ソーシャルプロフィール

ソーシャルプロフィール

Zoho CRMにソーシャルメディアを連携させることで、顧客とのやり取りを営業情報に関連付けられます。ソーシャルCRMを活用する2つの方法は、次のとおりです。
  • ソーシャルプロフィール連携による個人のソーシャルメディアでのやりとり(詳細は以下を参照)
  • [ソーシャル]タブを使用した、顧客とのブランドに関するやりとり

ソーシャルプロフィール連携

見込み客、連絡先、取引先の詳細ページにある[ソーシャル関連リスト]を使用すると、TwitterやFacebookのプロフィールをCRMに関連付けることができます。

そうすることで、特定の見込み客/取引先/連絡先の営業情報とソーシャルメディアの詳細を同じページに表示できます。商談を提案するときに、相手が探しているソリューションの種類や好み、やり取りしている競合他社などを把握していなければならない場合があります。これらの情報は、商談をうまく進めることに役立ちます。

利用条件

必要な権限
この機能にアクセスできるのは、権限設定でソーシャルプロフィールまたは[ソーシャル]タブの権限を持つユーザーです。
メモ
  • 組織の公式アカウントを使用して認証し、この機能を使用することをお勧めします。
  • 連携は、[見込み客]、[取引先]、[連絡先]タブでのみ使用できます。
  • ユーザーがブランドアカウントへのアクセス権を持っている場合は、ブランドアカウント自体を使用して対話できます。ユーザーにブランドアカウントへのアクセス権がない場合、またはアカウントにブランドが関連付けられていない場合、ユーザーは自分の個人アカウントを設定するように求められます。
  • 関連付けられたプロフィールのソーシャルコンテンツは、そのプロフィールのプライバシー/データ共有設定により異なります。
  • 組織のブランドアカウントを設定するには、[ソーシャル]タブを使用します。ブランドアカウントとは、組織が管理するソーシャルメディアアカウントのことです。関連項目:[ソーシャル]タブについて

ソーシャルプロフィール連携の有効化

初期設定では、この機能はシステム定義の管理者権限と標準権限を持つユーザー全員に対して有効になっています。他の権限ユーザーは、権限設定でソーシャルプロフィール[ソーシャル]タブの権限が有効になっている場合にのみ、この連携を使用できます。

メモ
  • 管理者と権限管理の権限を持つユーザーは、他の権限に対してこの機能を有効または無効にすることができます。他の権限でこの機能を有効にするには、下記の手順を参照します。
  • Zoho CRMアカウントに複数のユーザーがいる場合のみ、[設定]の下に[権限設定]リンクが表示されます。関連項目:権限の管理

ユーザーのソーシャル連携を有効にするには

  1. [設定]>[ユーザーと権限]>[セキュリティ設定]>[権限設定]に移動します。
  2. [権限設定]ページで、連携を有効にする権限を編集します。
  3. [ソーシャル権限]で、[ソーシャルプロフィール]または[ソーシャルタブ]チェックボックスをオンにします。



  4. [保存]をクリックします。

ソーシャル関連リストの詳細

ソーシャル関連リストの処理を開始するには、見込み客、連絡先、取引先のソーシャルメディアプロフィールをそれぞれの詳細ページに関連付ける必要があります。これにより、直接、かんたんに相手に連絡でき、同じページ上に営業情報が表示されます。


プロフィールが関連付けられると、ソーシャル関連リストには、関連付けられた3つのプロフィールすべての概要が表示されます。



  • Twitterのプロフィールでは、基本情報ツイート数フォロワー/フォロー数、いいね!の件数を表示できます。
  • Facebookのプロフィールでは、基本情報のみ表示できます。

ソーシャルメディアプロフィールの関連付け

ソーシャルメディアプロフィールを関連付けるには

  1. 対象の見込み客/連絡先をクリックします。
  2. [ソーシャル]関連リストで、該当するアイコンをクリックして、Twitterを関連付けることができます。



  3. 各ソーシャルメディアチャネルで、プロフィールを検索できます。
    • Twitter:必要な名前またはTwitterアカウントを入力して、プロフィールを検索します。 



