Zoho CRMのモチベーター機能の概要

Zoho CRMのモチベーター機能の概要

営業活動には数多くの業務がつきものです。営業担当者はそれらの業務にすばやく対応し、かつ売上につなげる必要があります。また、日常業務に加えて、突然対応が必要な業務が発生することもあります。このような状況に対して、営業担当者がストレスを感じることは珍しいことではありません。職務経験が豊富で、過去に素晴らしい実績を何度も上げたことがあるベテランの営業担当者でさえ、日々のストレスによって業務への意欲が湧かないこともあります。 
業務から起こるストレスや意欲の低下は避けがたいものです。このような場合、Zoho CRMのモチベーター機能が役立ちます。この機能を活用することで、管理者はチームメンバーの意欲を高め、業務が円滑に進むような環境を作ることができます。これにより、今までよりさらに売上や成果を生み出すことができるようになります。  
意欲を高めるきっかけや要因はそれぞれの営業担当者によって異なるため、特定することは簡単ではありません。しかし、これらのきっかけや要因を探り、チームメンバーの意欲を高めることは、管理者にとって非常に重要な業務です。 

利用条件
必要な権限
タブのカスタマイズ権限を持つユーザーがこの機能を設定できます。


モチベーター機能の利用例

問い合わせの対応件数が最も多かった担当者、見込み客をより多く登録した担当者、商談への変換率が最も高かったチームのマネージャーなど、成果を上げた従業員に対して、表彰したり、他の従業員から褒められたりする環境が整っている企業やチームは多くありません。 
メインの業務に集中するという観点から見れば、これらは重要なことではないという考えもあるかもしれません。しかし、チームメンバーの意欲を高め、業務全体がより円滑に進むようにするには、このような環境を整える必要があります。
Zoho CRMのモチベーター機能を活用すると、設定した目標の進捗状況をひと目で確認することが可能です。これにより、チームメンバーは目標を明確に把握し、目的に集中することができます。見込み客の登録、フォローアップの通話、他のタスクなどのさまざまな営業活動を指標として確認できます。  
たとえば、見込み客の登録業務の場合、KPIの指標を使用します。登録された見込み客の数は、営業担当者が獲得するポイントとして表示されます。個人、複数のチーム、組織全体で目標を設定する際にこのKPIの指標を使用することも可能です。ある地域の営業部門に対して、1週間で100人の見込み客の獲得を目標とするとします。 
この場合、KPIの指標を活用し、チームや個人間でゲームのように業務を行えるようにすることで、この目標により進んで対応するような環境を作ることができます。ゲームの終了時に最も見込み客を登録した担当者には、トロフィーが付与されます。
モチベーターのダッシュボードでは、KPIの指標や目標を追加したり、開催中のゲームを確認したりすることができます。以下の画像のとおり、ダッシュボードには次の内容が表示されます:
  1. 見込み客の登録に関する1週間のKPIと、先週からの増加分の割合。
  2. これまでに獲得したポイントの合計。
  3. これまでに営業チームが達成した目標。 


Zoho CRMのモチベーターの各項目

チームの意欲を高めるような活動を設定するために、Zoho CRMのモチベーターには次の機能が用意されています。 
  1. KPI(主要業績評価指標)
  2. 目標
  3. ゲーム



個人やチームでのKPIの設定

さまざまな営業活動に対してKPIを設定することができます。営業活動の例は、次のとおりです:
  1. 見込み客の獲得:チームメンバーに見込み客の登録を促すことで、有望な見込み客を識別し、商談につなげることができます。見込み客を登録するたびにポイントが付与されるように設定し、見込み客を増やすことが可能です。 

  2. やりとりの回数:各地域の担当者や営業チームにKPIを割り当てて、今まで以上にやりとりが行われるように促すことができます。担当者がフォローアップ活動を活発に行うことで、顧客とのつながりを強化することが可能です。 

  3. 発生した売上:各地域の営業担当者に対し、顧客や商談のデータを確認してフォローアップを行うように促すことで、売上を増加させることができます。
        

個人、チーム、組織全体での目標の設定

小さなマイルストーンやKPIを達成することで達成できる内容を目標として定めます。個人、チーム、組織全体のKPIに基づいて、次のように目標を設定することができます:
  1. 見込み客の獲得増加月間:見込み客の獲得に関するKPIを利用して、営業チームに対して月単位や週単位の目標を設定することができます。目標の期間終了前に目標を達成するように促すことが可能です。 

  2. 見込み客の変換の強化週間:各営業担当者に対して、1週間で50人の見込み客を商談に変換させるように目標を設定することができます。これにより、有望な見込み客を識別して要件を理解し、商談へと変換するように促すことが可能です。

  3. 売上向上月間:売上に関するKPIを設定して、営業チームに対して一定金額以上の売上を達成するように目標を設定することができます。月末までにより多くの商談を受注し、売上の増加を促すことが可能です。最も売上に貢献したチームにはバッジが付与されます。 

個人やチームでのゲーミフィケーションの活用

ゲーミフィケーションを活用することで、チームメンバーの意欲を高め、生産性を向上させることができます。管理者は、各KPIの指標を利用して、個人やチームに対してゲームを作成することが可能です。これにより、期間内に目標に達成するように促すことができます。 

成績の確認

ディスプレイやダッシュボードに成績をリアルタイムで見やすく表示し、チームメンバーの意欲を高めることができます。チームメンバーそれぞれが自分自身の成績を意識し、目標に集中するように促すことが可能です。成績の確認画面では、各営業担当者はこれまでのゲームで獲得したポイントやバッジを確認することができます。


関連情報:

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • Zoho CRMのモチベーターの設定

                            Zoho CRMのモチベーターの有効化 これまでのゲーミフィケーション機能は、「モチベーター」という名前の新しい機能になりました。Zoho CRMの管理者は、設定画面からモチベーター機能を有効にできます。 ゲーミフィケーション機能を使用している場合、モチベーター機能を有効にすると、進行中のゲームやバッジが終了します。既存の成績と設定は、変更されません。 Zoho CRMのモチベーターを有効にするには: [設定]→[一般]→[ゲームの設定]の順に移動します。 ...
                          • Converse for Zoho CRM

                            Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...
                          • Zoho Desk連携の管理

                            Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                          • Zoho SalesIQ連携の設定

                            Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。 連携を有効にすると、Zoho ...
                          • Zoho Directory連携

                            Zoho CRMをZoho Directoryと連携すると、CRMの管理者が、パスワードやIPアドレスによる制限、その他さまざまなセキュリティポリシーを設定できます。組織のCRMアカウントを詳細に管理して保護することができます。Zoho Directory連携の詳細については、以下をご参照ください。 Zoho Directory連携のメリット パスワード管理:CRMの管理者は、次のような設定を行うことで、組織におけるパスワードの使用方法を最適化することができます: ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.