サンドボックスの作成

サンドボックスの作成

サンドボックスアカウントの作成
CRMの管理者は、1つのアカウント内に複数のサンドボックスを作成し、それぞれのサンドボックスで設定をテストすることができます。サンドボックスを作成するにあたって、次の項目を設定する必要があります:

  1. サンドボックスの種類の選択: Zoho CRMには[設定]、[設定とデータ]の2種類のサンドボックスが用意されています。組織の要件に合わせてサンドボックスの種類を選択することが可能です。以下の表は、各サンドボックスの概要の説明です。

    サンドボックスの種類
    メリット
    説明
    設定

    保存されているデータを使用してCRMの設定をテストした上で、本番環境に適用することができます。

     
    管理者は、CRM内のすべての設定をサンドボックスでテストすることができます。また、組織の要件に合わせて、選択した特定の設定のみをテストすることも可能です。





    設定とデータ

    保存されているデータを使用してCRMの設定をテストした上で、本番環境に適用することができます。また、サンドボックス内にデータを読み込むことも可能です。 これにより、 本番環境への変更内容の適用後に確認する時間を節約し、リアルタイムでテストを行うことができます。  

    管理者は、サンドボックスでテストを行うにあたって、

    サンプルデータまたは本番環境のデータ を読み込むことができます。

    本番環境に変更内容を適用する際、設定のみが適用されます。サンドボックス内で作成されたデータは適用されません。




  2. 設定の選択: サンドボックスでテスト可能な設定項目から、テスト対象の設定を選択します。たとえば、ユーザーに関する設定のテストを行う場合、[ユーザーと権限]の欄から該当の項目のチェックボックスにチェックを入れます。作成したサンドボックスには、選択した設定のみ表示されます。



  3. データの読み込み方法の選択: サンドボックスアカウントでテストを行う際には、標準のサンプルデータまたはCRMアカウント内の実際のデータを使用することができます。ただし、サンドボックスアカウント内でこれらのデータに対して行われた変更内容は、本番環境には適用されません。 

    1. サンプルデータの読み込み :テスト用にサンプルデータを読み込むことができます。手動でデータを作成する時間や、サンドボックスアカウントにデータをインポートする時間を節約することが可能です。また、サンドボックスアカウントのユーザーに対して実際のCRMのデータを公開したくない場合にも役立ちます。この方法を選択すると、10件のサンプルデータが各タブ(見込み客、取引先、連絡先、商談、タスク、通話、予定、メモ)に読み込まれます。必要に応じて、各タブのデータを表示したり、編集したりできます。本番環境に変更内容を適用する際、変更したデータは実際のCRMアカウントには適用されません。 



    2. 本番環境のデータの一部の取り込み:
      実際のCRMアカウント内のデータをサンドボックスに読み込むことができます。本番環境で変更内容が実際にデータに対してどのように適用されるか確認するのに役立ちます。各タブに読み込む実際のデータの件数は、選択することができます。また、サンドボックスアカウント内で実際のデータを読み込むタブを指定することも可能です。  




      たとえば、[データの件数]の欄でタブごとに100件のデータを読み込むように選択すると、本番環境の該当のタブから最新の100件のデータがサンドボックスアカウントに読み込まれます。 
      必須に設定されているルックアップ項目が本番環境の該当のタブに含まれている場合、選択したデータ件数と共にルックアップ項目のデータもサンドボックス内に読み込まれます。ルックアップ項目によるタブ間の関連付けの設定も、サンドボックス内で保持されます。




