翻訳

翻訳

従業員と顧客が世界各地に分散しているグローバル展開のビジネスでは、言語の壁を取り払うために、複数言語をサポートするシステムを導入することが不可欠です。Zohoはこの点をよく理解しており、顧客のCRMに対して優先言語を選択できるオプションを提供しています。Zoho CRMで優先言語を設定すると、タブ、カスタム項目、選択リストの値にも適用されます。しかし、組織がさまざまな国で事業を展開している場合、これが障壁となることがあります。

たとえば、組織の本社がドイツにあり、アメリカ、ヨーロッパ、日本に支社があるとします。主にドイツで事業を展開しているため、CRMの優先言語はドイツ語になります。しかし、他国の支店の営業担当者はドイツ語を理解できず、母国語を使用することを望みます。Zoho CRMの[翻訳]を使用すれば、この問題に対処して、項目と選択リストの値を、個々のユーザーが希望する言語に翻訳できます。

利用条件

必要な権限
管理者権限を持つユーザーがアクセスできます。


翻訳の開始

言語ファイルの翻訳を開始するには、次の手順を実行します:

手順1:[翻訳設定]の有効化

最初の手順は、[翻訳設定]を有効にすることです。開始する前に、CRMアカウントに管理者権限でサインインしていることを確認します。

手順2:言語の追加

2番目の手順は、CRMアカウントに言語を追加することです。Zoho CRMでは、定義済みの28の言語リストから言語を選択できます。言語を追加すると、言語を識別するための固有の言語コードで構成されるファイルが追加されます。このファイルには、すべての選択リストの値とカスタム項目が、ご利用のCRMアカウントのデフォルト言語で一覧表示されています。必要な数の言語を1つずつ追加し、言語ファイルを使用して翻訳します。

手順3:言語ファイルのエクスポート

言語を追加したら、次の手順は、組織で使用する翻訳の言語ファイルをエクスポートすることです。エクスポートファイルには、翻訳が必要なすべての選択リストの値とカスタム項目が含まれています。個々のファイルをエクスポートするか、すべての言語ファイルを一度にエクスポートするかを選択できます。言語ファイルをエクスポートした後、エクスポートファイルの選択リストの値とカスタム項目を自分で翻訳するか、翻訳業者に作業を外注することができます。エクスポートされるファイルの内容の詳細については、こちらをご参照ください。

手順4:翻訳済み言語ファイルのインポート

言語ファイルをエクスポートした後、項目を自分で翻訳するか、翻訳者に作業を外注することができます。Zoho CRMでの翻訳に影響する可能性があるため、エクスポートしたファイルの形式が変更されていないことを確認します。項目の翻訳が終了したら、翻訳済みファイルをCRMにインポートする必要があります。

言語を翻訳してCRMに追加するには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [翻訳]の順に移動します。
  2. [翻訳]ページで、[翻訳設定]ボタンをオンにします。

  3. [翻訳]ページで、[言語の追加]をクリックします。
  4. [言語の追加]ポップアップで、ドロップダウンリストから言語を選択します。
  5. [追加]をクリックします。
    リストから言語を削除する場合は、その言語にカーソルを合わせて、[削除]アイコンをクリックします。
  6. 追加した特定のファイルに対応する[エクスポート]リンクをクリックします。
    または、[すべてエクスポート]オプションを選択すると、すべての言語ファイルを一度にエクスポートできます。
  7. エクスポートが完了したら、[エクスポートの通知]ポップアップで[ダウンロード]をクリックします。
    翻訳された値を、ダウンロードした言語ファイルに追加する必要があります。


  8. ダウンロードした言語ファイルに、翻訳された値を追加します。
  9. Zoho CRMの[翻訳]ページで、[インポート]をクリックします。
  10. [言語ファイルのインポート]ポップアップで、ダウンロードして翻訳したファイルを見つけて選択します。
    インポートファイルが、.txt形式または.zip形式であることを確認します。
  11. [インポート]をクリックします。
    ファイル内の翻訳済みの値がZoho CRMに追加されます。


