ブループリントの下書き保存

ブループリントの下書き保存

最終的なブループリントをCRMに展開する準備ができていないため、プロセスフローにさらに詳細を設定しなければならない場合があります。ブループリントを公開すると、データの入力が開始されるので、準備が整う前に展開することはお勧めできません。この場合、ブループリントを「下書き」として保存できます。

下書きバージョンでは、「状態」や「遷移」をいろいろと試してみることができます。最終的なプロセスフローに満足したら、下書きを公開できます。下書きバージョンはテスト環境ではなく、プロセスフローをテストするためのキャンバスの一種です。下書きバージョンでは、ブループリントの実行をテストできません。現時点では、下書きバージョンは、プロセスフローをいろいろと試すためのものです。

ある時点で、 公開 バージョンと 「下書き」 バージョンのブループリントを1つずつ作成できます。

  • 公開バージョン: ブループリントが 公開 されている場合は、CRM設定で有効であることを意味します。ブループリントの条件を満たすデータは、このバージョンのプロセスフローに従って開始されます。
  • 下書きバージョン :ブループリントが 下書き として保存されている場合、実際のCRM設定にはまだ展開されていませんが、既存のデータに影響を与えることなく試すことはできます。

ブループリントを編集した時点で、変更を直接公開することも、最新バージョンを下書きとして保存することもできます。ブループリント編集画面で、 [下書き] バージョンと [公開] バージョンを切り替えることができます。


注意事項 

  • 下書き バージョンからの最新の変更を公開するときに、以前のバージョンのブループリントにすでに関連付けられている既存のデータがある場合は、それらのデータの処理方法を決定するよう求められます。次のオプションから選択できます: 
    • ブループリントを終了する。つまり、これらのデータをプロセスの最後の既知の状態から削除する
    • 既存のすべてのデータを、公開しようとしている最新バージョンに移動する
    これにより、特定のタブ内のすべてのデータが、ある時点で、統一されたプロセスフローに従うようになります。  


  • ブループリントのフローを編集する際に、1つ以上の状態を削除した場合は、再公開時に、既存のデータをブループリントの最新バージョンに移動するか、プロセスから移動するよう再度求められます。これらを現在のバージョンに移動することを選択した場合、削除した状態を、変更後のブループリントのフローで使用可能な状態に再関連付けするよう求められます。



  • ブループリントを削除する際、有効なデータが含まれていた場合は、そのデータをプロセスから移動するよう求められます。
  • ブループリントの一覧表示ページで、アスタリスク (*) は、関連付けられた下書きバージョンもある、公開済みブループリントを示します。
      
  • まったく公開されておらず、下書きのみあるブループリントは、 空の ステータス (--)から識別できます。
    (ブループリントのステータスは、プロセスが有効か無効かを示します)。
    次のスクリーンショットでは、「商談のフォローアップ*」は公開ブループリントであり、下書きバージョンもあります。
    [見込み客の評価]は、下書きモードのみのブループリントです。



  • 下書きバージョンでの変更を破棄したい場合には、 公開済み バージョンに切り替えて、 [下書きとして保存] をクリックするだけです。これで公開済みバージョンは、下書きバージョンの変更を上書きし、再度編集を開始できます。
  • ブループリントの下書きバージョンは、ブループリントへのアクセス権を持つすべてのユーザー、つまり、 自動化の管理 権限を持つユーザーが利用できます。

これで、「状態」と「遷移」を使用してプロセスフローを作成できました。最後の手順では、遷移設定を行います。 


関連情報










                        • Related Articles

                        • ブループリントの使用状況レポートの確認

                          ブループリントのレポートは、ビジネスプロセスとその実行に関する重要な情報を確認し、より効率化するのに役立ちます。ブループリントのレポートには、標準レポートとカスタムレポートの2種類があります。  ブループリントの標準レポート 以下に、すぐに使用できるブループリントのさまざまな標準レポートは、下図のとおりです。  ブループリントのレポートを確認するには       [設定] > [自動化] > [ブループリント] に移動します。 [使用状況] タブをクリックします。 ...
                        • 継続的なブループリントの作成

                          断続的なプロセスに適した通常のブループリントとは異なり、継続的なブループリントを使用して、中断なしで発生するプロセスを設計できます。これは、営業電話のスクリプト作成に最適です。 利用例 営業チームは、営業電話のコールスクリプトを使用して営業担当者を支援するための継続的なブループリントを作成したいと考えています。営業電話は、一気に行われます。次のさまざまな段階があります。 あいさつ 製品概要の説明 料金情報の提示 次回の電話のスケジュール調整 製品への関心の確認 関心なし ...
                        • ブループリントの実行

                          自分のブループリントデータへのアクセス ブループリントが設定されると、プロセス条件を満たすデータがプロセスに適用され、ブループリントで指定された遷移担当者がそれぞれの遷移を実行できるようになります。 プロセスを開始するには、プロセス全体で自身の担当する対応の実行待ちになっているデータを把握しておく必要があります。 ブループリントデータにアクセスするには  Zoho CRMアカウントで、 [自分の担当] タブをクリックします。 [自分の担当] ...
                        • ブループリントの設計

                          プロセスの作成には、主に3つの手順があります:       基本情報の入力: プロセスを作成する タブ 、 レイアウト 、 項目 を指定します。 プロセスフローの設定: ブループリント編集画面 で、 開始状態または初期設定状態 (該当する方)から 終了状態 までのプロセスフローを設定します。 遷移の設定: 要件に応じて、プロセス内の異なる状態について、 遷移前 、 遷移中 、 遷移後 を設定します。 手順1:基本情報の入力 [設定] > [自動化] > [ブループリント] に移動します。 ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.