見込客に関連付けられたカスタムタブを、連絡先、取引先および商談にコンバート後に関連付けすることはできるのか?

見込客に関連付けられたカスタムタブを、連絡先、取引先および商談にコンバート後に関連付けすることはできるのか?

見込客の段階から管理したい事柄があり、見込客にカスタムフィールドを追加するのではなく、別途カスタムタブを作成し関連付けします。

見込客とカスタムタブの関係は、1対多です。

 

この関連付けを行うときには、カスタムタブ側にルックアップフィールドを作成して、見込客を関連付けることかと思います。

 

見込客は、具体的に商談化されるときに、連絡先、取引先または商談にコンバートすることができるでしょう。

このコンバート時に、カスタムタブの関連も同時に、連絡先または取引先に関連付けを自動で行うためにはどうすればよいでしょうか?

コンバート後もこのカスタムオブジェクトを使用するイメージです。

 

複数のタブに関連付けする、連絡先または取引先に関連付けするようなフィールドは特別なフィールドかと思います。
デベロッパーエディションでルックアップフィールドを作成してみようと思いましたが、見込客、連絡先または取引先のいずれか1つを固定して関連付けはできますが、見込客、連絡先または取引先の3つの中から任意の1つを選ぶような特別なルックアップは選べないようでした。

なにかカスタマイズする方法は存在するのでしょうか?

 

また見込客を連絡先または取引先にコンバートするとき、コンバート後の見込客はどのような扱いになるのでしょうか?
というのは、カスタムタブにルックアップフィールドを2つ用意し、1つのフィールドは見込客に関連付けし、もう他方のフィールドは連絡先または取引先のいれかを固定して関連付けることを考えます。(本来はここでも連絡先または取引先の2つの中から1つを選択できるルックアップが欲しいところです)

コンバート後に見込客が関連付けられたルックアップのフィールドの値はどうなるのでしょうか?

 

よろしくお願いいたします。



    Zoho CRM Plus Resources

      Zoho Books Resources


        Zoho Subscriptions Resources

          Zoho Desk Resources

            Zoho Projects Resources


              Zoho Sprints Resources


                Zoho Orchestly Resources


                  Zoho Creator Resources