メモ
  • 各ファイル/値の形式は、PicklistValues.Leads.Lead_Status.Contacted=Contacted です。
    エクスポートした言語ファイルで、元の選択リスト値とカスタム項目名を変更しないようにしてください。翻訳されたデータは、PicklistValues.Leads.Lead_Status.Contacted=TranslatedValue の形式である必要があります。
  • 各言語は一意のコードで識別され、これによって、インポートしたファイルをCRMの正しい言語に関連付けできます。このため、言語ファイルのエクスポートまたはインポート時に、これらの言語コードを変更しないようにしてください。

言語のインポート履歴の表示

これまでにインポートされたファイルの完全な一覧を、[言語ファイルのインポート履歴]で確認できます。インポートされた言語ファイルは、最新のものが一番上になるように、時系列順に配置されます。 

言語のインポート履歴を表示するには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [翻訳]の順に移動します。
  2. [翻訳]ページで、[言語ファイルのインポート履歴]サブタブをクリックします。
  3. 各データで次のいずれかのリンクをクリックすると、詳細を表示できます:
    • [追加済み] - 新しく翻訳された文字列がこちらに一覧表示されます。
    • [更新済み] - 既存の翻訳済み文字列が次回の翻訳で更新されると、こちらに一覧表示されます。
      言語を初めて翻訳する場合、更新済みの値はゼロになります。
    • [スキップ] - Zoho CRMで翻訳されていない文字列はすべて、こちらに一覧表示されます。 
メモ
  • 言語ファイル全体をエクスポートするのではなく、翻訳されていない文字列のみをエクスポートするように選択できます。その後、翻訳されていない文字列のみを翻訳し、更新されたファイルをインポートできます。
    または、言語ファイル全体をエクスポートし、翻訳されていない文字列のみを修正して、言語ファイル全体をインポートすることもできます。
  • インポートされたファイルは、インポート履歴で60日間利用できます。

翻訳済みファイルのエクスポート

言語を翻訳した後で、タブ内でカスタム項目や選択リストに新しい値が追加されることがあります。このような場合は、翻訳済みファイルをエクスポートし、新しい項目のみを翻訳して、言語ファイルをCRMアカウントにインポートし直すことができます。これにより、すべての項目を再度翻訳するのを避けることができます。また、未翻訳の言語ファイルをエクスポートして、すべての項目を翻訳することもできます。 

翻訳済みファイルをエクスポートするには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [翻訳]の順に移動します。
  2. [翻訳]ページで、[翻訳設定]ボタンをオンにします。
  3. 対象のファイルの[エクスポート]リンクをクリックします。
  4. [言語ファイルのエクスポート]ポップアップで、次のいずれかを選択します:
    • [翻訳済み]
    • [翻訳予定のテキスト
    • [両方]
  5. [エクスポート]をクリックします。

言語インポートの取り消し

誤った言語ファイルをインポートした場合や、CRMにインポートしたファイルを使用しない場合は、処理を元に戻すことができます。元に戻すと、そのファイルを使用して実行されたZoho CRM内の翻訳が取り消されます。

インポートした言語を取り消すには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [翻訳]の順に移動します。
  2. [翻訳]ページで、[言語ファイルのインポート履歴]サブタブをクリックします。
  3. 言語ファイルの上にカーソルを合わせ、[この言語ファイルのインポートを取り消す]リンクをクリックします。
  4. [はい、続けます]をクリックして、確定します。

翻訳の無効化

翻訳を無効にするには、2つのオプションがあります:

  • 特定の言語の翻訳を無効化 - 誤った言語ファイルをインポートした場合や、ユーザーが特定の翻訳済みファイルを使用しないようにする場合は、CRMアカウントでその言語ファイルを無効にするよう選択できます。
  • 翻訳設定全体を無効化 - その翻訳を使用しない場合は、CRMアカウントで翻訳設定を無効にできます。翻訳設定を無効にすると、言語設定は、CRMアカウントで設定されているデフォルトの言語に戻ります。
    特定の言語を無効にするか、または削除すると、その翻訳言語を使用しているユーザーには、CRMアカウントに設定されたデフォルトの言語で選択リストとカスタム項目が表示されます。