      上記の例では、[見込み客]、[連絡先]、[見積書]の各タブから500件のデータがサンドボックスアカウントに読み込まれます。[見積書]タブには、必須に設定されているルックアップタブが2件([取引先]と[商品])と、任意のルックアップタブ([商談])があります。この場合、[取引先]タブと[商品]タブのデータが自動でサンドボックスアカウント内に読み込まれます。自動で選択された必須のルックアップタブの選択を解除することはできません。
      作成可能なサンドボックスアカウントの上限は、利用するCRMプランによって異なります:
      1. エンタープライズプランの場合 :[設定] - 3件、[設定とデータ] - 2件
      2. アルティメットプランの場合 :[設定] - 7件、[設定とデータ] - 3件
      3. 試用版(エンタープライズプラン、アルティメットプラン) :[設定] - 2件
    3. サンドボックスアカウントに対するアクセス権の設定:  管理者は、サンドボックスにアクセスして設定のテストを行うCRMユーザーをサンドボックスアカウントに追加することができます。複数のサンドボックスを作成した場合、要件に合わせて各ユーザーに対してそれぞれのサンドボックスへのアクセス権限を設定することが可能です。ユーザーは、自身が追加されているサンドボックスアカウントにのみアクセスできるようになります。
      サンドボックスに追加されたユーザーに対しては、サンドボックスのURLが記載された招待メールが送信されます。

利用条件
必要な権限
サンドボックスの管理権限を持つユーザーは、次の操作を行うことができます:    
  1. サンドボックスの作成、編集
  2. サンドボックスの再構築 
  3. 開発者の追加
  4. 本番環境への変更内容の適用  
  5. サンドボックスアカウントの無効化
  6. サンドボックスアカウントの削除


サンドボックスの作成

サンドボックスを作成するには:
  1. [設定]→[データ管理]→[サンドボックス] の順に移動します。
  2. [新しいサンドボックスの作成] ボタンをクリックします。
  3. [新しいサンドボックスの作成] 画面で、次の操作を実行します:
    1. サンドボックス名を入力します。
    2. サンドボックスの説明を入力します。
    3. [種類] の項目のドロップダウンから、サンドボックスの種類を選択します。 
    4. サンドボックス内でテストを行う設定を選択する場合、 [サンドボックス内の設定] の項目で [すべて] を選択するか、個別に選択します。 



    5. [種類]の項目で[設定とデータ]を選択した場合、 [サンプルデータ] または [本番環境のデータの一部]のいずれかを選択します。



    6. [アクセスできる人] の項目で、ドロップダウンからCRMユーザーのメールアドレスを選択します。

  4. [作成] をクリックします。

    画面右上にある [サンドボックスに移動] ボタンをクリックすると、サンドボックスに移動できます。サンドボックス環境のCRMには、画面上部に[Sandbox]と記載されたオレンジのリボンが表示されます。このリボンは、サンドボックスと本番環境を区別するために表示されます。 



開発者の追加

CRMに参加していないユーザーを開発者としてサンドボックスアカウントに追加し、サンドボックスで一緒にテストを行うことができます。1人の開発者が、複数のサンドボックスアカウントにアクセスすることが可能です。 開発者を追加する主なメリットは、以下のとおりです:  
  1. ワークフロールールやスケジュールなどの自動化処理に関連する詳細な設定を行い、テストできます 。
  2. 高度な知識が必要なカスタム関数を記述、テストできます。 
  3. 本番環境に変更内容を適用する前に、エラーがないか確認できます。
  4. 開発者には役職、権限、直属の上司を割り当てることができます。要件に合わせて、既存のCRMの役職や権限を選択することが可能です。たとえば、Webフォームの設定をテストする場合、開発者にWebフォームの権限を設定すると、開発者はサンドボックス内でWebフォームを作成し、テストすることができるようになります。役職と権限に関する詳細については、こちらをご参照ください。  また、選択した役職よりも上位の役職のユーザーを直属の上司として設定することができます。これらのユーザーは、開発者のサンドボックスにアクセスできるようになります。
開発者を追加するには
  1. [設定]→[データ管理]→[サンドボックス] の順に移動します。
  2. [サンドボックス]ページの画面右上にある アイコンをクリックします。
  3. [開発者の追加] をクリックします。



