LinkedInのリード獲得広告連携

LinkedInのリード獲得広告連携

LinkedInのリード獲得広告を利用すると、顧客に対してブランドを宣伝し、ブランドの認知度を高めることができます。見込み客を作成したり、見込み客のデータを抽出したりすることも可能です。
 
Zoho SocialとLinkedInのリード獲得広告との連携によるメリットは、次のとおりです:
  1. 組織やブランドのWebサイトを閲覧した顧客の情報を取得できます。また、その情報を基に対象となる顧客を設定できます。
  2. ブランドの見込み客を増やしたり、ブランドの価値を高めたりすることができます。
  3. 見込み客の興味や要望への理解を深め、オンラインマーケティング業務を円滑に行うことができます。
  4. LinkedInのリードフォームとZoho CRMを関連付けることで、営業チームがLinkedInのリード(見込み客)をフォローすることができます。 
Zoho Social内からLinkedInのリード獲得広告キャンペーンを管理できるのは、広告アカウントの管理者または広告主のみです。

Zoho SocialでのLinkedInのリード獲得広告の連携方法 

Zoho SocialとLinkedInのリード獲得広告を連携するには、次の手順を実施します。
  1. ダッシュボードから [見込み客(リード)フォーム] タブに移動します。



  2. [LinkedInのリード獲得広告を今すぐ設定] をクリックします。 [接続] ボタンをクリックして、LinkedInの広告アカウントとZoho Socialを連携させます。

  3. Zoho Socialと Zoho CRM がすでに連携中の場合、ポップアップ画面には2種類の選択肢が表示されます。
    1. 関連付けを編集:LinkedInのリードフォームの項目とCRMとの関連付けを手動で行う場合は、こちらを使用します。
      関連付けを編集するには:



      1. [見込み客(リード)フォーム] タブに移動します。
      2. [関連付けられている追加項目] に表示される [関連付けを編集] をクリックします。
      3. 関連付ける項目を変更して、 [更新] ボタンをクリックします。
      4. また、関連付けをリセットするには、 [関連付けを編集] の画面左下にある [関連付けをリセット] をクリックします。
      対象の項目が見つからない場合は、[カスタム項目を作成]オプションで該当の項目を作成してください。
    1.  続ける:[続ける] ボタンをクリックすると、LinkedInの リードフォーム の項目とCRMの対象の項目が自動で関連付けられます。

Zoho CRMと連携していない場合  

Zoho CRMとZoho Socialを連携していない場合、次の手順を実施します。
  1. [設定] タブに移動して、 [見込み客の獲得] タブに移動します。表示されるネットワークから、 [LinkedIn]を選択します。



  2. 切り替えボタンをオンにすると、LinkedInのリード獲得広告とCRM間でデータが自動で同期されます。これにより、Zoho Socialの連携機能を通じて、LinkedInで取得したリード(見込み客)のデータが直接Zoho CRMに送信されます。
  3. 切り替えボタンをオフにすると、LinkedInのリード(見込み客)のデータはCRMに送信されません。

LinkedInとCRM間の同期が有効な場合でも、個別のLinkedInのリードフォームからリード(見込み客)の関連付けを管理できます。関連付けを管理するには:
  1. [投稿] タブに移動して、 [見込み客(リード)の獲得] をクリックします。
  2. [LinkedIn]の欄には、接続中の広告アカウントで作成されたリードフォームがすべて表示されます。
  3. 各リードフォームに表示される切り替えボタンを切り替えると、CRMとのリード(見込み客)のデータの同期を有効または無効にできます。 



 LinkedInプロフィールとCRMとの連携を有効にすると、LinkedInの広告アカウント内のリード広告データがすべてCRMに関連付けられます。

初めてCRMと連携した後、Zoho Socialによって過去90日間におけるすべての有効なリード(見込み客)のデータが読み込まれます。

LinkedIn広告アカウントとの接続の解除

  1. 画面右上の [広告アカウントの管理] ボタンをクリックします。



  2. [接続を解除] ボタンをクリックして、LinkedInの会社ページに関連付けられている広告アカウントとZoho Socialとの関連付けを解除します。



LinkedInのフォームの項目とCRMとの関連付け

LinkedInのフォームからデータを取得し、CRMに送信する場合、フォームとCRMのそれぞれの項目を適切に関連付ける必要があります。フォームには、名前、メールアドレス、携帯電話番号などの項目があります。
CRMにLinkedInのフォームのデータを送信するには、Zoho CRMの「姓」の項目をLinkedInのフォームのいずれかの項目に関連付ける必要があります。

フォームの項目の関連付けを編集するには 

Zoho Socialでは、フォームの項目の関連付けを編集することができます。すべてのリードフォームの関連付けを編集する方法と、個別のリードフォームの関連付けを編集する方法の2種類あります。
 
すべてのリードフォームの関連付けを編集するには:
  1. [見込み客(リード)フォーム] タブの[関連付けられているフォームの項目]の欄で、 [関連付けを編集] をクリックします。
  2. 対象のフォームの項目を設定した既存のCRMの項目に直接関連付けて、関連付けを変更します。
個別のフォームの項目を編集するには:
  1. 対象のフォームをクリックして、 [関連付けを編集] をクリックします。
  2. [鉛筆] アイコンをクリックして、対象のフォームの項目を設定した既存のCRMの項目に関連付けて、関連付けを変更します。

必要に応じて、CRMの項目を追加して、既存のフォームの項目に関連付けることができます。例:広告アカウントやキャンペーンIDなどの項目の追加  

LinkedInのリード獲得広告の管理   

Zoho Socialでは、リード(見込み客)のステータスに基づいてリード(見込み客)にフィルターを適用することができます。フィルターを適用するには:
  1. 画面右上にある [ステータス] メニュー をクリックして、いずれかのフィルター条件を選択します。

    選択可能なフィルター条件は、次のとおりです:
    1. 有効
    2. 無効
    3. 削除済み
    4. レビュー中
    5. 未承認
    6. 未配信
    7. アーカイブ済み



    8. このデータは、60分ごとに更新されます。

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.