻度などを管理できます。 プロジェクトの設定 接頭語とID 上部メニューにある  アイコンをクリックします。 [ポータル設定] >  [プロジェクト&予算] > [プロジェクト設定] タブに移動します。  [接頭語とID] セクションで、プロジェクトやタスクのIDを有効または無効にできます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.