  4. 各権限に対して[関連付け]をクリックし、必要なプロフィールを見込み客/連絡先に関連付けます。  各プロフィールがソーシャル関連リストの見込み客/連絡先に関連付けられます。
メモ
  • 見込み客または連絡先の[Twitter]項目でTwitterアカウントが指定されている場合、対応するプロフィールが自動的にデータに関連付けられます。
  • Facebookの場合、一致するプロフィールのうち、[プライバシー設定とツール]セクションで「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」が有効になっているものが結果に表示されます。



  • [ソーシャル]タブが設定されている場合、[ソーシャル]タブで設定されたブランドと、見込み客/連絡先/取引先に関連付けられたプロフィール間のやり取りは、[ソーシャル]タブの[顧客]、[未完了の商談]、または[見込み客/連絡先]列で並べ替えができます。関連項目:[ソーシャル]タブについて

ソーシャル関連リストの項目

ソーシャル関連リストで見込み客/連絡先のプロフィールを関連付けたら、関連リストからそれらの相手とのやり取りを開始できます。ソーシャル関連リストのさまざまな項目を次に示します。

  • [プロフィール情報]セクション
    [プロフィール情報]セクションでは、関連付けた見込み客/連絡先のTwitterアカウントやFacebookのプロフィール/ページの概要が表示されます。



    必要に応じて、[いいね!の取り消し]アイコンをクリックして、いつでも関連付けを解除できます。


  • [ソーシャル連携]
    このセクションには、見込み客/連絡先からTwitterアカウントやFacebookページ/プロフィールへの直接のメンションが含まれています。すべてのやり取りを表示するか、TwitterやFacebookの特定のチャネルでのやり取りのみを表示するかを選択できます。



    [ソーシャル連携]セクションは、すべてのソーシャルメディア投稿を含むストリームと照らし合わせて、自分に直接送信された投稿を抽出するのに便利です。 このセクションでは、見込み客/連絡先の投稿に返信したり、[いいね!]をクリックしたり、投稿にコメントしたりすることで、見込み客/連絡先とやり取りできます。

  • [ストリーム]
    [ストリーム]は、Twitterの履歴と、見込み客や連絡先のフィードをグループ化します。



    このセクションでは、見込み客/連絡先の投稿に返信したり、[いいね!]をクリックしたり、投稿にコメントしたりすることで、見込み客/連絡先とやり取りできます。

  • 直接の連絡
    [DMの送信]ボタンをクリックして、見込み客/連絡先にダイレクトメッセージを送信できます。 [ツイート]ボタンをクリックすると、ツイートできます。



メモ
  • [ソーシャル]タブから組織のブランドアカウントにアクセスでき、Twitterアカウントが認証済みの場合は、特定のツイートに返信するときにプロフィール画像の横に表示されるドロップダウンからアカウントを選択できます。
  • プロフィールのパスワードを最近更新した場合は、ブランドアカウントでのやり取りが必要になることがあります。
  • ソーシャル関連リストは、アカウントの詳細ページにも表示されます。

データへのプロフィール画像の追加

クリックするだけで、CRMアカウントに見込み客と連絡先のプロフィール画像を追加できます。

プロフィール画像を追加するには

  1. [見込み客/連絡先]タブをクリックします。
  2. 見込み客/連絡先のリストから、プロフィール画像を追加するデータを選択します。
  3. [見込み客/連絡先の詳細]ページで、ソーシャル関連リストに移動します。 関連付けられたプロフィールが使用可能になります。
  4. 追加するプロフィール写真をクリックします。 画像がZoho CRMの見込み客/連絡先に追加されます。

