独自ドメインからのカスタマーサポート

独自ドメインからのカスタマーサポート



Zoho Deskを使用して、自分のドメインからカスタマーサポートを提供できます。初期設定では、ヘルプセンターのWebアドレスが「 desk.zoho.com/portal/ <mycompany>」のような、Zoho Deskのサブドメインとなります。ただし、これをカスタマイズして、顧客が 「support.mycompany.com」などのサブドメインから問い合わせを送信できるようにすることができます。この機能は、ドメイン/ホストの関連付けと呼ばれます。

使用例を挙げてみます。Bay & Co.,という会社があり、カスタマーサポート用にZoho Deskを使用しています。サブドメイン( www.bayandco.com)をZoho Deskに関連付けることで、顧客が「 desk.zoho.com/portal/bayandco」の代わりに「support.bayandco.com」で、ヘルプデスクにアクセスできます。この方法で、担当者が サポートポータル「 support.bayandco.com/support」にアクセスすることもできます。

メモ:
  • この文書に記載されているドメインの関連付けの手順は、担当者の画面と初期設定のヘルプセンターにのみ適用されます 。 
  • ワイルドカードや外部ベンダーから購入したその他のSSL認証は、Zoho Deskにはインストールできません。

前提条件
Zoho Deskにドメインを設定する前に、 ドメインレジストラーのコントロールパネル で次の設定を行う必要があります。
  1. メインドメインに サブドメイン (例:support.bayandco.com)を追加します。これは、カスタマーサポート用のアドレスとして使用されます。サブドメインの追加方法については、ホスティングプロバイダーのWebサイトからヘルプを入手できます。
  2. CNAME を作成して、Zoho Deskを指定します。これは、初期設定のZoho Deskアドレスのエイリアスを作成するためです。

CNAMEの作成
CNAMEを作成して、Zoho Deskを指定するには:
  1. ドメインレジストラの [コントロールパネル] にサインインします。
  2. DNSレコードを変更するには、 [DNS管理] 設定にアクセスします。DNS管理が見つからない場合は、[詳細設定]や[ネームサーバー管理]などのオプションを探します。
  3. CNAME (または正規名)レコードを作成/編集して、「 desk.cs.zohohost.com 」に指定します。
    「desk.zoho.eu」でヘルプデスクにアクセスしている場合は、CNAMEを「 desk.cs.zohohost.eu 」に指定します。
    「desk.zoho.in」でヘルプデスクにアクセスしている場合は、CNAMEを「 desk.cs.zohohost.in 」に指定します。
DNSシステムに対する変更はすぐには反映されません。変更が反映されるまでに時間がかかる場合があります。

ドメインアドレスの設定
これで前提条件を満たしたため、Zoho Deskに移動して、新しいドメインアドレスを指定します。ドメインアドレスの変更の流れは、次の3つの手順で構成されます:
  1. ドメインアドレスの 追加
  2. ドメイン所有権の 認証
  3. ドメインの 適用

手順1:ドメインアドレスの追加:
最初の手順は、Zoho Deskで設定したいドメインアドレスを指定します。 
上記の手順でCNAMEエントリーを作成し、Zoho Deskを指定するまで、この手順は続行しないでください。

ドメインアドレスの追加手順は、次のとおりです:
  1. 管理者 権限で、Zoho Deskにサインインします。
  2. 上部メニューにある [設定] アイコン( )をクリックします。
  3. [一般] メニューにある [リブランディング] をクリックします。
  4. [リブランディング] サブメニューの [ドメインの関連付け] をクリックします。
  5. [ドメインの関連付け] ページの [ドメインの関連付け] をクリックします。
    これにより、ドメインを関連付けるための [設定ウィザード] が起動します。



  6. カスタマーサポート用の [ドメインURL] を入力します。
    上記の例では、これは「support.bayandco.com」と入力する場所になります。
  7. [次へ] をクリックします。

手順2:ドメイン所有権の認証:
Zoho Deskでドメインを適用する前に、ドメインを認証してください。ドメインは、要件に応じて、次のいずれかの方法で検証できます:
  • CNAMEメソッド
  • HTMLメソッド

CNAMEメソッド
CNAMEメソッドでは、Zoho Deskに表示された一意のコードを、DNSマネージャーに追加する必要があります。CNAMEエントリーを追加したら、設定ウィザード上の「CNAMEメソッド」オプションの下に表示されている、「認証」をクリックします。

    

手順は、次のとおりです:
  1. 自分のドメインホスティングサービスにサインインし、DNS管理ページを開きます。ヘルプについては、ドメインホストに直接お問い合わせください。
  2. 次の詳細を入力して、新しい [CNAMEレコード] を作成します:
    • [Name/ホスト/エイリアス/CNAME] 項目に、Zoho Deskで作成したコード(例:zb********)を追加します。
    • [値/指定先/宛先] 項目で、「desk.cs.zohohost.com」を追加します。EUでホストされているアカウントの場合は、「desk.cs.zohohost.eu」を追加します。
      インドでホストされているアカウントの場合は、「desk.cs.zohohost.in」を追加します。
  3. [保存] または [レコードの追加] をクリックして、CNAMEレコードを保存します。
  4. Zoho Deskアカウントの[設定ウィザード]ページに戻ります。
  5. 「CNAME」オプションの下に表示される [認証] をクリックします。

