メールに関してよくある質問(FAQ)

メールに関してよくある質問(FAQ)

1.利用中のプランでは、1日あたり500通のメール送信制限がありますが、同じ連絡先に対してメールが重複して送信されることがあります。たとえば、実際に送信できるメールは300通のみのことがあります。一括メールの送信時に重複メールが送信されないようにするにはどうすればよいですか?

メールアドレスを一意の項目にし、重複チェックの設定を有効にすることで、重複を防ぐことができます。メールアドレスを一意の項目にし、重複チェックを有効にするには、次の手順にしたがってください:
  • [設定]→[カスタマイズ]→[タブ&項目]をクリックします。
  • 見込み客タブを選択します。
  • [メール]の項目において[…]をクリックし、[値の重複を許可しない]をクリックします。
  • [保存]をクリックします。 
その後、同じメールアドレスが重複して登録されることを防げます。 



2.Zoho CRMに登録した見込み客に対して、自動でメールを送信できますか?見込み客データをCSV形式でインポートして、該当の見込み客宛てにメールを自動送信できますか?

Zoho CRMでは、ワークフローや自動メール送信などの機能を利用してメールを自動送信できます。
また、Webフォームを作成してWebサイトから見込み客データを取得し、フォーム送信時に自動返信を送信することもできます。Webフォームの作成についてはこちらをご覧ください。
その他、ワークフロールールを設定し、見込み客データをCSV形式でインポートし、該当の見込み客に自動でメールを送信することも可能です。



3.受信トレイに振り分けられるはずのメールが迷惑メールに振り分けられてしまいます。どうすればよいですか?

正当なメールが迷惑メールになってしまっている場合は、特定のメールを右クリックして、[迷惑メールとしての設定を解除]をクリックします。 
Zoho Mailにより、該当の送信者がホワイトリストに登録されます。送信者のアドレスがホワイトリストに登録された後でもメールが迷惑メールに振り分けられる場合は、メール送信元のサーバー設定が適切ではなく、SPFなどの認証が失敗したことなどが原因である可能性があります。 



4.一括メール送信の上限を超えて送信していません。それにも関わらず一括メール送信ができないのはなぜですか?

Zoho CRMのプランや利用状況によって、一定数を超えて一括メール送信を送信できない場合があります。一括メール送信のメール数の上限は、組織のタイムゾーンにおける午前12時から午後11時59分までを1日として計算されます。
1日あたりの一括メール送信の上限には、自動メール送信、有効なメールの送信予約設定マクロ一括送信メールが含まれます。
追加料金を支払うことで、1組織あたりの1日の一括メールの上限を最大2,250通まで増やすことができます。一括メールの上限を増やすには、sales@zohocorp.comにご連絡ください。また、Zoho CampaignsとZoho CRMの連携もご確認ください。大量のメールを一括送信するようなマーケティングキャンペーンの計画や実施をスムーズに行うことができます。



5.Zoho Mailで受諾したカレンダーの予定をZoho CRMのカレンダーに表示するには?
  1. [設定]→[メールでカレンダーの予定に招待]セクションに移動します。 
  2. [メールからの予定の追加先]に[Zoho CRMカレンダー]を選択します。 






    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                              • Related Articles

                              • レポートに関するよくある質問(FAQ)

                                1.作成したレポートを他のユーザーと共有するには? 次の2通りの方法で、Zoho CRMのレポートを共有できます。 レポートをエクスポートしてユーザーと共有:各レポートは、Excel、CSV、PDFファイルとしてエクスポートできます。 該当レポートでレポートのフォルダーを作成し、そのフォルダーをユーザーと共有:レポートフォルダーを使用すると、レポートを整理して、他のユーザーと簡単に共有できます。レポートは、あるフォルダーから別のフォルダーに移動することもできます。 ...
                              • ブループリントに関するよくある質問(FAQ)

                                1.Zoho CRMで作成できるブループリントの数に制限はありますか? はい、あります。ブループリント機能は、Zoho CRMのプロフェッショナルプラン以上で利用できますが(初期設定のブループリントがあらかじめ設定されています)、プランに応じて利用可能なブループリント数の上限が異なります。 プランに応じて作成可能なブループリント数の上限については、こちらをご参照ください。なお、上限には、初期設定のブループリントも含まれます。 関連情報:Zoho CRMの各プランの機能の比較  ...
                              • ワークフローについてよくある質問(FAQ)

                                1.標準権限を持つユーザーのワークフロールールを無効にするには? ワークフロールールは、ワークフローの管理権限を持つすべてのユーザーが設定できます。初期設定では、標準権限を持つユーザーにもこの権限があり、変更することはできません。ただし、ワークフローの管理権限が含まれない権限を新しく作成し、対象のユーザーに割り当てることができます。 2.CRMで長期間ステータスが更新されていないデータに関するメール通知を自動化できますか?  たとえば、見込み客が14日以上同じ特定のステータスの場合は、 ...
                              • 商談に関するよくある質問(FAQ)

                                1.商談の売上の期待値を入力できません。なぜですか? 売上の期待値は、見込み客、取引先、商談、その他のタブで指定したステージと金額の詳細に基づいて自動的に計算されます。そのため、[売上の期待値]項目に手動で入力することはできません。ただし、売上の期待値の計算に使用されるステージと確度の関連付けはカスタマイズできます。 2.商談のステージと確度の関連付けをカスタマイズするには、どうすればよいですか? 商談ステージを確度の値、売上予測の種類、売上予測のカテゴリーと関連付けるには: ...
                              • 見込み客に関するよくある質問(FAQ)

                                1.見込み客に対して特定のキャンペーンを関連付けるには? 見込み客を特定のキャンペーンに関連付けるには、次の手順に従ってください。 [見込み客] タブで、キャンペーンに関連付けるデータを選択します。 見込み客の詳細ページの[キャンペーン]の欄で、[キャンペーンの追加]をクリックします。 関連付けるキャンペーンを選択します。 [追加先:見込み客]をクリックします。 2.新しく作成されたキャンペーンに既存の見込み客を追加するには? ...

                              Resources

                              Videos

                              Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                              eBooks

                              Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                              Webinars

                              Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                              CRM Tips

                              Make the most of Zoho CRM with these useful tips.