データ容量の管理

データ容量の管理


Zoho CRMのストレージ(容量)の設定画面には、次の2つのタブがあります。 [データ容量]タブと[ファイル容量]タブです。
各タブでは、[
使用できる容量](容量の内訳)と [使用状況の詳細]を確認できます。
この記事では、データ容量の管理について説明します。
ファイル容量についての詳細は、こちらの記事をご参照ください。

データ容量

データ容量は、標準タブとカスタムタブ内のデータが占める容量の合計です(データのメモと、ごみ箱内のデータが占める容量も含まれます)。

データ容量の使用量の計算方法

データ容量は、各タブのデータ、データに追加されているメモ、ごみ箱内のデータを合計して計算されます。 

以下は、ユーザー1人あたりのおおよその平均使用量です

タブ
サイズ
標準タブ
(見込み客、連絡先、取引先、商談、キャンペーン、商品、仕入先、見積書、発注書、請求書、受注書、問い合わせ、価格表、訪問、タスク、通話、予定)
2KB
カスタムタブ
2KB
関連付けタブ
1KB
メモ
1KB
メール (メールの関連リスト内の各データ)
1KB
ごみ箱
ごみ箱内のデータのサイズも上記と同様です。

追加のデータ容量の購入

登録したプランで提供される基本のデータ容量以外に、追加のデータ容量を購入できます。

データ制限の適用前:
データ容量の追加については、営業担当に個別にお問い合わせください。追加容量の料金の詳細については、 料金表のページ をご覧ください。 
なお、データ容量の使用状況は、いつでも確認できます。上限に近づいているかどうかや、すでに上限に達しているかどうかを確認したうえで、追加の容量を購入できます。 
追加容量の料金は、月単位で請求されます。

データ制限の適用後: 
追加のデータ容量は、Zoho CRMの画面から購入できます。
なお、基本のデータ容量は、利用するプランに基づきます。
試用版 におけるデータ容量の上限は、データ数5,000件です。ただし、有料プランを購入している場合に他のプランを試用すると、すでに購入しているプランの容量が上限となります(試用版の上限は適用されません)。たとえば、プロフェッショナルプランをすでに購入していて、エンタープライズプランの試用版を選択した場合、 上限はプロフェッショナルプランに基づきます。 

以下は、プランごとのデータ容量の上限の詳細です。  

プラン

基本容量(組織ユーザー:200人未満)*

基本容量(組織ユーザー:200人超)*

追加容量**

追加容量の上限

無料プラン

10MB
(5,000件のデータ)

10MB
(5,000件のデータ)

なし(無料プランでは、追加のユーザーライセンスを購入することはできません)

-

スタンダード

200MB
(100,000件のデータ)

200MB
(100,000件のデータ)

なし
(ユーザーライセンスを購入しても、容量の上限を引き上げることはできません)

-

プロフェッショナル

10GB
(500万件のデータ)

10GB
(500万件のデータ)

20MB

5GB

エンタープライズ

10GB
(500万件のデータ)

15GB
(750万件のデータ)

50MB

10GB

アルティメット

10GB

(500万件のデータ)

30GB
(1,500万件のデータ)

100MB
(5万件のデータ)

10GB

*(おおよその値です)
**(購入した各ユーザーライセンスに基づきます)

プロフェッショナルプランのユーザーライセンスを2人分購入した場合、使用できる容量の合計は、10GB+20MB(ユーザー1人あたり10MB×2)です。追加容量を購入することで、上限を最大5GBまで拡張できます(追加した分の容量は、ユーザー数に基づく基本容量とは別に計算されます)。 
各プランのデータ容量についての詳細は、プラン別機能一覧の[データ管理]のセクションをご参照ください。

データ容量とファイル容量

Zoho CRMに保存されているデータは、さまざまな分析に使用されます。一方、データが正しく入力されていなかったり、古くなって無効になってしまったりすることもあります。 
これにより、間違った分析結果につながる可能性があります。したがって、保存しているデータはその有効性を定期的に確認することが重要です。また、無効なデータや古いデータを削除することで、容量も節約できます。

データ容量の内訳と使用状況

[設定]→[データ管理 [ストレージ] の[データ容量]タブでは、データ容量の内訳と使用状況の詳細を確認できます。

使用できる容量
[使用できる容量]の欄では、以下の内容を確認できます。
  1. 使用できる容量 
  2. 使用中の容量
  3. 残りの容量(残りの容量は定期的に計算されます)


    [ストレージを追加する]をクリックすると、Zoho Storeに移動して、追加の容量を購入することができます。
使用状況の詳細
[使用状況の詳細] の欄では、各タブについて、データ数と使用中の容量を確認できます(すべてのデータとメモが含まれます)。タブ名をクリックすると、データ数、使用中の容量、使用量が多いユーザー上位25人が表示されます。


右上の欄で[表示]をクリックすると、ごみ箱内のデータ、無効なデータ、更新がないデータ(関連データ含む)をそれぞれ削除することができます。


ファイル容量の詳細を確認するには

  1. [設定] [データ管理] [ストレージ] に移動します。
  2. [ストレージ] ページの [ファイル容量] タブに、容量の内訳と使用状況の詳細が表示されます。
ファイル容量についての詳細は、こちらの記事をご参照ください。

トラブルシューティングのヒント





    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training



              Zoho Desk Resources

              • Desk Community Learning Series


              • Digest


              • Functions


              • Meetups


              • Kbase


              • Resources


              • Glossary


              • Desk Marketplace


              • MVP Corner


              • Word of the Day









                                • Related Articles

                                • カスタマイズに関するよくある質問(FAQ)

                                  ホームタブで、CRMのデータを表示するグラフを追加するには? ホームタブでは、円グラフ、棒グラフなどを追加してCRMのデータを表示することができます。ダッシュボードにこれらのグラフを作成する手順は、以下の通りです。 ホームタブをクリックします。 ホーム画面で、表/グラフを追加するをクリックします。 表/グラフを追加するのポップアップで、ダッシュボードを選択します。 表/グラフの詳細を設定し、カスタムビューを選択します。 保存するをクリックします。 Zoho ...

                                Resources

                                Videos

                                Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                                eBooks

                                Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                                Webinars

                                Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                                CRM Tips

                                Make the most of Zoho CRM with these useful tips.