数式項目のデータの種類

数式項目のデータの種類

データの種類とは、数式に使用するデータの特徴に応じた分類(型)です。データの種類に応じて、適用できる関数や処理内容が異なります。たとえば、合計値や平均値を算出する関数は、数値や通貨の値には適用できますが、日付の値には適用できません。Zoho CRMの数式項目で利用可能なデータの種類は、次のとおりです:

  • 数値
  • 通貨
  • 文字列(テキスト)
  • 日付(日時)
  • 真偽値

数値

数値の種類の値としては、さまざまな形式の数値(数字)を保存できます。整数の他、小数も保存することが可能です。整数の値の例:+5、-9、10、0。小数の値の例:-25.02、27.25

通貨

通貨の種類の値としては、主に金額の値を保存します。通貨の種類の値は、数値に通貨記号が付加されて表示されます。

文字列(テキスト)

文字列(テキスト)の種類の値としては、さまざまな種類の文字を保存します。アルファベット、ひらがな、カタカナ、漢字の他、記号文字も保存可能です。例:demo、crm、ゾーホー、横浜。

日付(日時)

日付(日時)の種類の値としては、日付や時間を表す値を保存します。例:May 15, 2022 11:25am。

真偽値

真偽値の値は、主にある条件が満たされるか満たされないかを表すために使用します。たとえば、条件に当てはまる場合は「true」、当てはまらない場合は「false」を保存します。


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • 数式項目の作成

                            Zoho CRMでは、数式項目を作成することで、ある項目の値をもとに計算(演算)したり値を加工したりした結果を、別の項目の値として表示できます。たとえば、保険会社では、保険の申し込み者が入力した生年月日の値に基づいて現在の年齢を算出する、数式項目を作成することが可能です。これにより、年齢に応じた契約内容や保険料を提案することができます。 利用条件 必要な権限:  権限設定で項目ごとのアクセス権限を持つユーザーが、数式項目を作成できます。 各プランの機能と制限を確認する    数式項目の作成には、 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.