メールテンプレートの作成画面について

メールテンプレートの作成画面について

テンプレート作成画面の要素について

テンプレート作成画面は、テンプレートにドラッグ&ドロップできるさまざまな要素で構成されています。これにより、テンプレートの作成プロセスが簡素化できます。


要素を追加するときに表示される設定ボタンをクリックした後、すべての要素に共通する3つの基本操作は次のとおりです: 

  • 矢印 をクリックし、必要な場所にドラッグして、要素を 再配置 する
  • 要素を 複製 する
  • 不要な要素を 削除 する
     

テキスト

テンプレートにテキストを追加するには、必要な場所にテキスト要素をドラッグ&ドロップするだけです。使用可能なテキスト要素の種類は、2種類の見出し要素と1種類のテキスト要素です。これらの要素の詳細は、要素をクリックしたときにエディターの上部に表示されるツールバーを使用して、必要に応じて変更できます。


  1. 標準フォントの選択
    すべてのメールテンプレートで使用する標準フォントを選択できます。選択したフォントは、 [テキスト]と[画像とテキスト] 要素でのみ、利用できるようになります。テンプレート作成画面でフォント名の横にある 星印 アイコンをクリックすると、該当のフォントを標準フォントに設定できます。標準フォントを設定しても、ギャラリー内の事前設定済み メールテンプレート のフォントは変更されませんのでご注意ください。



画像 

この要素は、テンプレートに画像を挿入するために使用します。コンピューターから画像をアップロードするか、画像のURLを入力できます。
画像の挿入に使用できる3種類のオプションは次のとおりです: 
  • 1つの画像
  • 連続する2つの画像
  • 連続する3つの画像

画像を追加するには、画像要素をドラッグ&ドロップして画像を追加するだけです。変更する必要がある場合は、画像の上にマウスを移動して、 [変更] アイコンをクリックします。



スペーサー

テンプレートを読みやすくするために、スペーサーを使用できます。テンプレートに空白スペースを挿入するには、スペーサー要素を使用できます。初期設定のスペーサーは3種類あり、スペーサーの高さは要素の下縁をドラッグして調整できます。



画像+テキスト 

画像とテキストを配置するための設定済みオプションを使用して、テンプレートをより簡単に作成できます。これは、テキストと画像を並べて表示するのに役立ちます。



テキスト+画像要素は、初期設定で次の4種類の方法で使用できます:
  • 1つの画像とテキスト:2つのバリエーションが使用できますが、テキストと画像の位置を入れ替えることもできます。
  • 中央に画像がある2つのテキスト要素
  • 中央にテキスト要素がある2つの画像

ボタン 

この要素は、テンプレートにボタンを挿入するために使用します。ボタンを使用してテンプレートの受信者をWebページに誘導できます。3種類のスタイルがあり、その中から最も適したスタイルを選択できます。



ボタンを追加するには、必要なボタンをドラッグ&ドロップします。ボタンの名前と、ボタンをクリックしたときに表示されるリンクを指定します。
ボタンを作成後、詳細を変更できます。 
  1. ボタン要素をクリックすると表示される [設定] アイコンをクリックします。
  2. [ボタンの詳細] をクリックします。



  3. [ボタン] セクションで、ボタンの名前を変更、またはリンク先を変更できます。

列 

テンプレートの視覚効果をより高め、ニュースレターなどの形式のテンプレートを作成するため、テンプレートに列を追加したい場合があります。
列要素には、5種類の列オプションがあります。テキストと画像要素のさまざまな組み合わせの列を作成できます。列要素には、5種類の列オプションがあります。テキストと画像要素のさまざまな組み合わせの列を作成できます。

 

表 

テンプレートに表を挿入するには、表要素をドラッグ&ドロップします。2つの設定方法があります:基本、サブフォーム。
済みの表と、表を最初から作成するための要素があります。

基本

基本の表には、必要な詳細を入力するための行や列があります。表の詳細を使用して、テーブルのデザイン(配置、ヘッダーの色、行数、 列数、幅 など)を変更できます



表の詳細を変更するには:
  1. 表要素を選択すると表示される [設定] アイコンをクリックします。

  2. [表の詳細] をクリックします。



  3. [表を作成する] 画面で、次の手順を実行します:                 
    • 行、列、幅、配置の詳細を適切に入力します。(列の境界線をドラッグして、列の幅を変更(増減)できます)。
    • 必要に応じて、ヘッダーとヘッダーの色を指定します。
    • 行の色と、必要な表の境界線を選択します。 

  4. 右上にある[行/列を編集する]アイコンをクリックすると、行や列の挿入や削除が可能です。



  5. [複製する]アイコンをクリックすると、表のコピーを作成できます。



  6. [削除する]アイコンをクリックすると、テンプレートから表を削除できます。

サブフォーム

サブフォームを通じて入力されたデータをテンプレートに追加できます。各サブフォームは、表形式で表示されます。最大5件のサブフォームの表を、テンプレートに追加できます。



表の詳細を変更するには:

  1. 表要素を選択すると表示される [設定] アイコンをクリックします。[表の詳細]アイコンをクリックします。
  2. [表を作成する] 画面で、次の手順を実行します:                 
    1. 行、列、幅、配置の詳細を適切に入力します。(列の境界線をドラッグして、列の幅を変更(増減)できます)。

    2. 必要に応じて、ヘッダーとヘッダーの色を指定します。

    3. 行の色と、必要な表の境界線を選択します。 

  3. 右上にある[行/列を編集する]アイコンをクリックすると、行や列の挿入や削除が可能です。
    必要に応じて、行や列に詳細を入力できます。

  4. 右上にある[削除する]アイコンをクリックすると、テンプレートからサブフォームの表を削除できます。

メモ 
  • 表の 列幅のサイズ変更 機能により、列の境界線をドラッグして列幅を増減させることができます。
  • 表の右上にある [行/列を編集する] アイコンをクリックすると、既存の表の任意の行の上下に行を追加したり、任意の列の前後に列を追加したりできます。
  • サブフォームの表は複製できません。

背景

テンプレートの視覚効果をより高めるために、テンプレートに背景色を追加できます。テンプレートの内側の色と外側の色を指定できます。テンプレートの外側の領域にテーマが必要な場合は、外側のテーマ要素を使用できます。色を選択するには、カラーパレットに16進コードを入力します。


差し込み項目

差し込み項目は、特定のテキストの値が継続的に変更する場所で使用します。たとえば、テンプレートの宛名欄では、受信者に応じて個人の名前が変更されます。このような場合、差し込み項目が値に基づいてデータを取得します。 標準差し込み項目の一覧はこちら をご参照ください。 

差し込み項目の一覧を表示するには、テキスト(複数行)に # を入力します。一覧から必要な差し込み項目を選択します。



特定の差し込み項目が必要な場合、たとえばユーザーの「名」(First Name)を表示する場合、「#first」と入力すると、関連する差し込み項目が一覧に表示されます。


 
メモ 
  • 署名 が差し込み項目として提供されるようになりました。これにより、送信者の署名は、テンプレートの最後で設定するのではなく、必要に応じて追加できます。
  • 組織のロゴ も差し込み項目として提供されるため、必要な場所に挿入できます。

利用できない差し込み項目

使用できない項目は、さまざまな理由でZoho CRMにすでに存在しない項目です。このような使用できない項目は、赤色で強調表示されます。使用できない項目を選択して、一覧から適切な項目を選択して置換できます。または、閉じる( )アイコンをクリックして項目を削除することもできます。



Zoho CRMの差し込み項目が利用できなくなる場合の具体的な例は、次のとおりです:

カスタム項目が削除された場合

メールテンプレートに、削除された項目の差し込み項目値が引き続き含まれている場合は、利用できない差し込み項目として表示されます。

ルックアップ先のタブのカスタム項目が削除された場合

メールテンプレートに [タブ] ルックアップで挿入された差し込み項目があり、その後その項目が削除された場合は、利用できない差し込み項目として表示されます。

[商談] タブに見込み客のルックアップ項目があると仮定します。 [商談] タブ用に作成したメールテンプレートに、 [見込み客] タブからの差し込み項目値が含まれており、ルックアップによって自動入力されます。この項目を [見込み客] から削除すると、利用できない差し込み項目としてテンプレートに表示されます。

選択したタブに項目が関連しない場合

テンプレートを作成しているタブに関連しない差し込み項目を使用した場合は、利用できない差し込み項目として表示されます。

たとえば、[商談]タブのメールテンプレートに差し込み項目値${Leads.Lead Id}を挿入すると、利用できない差し込み項目として表示されます。

連携/機能を無効にした場合

アカウントで機能または連携が無効にされた場合、連携の一部として作成された項目も、無効化後のアカウントでは使用できません。メールテンプレートにこのような項目の差し込み項目の値が挿入されている場合は、利用できない差し込み項目として表示されます。これは、次の機能/連携に適用されます: 

  • Google 広告連携 - 無効化のために使用できなくなったGoogle 広告項目は、テンプレートでは利用できなくなります。
  • 訪問者追跡(Zoho SalesIQ連携) :無効化のために使用できなくなった訪問者追跡項目は、テンプレートでは利用できなくなります。 
メモ 
  • 利用できない差し込み項目が、メールテンプレートの件名、本文、フッターに表示されることがあります。これらの値がメールテンプレートのこれらのセクションから削除されていることをご確認ください。

メールテンプレートのプレビューとテスト

テンプレートがどのように表示されるかを確認したい場合には、プレビューオプションを使用して確認できます。メールクライアントにどのように表示されるかを確認する必要がある場合は、テストメールを送信できます。

  1. テンプレートを作成または編集したら、 [プレビュー] をクリックします。


  2. [プレビュー] ページでは、テンプレートの名前、件名、送信時のテンプレートの表示を確認できます。
  3. [テストメールの送信] をクリックして、テストメールを受信トレイに送信します。
  4. プレビューを 閉じます  。 
メモ 
  • テストメールは、現在のユーザーの受信トレイにのみ送信できます。












                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.