メモ:
  • サブドメインで [Cloudflare] が有効になっている場合、Zoho DeskはCNAMEを検証できません。Zoho Deskでドメインを認証するまで、Cloudflare()を無効にすることをお勧めします。認証後、再度有効にして()、セキュリティ保護を続行できます。

HTMLメソッド
HTMLメソッドでは、Webサイトページのルートフォルダーに、Zohoが提供する認証ファイルを追加する必要があります。「認証」をクリックすると、Webサイトの特定のファイルが検索され、認証ファイルの有無に基づいてドメインが認証されます。

   

手順は次のとおりです:
  1. Zoho Deskの設定ウィザードページで、 HTML メソッドを選択します。
  2. 認証ファイルをダウンロードするには、ウィザード内で「 zoho-domain-verification.html 」ファイルをクリックします。
  3. ファイルを、ドメインのWebサイトのルートフォルダー(最上位フォルダー)にアップロードします。例: http://bayandco.com/zoho-domain-verification.html
  4. ブラウザーのウィンドウを開き、Webサイト上のアップロードしたファイルのアドレスに移動します。ファイルが正しくアップロードされている場合、Webページにアップロードした文字列が表示されます。
  5. Zoho Deskアカウントの設定ウィザードページに戻ります。
  6. 「HTML」オプションに表示される [認証] をクリックします。これにより、Zoho Deskでは、表示したアドレスでHTMLファイルが確認されますます。ファイルが見つかると、ドメインは認証済みとして更新されます。

手順3:SSLの取得:
Zohoを通じて、ドメインのSSL認証をインストールする必要があります。認証は、ブラウザーとサーバー間の安全な暗号化接続を構築するのに使用されます。インストールは、Zoho側で無償で実施され、3営業日かかる場合があります。SSLを取得するには、ウィザード内の[SSLの取得]をクリックします。




ドメインの適用
ドメインのSSL認証のインストールが完了すると、Zoho Deskに適用できます。複数ブランド機能を有効にしない限り、適用できるドメインは1件のみですのでご注意ください。

ドメインの適用手順は、次のとおりです:
  1. ドメインの関連付けのページで、適用する認証済みドメインの [ドメインの適用] をクリックします。



  2. 設定ウィザードで [適用] をクリックします。
    新しいドメインがZoho Deskに関連付けられます。
  3. 新しいタブでドメインを開くには、 [ドメインにアクセス] をクリックします。

     

  4. すべて問題がなければ、元のタブの [再読込] をクリックします。
    これで、新しいドメインでZoho Deskにアクセスできます。

ドメインのリセット
Zoho Deskの初期設定のURL(desk.zoho.com)でアクセスする場合は、ドメインの関連付けをリセットできます。

ドメインの関連付けをリセットするには:
  1. 上部メニューの [設定] アイコン( )をクリックします。
  2. [一般] メニュー [リブランディング] をクリックします。
  3. [リブランディング] サブメニューの [ドメインの関連付け] をクリックします。
  4. [ドメインの関連付け] ページで、適用したドメインにカーソルを合わせ、 [リセット] アイコン( )をクリックします。 
  5. 確認画面で [リセット] をクリックします。
これで、初期設定のURLでZoho Deskにアクセスできます。

注意:
  • 複数ブランドのヘルプセンターに関連付けられているドメインはリセットできません。

ドメインの削除
Zoho Deskに追加した認証済みドメインと未認証ドメインの両方を削除できます。

ドメインを削除するには:
  1. 上部メニューにある [設定] アイコン( )をクリックします。
  2. [一般] メニューにある [リブランディング] をクリックします。
  3. [リブランディング] サブメニューの [ドメインの関連付け] をクリックします。
  4. [ドメインの関連付け] ページで、ドメインにカーソルを合わせ、 [削除] アイコン( )をクリックします。 
  5. 確認画面で [削除] をクリックします。

メモ:
  • Zoho Deskに適用されているドメインは、リセットするまで削除できません。
  • 複数ブランドのヘルプセンターに関連付けられているドメインは、ドメインの関連付けを解除するか、ヘルプセンターを削除するまで削除できません。 

よくある質問(FAQ)
1. ヘルプデスクで不正なドメインを設定してしまったため、アカウントからロックアウトされました。
Zoho Deskアカウントにアクセスするには、次のURLにアクセスしてください: http://desk.zoho.com/support/<portalname>/DomainMapping.do 正しいドメインURLを入力して設定を保存してください。

2.ドメインを関連付けると、担当者と顧客はヘルプデスク https://desk.zoho.com/ にアクセスできますか?
はい。ユーザーが「desk.zoho.com」にアクセスすると、ブラウザーが自動的に関連付けられてるドメインに移動します。

3.Zoho Deskから送信された通知メールでは、新しいドメインアドレスが使用されますか? 
はい。招待状、承認、エスカレーションなどのすべてのユーザー通知メールは、新しいドメインアドレスを使用して送信されます。ドメインを関連付けると、変更内容が反映されます。 




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.