  4. [開発者の追加] 画面で、次の詳細情報を入力します:
    1. 開発者の名を入力します。
    2. 開発者の姓を入力します。
    3. 招待メールを送信する開発者のメールアドレスを入力します。
    4. 役職:サンドボックスアカウントでの開発者の役職を選択します。
    5. 権限:サンドボックスアカウントでの開発者の権限を選択します。
    6. アクセス権限:開発者にアクセス権限を付与するサンドボックスを選択します。
    7. 直属の上司:直属の上司となるユーザーを選択します。

  5. [保存] をクリックします。
メモ:
  1. [保存]をクリックすると、サンドボックスのURLが記載された招待メールが開発者に送信されます。 
  2. [開発者の追加]ボタンは、サンドボックスアカウントを作成した後でのみ表示されます。1件のアカウントにつき、5人まで開発者を追加できます。
  3. 開発者を追加するにあたって、CRMユーザーのライセンスを購入する必要はありません。 
  4. 開発者はサンドボックスアカウントにのみアクセスできます。
  5. 開発者に割り当てる役職または権限がサンドボックスで選択できない場合、開発者には「CEO(最高経営責任者)」の役職と「管理者」の権限が割り当てられます。

サンドボックスアカウントの一覧の表示

[サンドボックスの管理] の権限が付与されているユーザーは、作成されたサンドボックスアカウントの一覧を確認することができます。確認するには、 [設定]→[データ管理]→[サンドボックス]の順に移動します。 このページでは、アカウント名、変更内容の件数、アクセス可能なユーザーと開発者、作成日時、ステータスなど、サンドボックスアカウントに関する詳細情報をすべて確認することができます。 

また、サンドボックスでテストした変更内容を本番環境に適用することも可能です。

     

試用版でのサンドボックスアカウントの削除

エンタープライズプランまたはアルティメットの試用版を利用中の場合、サンドボックス機能を利用することができます。該当のアカウントが無料プランやサンドボックス機能を利用できないプランにダウングレードされた場合、サンドボックスアカウントは30日間の猶予期間後に削除されます。ただし、次の場合は、サンドボックスアカウントは保持されます: 
  1. 30日間の猶予期間内に試用版に再登録した場合、サンドボックスアカウントはさらに30日間保持されます。試用期間の終了後、サンドボックスアカウントは削除されます。 
  2. 30日間の猶予期間内にエンタープライズプランまたはアルティメットプランを購入した場合、サンドボックスアカウントは保持されます。


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • ブループリントのプロセスフロー例

                            プロセスフロー例 以下のスライドでは、教育、不動産、保険、銀行、金融など、さまざまな分野のビジネスのプロセスフローのサンプルを示します。これらは、個別のブループリントの設計を開始するうえで必要な内容を確認するための汎用的なプロセスフローです。独自のニーズに基づいて、状態、遷移、フローを微調整できます。ギャラリーを参照してお役立てください(添付ファイルをご参照ください)。  留意事項 ブループリントの上限: 上限 無料 スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ アルティメット ...
                          • サンドボックス(テスト環境)の管理

                            サンドボックスの再構築 注:サンドボックスの更新機能は、再構築機能に名称が変更されました サンドボックスで設定のテストを行うにあたって、サンドボックスに最新の本番環境の設定が反映されていない場合、変更内容を本番環境に適用しても設定に不整合が生じる可能性があります。このような場合、サンドボックスの再構築機能が役立ちます。再構築機能を利用すると、最新の本番環境の設定やデータを定期的にサンドボックスに反映させることができます。   ...
                          • サンドボックスでの変更内容の本番環境への適用

                            サンドボックスは、本番環境のコピーであり、利用中のアカウントのテスト環境です。サンドボックスを使用すると、本番環境の実際の設定やデータに影響を及ぼさずに、新しい設定内容をテストできます。テストの完了後、サンドボックスから本番環境に、設定の変更内容を簡単に適用できます。  例 : ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.