ソーシャルプロフィール連携の無効化

この連携を使用しない場合は、認証を取り消して連携を無効にできます。

Twitter連携を無効にするには

  1. Twitterアカウントにサインインします。
  2. Twitterの[設定]>[アプリ]に移動します。 Twitterアカウントとのやり取りが許可されたアプリケーションが表示されます。
  3. Zoho CRMアプリの[アクセスの取り消し]をクリックします。 Twitter連携が無効になります。



Facebook連携を無効にするには

  1. Facebookアカウントにサインインします。
  2. Facebookの[アカウント設定]>[アプリ]に移動します。 Facebookアカウントとのやり取りが許可されたアプリケーションが一覧表示されます。
  3. Zoho CRMアプリを選択し、[アプリを解除]リンクをクリックします。
  4. ポップアップウィンドウで、[削除]をクリックします。 Facebook連携が無効になります。この機能を再び使用するには、Facebookで自分自身を認証する必要があります。


メモ
  • [ソーシャルプロフィール]セクションで[設定]>[設定]>[一般]>[個人設定]の順に選択し、ソーシャルメディアプロフィールを削除して、すばやく連携を無効にすることもできます。
  • 各プロフィール名の上にマウスを合わせて、[削除]アイコンをクリックします。






          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • ソーシャルCRMの概要

                            実際に販売を開始する前に、潜在顧客についてよく理解すること(関心の対象や、どのようなサービスを求めているかなど)、が営業の重要な原則です。今日では、ソーシャルメディアで潜在顧客の発言を追跡することで、相手への理解を深めることができます。TwitterやFacebookには、数百万人のユーザーが最新の情報を投稿しています。中には、使用している製品やビジネスにおける要件、意思決定に影響力を持つ主な要因、さらには自分のニーズを満たすと思う製品/サービスに言及する人もいます。 ...
                          • ソーシャルタブ - 移行ガイド

                            Zoho CRMのソーシャルタブが新しくなりました。組織で行われたソーシャルメディアでの活動や顧客からの反応などのデータがより確認しやすくなりました。このページでは、新しくなった機能を詳しく説明します。 ブランドの設定 これまでは、ソーシャルメディア(TwitterとFacebook)はソーシャルの設定ページ([設定]→[チャネル]→[ソーシャル])で別々のタブに表示されていました。それぞれのタブで、組織で管理しているソーシャルメディア情報を別々に追加する必要がありました。 ...
                          • ソーシャルタブの設定

                            [ソーシャル]タブを使い始めるには、組織のFacebookページまたはTwitterアカウントのいずれか、または、すべてを使ってZoho CRMアカウントを設定する必要があります。この設定は、ソーシャル管理者権限を持つユーザーのみが実行できます。設定が完了すると、管理者は [ソーシャル] タブで各権限に許可されるアクセスの範囲を選択できます。 関連項目: 権限の管理 (ソーシャルメディアアカウントを設定していない状態で) [ソーシャル] タブにアクセスすると、 [ようこそ] ...
                          • データエンリッチメント

                            データエンリッチメント機能は、Ziaの機能の一部として利用できるようになりました。 CRMデータの品質はビジネスにとって最も重要です。営業はすべてがここから始まるためです。データが不完全または不正確な場合、営業担当者は見込み客やそのニーズを完全には理解できません。 ...
                          • CRMアカウント設定の管理

                            Zoho CRMに登録して独自のアカウントを作成したら、CRMアカウントをカスタマイズできます。初期設定では、登録時に入力された必須情報が自動的に更新されます。サインイン後、これらの詳細情報を好みに合わせて変更できます。 次の表は、管理者と標準ユーザー別の機能一覧を示しています。 機能 権限 名前の変更 管理者と標準ユーザー 住所情報の変更 管理者と標準ユーザー 言語の変更 管理者と標準ユーザー 日付の形式の変更 管理者と標準ユーザー タイムゾーンの変更 管理者と標準ユーザー 署名の変更 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.