言語を無効にするには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [翻訳]の順に移動します。
  2. 無効にする対象の言語の[ステータス]ボタンをオフにします。
  3. ポップアップで[はい、今すぐ無効にします]をクリックして、確定します。

翻訳設定を無効にするには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [翻訳]の順に移動します。
  2. [翻訳設定]ボタンをオフにします。
  3. ポップアップで[はい、翻訳を無効にします]をクリックして、確定します。

選択リスト項目の参照値

さまざまな言語に翻訳された選択リスト項目の値は、言語の値のいずれかがカスタム関数、Web通知のパラメーター、数式項目、メールテンプレートの差し込み項目、タスクの件名などの条件チェックの定義に使用されている場合、機能しないことがあります。

たとえば、選択リスト項目「見込み客のデータ元」の「広告」オプションの1つが、10の言語に翻訳されている場合、CRMで異なる言語を使用しているユーザーが同じ「広告」という値を使用しても、その関数は機能しません。この問題に対処するために、参照値が導入されています。選択リストの各項目は、すべての言語で共通の参照値で表されます。選択リスト項目を必要とする上記の関数のいずれかを定義する場合、ユーザーは参照値を使用することで、関数を機能させることができます。 

参照値を使用するには

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [タブと項目]の順に移動します。
  2. [タブ] > [レイアウトの編集]の順に選択します。
  3. 選択リスト項目を選択し、[詳細]アイコンをクリックします。
  4. [プロパティの編集]をクリックします。
  5. [選択リストのプロパティ]ポップアップで[参照値]を選択し、前述した場所で使用します。

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • エクスポートした言語ファイル<

                            エクスポートした言語ファイルには、次の内容が含まれています。 言語コード:Zoho CRMの各言語には、専用のコードが割り当てられており、そのコードを用いてどの言語に対応するテキストかを表します。翻訳した言語ファイルをZoho CRMアカウントにインポートすると、言語コードに基づいて、ファイルの内容が対象の言語に関連付けられます。下図は、フランス語の言語コードの記載例です。 Language_Code: fr_FR ラベル:Zoho ...
                          • タブのカスタマイズに関するトラブルシューティング

                            タブと項目に関するトラブルシューティング 1.データの作成/編集中に[Tab]キーを押すと、入力欄が左から右に移動せずに上から下に移動します。なぜですか? [Tab]キーによる項目間の移動方法は、管理者がレイアウトで設定した方法によって異なります。移動方法には、左から右、上から下のいずれかを設定できます。 ...
                          • サンドボックスでの変更内容の本番環境への適用

                            サンドボックスは、本番環境のコピーであり、利用中のアカウントのテスト環境です。サンドボックスを使用すると、本番環境の実際の設定やデータに影響を及ぼさずに、新しい設定内容をテストできます。テストの完了後、サンドボックスから本番環境に、設定の変更内容を簡単に適用できます。  例 : ...
                          • 権限の管理

                            権限の設定は、カテゴリーごとにグループ化されているため、効率的に管理できます。また、各権限設定の横にある切り替えスイッチをクリックするだけで、該当の権限設定を有効または無効にできます。変更内容はすぐに保存されます。 権限の一覧 ...
                          • カスタム項目の管理

                            Zoho CRMでは、必要に応じて新しい項目を追加できます。追加したカスタム項目は、設定した権限に応じて他のユーザーも使用できます。 利用条件 必要な権限 カスタム項目の作成機能を利用できるのは、タブのカスタマイズ権限を持つユーザーのみです。 各プランの機能と制限を確認する  メモ 作成可能な項目数の上限は、利用するプランに応じて異なります。同様に、項目の種類ごとに作成可能な項目数の上限があります。詳細は、 カスタム項目の上限 をご参照ください。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.