数式項目の作成

数式項目の作成

Zoho CRMでは、数式項目を作成することで、ある項目の値をもとに計算(演算)したり値を加工したりした結果を、別の項目の値として表示できます。たとえば、保険会社では、保険の申し込み者が入力した生年月日の値に基づいて現在の年齢を算出する、数式項目を作成することが可能です。これにより、年齢に応じた契約内容や保険料を提案することができます。

利用条件
必要な権限: 
権限設定で項目ごとのアクセス権限を持つユーザーが、数式項目を作成できます。


数式項目の作成には、  関数入力値演算子の3つの要素を使用します。

関数は、入力値をもとにどのような処理を行って値を出力するかを表したものです。値の種類に応じて、さまざまな関数が用意されています。数式項目の作成時に関数を使用する際、入力値を指定する必要があります。関数名の後には、必ず半角のかっこ()を入力します。

:Abs()、Ceil()、Timepart()

入力値(引数、パラメーター)は、出力したい値のもとにする値です。関数名の後に続くかっこの中に入力します。複数の入力値が必要な場合は、コンマ区切りで入力します。なお、指定できる入力値の種類(例:数値、日付、文字列)は、関数の内容に応じて異なります。

:Abs(-27.05)、Max(12,6,10)

演算子は、「+」や「=」などの特殊記号です。数式の入力値を用いて、足し算や引き算などの四則演算を行ったり、値の比較を行ったりするために使用します。

:Abs(+27.50)、(32*25)

メモ
  1. 数式項目の値が一括更新されるのは、数式内で使用されているいずれかの項目が更新された場合のみです。


関連情報












                        • Related Articles

                        • 数式項目の作成

                          数式項目は、数値、テキスト値、日付値など、さまざまな種類の値を計算するのに使用します。数式項目とその戻り値には特定のデータ型が関連付けられており、それぞれのデータ型で使用できる特定の演算子があります。数式項目を作成するのに必要な項目の種類、ならびにデータ型と演算子の間の互換性を理解する必要があります。たとえば、演算子「*」(掛け算)は数値に対しては使用できますが、テキスト値には使用できません。 数式項目の戻り値の型は変更できません。 数式表現に使用できるのは最大1,000文字です。 利用条件   ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.